The Glad Game > Audible

ホーム > タグ > Audible

Audible

【オーディオブック】Age of Myth: Book One of The Legends of the First Empire(2016)

Age of Myth: Book One of The Legends of the First Empire (2016)

 

時間:16時間55分

発音:イギリス

評価:5 out of 5

 

Age of Myth

 

【あらすじ】

太古の昔、人類はフレイと呼ばれる神の種族を崇拝していた。3000年にも及ぶ寿命をもち、魔法を操るフレイは人にとって神のような存在であった。ある日、フレイの領地で密猟の現場を押さえられたレイスは傲岸不遜なフレイの男に目の前で父を殺されてしまう。一介の人間であるレイスが到底敵う相手ではなかったが、フレイの奴隷であるマルコムの助けを得て”神”を倒したレイスはGod Killerとしてフレイに追われる身となる。

 

 

【感想】

The Riyria Revelationsシリーズの前日譚となるシリーズ。こちらから読み始めても大丈夫なようですが、The Riyria Revelationsシリーズの1冊目であるTheft of Swords から読み始めたほうが世界観を把握しやすく、キャラクターに愛着が湧きやすいかも。

 

The Riyria Revelationsは大好きなシリーズ。ロイスとヘイドリアンという二人組盗賊の武勇伝から二人の過去が徐々に明かされていき最終巻で大きな謎解きがある、というエピックファンタジーとミステリーのミックス具合が良いのです。

 

ここからはネタバレ。Spoiler Alert!

 

今回の主人公はGod Killerレイスと、元奴隷のマルコムかと思いきや、人間界の女性で族長の未亡人であるPersephoneと、未来を読む力をもつ少女Suri。(Persephoneはオーディオではパーセファニーと聞こえましたがファンタジーの名前は発音が難しい・・・。)そこにフレイ界の掟に背いて追われる身となったノブロン達が加わって、パーセファニー達の村を守るというお話。

 

ここからシリーズ6冊 、Age of Myth (Summer 2016) | Age of Swords (Summer 2017) | Age of War (Spring 2018) | Age of Legends (Fall 2018) | Age of Wonder (Spring 2019) Age of Empire (Fall 2019)の刊行予定となっているようです。作者のマイケル J サリバンはシリーズ全ての本を書き上げてから出版する主義のようで、途中で作者がバスにはねられて亡くなったとしても本は刊行されるらしいので安心です。

 

Age of Mythの最後でノブロンとマルコムが実は主従関係にあり、ノブロンがマルコムにフレイ殺害を命じていたが実際にフレイを殺したのはレイスだったということが明かされます。ノブロンの野望の全貌は・・・? Riyriaシリーズを先に読んでいれば、神と呼ばれた種族は直系子孫の1人を除いて絶滅していること、ノブロンの剣と剣術も直系子孫に伝えられており、ノブロンの子孫を守る一族がいること・・・を知っているので、Age of Mythでどのように神々の支配する世界が崩壊したのか、ノブロンの剣が伝えられることになった経緯は?などが明かされるのが楽しみです。

 

シリーズ全部書き上がっているならば一気読みしたい!のに2019年秋まで待たねばなりません。間があくと細かい設定を忘れてしまうのが悩み。ということで、備忘録を兼ねてのネタバレ感想でした。

 

YL:8くらい

語数:143,849語(readinglength.comより)

 

 

 


Age of Myth: Book One of The Legends of the First Empire

【オーディオブック】Born a Crime: Stories from a South African Childhood(2016)

Born a Crime (2016)

Screen Shot 2017-03-06 at 21.50.04

 

時間:8時間50分

発音:南アフリカアクセント?

評価:5 out of 5

 

2015年9月からアメリカのテレビ番組「The Daily Show」のホストを務めているトレバー・ノアの自伝なのですが、めっちゃ面白かったです!人気番組のホストにしては若いなと思っていたのですが、まだ33歳だったんですね。しかも南アフリカで生まれ育ち、2011年にアメリカに移住したのだとか。異国で笑いを取る、というのは外国人にとって最も難しいことだと思うのですが、それをスマートにこなしているのは素晴らしいです。

 

トレバーが生まれたのは1980年。トレバーは南アフリカ出身で黒人の母と、ドイツ系スイス人である白人の父のもとに生まれました。アパルトヘイト政策下の南アフリカでは、白人と有色人種の結婚は禁じられていたため、トレバーの存在自体が”罪”だったのです。トレバーの両親は正式に結婚はしておらず、トレバーが公の場で”お父さん”と呼ぶことはなかったそうです。

 

ではなぜ、トレバーの母パトリシアは禁じられていた白人との子供を持つことにしたのでしょうか。このパトリシアさん、かなり先進的というか、ぶっ飛んだ性格で、当時の黒人女性にしては珍しく英語を話し、秘書の仕事をしていたそうです。そこで20歳近く年上で独身だったトレバーのお父さんに、「あなたの子供がほしい。あなたは一切面倒見なくてもいいから」と声をかけ、トレバーをもうけたそうです。

 

当時の南アフリカは、白人、有色人種、黒人と階級が分かれており、黒人にはまともな教育も行わず、生涯奴隷扱いで肉体労働者として働かされていました。トレバーの子供時代の話を聞くと、あまりにも世界が違いすぎて、「いったいいつの話!?」と戸惑ってしまったのですが、まだ30年ほど前の話なのです。ネルソン・マンデラが開放された頃は特に覇権争いが激しく、通学路に生きたままガソリンをかけられて殺された焼死体が転がっていたそうです・・・。

 

それほど年も変わらないのに生まれ育った環境が違いすぎて、衝撃的な内容でした。とはいっても、シリアスな内容ではなく、トレバーのお母さんの強烈エピソードの数々がとても面白かったです。同じ時代を生きているのに自分とは全く別の子供時代がある・・・ということを実感できた一冊でした。

 

YL:7.5くらい

語数:94,240語 (http://www.readinglength.comより)

 


Born a Crime: Stories from a South African Childhood
 

 

【オーディオブック】It

It (1986)

時間:44時間53分

発音:アメリカ英語

評価:3 out of 5

It

 

【あらすじ】

1958年メイン州デリーで子供を狙った連続殺人事件が起きた。7人のティーンエイジャー達は、約30年に一度出現するというモンスター「It」と対峙する。

 

27年後。「It」による殺人サイクルが始まったことによって故郷に引き寄せられた主人公たちは再び「It」との戦いに挑むことになった。

 

【感想】

スティーブン・キングの名作として名高い「It」ですが、これはアカンやつ。全くダメでした・・・。2017年秋に映画版Itのリメイクが公開されるとのことで、長らく避けていた原作を読もうと思い立ったのが9月。読み終えるのに1ヶ月かかり、さらに感想を書こうと思えるようになるまで2ヶ月かかりました。読んだ後にどど~~んと暗くなりましたよ・・・。

 

1958年に子供だった主人公7人が27年後の1985年に再び集うのですが、子供時代と大人時代の対比が丁寧に描かれているところとか、子供時代の会話など、育った環境は全く違うのに、まるで自分の子供時代のような懐かしさをおぼえました。そこはホラー版「スタンド・バイ・ミー」と評されるだけあって、良いと思うのです。

 

でもやっぱりペニーワイズはいけません。ちょうど全米でピエロ騒動が起こっていたこともあり、恐ろしさ倍増。映画版Itを観たことがなくても、ピエロ姿のペニーワイズを目にしたことがあるは多いのではないでしょうか。英語にはピエロ恐怖症:Coulrophobia という単語がありますが、子供にとってItのペニーワイズはトラウマレベルだと思いました。

 

スティーブン・キング作品のなかでは、11/22/63 やミスター・メルセデスシリーズなど大好きな作品もあるので、キング作品のベスト!と言われれば読まざるを得ないと覚悟を決めたのですが、まるで修行のような読書でした。オーディオブックは44時間53分。我ながらよく耐えました!

It

YL:9〜(SSS調べ)

語数:42万1000語(SSS)

 

【オーディオブック】The Truth and Other Lies(2014)悪徳小説家

The Truth and Other Lies/ 悪徳小説家

 

時間:8時間46分

発音:イギリス英語

評価:4.5 out of 5

The Truth and Other Lies

 

【あらすじ】

世界的ベストセラー作家のヘンリーには秘密があった。愛人関係にあった編集者ベティから妊娠を告げられたヘンリーは、彼女に妻とは別れ、子供の父親になることを約束する。問題は、ヘンリーの本を書いていたのは実は妻のマルタということだった。

 

【感想】

面白かった! ヘンリーは世界的な売れっ子作家ですが、実は一文字たりとも自分では書いておらず、小説を執筆しているのは妻マルタなのです。マルタには全く功名心がなく、夫ヘンリーとはそれなりに仲良く暮らしています。この夫婦の秘密を知らないまま、愛人関係になった担当編集者のベティから自分の子を妊娠したと告げられたヘンリー。「妻とは別れる」という浮気男の定番セリフを残して帰宅したヘンリーですが、新作を執筆中の妻に真実を告げられるわけがない。そこで彼がとった行動が思わぬ結果を招いてしまい・・・。

 

倒叙スタイルで、犯人の目線から今起きていることが淡々と語られます。ミステリー/スリラーにカテゴライズされているけれども、トリックもどんでん返しもない、行き当たりばったりの作品。密室殺人とか完全なトリックを披露されて最後にアッと驚くよりは、”悪事がバレそう!?” と、容疑者の気持ちになってドキドキするほうがスリルがあって好きです。

 

2016年インターナショナルダガー賞ノミネート作品のようですが、賛否両論ある作品だと思いました。

 

 

Synopsis:

Henry Hayden was a renowned novelist with millions of books sold internationally. When his editor got pregnant with his child, Henry had to talk with his wife. The problem is that Henry’s wife is the real author of his books.

 

My thoughts:

I love this book although it has many flaws. This book is categorized as Mystery/Thriller, but it has no tricks, nor revealings. It doesn’t even seem to have a proper structure.  Everything Henry did was unplanned; he lied, he accidentally killed, and he just barely covered up his mistakes.

 

Why am I into this story? Because of his insecurity. If I committed a murder- and that’s a big if-  it would be a hell of a mess. As a law-abiding citizen, pulling a well-organized murder and getting away with it is far from reality. I would be confused, tell more lies, do stupid things, and make things worse as Henry did. So, this book was the nearest thing I had to a real murder experience, and that was why I felt so nervous while I was reading.

 

As I think of it, this “kill and lie as you go” style started to seem like a clever tactic to grip readers’ hearts. I certainly fell for it, and I experienced how it felt to be a murderer. It is easy to dismiss this book as ridiculous, but this could be a rare opportunity to put ourselves to a murderer’s shoes.

 

 


TRUTH AND OTHER LIES

YL:7くらい

語数:79,360語(readinglength.comより)

 

悪徳小説家

 

【今日の一枚】

Giant Wrymouth

去年の秋にアラスカの水族館で見かけたGiant Wrymouthという1m20cmほどのお魚。ぬめ〜っと動く姿が印象的でした。

【オーディオブック】Orphan X (2016) オーファンX 反逆の暗殺者

Orphan X (2016)  オーファンX 反逆の暗殺者

時間:11時間15分

発音:アメリカ英語

評価:3 out of 5

Orphan X

 

【あらすじ】

政府に暗殺者として育て上げられたオーファンXことエヴァン。数々のミッションをこなした後、「正体不明の仕事人」となり、無償で弱者を助けていた。要塞さながらの自宅を拠点に、市井の人々の暮らしに紛れつつも、孤独を貫いている。そんなエヴァンの行く先々に暗殺者の魔の手が忍び寄る。ターゲットはクライアントなのか、自分自身か。冷徹なプロの殺し屋でありながら心優しきヒーロー像を描く、スタイリッシュな犯罪小説。(Bookデータベースより)

 

【感想】

ブラッドリー・クーパー主演で映画化の話が出ていると聞いて手に取ってみました。好みではなかった・・・。アメリカで孤児を集めて秘密政府組織の暗殺者に仕立て上げるという設定は面白いのだけど、大人になって組織から離脱したエヴァンことOrphan Xの環境が恵まれすぎていてキャラクターに魅力を感じないのです。潤沢すぎる資金力とクライアントとなる謎の美女、ロマンスに発展しそうなシングルマザーのご近所さん・・・。主人公にとってイージーモードすぎるのではないかと。映画になったら、主人公がサクサクと活躍する様子が気持ち良いのかもしれません。映画作品に期待。

Orphan X

 

The Nowhere Man is a legend: if someone who is innocent and deserves to be saved is desperately in need of protection, he is reached via a secret number handed by a former client.

 

The Nowhere Man had a secret past. Evan Smoak was chosen from an orphanage and raised to be an off-the-books assassin, Orphan X. Within the Orphan program, Evan was the best agent along with “Orphan O” whom he never met. When his handler and father figure Jack was eliminated, Evan disappeared without a trace, and began to take “pro bono” cases to save lives.

 

My thoughts: Spoiler Alert!

This mystery book was high on the Audible bestseller list, but it was another disappointment for me. The premise was promising: a former covert government assassin roaming free to save people. But the characters he helped and how he helped them was of mediocre interest. The heroine was a gambling addict who was deeply in debt. Her father was held as a hostage, and she turned to The Nowhere Man for help. Her “I-had-no-choice” attitude disgusted me. I couldn’t help but think that she had it coming….

 

The author seemed to focus on actions. If I loved reading details of international martial arts and weaponry, I would have enjoyed this book. I heard that this book was going to be made into a movie. This might be a case when the movie is better than the original book.

 

YL: 7くらい

語数:114,080語 (readinglength.comより)


オーファンX 反逆の暗殺者

 

【今日の一枚】

NAPA

ナパのWinery。秋晴れの空が広くて気持ちよかったです!

ホーム > タグ > Audible

カレンダー
« 2018 年 11月 »
M T W T F S S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
Archives
  • 2018 (11)
  • 2017 (8)
  • 2016 (25)
  • 2015 (77)
  • 2014 (86)
  • 2013 (73)
  • 2012 (59)
  • 2011 (101)
  • 2010 (141)
  • 2009 (124)
  • 2008 (55)
  • 2007 (14)
  • 2006 (32)
Reading Challenge 2018

2018 Reading Challenge

2018 Reading Challenge
yukoxoxo2000 has read 5 books toward her goal of 50 books.
hide
Tag cloud
英語仲間のブログ
検索
Visitors
PV63
UV32

ページの上部に戻る