The Glad Game > リスニング

ホーム > タグ > リスニング

リスニング

【オーディオブック】Abraham Lincoln: Vampire Hunter

Abraham Lincoln: Vampire Hunter

時間:10時間16分

発音:アメリカ英語 ケンタッキー訛り?

速度:173分(平均)

おススメ度:★★★★☆ リンカーン好きにはオススメ。

 

 まさかのリンカーン萌え。アメリカ合衆国第16代大統領リンカーンが、実は有能なヴァンパイア・ハンターだったというお話。南北戦争は、奴隷を糧とし、人間を支配下に置こうとする南部のヴァンパイアと、人間と共存し、南部のヴァンパイアと敵対するヴァンパイアの対立によって起こったという奇想天外なフィクションです。史実とフィクションが巧妙に織り交ぜられていて、物語を楽しみながら南北戦争前後の歴史の流れを知ることができます。歴史の知識があったほうが楽しめると思いますが、初めてリンカーンを読む人は、これをきっかけにリンカーンの自伝を読もうと思えるかも。現実とファンタジーの区別がつかなくなりそうな点が心配ですが、まさかリンカーンの母親や恋人が、実はヴァンパイアに噛まれて亡くなった・・と信じることはないはず。

 

 斧を操りヴァンパイアの首をハネるリンカーンがかっこ良いです。物静かでストイック、正義感に溢れる姿は本物のリンカーン像から得たものだと思います。全くのフィクションですが、エドガー・アラン・ポーもヴァンパイアハンターとしてチラっと出てきます。ポーの書く物語が、ハンターとしての経験によるもの、というアイデアも面白い。オーディオブックの最後には、作者のインタビューもあります。本屋に行くと、リンカーンに関する新作と、トワイライトに影響されたヴァンパイア本が毎週のように出版されていて、この2つをミックスしたら面白いのではないか・・と考えついたのが、この本を書くことになったきっかけだそうです。

 

 オーディオブックの対象は中級以上〜上級者くらいか。リンカーンの台詞には独特のリズムがありました。Audibleでは手に入らず、iTunesでDLしました。既に映画化も決まっていて、今年夏にはアメリカで公開されるようなので、リンカーンのハンター姿を見るのが楽しみです。  

 

 

 

戦争後のイラク Anthony Shadidさんのインタビュー

To the Best of Our Knowledge より、Anthony Shadid – After the Violence in Iraq。Anthony ShadidさんはNYTのJournalistで、これまで二度Pulitzer賞を受賞された中東取材で有名な方です。2011年12月のインタビューですが、今日TTBOOKホームページのトップに掲載されていたので聞いてみました。

 以下インタビューから要約。 

 2003年、ペニンシュラ・ストライクという、アメリカ軍による大規模な作戦があった。その数日後にイラクのある町を訪れたところ、15歳の少年を含む市民が何人か作戦に巻き込まれて亡くなったらしく、大勢のイラク人が嘆いていた。そこで、イラク人でありながらアメリカ側に情報提供をしていた男がいると噂が流れていた。しばらくしてその町を再訪し、その情報提供者がどうなったかを尋ねたところ、その男は自身の父により殺されていた。詳しく話を聞いてみると、イラクの部族長が諜報者の父に、息子を殺すか、さもなくば部族長たちが一家全員を殺すからどちらかを選べと父親に選択肢を与えた。苦渋の選択を迫られた父親と兄弟は止む無くその男を殺すことにした。ある日、父親と兄弟は諜報者である男を呼び出し、父親が2−3発銃弾を撃ち込んだのだが、父親はその場に崩れ落ち、とどめをさすことが出来なかったため、兄弟がとどめの一発を撃った。父親へのインタビューで、”預言者エイブラハムさえ、自分の息子を殺すことはなかったのに”と嘆き悲しむ姿が忘れらない。

 このストーリーを、当時勤めていたワシントン・ポスト紙に掲載したところ、人々の反応は、いかにイラクが残酷であるか、とShadidさんの予想とは反するものだった。Shadidさんは、これはアメリカの介入がもたらした結果だということを伝えたかったのに。イラク戦争によりもたらされたのは、怒りや復讐心だったと。

 

 Shadidさんは、この戦争の意味を探そうとしましたが、はっきりとした意味は見いだせていないようです。またイラク戦争後に、ベトナム戦争後と同じように戦争の意義について大きな議論が起こらなかったことに懸念を示しています。

 

 Shadidさんは取材中に銃で撃たれたり、リビアで誘拐されて暴力を受けた経験もあるようです。先週、取材中にシリアで亡くなったとの死亡記事を見た時は、不幸な事故に巻き込まれたのかと思いましたが、この記事によると、喘息発作で亡くなったようです。Shadidさんは紛争そのものよりも、戦争のその後や、普通の人々がどうなったか、ということに焦点をあてて取材をされていたそうです。打倒フセインを掲げてイラク戦争に踏み切ったアメリカの正義ってなんだったんだろう、と考えさせられた内容でした。

Shure SE425購入

個人的備忘録。愛用のShureのイヤホンが断線したので買い換えました。ShureのE4c-Nからの買い替えでSE425-CL-J。これで4つめ。今のは2年くらい持ったはず。耳にかけるタイプのカナル型イヤホンなので、曲がる部分で断線しやすいらしい。今回はiPadでSupernaturalを観ていた時に、急に人の声だけ聞こえなくなり、効果音だけは聞こえるという恐ろしい断線具合だったので、我が家でも超常現象が起きる前触れかとマジで怖かったです。

 

 円高のせいかイヤホンが安くなっているような気がします。最初に買ったShureは4万円台でした。今回のは同じようなスペックで23,000円ほど。英語を学習し始めたころ、聞きとれないのはイヤホンが悪いせいだ!という恐ろしく間違った思い込みの結果、お高いShureを買ったわけですが、もちろんイヤホンが高級になったくらいでたいした違いはありませんでした。ただ、語尾のshやth, pなどははっきりと息遣いが聞こえるようになったので、細かい息遣いを含めた発音練習には役だったかも。音質がいいというよりは、カナルの密閉具合がいいのだと思います。耳に当てる部分が、フォーム型、スクリュー型、パッド型などバリエーションがあるのが特徴。かなりの密着ぶりで、リスニングをしながら歩道を歩いていても車の音が聞こえません。身に危険が及ぼうが、耳に悪かろうが、一度この”くっきり・はっきり”を体験してしまうと、今更ソ○ーなどのカナル型には変えられません。

 

 只今のリスニング時間は2,422時間。このイヤホンが1000時間は持ちますように・・・。

Stephen Fry朗読のハリーポッターオーディオブック

  職場でつけっぱなしになっていたFoxのBonesシリーズ4を観ていたら、どこかで聞いたことのある声が…。見たことのない俳優さんだけど、この声は絶対に聞いたことがある…。としばらく聞いていたら、ハリーポッターオーディオブックの朗読をされていたStephen Fryさんでした!

 

 ハリーポッターは本もオーディオブックも映画も見たけれど、オーディオブック版が一番好きです。アメリカ版のJim Dale、イギリス版のStephen Fryがあり、Jim Dale版のほうが安いのですが、絶対Stephen Fryのほうがいい。Jim Daleのほうは本がアメリカ版というだけで読んでいるJim Daleはイギリス英語です。1本だけ間違ってJim Dale版を買ってしまいましたが、まぁ、普通の朗読者という感じ。1本聞きましたが、どうしてもStephen Fryで揃えたかったので買い直しました。Stephen Fryのほうが声に深みがあり、表現力も豊かで断然聞きやすいのです。

 

 オーディオブックのナレーターは基本的には全員上手なのですが、その中でも声の良し悪しや表現力の差があります。イギリス英語が苦手!という方もいらっしゃると思いますが、標準的な発音で読まれたイギリス英語は癖がなくてかえって聞きやすいと思います。

 

 私にとってハリポタが初めてのオーディオブックで、正直なところ本を読んでも分からない単語が多かったです。ところがStephen Fryの朗読を聞くと、感情の込め方で単語の意味が分かるのです。特に感情やキャラクターの表情を表す単語。grimace や flinchなど、当時は知らない単語でしたが、朗読により顔をしかめたり、身じろいだりする様子がありありと脳裏に浮かぶという体験を初めてしました。どんどんと読み上げられていくスピードに合わせて高速に脳内で日本語変換をするのは不可能なので、聞いた言葉をイメージとして訳さずに理解していく、といういい訓練になったと思います。

 

 声のイメージからスマートなおじ様を想像していましたが、Bonesで見かけたStephen Fryは外人にいがちな、体幹部肥満で足だけ細いふつうのオジさんでした…。Bonesのレギュラーというわけではないようなので、たまたま見かけたテレビで初めて演じている姿を見ることができてうれしかったです。Audiobookにハマったのも、最初に聞いたオーディオブックが彼の朗読だったおかげだと思います。その後100本以上のオーディオブックを聞きましたが、本の面白さだけでなく、声や発音によってもオーディオブックの好き嫌いは大きく左右されています。お気に入りのナレーターさんを見つけて、声でオーディオブックを選ぶのも楽しみの一つです。

 

 I heard a familiar voice at my work place today. Bone series 4 was being broadcasted on the TV in the dining room. I’ve never seen the program before, but one of the character’s voices sounded vaguely familiar to me. As I watched it, I realized that he was the Harry Potter audiobook narrator, Stephen Fry!

 

 I love the Harry Potter audiobooks, and I have listened to all of them. It was the first audiobook I ever heard, and the amount of time I listened to his voice could be more than 150 hours. I was surprised by his stocky figure, because I had imagined him as a smart middle-aged man judging by his voice.

 

 Most of the audiobook narrators are excellent readers, but few have both acting talent and a magical voice. I read the Harry Potter books and watched the movies, but the audiobook version read by Stephen Fry was definitely the best of all. His reading helped me to create my own Harry Potter world in my head. My English comprehension wasn’t good enough to read the book when I started listening to the audiobooks. I didn’t know words such as “grimace”, “cling to dear life”, “flinch”, but his narration was so lively that it stretched my imagination. I gained a lot of new vocabulary without looking it up in a dictionary. It was a wonderful experience, and I became a huge fan of audiobook.

 

 I was lucky to have spotted him by chance today as he wasn’t a regular character of the drama. Although his appearance didn’t match my imagination, I was still glad to watch him acting at last.

専門用語の発音

専門用語の発音を学ぶために使っているサイト。khanacademyBiology course.  電子黒板みたいなのがスゴイ。先生の板書風なんだけど、手が画面に映ることもなく、字が浮かび上がってくるのです。

 
 普段の英会話の時は細かい発音の違いはあまり気にならないけど、外来語をカタカナで発音する弊害はかなり大きく、専門用語は正しく発音しないとわかってもらえないことが多いのです。たとえば、コラーゲンはコラジェン、大動脈は日本語読みのアオルタではなくエーオルタとか。”あんまり違わないじゃん、わかってくれよ!”と思うのですが、日本人が思うほど小さな違いではないのかも。

 学部生の時、中国人の院生に実験のお世話になったことがありました。4ヶ月程、週3回配属された研究室に行って研究を見学するのですが、教員にとって学生の相手は面倒くさいらしく、外国人留学生にあてがわれることが多かったです。中国人の女性は穏やかで日常会話程度の日本語は流暢にできる人だったのですが、実験内容のことはほとんど聞き取れませんでした。”餃子の具は何をいれるんですか?”とか、そういう他愛のない日常会話は通じるのですが、実験のこととなると何を言っているのかさっぱりわからない。とりあえず見よう見まねでこっちの試薬を吸い上げてあちらのガラス管に入れ・・といった感じでした。顕微鏡で光る細胞を見せられて、彼女がか細い声でいつも言っていた”キーコゥソメェ”が蛍光染色であるということに気づいたのは3ヶ月ほどたってからのことでした。もしかしたら私のAorta→アオルタも同じようなレベルなのかもしれない・・・。

 khan academyには生物以外にも、数学や化学、経済などたくさんの授業があります。以前見つけた時は、経済から見始めて挫折してしまったので、今度は自分に必要な分野から見ていこうと思います。学校を卒業した後で、こんなにわかりやすい授業に出会うとは思いませんでした。しかも英語での授業なので、わざわざ”この英単語はなんて発音するんだっけ?”と後で調べる必要もありません。ありがたいことです。
 

ホーム > タグ > リスニング

カレンダー
« 2021 年 3月 »
M T W T F S S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
Archives
  • 2021 (7)
  • 2020 (18)
  • 2019 (14)
  • 2018 (13)
  • 2017 (8)
  • 2016 (25)
  • 2015 (77)
  • 2014 (86)
  • 2013 (73)
  • 2012 (59)
  • 2011 (101)
  • 2010 (141)
  • 2009 (124)
  • 2008 (55)
  • 2007 (14)
  • 2006 (32)
LingQ Known Words
I Am Learning English online with LingQ.
Reading Challenge 2020

2020 Reading Challenge

2020 Reading Challenge
yukoxoxo2000 has read 8 books toward her goal of 70 books.
hide
Tag cloud
英語仲間のブログ
検索

ページの上部に戻る