The Glad Game > オーディオブック

ホーム > タグ > オーディオブック

オーディオブック

【オーディオブック】A Prayer for Owen Meany(1989)オウエンのために祈りを

A Prayer for Owen Meany(1986)   オウエンのために祈りを

 

時間:26時間53分

発音:アメリカ英語

評価:5 out of 5

 

Screen Shot 2017-02-26 at 14.34.55

 

【あらすじ】

5歳児ぐらいの身長、一度聞いたら忘れられないへんな声、ずば抜けた頭脳を持つぼくの親友オウエンを、ある日過酷な運命が襲った。ピンチヒッターで打ったボールが、大好きだったぼくの母の命を奪ったのだ。ぼくは神様の道具なんだと言い続ける彼にとって、出来事にはすべて意味がある。他人と少し違う姿に生れたオウエンに与えられた使命とは?米文学巨匠による現代の福音書。

(Book データベースより)

 

【感想】

1989年に発表された作品を今更読んでみたのですが、すごく良かったです。物語自体に独特なペースがあって、完全にストーリーに飲み込まれてしまった感じ。初めてのジョン・アーヴィング作品でしたが、波乱万丈な物語展開が特徴の作家さんらしく、物語好きな私の好みにピッタリでした。

 

物語の中心は1950年代〜60年代にかけてのアメリカ。ニューハンプシャー州で生まれ育った二人の少年のお話です。オーウェン・ミーニーは成長期をすぎても身長150cmにも満たず、声変わりもしていない変わった男の子。主人公はオーウェンの親友ジョン・ウィールライトで、1987年の現在から過去を振り返る形で物語が進んでいきます。

 

1950年台のアメリカの田舎町での生活が生き生きと描かれているのですが、しばらく読み進めると、語り手である1987年のジョンの周りに大親友オーウェンの存在がなく、これはオーウェンについての長いobituaryなのではないかと気づかされます。オーウェンはいつ、どのような形で主人公の人生から姿を消してしまうのか。その謎が最終章にむけて少しずつ明かされていくのですが、楽しい少年時代のエピソードを読んで主人公たちに愛着が湧いてしまうと未来のことを知るのが怖くて、先を知りたい気持ちとこのままここで時を止めてしまいたい気持ちのせめぎ合いでした。

 

この作品を読んで、ベトナム戦争は当時の人々にとって大きな関心事だったのだなと実感しました。1968年当時を生きていない自分にとって、徴兵されるかもしれない、戦争で死ぬかもしれない・・という底知れぬ不安は今までに体験したことのない感情でした。

 

オーディオブックは渋い男性ナレーターの声でかなりゆっくりでした。オーウェンの甲高い声が「目玉おやじ」のようで、複数人の会話でのオーウェンの声の使い分けが素晴らしかったです。この作品はオーディオブックがオススメです。

 

YL:8

語数:236,061語

 


A Prayer for Owen Meany: A Novel


オウエンのために祈りを〈上〉 (新潮文庫)

 

IMG_5636

デュッセルドルフにて。遠目から見たら犬を撫でているのかと思いきや・・犬を造ってました。

【オーディオブック】The View from the Cheap Seats

The View from the Cheap Seats (2016)

時間:15時間29分

発音:イギリス英語 (作者による朗読)、ゆっくりめ

評価:4 out of 5

The View from the Cheap Seats

 

Coraline (コララインとボタンの魔女 )、The Graveyard Bookなどの著者として知られるニール・ゲイマンのエッセイ集です。過去の受賞スピーチや本の前書き、雑誌に寄稿したエッセイなど60本以上がまとめられています。オーディオブックは作者による朗読。落ち着いた声でゆっくり語られるのでとても聞きやすかったです。

 

特に素晴らしかったのが、作者の読書に対する考え。彼はフィクションを「読書へのGateway drugである」と語っています。物語の次の展開が知りたい!という強い気持ちが読むことの楽しさに繋がるのだと。子供たちが好ましくない本を読んでいるからといって、教養のためにと面白くない古典文学を押し付けると読書自体がつまらないものになってしまいます。自分の好きな本をどんどん読むことで読書の楽しさに目覚め、新しい語彙や考えを吸収し、さらなる読書につながる・・・。フィクションは読書へのGateway drugである、というのは上手い表現だなと思いました。中毒性もありますしね・・・。

 

60本程のエッセイ全てが面白かったわけではありません。中には作者の友人のために書いた本の前書きなど、自分にとって全く興味のない話もありました。ニール・ゲイマンが読書愛を語る部分や、作者としての目標の持ち方、中国で欧米のSFが解禁された話、スティーブン・キングについて、等の章が面白かったです。オーディオブックではなく本で買って、興味のない部分は飛ばす、という読み方でも良かったかな。本好きな方にはお勧めです。

 

The View from the Cheap Seats by Neil Gaiman

 

I love reading and listening to books; however, I don’t have enough words to express my love for them. That was why I picked The View from the Cheap Seats by Neil Gaiman. This book is a collection of essays on various topics: his love for reading, impressive people he has met, speeches he has given at award ceremonies.

 

When I read fiction books, I feel guilty for spending my time fretting over what doesn’t actually happen. Instead, I think I should probably read textbooks or academic papers to improve my working skills. In defence of the guilty pleasure of reading fiction books, Neil Gaiman explained that fiction is a gateway drug to reading. He wrote that the drive to know what happens next leads us to learn new words and thoughts. Once we learn that reading is pleasurable, we are on the road to reading everything.

 

I couldn’t agree more. If I had chosen only work-related books, I would never have read as many books as I have so far. Young Adult and Fantasy books were gateway drugs to reading for me; I acquired new words and expressions through these books. Eventually, reading skills helped me to understand the world more.

 

This book also gave me the idea that it would be nice if I could put words on paper to express myself better. I’m not a writer nor have I ever aspired to be one, but the natural way he conveyed his thoughts, life, and passions made me feel like I had interacted with him through this book. It was a great reading experience.

 

To be honest, not all the essays in this book were interesting. Among sixty or so pieces, there were some topics in which I had no interest, but some of the words struck my heart. I would recommend this book to my fellow book lovers; they will appreciate his love for reading too.

 

 

2012年 University of the ArtsでのCommencementスピーチもおさめられています。

 


The View from the Cheap Seats: Selected Nonfiction

YL: 8くらい

語数:168,640語(leadinglength.comより)

【オーディオブック】Revival: A Novel (2014)

Revival: A Novel (2014)

時間:13時間24分

発音:アメリカ英語

速度:170~190語/分前後

評価:5 out of 5   ホラーに分類されていますが、あまり怖くありませんでした。

Revival

 

 

【あらすじ】

1962年、ニューイングランドに住む6歳のジェイミー・モートンは、町に新しく着任した若い牧師と出会った。チャールズ・ジェイコブスは、美しい妻と共に教会を盛り立て、地元の人々から愛されていた。ところが、ジェイコブス一家を悲劇が襲い、牧師は信仰心を失ってしまう。教会に集まった信者の前で、神の存在を疑う不適切な礼拝説教を行ったジェイコブス牧師は教会から追放され、町から姿を消した。

 

1992年、人生のどん底にいたジェイミーは、意外な場所でジェイコブス牧師と再会することになる。

 

 

【感想】

面白かった!時が移ろい、自分と周囲が年を取っていくこと、親兄弟が亡くなって寂しく思うと同時に、子孫にその面影を見いだすこと・・・。なんだか切なかったです。

 

 

冒頭、キングは人生を映画に例えます。主役は自分と家族や友達。知人や顔見知りの人々が脇を固め、ただ単に通り過ぎるだけのエキストラもいます。そんな中、自分の人生に思いがけない重要な転機をもたらす“Fifth business”という存在がいます。主人公ジェイミー・モートンにとって、チャールズ・ジェイコブス牧師がその人生のワイルドカードでした。

 

 

1962年、6歳だったジェイミーは、庭でおもちゃの兵隊で遊んでいたところ、地面に影を落とす存在に気付きます。顔を上げるとそこに立っていたのは、新しく町に着任した若い牧師、チャールズ・ジェイコブスでした。

 

 

しばらくジェイミー少年の幼少期から高校時代に至るまでの他愛のない思い出話が語られるのですが、ジェイミーが遊んでいるところの地面に「陰ができた」という登場シーンがその後のジェイミーとジェイコブス牧師の関係を予感させるのです。

 

 

30代で薬物中毒者となり、人生のどん底にいたジェイミーは、地方のお祭りで偶然ジェイコブス牧師と再会します。それぞれの道を歩んでいた二人の人生がふたたび重なり、お互いに影響を与えつつ運命の輪が回り出す様子は、作中にある、’ Life is a wheel, and it always comes back around to where it started.’ という文章そのものでした。

 

 

不思議な物語で、最後のほうはオカルト。少しだけ後味が悪いです。ハッピーエンドでも良かったのではないかとも思ったのですが、「奇跡が起きて大団円!めでたしめでたし!!」となってもモヤっとしたような気もします。順風満帆、幸せだった人生に取り返しの付かない不幸が起こり、「この世に神などいない!」と絶望することも、現実世界では良くあることだと思うので。

 

 

この世に神はいない・・・が、この世界の向こう、扉の先に「人ならざる者」がいて、魑魅魍魎の世界が広がっているかもしれない・・・と思えてしまうのがキング作品の凄いところでしょうか。もし、今後どこかで枯れた蔦の絡んだ扉を見かけたら、この作品を思い出して走って逃げてしまいそうな気がします。

 

【今日の一枚】

23996621085_26fda88b93_z

マクドナルドがオシャレだったので。

【オーディオブック】Wizard’s First Rule (Sword of Truth #1) / 魔道士の掟

Wizard’s First Rule (1994)/魔道士の掟

時間:34時間10分

発音:アメリカ英語

速度:160語/分前後

評価:4 out of 5

Wizard's First Rule

 

【あらすじ】

父を惨殺された森の案内人リチャードは、悲しみに打ちひしがれていた。犯人の手がかりを求めて森をさまよううちに、魔法の国との“境”近くで偶然ひとりの女性の命を救う。彼女の名はカーラン。遠い昔に姿を消した偉大な魔道士を見つけるため、魔法の国からきたという。彼女とともに魔道士を探す途上、リチャードは父を殺した邪悪な魔王の恐るべき陰謀と、自らが持つ大いなる力を知った! (Amazonより)

 

【感想】

Audibleで1クレジット2作セールの中に入っていたので何の気なしに選んでみたところ、1990年台の人気ファンタジーシリーズだったらしい。1作20-30時間で全11作のシリーズもの。大変なものに手を出してしまいました。

 

平凡な森の案内人だったリチャードが、魔法使いに惨殺された父の死の真相を探る旅に出るというお話。少年の成長譚と魔法、ドラゴン、旅の仲間たち・・・とファンタジーの王道でありながら、真実の探求者であるSeeker、 人々の懺悔を聞き罪を裁くConfessorなど、このシリーズ独特の世界観もあります。

 

冗長で退屈な部分もあったものの、ストーリーは面白かったです。表現が回りくどかったり、やたらと「青い瞳の〜」と同じ表現が出てくるのは、作者のテリー・グッドカインドは45歳まで美術関係の仕事をしていて、この作品が処女作だったからこなれていない部分もあったのでしょうか。

 

少年が主人公で、魔法が〜剣が〜という粗筋だったので、中学生向けかな?と思っていたところ、途中から緊縛SMのような拷問が始まったり、少年愛嗜好のオヤジが出てきたりと、とても少年少女向けとは思えない展開に。大人向けファンタジーでした。

 

日本でも真実の剣シリーズとして邦訳版が刊行されていたものの、途中の第8巻で邦訳は打ち切られた模様。これがあるから海外長編ファンタジーに手を出すのが躊躇われるんですよね。海外ファンタジー好きならば、英語版を読めるようになれば、読書の自由度が広がると思います。

 

 


Wizard’s First Rule (Sword of Truth Book 1) (English Edition)


魔道士の掟〈1〉探求者の誓い―「真実の剣」シリーズ第1部

 

【今日の一枚】

Chinatown

Chinatown.

【オーディオブック】Zero Day (2012)

Zero Day (2012)

時間:13時間11分

発音:アメリカ英語

速度:140~150語/分前後  女性パートは早め。

評価:4 out of 5

zero day

 

 

【あらすじ】
ウエスト・ヴァージニア州の炭鉱の田舎町で一家惨殺事件が起こる。被害者の1人が大佐だったため、軍の特別捜査官であるプラーが派遣され、地元の女性巡査サマンサ・コールと共に事件解決に挑む。

 

【感想】
AudibleでPullerシリーズの3作目がかなりの高評価を得ていたので、1作目のZero Dayから聞き始めてみました。前半はかなり退屈。田舎町での連続殺人事件に、この主人公はオーバースペックすぎる!ところが、そうこうするうちに、これは単なる田舎の殺人事件ではなく、国家の安全を揺るがす大事件であることがわかるのです。

 

それにしても主人公のアメリカン・ヒーロー仕立てには驚きました。ジョン・プラーは中東帰りのコンバットベテラン。父は伝説的な軍人で、兄も空軍に属する物理学者だったのですが、現在は国家に対するtreasonの罪で軍の刑務所に収監されています。Pullerは多国語を操り、アフガンでは数々の修羅場をくぐり抜けてきた男。本来であれば出世コースなのですが、現場主義の本人の意向により、出世とはかけ離れたInvestigatorをしているという設定。なんだか万能すぎませんか・・・。

 

更にはPuller家の男の第一信条は泣かないこと・・とかいうマッチョぶりに少し萎えてしまいました。戦場で仲間を救えなかった事でトラウマを抱えている・・というのもアメリカン・ヒーローのお約束なのでしょうか。

 

この本で興味深かったのは、ウェスト・ヴァージニア州の炭鉱の田舎町の様子が良く描かれている事でした。喫煙率が高い・・と思ったら、ウェスト・ヴァージニア州は全米でも1、2を争う喫煙率の高さ。2011年の喫煙率は28.6%で、妊婦さんでも1/4以上が妊娠中に喫煙するそうです。ミシガン州出身のアメリカ人上司が、世間話の拍子に「ウェスト・ヴァージニア州には住みたくない!貧乏だから!!」と言っていたのを思い出しました。フィクションだけれども、当地の様子が反映されているのかも。

 

色々と突っ込みどころはあるものの、展開がスリリングなのでそれなりに楽しんで読みました。この世界観に慣れれば大げさなバックグラウンドも気にならなくなるのかも。シリーズが進むにつれて評価が高くなっているようなので、続きも読もうと思います。

 

Book review: Zero Day (2012)

Plot:

When a retired colonel and his family are brutally murdered in a small mining town in West Virginia, the U.S. Army Criminal Investigation Department (CID) sends a war hero, John Puller, to investigate the case. With help of the local detective, Samantha Cole, Puller soon realizes that there is a calamitous scheme that will destabilize the safety of the country.

 

My thoughts: Spoiler Alert!

Zero Day by David Baldacci is the first book in the John Puller series whose third book is currently on the bestseller list on Audible. Although I felt that the protagonist, John Puller is too cliché, I enjoyed this fast paced thriller.

 

John Puller is a combat veteran who had survived several tours in Iraq and Afghanistan. His father was a legend in the military, and his older brother, an ex Air Force nuclear scientist, is serving a life sentence for treason in a military prison. Although he has an impeccable reputation as the best investigator in the army, he is traumatized by the wartime experience in the Middle East. He couldn’t save his fellow soldiers; the remorse he feels seems to have kept him in pursuit of an advanced career.

 

As the murder case that took place in a rural mining town in West Virginia involves a retired colonel, the Army CID sends Puller from D.C. While he is investigating the crime scene in the middle of night, he stumbles upon the strangled body of a police officer. The perpetrator of murder of the colonel’s family came back to the murder scene to look for something important, and killed the officer on guard duty. What is more, the couple next door, who worked for the mining company, were also killed. A letter that was addressed to the dead colonel is missing, and it turns out that the missing piece of mail was a geological survey of the soil in the town.

 

I first thought that Puller was over-qualified for this murder case. He speaks several languages, he seems to be good at hand-to-hand combat, and he is truly patriotic. As the story progressed, however, it became apparent that there is much more going on in this rural mining town. There have been several life threatening attempts against Puller by professional killers, a devastating terrorist scheme is revealed, and a hidden nuclear facility underneath the town is suspected. Puller has to cope with all this with a local detective named Cole, because if the authorities send in an army, it could scare off the terrorists… No wonder Puller should be a super hero.

 

There were several “too good to be true!” moments in this book, but this is fiction after all. I was skeptical of a traumatized patriotic ex-soldier hero figure, but all in all, I was thrilled by this book. I’m looking forward to proceeding to the second book, The Forgotten, soon.

 


Zero Day: 1 (John Puller Series)

 

YL:7.5

語数:118,800語(概算)

 

【今日の一枚】

m&m

 

NYの夜景。ワクワクします。

 

ホーム > タグ > オーディオブック

カレンダー
« 2017 年 3月 »
M T W T F S S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
Archives
  • 2017 (3)
  • 2016 (25)
  • 2015 (77)
  • 2014 (86)
  • 2013 (73)
  • 2012 (59)
  • 2011 (101)
  • 2010 (141)
  • 2009 (124)
  • 2008 (55)
  • 2007 (14)
  • 2006 (32)
Reading Challenge 2017

2017 Reading Challenge

2017 Reading Challenge
yukoxoxo2000 has read 3 books toward her goal of 50 books.
hide
Tag cloud
英語仲間のブログ
検索
Visitors
PV690
UV141

ページの上部に戻る