The Glad Game > オーディオブック

ホーム > タグ > オーディオブック

オーディオブック

【オーディオブック】Revival: A Novel (2014)

Revival: A Novel (2014)

時間:13時間24分

発音:アメリカ英語

速度:170~190語/分前後

評価:5 out of 5   ホラーに分類されていますが、あまり怖くありませんでした。

Revival

 

 

【あらすじ】

1962年、ニューイングランドに住む6歳のジェイミー・モートンは、町に新しく着任した若い牧師と出会った。チャールズ・ジェイコブスは、美しい妻と共に教会を盛り立て、地元の人々から愛されていた。ところが、ジェイコブス一家を悲劇が襲い、牧師は信仰心を失ってしまう。教会に集まった信者の前で、神の存在を疑う不適切な礼拝説教を行ったジェイコブス牧師は教会から追放され、町から姿を消した。

 

1992年、人生のどん底にいたジェイミーは、意外な場所でジェイコブス牧師と再会することになる。

 

 

【感想】

面白かった!時が移ろい、自分と周囲が年を取っていくこと、親兄弟が亡くなって寂しく思うと同時に、子孫にその面影を見いだすこと・・・。なんだか切なかったです。

 

 

冒頭、キングは人生を映画に例えます。主役は自分と家族や友達。知人や顔見知りの人々が脇を固め、ただ単に通り過ぎるだけのエキストラもいます。そんな中、自分の人生に思いがけない重要な転機をもたらす“Fifth business”という存在がいます。主人公ジェイミー・モートンにとって、チャールズ・ジェイコブス牧師がその人生のワイルドカードでした。

 

 

1962年、6歳だったジェイミーは、庭でおもちゃの兵隊で遊んでいたところ、地面に影を落とす存在に気付きます。顔を上げるとそこに立っていたのは、新しく町に着任した若い牧師、チャールズ・ジェイコブスでした。

 

 

しばらくジェイミー少年の幼少期から高校時代に至るまでの他愛のない思い出話が語られるのですが、ジェイミーが遊んでいるところの地面に「陰ができた」という登場シーンがその後のジェイミーとジェイコブス牧師の関係を予感させるのです。

 

 

30代で薬物中毒者となり、人生のどん底にいたジェイミーは、地方のお祭りで偶然ジェイコブス牧師と再会します。それぞれの道を歩んでいた二人の人生がふたたび重なり、お互いに影響を与えつつ運命の輪が回り出す様子は、作中にある、’ Life is a wheel, and it always comes back around to where it started.’ という文章そのものでした。

 

 

不思議な物語で、最後のほうはオカルト。少しだけ後味が悪いです。ハッピーエンドでも良かったのではないかとも思ったのですが、「奇跡が起きて大団円!めでたしめでたし!!」となってもモヤっとしたような気もします。順風満帆、幸せだった人生に取り返しの付かない不幸が起こり、「この世に神などいない!」と絶望することも、現実世界では良くあることだと思うので。

 

 

この世に神はいない・・・が、この世界の向こう、扉の先に「人ならざる者」がいて、魑魅魍魎の世界が広がっているかもしれない・・・と思えてしまうのがキング作品の凄いところでしょうか。もし、今後どこかで枯れた蔦の絡んだ扉を見かけたら、この作品を思い出して走って逃げてしまいそうな気がします。

 

【今日の一枚】

23996621085_26fda88b93_z

マクドナルドがオシャレだったので。

【オーディオブック】Wizard’s First Rule (Sword of Truth #1) / 魔道士の掟

Wizard’s First Rule (1994)/魔道士の掟

時間:34時間10分

発音:アメリカ英語

速度:160語/分前後

評価:4 out of 5

Wizard's First Rule

 

【あらすじ】

父を惨殺された森の案内人リチャードは、悲しみに打ちひしがれていた。犯人の手がかりを求めて森をさまよううちに、魔法の国との“境”近くで偶然ひとりの女性の命を救う。彼女の名はカーラン。遠い昔に姿を消した偉大な魔道士を見つけるため、魔法の国からきたという。彼女とともに魔道士を探す途上、リチャードは父を殺した邪悪な魔王の恐るべき陰謀と、自らが持つ大いなる力を知った! (Amazonより)

 

【感想】

Audibleで1クレジット2作セールの中に入っていたので何の気なしに選んでみたところ、1990年台の人気ファンタジーシリーズだったらしい。1作20-30時間で全11作のシリーズもの。大変なものに手を出してしまいました。

 

平凡な森の案内人だったリチャードが、魔法使いに惨殺された父の死の真相を探る旅に出るというお話。少年の成長譚と魔法、ドラゴン、旅の仲間たち・・・とファンタジーの王道でありながら、真実の探求者であるSeeker、 人々の懺悔を聞き罪を裁くConfessorなど、このシリーズ独特の世界観もあります。

 

冗長で退屈な部分もあったものの、ストーリーは面白かったです。表現が回りくどかったり、やたらと「青い瞳の〜」と同じ表現が出てくるのは、作者のテリー・グッドカインドは45歳まで美術関係の仕事をしていて、この作品が処女作だったからこなれていない部分もあったのでしょうか。

 

少年が主人公で、魔法が〜剣が〜という粗筋だったので、中学生向けかな?と思っていたところ、途中から緊縛SMのような拷問が始まったり、少年愛嗜好のオヤジが出てきたりと、とても少年少女向けとは思えない展開に。大人向けファンタジーでした。

 

日本でも真実の剣シリーズとして邦訳版が刊行されていたものの、途中の第8巻で邦訳は打ち切られた模様。これがあるから海外長編ファンタジーに手を出すのが躊躇われるんですよね。海外ファンタジー好きならば、英語版を読めるようになれば、読書の自由度が広がると思います。

 

 


Wizard’s First Rule (Sword of Truth Book 1) (English Edition)


魔道士の掟〈1〉探求者の誓い―「真実の剣」シリーズ第1部

 

【今日の一枚】

Chinatown

Chinatown.

【オーディオブック】Zero Day (2012)

Zero Day (2012)

時間:13時間11分

発音:アメリカ英語

速度:140~150語/分前後  女性パートは早め。

評価:4 out of 5

zero day

 

 

【あらすじ】
ウエスト・ヴァージニア州の炭鉱の田舎町で一家惨殺事件が起こる。被害者の1人が大佐だったため、軍の特別捜査官であるプラーが派遣され、地元の女性巡査サマンサ・コールと共に事件解決に挑む。

 

【感想】
AudibleでPullerシリーズの3作目がかなりの高評価を得ていたので、1作目のZero Dayから聞き始めてみました。前半はかなり退屈。田舎町での連続殺人事件に、この主人公はオーバースペックすぎる!ところが、そうこうするうちに、これは単なる田舎の殺人事件ではなく、国家の安全を揺るがす大事件であることがわかるのです。

 

それにしても主人公のアメリカン・ヒーロー仕立てには驚きました。ジョン・プラーは中東帰りのコンバットベテラン。父は伝説的な軍人で、兄も空軍に属する物理学者だったのですが、現在は国家に対するtreasonの罪で軍の刑務所に収監されています。Pullerは多国語を操り、アフガンでは数々の修羅場をくぐり抜けてきた男。本来であれば出世コースなのですが、現場主義の本人の意向により、出世とはかけ離れたInvestigatorをしているという設定。なんだか万能すぎませんか・・・。

 

更にはPuller家の男の第一信条は泣かないこと・・とかいうマッチョぶりに少し萎えてしまいました。戦場で仲間を救えなかった事でトラウマを抱えている・・というのもアメリカン・ヒーローのお約束なのでしょうか。

 

この本で興味深かったのは、ウェスト・ヴァージニア州の炭鉱の田舎町の様子が良く描かれている事でした。喫煙率が高い・・と思ったら、ウェスト・ヴァージニア州は全米でも1、2を争う喫煙率の高さ。2011年の喫煙率は28.6%で、妊婦さんでも1/4以上が妊娠中に喫煙するそうです。ミシガン州出身のアメリカ人上司が、世間話の拍子に「ウェスト・ヴァージニア州には住みたくない!貧乏だから!!」と言っていたのを思い出しました。フィクションだけれども、当地の様子が反映されているのかも。

 

色々と突っ込みどころはあるものの、展開がスリリングなのでそれなりに楽しんで読みました。この世界観に慣れれば大げさなバックグラウンドも気にならなくなるのかも。シリーズが進むにつれて評価が高くなっているようなので、続きも読もうと思います。

 

Book review: Zero Day (2012)

Plot:

When a retired colonel and his family are brutally murdered in a small mining town in West Virginia, the U.S. Army Criminal Investigation Department (CID) sends a war hero, John Puller, to investigate the case. With help of the local detective, Samantha Cole, Puller soon realizes that there is a calamitous scheme that will destabilize the safety of the country.

 

My thoughts: Spoiler Alert!

Zero Day by David Baldacci is the first book in the John Puller series whose third book is currently on the bestseller list on Audible. Although I felt that the protagonist, John Puller is too cliché, I enjoyed this fast paced thriller.

 

John Puller is a combat veteran who had survived several tours in Iraq and Afghanistan. His father was a legend in the military, and his older brother, an ex Air Force nuclear scientist, is serving a life sentence for treason in a military prison. Although he has an impeccable reputation as the best investigator in the army, he is traumatized by the wartime experience in the Middle East. He couldn’t save his fellow soldiers; the remorse he feels seems to have kept him in pursuit of an advanced career.

 

As the murder case that took place in a rural mining town in West Virginia involves a retired colonel, the Army CID sends Puller from D.C. While he is investigating the crime scene in the middle of night, he stumbles upon the strangled body of a police officer. The perpetrator of murder of the colonel’s family came back to the murder scene to look for something important, and killed the officer on guard duty. What is more, the couple next door, who worked for the mining company, were also killed. A letter that was addressed to the dead colonel is missing, and it turns out that the missing piece of mail was a geological survey of the soil in the town.

 

I first thought that Puller was over-qualified for this murder case. He speaks several languages, he seems to be good at hand-to-hand combat, and he is truly patriotic. As the story progressed, however, it became apparent that there is much more going on in this rural mining town. There have been several life threatening attempts against Puller by professional killers, a devastating terrorist scheme is revealed, and a hidden nuclear facility underneath the town is suspected. Puller has to cope with all this with a local detective named Cole, because if the authorities send in an army, it could scare off the terrorists… No wonder Puller should be a super hero.

 

There were several “too good to be true!” moments in this book, but this is fiction after all. I was skeptical of a traumatized patriotic ex-soldier hero figure, but all in all, I was thrilled by this book. I’m looking forward to proceeding to the second book, The Forgotten, soon.

 


Zero Day: 1 (John Puller Series)

 

YL:7.5

語数:118,800語(概算)

 

【今日の一枚】

m&m

 

NYの夜景。ワクワクします。

 

【オーディオブック】Assassin’s Creed the Renaissance 1 

Assassin’s Creed the Renaissance 1 (2010) / アサシン クリード 預言

時間:12時間48分

発音:イギリス英語+イタリア訛り

速度:150語/分前後

評価:2 out of 5

Assassin's Creed

 

【あらすじ】

15世紀、ロレンツォ・デ・メディチの統治のもと、ルネッサンスが花開いたフィレンツェ。名門アウディトーレ家に生まれた青年エツィオは、突然の悲劇により、家族、恋人、地位を奪われる。それは彼の一族に受け継がれる宿命の序章だった。復讐を誓い、過酷な鍛練に身を投じる一方、若き芸術家レオナルド・ダ・ヴィンチの助けを得て、大いなる謎を秘めた写本を読み解いてゆくエツィオ。しかし、“暗殺者”として生きることへの苦悩と葛藤が胸を去ることはなかった。やがて陰謀の背後に、巨大軍事組織テンプル騎士団の存在が浮かび上がる。その頂点に立つのは、悪名高き枢機卿ロドリゴ・ボルジアだった―。

(Amazonより)

 

【感想】

人気ゲーム「アサシンクリード」がマイケル・ファスベンダー主演で映画化されると聞いて小説版を読んでみました。ゲーム版アサシンクリード2を小説化したもののようです。映画版のストーリーとも違うのですが、アサシンクリードの世界観を知るには良いかなと。

 

父と兄弟を処刑されてしまった主人公が実は古代から続く暗殺者集団の家系だったというお話です。ゲームが基になっているので、基本的には復讐を誓う→鍛える→暗殺する→コーデックスというアイテムをゲット→レオナルド・ダ・ヴィンチに持って行って解読&新たな武器入手という流れの繰り返しです。ノベライズ版に期待してはいけないと覚悟して読み始めてみたものの、味気なさすぎました・・・。倒した相手の懐に必ず「コーデックス」という大事なアイテムがあるあたりがゲームっぽいです。そんな大事なものを普通は持ち歩かないのではないと思うのですが、倒した敵の懐から大事なアイテムを入手するのがRPGのお約束。その辺は原作であるゲームに忠実なのかも。

 

味気ないのは、主人公の魅力がほとんど語られず、台詞と行動で淡々と物語が進んでしまうことが原因なのではないかと思います。ファンタジー小説で登場人物に感情移入出来ないのは致命的でした。映画を見る前にゲームの世界観を知りたければ各シリーズのあらすじだけ読むのでも十分だったかも・・・。読者の感想を読んでみると、アサシンクリードのゲームが好きすぎて小説にまで手を出してしまった!という層には好評のようです。この小説版だけで登場人物達を好きになるのは難しいかな。

 

でもファスベンダー氏のアサシン姿は格好良すぎです。映画化が楽しみ。

 

YL:6.5(概算)

語数:153,760語(概算)

 


Assassin’s Creed the Renaissance Codex Book 1


アサシン クリード 預言 (ヴィレッジブックス)

【オーディオブック】The First Fifteen Lives of Harry August  ハリー・オーガスト15回目の人生

The First Fifteen Lives of Harry August (2014) 邦題ハリー・オーガスト、15回目の人生

Written by: Claire North
Narrated by: Peter Kenny

時間:12時間10分

発音:イギリス英語

速度:150語/分前後

評価:5 out of 5

Screen Shot 2015-10-07 at 10.56.44 AM

 

【あらすじ】
ハリー・オーガストは特殊な能力を持っていた。どんな死に方をしても、次の瞬間には前世の記憶を持ったまま再び生まれ変わるのだ。何度生まれ変わっても同じところからスタートするが、生き方は自由に変えられるため、生まれ変わるたびにどんどん賢くなっていく。

 

ハリーが11回目の生を終えようとしている時、病床に女の子が現れた。未来において世界が終わろうとしているという。ハリーのように何度でも生まれ変わる能力のある”カリチャクラ”がある一定の割合で存在しており、次世代のカリチャクラが死にゆく老人のカリチャクラにメッセージを託すことで、どんどん過去にメッセージを伝えようとしているらしい。

 

カリチャクラの能力を利用し、未来を変えようとしているのは誰なのか。ハリーは志半ばで何度も死にながら、未来が変わる瞬間を突き止めようと試みる。

 

【感想】
面白かった!ファンタジー好きにはお勧め!15回にも渡るハリーの人生を追いながら、過去と未来の出来事を経験出来るお話。

 

1回目は初めて生まれたので普通の人と同じように生きるのですが、2回目、前世の記憶を持って生まれたハリーは混乱し、7歳で自殺してしまいます。3回目に生まれ変わった時は自分の不思議な能力を理解するために宗教に没頭し、4回目に生まれ変わった時は科学に傾倒します。確かに”自分の存在とは何か”を悩む人にとっては妥当な選択だろうと思います。

 

同じ生を何度も生きることが出来るカリチャクラには、”未来を変えない”という不文律のようなものがあるのです。例えばハリーは1919年に生まれ、2000年前後まで生きるのですが、次に生まれ変わった時に2000年の科学技術を1919年に持ち込まないように気をつけます。ところが、自らの好奇心を満たすために未来の技術をどんどん過去に持ち込む人物が現れ、未来が崩壊に向かってしまうのです。

 

この瞬間をやり直せるならば次はもっと上手くやるのに!と思ったことは数知れず。でも実際にそれが出来るとなると、より良く生きられるかどうかは分からないな・・と考えさせられた作品でした。2-3回のことであれば、特殊能力を利用して、お金持ちになりたい!楽に生きたい!という単純な欲望を満たして満足かもしれないけれど、何度でも生まれ変わって死ねない運命となると、何十回目には人生に絶望してしまうかもしれません。命は1回しかないからこそ、どう生きるかが大切だと感じた作品でした。

 

ハリーの十数回ある生命を行ったり来たりするので少し複雑だったものの、最後まで飽きませんでした。Goodreadsでは評価が1と5に分かれていたので好みが分かれる作品なのかも。何度も同じ人生をやり直す、というコンセプトは映画「About Time」と同じような感じですが、あちらはハートウォーミングなラブコメ。こちらはシリアスで、宿敵との対峙が結構グロいです。人生をやり直せたらどのように生きるか・・・というテーマが好きなので、お気に入りの作品になりました。

 

作者クレア・ノースはペンネームで、本名はCatherine Webb。Catherine Webb名義でヤングアダルト、クレア・ノースで大人向けのファンタジーと使い分けているようです。

 

YL: 8.5 (概算)

語数: 87,500語(概算)

 


The First Fifteen Lives of Harry August

 


ハリー・オーガスト、15回目の人生 (角川文庫)

ホーム > タグ > オーディオブック

カレンダー
« 2019 年 12月 »
M T W T F S S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
Archives
  • 2019 (14)
  • 2018 (13)
  • 2017 (8)
  • 2016 (25)
  • 2015 (77)
  • 2014 (86)
  • 2013 (73)
  • 2012 (59)
  • 2011 (101)
  • 2010 (141)
  • 2009 (124)
  • 2008 (55)
  • 2007 (14)
  • 2006 (32)
LingQ Known Words
I Am Learning English online with LingQ.
Reading Challenge 2019

2019 Reading Challenge

2019 Reading Challenge
yukoxoxo2000 has read 1 book toward her goal of 60 books.
hide
Tag cloud
英語仲間のブログ
検索

ページの上部に戻る