The Glad Game > 海外ドラマ

ホーム > タグ > 海外ドラマ

海外ドラマ

映画やドラマで英語学習その1

洋画やドラマを使った英語学習で大事なのは、ただ1−2回字幕付きで見るだけではなく、スクリプトを読み、知らない単語をチェックし、完全に分かるようになるまで繰り返し見ることだと思います。ちょうどTwitterで過去記事の「4000時間リスニング」を紹介していただいたので、映画やドラマを使った私の英語学習法について書いてみようと思います。

 

 

洋画やドラマで英語学習をお勧めする理由

 

1.楽しんで学習出来る

一番のお勧め理由はなんといっても、好きな作品を素材にすると英語学習が苦痛ではなくなる!ということでしょう。繰り返し見ても良いと思える作品を見つけたら、スクリプトを読み込んで未知単語や表現を覚え、文字と音が一致するまで繰り返し視聴します。嫌々とやるようでは効果半減ですので、何十回でも食い入るように見ることの出来る、お気に入り作品を見つけましょう。

 

2.オリジナルの教材が出来る 

スクリプトの読み込みでリーディング、繰り返しの視聴でリスニング、未知単語を集めてボキャビルと、好きな作品を使ったオリジナルの教材が出来上がります。特に私のお気に入りは単語カードです。例文がセリフなので、単語カードを見るたびにその場面を思い浮かべることが出来ます。現在までにドラマや映画から1700個ちょっと単語カードを作りました。今さら市販の単語本を使って1000個以上の単語を覚える根性はありませんが、好きな作品のセリフを集めた自作の単語帳なら飽きずに何度も見返すことが出来ます。

 

3. 一般の人が話す英語に近い

TOEICや英検、英語学習系のPodcastでは、非常に聞き取りやすい綺麗な英語が話されています。ドラマや映画では、架空の世界とはいえ誰かの日常のひとこまを切り取ったものが多く、一般的な人々が話す英語に近いと感じます。4大ネットワークで放送されているドラマや古い映画では、比較的「くっきりはっきりと」話すキャラが多い気がするのですが、それでも教材用の英語と比べるとかなりくだけた話し方です。英語学習者用に編集されたリスニング素材で基礎を築くのも良いですが、ある程度慣れてきたら普通の人が話すレベルに近い映画やドラマで耳を鍛えることも必要だと思います。

 

 

教材探しのポイント

 

1.大好きな作品を選ぶこと

これにつきます。最低数回は見てもよいなと思えるものを選びます。シットコムをお勧めしている学習サイトが多いのですが、自分の好みで選んだ方が続きやすいです。私はフレンズで挫折しました。いくら皆さんのお勧めでも好みが合わないと見続けることは出来ません。私の選択基準は「好みのイケメンが出ること」。そうでなければ数十回も見られません!

 

2.台本があるもの 

ネット上に台本が公開されているものが多いので、作品名+scriptまたはtranscriptで当該作品の台本があるかを探します。出来ればト書きもあるほうが良いです。公式に台本が公開されているものもありますし、ファンが書き起こしているものもあります。

 

ただセリフを羅列しただけのスクリプトは読むのが大変なので、せめて誰が発したセリフか分かるものがよいでしょう。

 

出来合いの映画教材を使うのであれば、「名作映画完全音声セリフ集スクリーンプレイ・シリーズ」という商品があり、プラダを着た悪魔 英国王のスピーチなどの作品が販売されています。

 

3. 標準的な英語を話しているもの

イギリス英語でもアメリカ英語でも何でも良いのですが、はじめのうちは、自分が話すときのお手本となる綺麗な発音のものが良いと思います。あまりにもコックニー訛りが強いもの、スラングばかりのものは、ある程度英語に慣れて自分で使っても良いものかどうかの判断が出来るようになってからのほうが良いです。

 

私が好きなドラマの一つにTrue Bloodという作品があるのですが、この作品の舞台はアメリカ南部ルイジアナです。登場人物の大部分が南部訛りですし、いわゆる“エボニクス”というアフリカンアメリカン独特の言葉が多いです。“Where are you?”のかわりに“Where you at?”というような表現が出てきます。まじめにスクリプトに取り組むうち、ついこのような表現が口からとび出してしまうとも限りません。地域や育ち方でだいぶ英語の雰囲気も違いますので、自分にとって無難な作品を選ぶこともポイントの一つとなるかと思います。

 

  1. 全てのエピソードが揃っていなくても良い

張り切ってシーズン1のパイロットから全てスクリプトチェックをしたい衝動に駆られますが、よほどの人気シリーズではないかぎり、全てのエピソードが網羅されている事はありません。すごく気に入っている作品があるけれど、スクリプトが数本しかない・・という場合や、ただセリフが羅列しているだけのわかりにくいスクリプトしかなかった場合は、ちゃんとしたスクリプトがあるエピソードだけを使い、他の作品に取り組んだ方がよいです。

 

洋画やドラマを使った英語学習に取り組めるレベル

 

全くの初心者向きではないと思います。せめてなんとかスクリプトが読めるレベルでないと、いくら作品に対する愛があっても非効率的すぎます。スクリプトに目を通してみて、ほぼ全ての単語を辞書で調べなければならないような場合は、遠回りに思えても、基本的な単語を2000-3000個覚え、中学レベルの文法を1冊読むなど、オーソドックスな英語学習法を済ませるか、または洋画やドラマを用いた学習と基礎的な学習を平行したほうが良いです。

 

まとめ

というわけで、映画やドラマを使った英語学習は、スクリプトが読める中級者以上で、好きな作品がある人にお勧めしたい方法です。ただ漠然と見るだけではなく、“スクリプトを使う”というところが大事なのです。長くなったので、具体的な方法については次回の記事に続きます。

 

 

コミックコン

100 wish list の中のひとつ、「コミックコン」に参加すること。本日達成しました。本当は、サンディエゴであるアメリカ最大規模のコミックコンに参加したかったのですが、参加者13万人と大人気でチケットを取るのもホテルを取るのも困難!参加は無理かな〜と思っていたところ、お目当ての俳優さんが定期的にウィザードコンというものに参加している事を知り、参加してきました。

 

参加するかどうか散々迷ったけど、参加して良かった!!!ものすごく楽しかったです。日本ではコミケもファンイベントも参加したことがなく、右も左も分からない状態だったのですが、会場スタッフの人たちも親切だったし、列に並んでいる間に前後左右の人とお話したりして、とても楽しい時間を過ごしました。

 

それにしても予想外の人出に驚きました。3万人規模の学会に参加したことがありますが、それよりも人が多かった気がする…。どこで何があるのか、お目当てのセッションに行くにはどうすればよいのか、会場でのお作法はどうかなど全くわからず、いろんな人に尋ねまくり、たくさんの人に助けてもらいました。みんな親切で良い人でした( ;∀;)。

 

参加するのを迷っていた理由は、コミックコンなんていい年をした大人が行くところではないのでは・・・というものだったのですが、年齢層はかなり幅広かったです。82歳のドロシーおばあちゃまや、50-60代以上のコスプレ熟練者、普通の中高年もけっこうたくさん・・・。そもそも、コスプレをせずに普通の格好で行くのが恥ずかしい・・・といった雰囲気なので、周りのことなど何も気にする必要などなかったのかもしれません。

 

今回の最大の目的は、The Walking Deadの Norman Reedus さん。その他にも、James Marsters, John Barrowman, Zachary Quinto, John Bernthalさん等のセッションを聞いてきました。John Barrowmanさんは、以前自伝オーディオブックを聞いたことがあったので、ご本人さんのお話を聴く機会が持ててとても良かったです。ポジティブオーラ溢れる凄い人でした。

 

本当は、ひっそり参加する予定だったのですが、たくさんの人とお話し、皆が楽しんでいる様子を見聞きして、せっかくなので自分の体験もシェアしたいと思いました。写真の整理が出来たら詳細レポートします♥

 

<今日の一枚>

スーパーマリオブラザーズを発見!思ってたより太ってましたけど、まさか実在するとは思いませんでした!!

ドラマのDictation

7月から毎週日曜夜に受けている発音レッスン。Mastering the American Accent もほぼ一通り学んだので、ドラマやニュースなど、実際の素材を使って練習してみよう!ということになりました。そこで思い出したのが、以前集めていたドラマディクテーション素材。何度聞いてもなかなか聞き取れない部分を先生がディクテーションしてくれるというので30秒ほどのmp3ファイルにして送ってみました。

FF1-2 Olivia and a resident (リンク先は音が出ます)

 

ドラマFlash Forwardの1シーンです。女性パートが難しい・・・と思っていたのですが、アメリカ人の先生は普通にディクテーションして、スクリプトを送ってくれました…。

 

ベビーシッターが無断欠席した部分の少し手前、シャドーイング困難です (ヽ’ω`)…。ドラマを観ている時は、一語一句は分からなくても意味は分かるんですよね。だからといってそのまま放っておけば、これ以上聞きとり能力&発語能力が上がることはない。もう少しドラマ素材でのディクテーションを増やそうと思いました。

 

万が一、答えが気になった方のためにスクリプトを貼っておきます。

 

Mommy.

 

And I’m going to find Debbie and she’s going to help take care of you.

 

Hey.  Charlie.  What are you doing here?

 

Hey.  A little incident at school, and the babysitter’s gone AWOL.  What do we got?

 

Oh,  admits are leveling off, which is good because we’re running out of hallways to put beds in.

 

And how about that truck driver?  Did you get him excavated?

 

Yea, and his stats are holding.  Also, Mr. Simco, father of the MDA boy, he’s been asking for you.

 

Ah, yea, I got to try to get there.  It’s just all I can do to get out of the OR at the moment.

 

What about Scrillio?  He’s hurt.

 

Intensive care.

A Brief Review of Star Trek 2009

 Without wasting any time, I set out to explore the strange new world. I chose the latest movie, Star Trek 2009, for starters. At first, I was afraid that I wouldn’t understand the story, as I haven’t seen any of the previous episodes, but it turned out that I had made the right choice.

 The story was a chronicle of the early days of Captain Kirk and his fellow Enterprise crew members. The story starts with Captain Kirk’s birth and his father’s heroic death while attempting to save his crew members as a captain. This movie comes before the first series, so we newcomers don’t have to worry about our lack of knowledge.

 Some critics said the new actors ruined the previous image of the characters, but I was awestricken by Zachary Quinto, and how “Spocky” he looked. Even though I had no idea what Vulcan people looked like, he seemed anything but a Vulcan. Also, Captain Kirk is a reckless, attractive young man, and the helmsman Hikaru Sulu was really cute. There was a very capable, black female officer, who had a talent in languages. I didn’t find that the setting was unusual, but I later learned that it was extraordinary to depict a black female as being as capable as any man, let alone treating her equally on a TV series back in the 1960s.

 As I live in 2012, I might not have noticed some of the groundbreaking concepts that shook people 40 years ago. Technology has improved our lives, and it must have realized many fictional items people would have never imagined possible. The movie was fantastic, and I’m sure it will be a gateway to my exploration of more of the past Star Trek series.

 スター・トレックシリーズ、とりあえず一番新しい2009年の映画からスタートしてみました。40年の歴史を無視して最新作を見ても大丈夫なのか・・という心配は無用で、シリーズを一度も見たことがない初心者でも十分楽しめるよう、キャプテン・カークの誕生から、エンタープライズ号の船長になるまでのストーリーでした。

 

 とりあえずシリーズの背景がわかったので、これですんなり60年代のオリジナルストーリーに馴染めるのではないかと思います。60年代のものを1シーズンみてから、全部順に見ていくか、そのあといきなり2000年代のシリーズに飛ぶかを決めるつもり。

 

 まだ映画を1作みただけですが、SupernaturalのEpisodeに”I mean, they come on like shady politicians from planet Vulcan.” ”奴らはVulcan星の政治家みたいに胡散臭い”と、さっそくスター・トレックに言及した台詞を見つけました。Randy PauschさんのThe Last Lecture にも、子供時代にキャプテンKirkに憧れていたと書かれていましたし、スター・トレックシリーズに影響された人々の作品も分かりやすくなるかもしれません。

 

こたつ犬

Star Trek

 Here comes news that shook my world! My beloved British actor, Benedict Cumberbatch, was cast in “Star Trek 2” as a villain!

  Of course he would be a villain, especially in an American movie. He has high cheekbones, has a British accent, and most of all, American people like to see British actor as wicked! 

  The problem is that I haven’t watched any of the grand epics that inspired so many people for more than 40 years. I couldn’t imagine how much effort I would have to put in until 2013 before the movie is released. More tentative than resolute, I looked it up in Wikipedia, and found the staggering fact that I have 701 drama episodes and 11 movies to go! 

  Recently, I’ve realized that I am a full time English learner, reader, and avid drama watcher, rather than a researcher in my free time. Now that I have a pressing deadline, I can waste no time. I’d better wrap up whatever I have been doing, and rush into the starship Enterprise to start a new mission: to explore strange new worlds! 

 

 好きな俳優さんが来年公開の映画、Star Trekに出演予定とのことで、Star Trekシリーズの予習をすることにしました。Wikiでシリーズを調べたら全部で700話くらい。(*_*) 仕事なんかしてる場合じゃないかも…。

 

 悪役とのことなので、全身緑だったり、顔にイボイボがあったり、ヘンなツノが生えてたりするんじゃなかろうかと不安なのであります。

  

  

 

関係ないけど、犬の二段重ね。

ホーム > タグ > 海外ドラマ

カレンダー
« 2017 年 5月 »
M T W T F S S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
Archives
  • 2017 (3)
  • 2016 (25)
  • 2015 (77)
  • 2014 (86)
  • 2013 (73)
  • 2012 (59)
  • 2011 (101)
  • 2010 (141)
  • 2009 (124)
  • 2008 (55)
  • 2007 (14)
  • 2006 (32)
Reading Challenge 2017

2017 Reading Challenge

2017 Reading Challenge
yukoxoxo2000 has read 3 books toward her goal of 50 books.
hide
Tag cloud
英語仲間のブログ
検索
Visitors
PV1805
UV278

ページの上部に戻る