The Glad Game > リスニング

ホーム > タグ > リスニング

リスニング

海外旅行するのに英語はいらない・・・のか?

前回一時帰国した際、「今どきスマホもあるし、海外旅行するのに英語なんて要らないよね!」という話題が出ました。「ですよね〜w」と、その時は適当に話を合わせたのだけど、思い出しました! 海外旅行中に英語が出来ずに困ったエピソードを…。

 

「1ヶ月くらいイギリスに語学研修に行けば英語が話せるようになる」と本気で信じていたバカな大学生だった私は、春休みに大学生協が提供していたホームステイプログラムに参加しました。午前中は語学学校に行き、午後はフリーというカリキュラム。語学学校でのレベルテストは中級。同じ頃に入学した日本人達はほぼ皆さん中級でした。ただし、9ヶ月間通っているという日本人の方も同じクラス。”来たばかりの私達と、9ヶ月いる人が同じクラスっておかしくない?”と気づいたけれど後の祭り。1ヶ月くらいではどうにもなりませんでした。では半年頑張ればどうにかなったのかというと、9ヶ月の人も2年いた人も似たり寄ったりのレベルだったので、何年国外で勉強しようが、出来ない人は出来ないままなのだという非情な現実を思い知らされました。

 

ただ、言葉が話せなくても「行けばなんとかなる」というのは正しい。チケット一枚買うのでさえ、「ワン・チケット、プリーズ」と小さな声で言うのがやっとだった私でも、午後は毎日地下鉄でロンドンまで出かけては観光していました。

 

ホームステイプログラムも終盤にさしかかったある日のこと。私はロンドンでの観光を終え、Northern Lineの終点にあるホームステイ先へと向かう列車内にいました。すると、列車走行中に突然アナウンスが入り、まもなく最寄り駅に停車したのです。停車するなり、血相を変えて列車から降りる人々。何が何やら分からないまま、私もとりあえず皆さんに倣って列車を降りました。その後もホームにアナウンスが入るのですが、何と言っているのか全く聞き取れません。当時の私の英語力は、「Mind the gap」などの短い定型文が聞き取れる程度で、長文となるとチンプンカンプンでした。

 

そのままホームで待っていれば列車が再び発車するのか、故障なのか、テロなのか。全く分かりません。右往左往する人をつかまえて聞いたのですが、綺麗な列車のアナウンスさえ聞き取れない私が、普通の人が話す興奮したセンテンスを聞き取れるはずもなく…。

 

やがて人々が一斉にホームを出てバス停に向かったので、私もワケもわからずついて行きました。複雑な路線図と時間通りに来ないバスを乗り継いで駅の終点まで辿りつけたのが奇跡のようでした。

 

何か大きな事件だったらニュースで放送されるに違いないと思い、その日はずっとニュースをチェックしていたのですが、地下鉄での騒動については触れられませんでした。あの時何が起こったのか、今でも謎のままです。列車が停車するなり、皆慌てて外に出て行ったので、何か良くない事だったのではないかと思うのですが・・・。

 

「生きて帰って来れたんだから良かったじゃない!」と言われればそれまでなのですが、あれがもし本当にオオゴトだったなら、無事ではいられなかったかもしれないと思いました。

 

たしかに、英語が出来なかった時にも何回か単独で海外旅行に行きましたが、それ程困ることはありませんでした。フレンドリーに話しかけてくれる人がいても、思っていることが満足に言えなくて残念だなぁと思ったくらい。でも英語が出来なくて心底困るシチュエーションというのは、命にかかわるかもしれない重大な局面で起こるんだな・・・と実感しました。

 

そんな大変な事は滅多に起こらないし、一生遭遇しないかもしれません。でも周りで重大な何かが起こっていそうな中、ワケが分からないというのはとても不安な事です。英語圏に行くならば、多少の聞き取り能力は必要だと感じた出来事でした。

 

【今日の一枚】

思い出の地、ロンドン!

【オーディオブック】 City of Bones (Mortal Instruments)

 City of Bones (Mortal Instruments) by  Cassandra Clare

時間:14時間11分

発音:アメリカ英語。

速度:170語/分前後。

オススメ度:★★★☆☆ シリーズ全6作。2作目以降のほうが面白かったです。

 

【あらすじ】

クラブの倉庫で天使のように美しい三人連れが、ひとりの少年を狩るのを目撃したクラリーは、この世界には人間以外の種族や妖魔といった、地下世界の住人たちが存在することを知る。三人連れは妖魔を始末するシャドウハンター。ハンターのひとり金髪の少年ジェイスは、狩りの現場を見てしまったクラリーを彼らの隠れ家に連れ去る。全米で大ブームを巻き起こしたシリーズ開幕。

Amazonより

 

【感想】

この夏、映画が公開されたので映画鑑賞前に読みました。悪魔を退治するシャドウハンター、ヴァンパイア、狼男などのファンタジー要素とティーンエイジャーの恋愛、主人公の生い立ちに関するミステリーなど盛りだくさん。6巻目まで続くシリーズの1巻目なので世界観の説明部分が多く、まだまだ全体像はみえませんが、かなり面白そうな予感。ティーンの会話部分がダラダラしていたものの、話の続きが気になってすかさず2巻目も購入してしまいました。

 

映画のほうは残念ながらイマイチ。予告編の出来がすごく良く、期待が大きかっただけに残念でした。原作を読まずに観に行った人は、何がなんだか分からなかったかも。オーディオブックは14時間あるのに、映画は2時間なので仕方がないとは思うのですが、物語の核となる主人公の生い立ちの謎が、映画開始後5分であっさり明かされた事に驚いてしまいました。原作を読んで世界観が気に入った人か、好きな俳優さんが出ているという人にはいいかも。私が観に行った映画館は、ティーンの女の子達がグループで来ていて、映画が終わった後に拍手をしてました。女の子の夢!という感じのキャラクターがティーンの女の子のハートをがっちり掴んだのでしょう。。。

 

ファンタジー好きの人におすすめです。


City of Bones (Mortal Instruments)

<今日の一枚>

海岸線のドライブコースからの眺め。

 

【オーディオブック】Macbeth: A Novel

Macbeth: A Novel

時間:9時間45分

発音:イギリス英語、スコットランド訛り 

速度:140-150分(平均)

オススメ度:★★★☆☆ 気軽にシェイクスピアを聞きたいなら。

 

 

 現代版マクベス。これは忠実に原作を翻訳したものではなく、現代語を使って小説に書きなおされたバージョンです。シェイクスピア専攻の教授の監修、人気クライムノベル作家が書いたとあって、面白かったです。

 

 

  I’ve finished listening to the audiobook version of a modern retelling of Shakespeare’s “Macbeth”. I read some of the Shakespeare’s works in Japanese when I was a kid, but I forgot most of them. When I read “Team of Rivals”, which describes how much Lincoln loved and cherished Shakespeare’s plays, I felt compelled to read Shakespeare and see if they are worth taking the time to read again. 

  The audiobook I chose was “Macbeth: A Novel”, which was written by the British best-selling crime author David Hewson with the help of A.J. Hartley, a profossor of Shakespeare. This book is a modern interpretation of the original Macbeth, which is easy to understand and enjoyable to listen to. 

 

 Macbeth is a Scottish general who is a fearsome soldier and who was a royal subject to his King, Duncan. When Macbeth and Banquo, his best friend from childhood, encounter three witches on the way back from a battle, the witches gave prophecies of Macbeth’s rise as a king, and Banquo’s descendants becoming kings. They were skeptical at first, but some of the predictions soon came true, and their ambitions for the throne took over their rationalities. The night the King anointed his eldest son as his successor against custom, which did not allow succession to the throne through inheritance, Macbeth and his wife brutally murdered the king in his sleep, and blamed the crime on Duncan’s sons. The King’s sons fled to England for fear for their lives, and Macbeth succeeded to the throne afterward. All seemed went well, but the knowledge that he slew a sleeping King in his own house holding was eating away at his conscience. The anxiety from his guilt gave rise to one suspicion after another and he had to commit further crimes to cover up his previous misgivings until they led him to his cruel fate. 

  Although it was Macbeth who brought in all the pain and suffering, I felt as if it was I who committed all the crimes. The pang of guilt I felt was so intense that it was unbearable to continue to listen to the story. 

  I suffered as much as Macbeth, and the story was grim and depressing, but yet, the story was compelling, and definitely worth reading.

リスニング2600時間目

リスニング2600時間経過。2500時間からの変化はないけれども、リスニングを始めた頃からすると明らかに改善した点に気づいたので記録を残しておきます。

・何時間でも英語を聞けるようになった。

Audiobookが面白くて最長で連続8時間くらい聞いていた。3時間くらいは普通に聞ける。でもリスニングを始めた最初の頃は、5分でも厳しかったと思う。息を潜めて聞いていたからかもしれないけど。集中力を意識せずに聞き取れるようになったのは、たくさん聞いたおかげだと思う。

・メモを取りながら聞けるようになった。

 大好きなTTBOOKのインタビューやStanfordのEntrepreneurship講義など、後から感想を書くために音声を聞きながらメモを取っています。これも最初から出来たわけではなかった。メモを取り始めた頃は数秒ずつ停止しながら書いていたけど、今はどんどん聞きながらメモしている。聞きながら書き取る訓練も役に立ったと思う。

 

 リスニング時間を計測するのは、ある一定の量を意識して確保するためです。だいたい1ヶ月50時間を目安にしています。目標設定をしていなかったころは、1ヶ月10時間以下だったと記憶しています。あと、リスニングが軌道にのらなかった初期のころは、リスニング教材ばかりしていました。確か英語耳・英語舌とかそんな名前の教材を3ヶ月ほどやりましたが、今から考えると、リーディングをせずにリスニングのみするのは効率が悪かったと感じています。

 

【オーディオブック】The Way of Shadows (The Night Angel Trilogy)

The Way of Shadows

時間:20時間39分

発音:アメリカ英語 

速度:132分(平均)かなりゆっくり!

オススメ度:★★★★☆ ファンタジー好きなら。

 

11歳のAzothは、ギルドと呼ばれる子供たちのスラム街で暮らしていた。貧困、年上の仲間からの暴力により、年端もいかぬ子供たちが虫けらのように扱われ死んでいく世界。Azothはスラム生活から抜け出すため、町で一番の殺し屋であるDurzoに弟子入りを志願する。Durzoが提示した条件は、ギルドの少年ボスを殺すことだった。Durzoの弟子となったAzothは、Kylar Sternとして新しいidentityを与えられ、assassinとしての訓練が始まった。

 

 暗殺者もの。普通に剣や体術、変装などの訓練もありますが、”タレント”という特殊な魔法能力がないと、Wet boy というプロ中のプロの暗殺者にはなれません。師匠のDurzoの正体は1巻では詳しく明かされませんが、何やら伝説の暗殺者らしい。ド貧乏で孤児の少年が魔法や剣術でのし上がっていく・・というと、どうしてもThe Name of the Wind: The Kingkiller Chronicle: Day One と比べてしまいます。主人公のかっこ良さは、ダントツでThe Name of the Wind のほうが良かったかな。

 Goodreadsのオススメ本として紹介されていて、表紙がいい感じだったので購入してみました。朗読はかなりゆっくりめ。最初に音声を聞いた時は、間違ってスピード1/2ボタンを押してしまったかと確認してしまったくらい。普通のAudiobookは160語/分以上なので、130語/分前後だと間延びしているようでした。かといって語彙は子供向けではないので、ある程度本は読めるがリスニングに自信がない人にはいいかも。

 

 The Way of ShadowsはThe Night Angel Trilogyという3部作の第一巻です。最初10時間程は世界観や人物像の説明等でごちゃごちゃしてましたが、残り半分でやっと面白くなってきた感じ。3部作なのに、なぜか1巻しかAudibleには置いてありません。2,3巻はAmazonかiTunesで30ドル近く出して買うしかなさそう。続きが気になったので、iTunesで2巻目のAudiobookも購入しました。

 

ホーム > タグ > リスニング

カレンダー
« 2017 年 11月 »
M T W T F S S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
Archives
  • 2017 (6)
  • 2016 (25)
  • 2015 (77)
  • 2014 (86)
  • 2013 (73)
  • 2012 (59)
  • 2011 (101)
  • 2010 (141)
  • 2009 (124)
  • 2008 (55)
  • 2007 (14)
  • 2006 (32)
Reading Challenge 2017

2017 Reading Challenge

2017 Reading Challenge
yukoxoxo2000 has read 3 books toward her goal of 50 books.
hide
Tag cloud
英語仲間のブログ
検索
Visitors
PV608
UV106

ページの上部に戻る