The Glad Game > オーディオブック

ホーム > タグ > オーディオブック

オーディオブック

【オーディオブック】Nothing to See Here (2019)

Nothing to See Here  (2019)

時間:6時間40分

発音: アメリカ英語

評価: 4.5 out of 5

 

めったに表紙買いをしないのだけれども、これは気になりすぎて迷わず表紙買い。

 

興奮すると体が発火してしまう10歳の双子を世話することになった女性のお話。

 

ここからはネタバレあらすじ。

 

貧しい母子家庭で育ったリリアンは学業で優秀な成績を修めたため、地元の有名寄宿学校に特待生枠で入学することになった。そこでルームメイトとして知り合ったのがマディソンだった。

 

裕福な家庭の末っ子として何不自由なく育ったマディソンとバスケットボールを通じて仲良くなったリリアンだったが、ある日マディソンが違法薬物を使用してたことが発覚し退学の危機に陥る。ところがマディソンの父が、リリアンの母を100万円ほどで買収し、リリアンが罪をかぶって退学することになってしまった。貧しかったリリアンにとって、良い教育こそが貧困を脱する唯一の方法だったのだが、公立高校に転校した後も、「コカインに手を出し、せっかくのチャンスを棒にふった女」としてその後の進学の道も絶たれてしまった。

 

10年以上経過し、地元スーパーのレジ打ちバイトで生計を立てていたリリアンだったが、ある日マディソンからテネシー州の邸宅での仕事に誘われる。マディソンは年の離れたバツ2の議員と結婚し、4歳の男の子の母親となっていた。仕事の依頼内容は、急死した前妻が遺した10歳の双子の男女を引き取ることになったので、ひと夏の間面倒をみてほしいとのこと。問題は、双子たちは興奮すると自然発火してしまう事だった。

 

マディソンの罪を被って退学させられたリリアンの過去から始まったので、暗い話かと思いきや自然発火する双子たちとのドタバタな日常を描く楽しい話だった。ありえないシチュエーションにもかかわらず、リリアンがあっさりと双子の世話を引き受け、少しずつ絆が芽生えていくところが良かった。

 

マディソンは、「親友」と言いながらもリリアンを利用する嫌な女で、どうしても好きになれなかったのだけれども、リリアンと本音でぶつかって嫌な女のままハッピーエンディングとしてまとまってしまったのがすごい。奇想天外なプロットだったけれどもストーリーに勢いがあって一気に読めた。

 

YL:7くらい

語数:63,054語(概算)

 

 


Nothing To See Here

【オーディオブック】The Suspect: An Olympic Bombing, the FBI, the Media, and Richard Jewell, the Man Caught in the Middle(2019)

The Suspect: An Olympic Bombing, the FBI, the Media, and Richard Jewell, the Man Caught in the Middle(2019)

時間:14時間12分

発音: アメリカ英語

評価: 4.5 out of 5

映画「リチャード・ジュエル」に感動し、詳細を知りたくて選んだ本。

 

1996年7月27日、アトランタ五輪中 Centennial Olympic Parkコンサート会場を警備していたリチャード・ジュエルはベンチの下に不審なカバンを発見した。爆弾発見時の講習を受けていたリチャードは、不審物をただの落とし物として扱うことなく現場責任者に報告。近くの人々を避難させた。警官たちが爆発物周囲を取り囲み、観客たちとの距離を取らせていたところで爆発が起き、44歳の観客女性に爆破物の破片が刺さり死亡。現場付近にいたトルコ人のカメラマンクルーが心臓発作で亡くなり、111人が負傷した。リチャードによる迅速な避難行動がなければもっと大勢の人々が犠牲になったはずだった。

 

一躍ヒーローとなり、TV番組で脚光を浴びたリチャードだったが、FBIにより容疑者として疑われてしまう。過去にも第一発見者の警察官による自作自演の爆弾事件があり、「目立ちたがり屋でヒーローになりたい」「手柄を立てて警察官として雇用されたい」という犯人の”プロファイリング”に一致したからであった。

 

FBIエージェントが地元新聞記者の女性にリチャードジュエルの名をリークしたため、嫌疑をかけられただけの段階でマスコミにより犯罪者扱いされ、自宅や行く先々で追い回され、過去の行動やプライベートまで公にされてしまう。リチャードが現場にいる間に公園外の公衆電話から犯行予告があり、物理的にリチャードは犯人となり得なかったにもかかわらず、3ヶ月もの間、容疑が晴れることはなかった。

 

リチャードは馬鹿がつくほど正直者で、仕事熱心すぎるあまり融通がきかず、これまでの職場でも変人扱いされていた。リチャードが爆弾犯として疑われると、元同僚たちがいかにリチャードの行動が以前から怪しかったかをマスコミに語る様子が辛かった。リチャードジュエルの底抜けにお人好しで他人の役に立ちたいという善良な心が世間の人々によって無残に踏みにじられるのが辛い作品だった。映画でのリチャードの描かれ方は、とても良い人で愛すべきキャラクターだとは思うけれども、お母さん以外にこういう人物を心から愛せる人はいないと思ってしまった自分が後ろめたかった。本では後日譚もあり、仕事で知り合った素晴らしい女性と結婚していたことを知って安心した。リチャードは警官として再び働くという夢を叶え、小さな町の警官として生後5日目の赤ちゃんにCPRを施して救ったり、麻薬売人を検挙したりと活躍していたらしい。ただ、容疑は晴れても”The former suspect”のリチャードジュエルとして見られることに苦しんでいたようだ。

 

映画でリチャードの母親がFBIにタッパーを押収されたことを非常に悲しんでいたが、あれは30年かけて集めた思い入れのあるタッパーであり、事件後に国を訴えて25万円ほどの補償を受けることができたようだった。なぜか母親のタッパーシーンが悲しかったのでタッパーのその後を知ることが出来てよかった。

 

リチャードジュエルと弁護士のワトソンさんは、松本サリン事件の冤罪つながりで日本に招待されたらしいが、アトランタ五輪の爆破事件とともに当時はまったく気づかなかった。

 

真犯人のエリック・ルドルフが起こしたアトランタゲイクラブ爆破や中絶クリニック爆破、その後の逃亡生活についても触れられていた。映画では最後に一言真犯人についてコメントがあっただけだったが、本で真犯人の行動を知るにつれ、リチャードを犯人と決めつけたことがいかに愚かなことであったかを実感した。

 

本の前半はアトランタ五輪誘致やリチャードジュエル、女性記者の幼少期、FBIエージェントの職歴などでやや退屈だったので、映画でリチャードのキャラクターに興味を持ってから読み始めるのが良いかも。

 

YL:7.5

語数:113,956語(概算)


The Suspect: An Olympic Bombing, the FBI, the Media, and Richard Jewell, the Man Caught in the Middle (English Edition)

【オーディオブック】The Silent Patient (2019)

The Silent Patient (2019)

時間:8時間43分

発音: イギリス英語

評価: 3.5 out of 5

 

【あらすじ】

著名な画家であるアリシアと写真家のGabrielは幸せなカップルだった。ある夜、アリシアは撮影から帰宅したGabrielを射殺。その後取り調べにも口を閉ざしてしまう。

 

サイコセラピストのTheoは精神科病棟に収容されたアリシアのセラピーを志願。何が起こったのかを解明するため彼女の過去を探り始めたのだが・・・。

 

【感想】

NYTベストセラーで評判が良かったサイコスリラー。期待が高すぎたためか読後感はがっかり。

 

アリシアの当日の動きや関係者に話を聞きつつ、真犯人が他にいるのでは!?と思わせるストーリー展開が退屈だった。

 

ここからネタバレ。

 

終盤、突如Theoのキャラクターが崩壊し、犯人はお前だったのか!というオチ。Theoの妻とGabrielが浮気関係にあり、Theoはアリシアにその事実を伝えるため彼女の家に侵入する。事実を知り、さらにGabrielが自分を見殺しにしたことに絶望したアリシアがGabrielを射殺してしまったのだった。

 

動機は面白かったので、終盤までをごくごく普通のミステリーにするのではなくてTheoの異常性を際立たせた倒叙ミステリーにすれば好きなタイプのストーリーだったかも。

 

YL: 7

語数:75,835語 概算

 


The Silent Patient

【オーディオブック】The Passage (2010)

The Passage (2010)

時間:36時間52分

発音:アメリカ英語

評価: 4.5 out of 5

 

The Passage

 

【あらすじ】

ハーバード大学の教授が南米で未知のウイルスを発見、分離することに成功した。そのウイルスは人類を死から救う治療法となるはずだった。

軍は「ノアプロジェクト」を立ち上げ、12人の死刑囚にウイルスを感染させ、彼らを究極の戦士とするべく実験を重ねていた。

軍の命令を受け12人の死刑囚を被検者として極秘に集めていたFBI捜査官Wolgastは、13人目の被験者が幼い少女であることを知り、命をかけて彼女を逃がす決断をする。

 

【感想】

さとみさんにオススメされて読み始めた本。36時間52分あるのにまだ3部作の1作目!読み応えがあった。

 

いわゆる”感染アポカリプス”もので、軍の施設で秘密裏に行われていた実験ウイルスがばら撒かれてしまい、世界が崩壊するお話。全く気付かなかったのだけれど、2010年の発売当時は大体的に広告が打たれ、スティーブン・キング氏も大絶賛だったとのこと。キング先生は割といつも大絶賛している気がするものの、確かにページ・ターナーだった。コロラドにある軍の施設からバンバイアウイルスが漏れて・・という設定や、アメリカ各地を旅するストーリーラインはキング先生のThe Standを彷彿とさせる感じ。

 

The Passageが面白かったには、各所にばら撒かれた伏線が見事に回収された場面。とにかく話が長くて、「なんでこんなエピソードを長々と・・」とウンザリしてしまうこともあったんだけど、確かにそのエピソードがあって最後が活きてくるんですよね。

 

3部作のなかではこの一作目が一番面白かった。3部作合わせると約90時間なので根気がいりますが、とにかく登場人物が多いので、手を出すなら一気読みが良いかも。

 

YL:8

語数:239,425語(概算)

 


Passage

【オーディオブック】Educated (2018)

Educated (2018)

時間:12時間10分

発音:アメリカ英語 落ち着いた女性ナレーターの声で聞きやすい

評価: 5 out of 5

 

Educated

 

【あらすじ】

作者は所謂”Survivalists”と呼ばれる、モルモン教徒の家庭で育った1986年生まれの女性。Taraの両親は政府を全く信用せず、2000年に世界が滅びると信じており、世紀末に備え完全自給自足の生活を送っていた。子どもたちの出生届も出しておらず、生まれた証明もないので学校にも行かず、大病をしても病院にも行かせない。アイダホ州の山間部に暮らす一家の父は解体業を営んでおり、母はハーブやホメオパシーの薬草・オイルなどを販売していた。またタラの母は無資格で助産師として活動しており、医療費を支払えない近所の女性たちのお産を請け負っていた。

 

Taraはホームスクールで教育を受けていることになっていたが、実際は読み書きレベルのレッスンを母から受けただけで、あとは家業の手伝いをしていた。7人兄弟の末っ子であるTaraは学校に行かずとも早くに結婚し、母の跡をついで無資格の助産師として家族を助けることを期待されていた。

 

ところが、大学に行きたいと家を出ていった兄の一人に影響され、16歳で大学試験を受けることを決意する。本当はまず高校を卒業しなければならないのだが、Homeschoolで十分な教育を受けたと偽り、独学で数学を学び大学に合格する。

 

大学に入学することはできたものの、本は聖書とモルモン教の経典くらいしか読んだことがないTaraには一般常識が欠落しており、ホロコーストも聞いたことのないレベルだった。高校卒業レベルの知識はおろか、トイレの後は手を洗う、毎日シャワーを浴びる、共用の場所は片付けるなどの一般常識さえ持ち合わせていなかったTaraはすべてを一から学ぶ必要があった。彼女が学問に目覚め、ケンブリッジ大学で博士号を取得するまでを綴った回想録。

 

【感想】

衝撃的な本だった! 引き込まれた理由は2点。「女に学問はいらない。女の場所は台所だ」と可能性を摘まれ、支配的な親や夫に虐げられていたTaraや周囲の女性の運命は、女性として自分の身にも起こり得ることだと思えて心底怖くなったこと。もう一つは教育を通じて可能性の扉が開いていく過程にワクワクしたこと。

 

Taraの家では父親の権威は絶対で、「女の居場所は家、学問を受けるなど神の意志に反する」とされていた。父は敬虔な信徒である自分は正しく、神に見守られていると信じているため、すべてが「神の意志」で片付けられてしまうのだ。このため、解体業中の事故で息子がガソリンタンクの引火で火だるまになり重症やけどを負っても、交通事故にあい、妻や息子が頭部外傷をおっても病院には行かず、すべて自分たちの力でなんとかしようとするのだ。

 

Taraが大学進学したいと希望した際、父や兄が全力で妨害するくだりを読んで、女子どもを無知のまま家庭に閉じ込めることで思うように支配しようする姿に気分が悪くなった。

 

父や兄に悪意はなかったのかもしれない。彼らは自分たちなりの「正しさ」の中に生きており、女たちをつつましく従順に指導しているつもりだったのだろう。

 

この本を読みながら、無知と宗教の最悪な組み合わせに嫌悪感が募った。自分たちに都合の悪いことをすべて「神の意志」で片付け思考停止している。親の教えが必ずしも正しいことではないと気づくには教育が大事だと思うものの、その教育さえ受けられないとすると、親の支配から抜け出すのは容易ではないだろう。

 

Taraの家庭ほど状況は悪くなくても、女性が学問を修めて知恵がつくと扱いづらいとする空気は自分の身の回りにもある。そのような空気に流されて家に閉じ込められてしまうと、状況は更に悪くなってしまう。女性が自立することの重要さについて考えさせられた本だった。

 

YL:7

語数:105,705語(概算)


Educated: A Memoir

ホーム > タグ > オーディオブック

カレンダー
« 2020 年 7月 »
M T W T F S S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
Archives
  • 2020 (10)
  • 2019 (14)
  • 2018 (13)
  • 2017 (8)
  • 2016 (25)
  • 2015 (77)
  • 2014 (86)
  • 2013 (73)
  • 2012 (59)
  • 2011 (101)
  • 2010 (141)
  • 2009 (124)
  • 2008 (55)
  • 2007 (14)
  • 2006 (32)
LingQ Known Words
I Am Learning English online with LingQ.
Reading Challenge 2020

2020 Reading Challenge

2020 Reading Challenge
yukoxoxo2000 has read 8 books toward her goal of 70 books.
hide
Tag cloud
英語仲間のブログ
検索

ページの上部に戻る