The Glad Game > comedy

ホーム > タグ > comedy

comedy

 【映画レビュー】 Magic Mike XXL(2015)

Magic Mike XXL(2015)

出演:チャニング・テイタム、ジョー・マンガニエロ、マット・ボマー

 

【あらすじ】

前作から3年後。マイク(チャニング・テイタム)はストリッパーを辞め、念願だったカスタムメイドの家具屋を開業していた。そこへかつてのストリッパー仲間からダラス(マシュー・マコノヒー)の訃報を知らせる連絡が届く。通夜の会場を訪れたマイクは、仲間たちとの最後のパフォーマンスのため、マートルビーチで行われるストリッパーコンベンションに赴くことになった。

 

【感想】ネタバレです。Spoiler Alert

公開日前日の6月30日、1作目のMagic Mikeと続編であるMagic Mike XXLの2作品を15ドルで上映する、Magic Mike double feature を鑑賞しました。

 

 

マジックマイクの続編が2015年7月に公開されると知ってから、これを観ずには死ねない!と思いつめていました。万が一にも公開前に不慮の事故などで死んだ場合、アメリカの映画館に化けて出てでも観る覚悟でいたくらい楽しみにしていた作品です。生きて公開日を迎えられて良かった!公開日が近づくにつれ、日に日に膨らんでいく期待・・・。こんなに楽しみな作品があるなんて幸せです。映画館の予告編でマジックマイクXXLが流れると女性の悲鳴が上がっていたので、胸をときめかせて公開を待っていたのは私だけではなかったはず。

 

 

前作のマジックマイクはメランコリックな作品でしたが、今回はロードムービーでコメディ寄り。作品の印象をたとえるならば、「30代の男子高校生たちが、合宿しながらストリッパー大会を目指す」といった感じです。期待していたほどダンスシーンはありませんでしたが、いい年をした男たちが学生のようにキャッキャしているのが本当に楽しそうで(ただしイケメンに限る)、なんてことない日常のシーンを見るだけでホワ〜ンと幸せな気分でした。

 

 

冒頭でダラスが亡くなったと連絡が来るのですが、それはマイクをおびき出す口実でした。前作でタンパからマイアミに移った後、ダラスはマカオに海外進出します。リッチー(ジョー・マンガニエロ)、ケン(マット・ボマー)、ターザン、ティトー、トビアスたちは、ストリッパーとしてのキャリアの幕引きとして、サウスカロライナ州マートルビーチで行われるストリッパーコンベンションに出演することを思いつきます。そこでかつての仲間であるマイクを誘ったというわけです。

 

 

今回非常に良かったと思えたのは、マット・ボマーやジョー・マンガニエロなどのサイドキャラが際立っていたことです。前作ではアレックス・ペティファー演じるダメな若者アダムに焦点が当てられていた分、その他のキャラの描き方はそれなりでした。マットやジョーなどあんなにハンサムで素敵な役者が揃っているのに、カメラが彼らの前を素通りしていく事をもどかしく感じていました。今回はアダムがいない分、それぞれのキャラクターの魅力が十分に描かれていたように思います。

 

 

そして特に良かったのがマットの歌!歌いながら踊るラストのシーンではあまりのセクシーぶりに息をするのを忘れるほどでした。ホワイトカラーのニール・キャフリーを彷彿とさせる帽子の演出も良かったです。スピリチュアル・ストリッパーで、レベル3レイキヒーラーというちょっと変わった役どころも、堅い雰囲気のマットには合っていたと思います。

 

 

ジョー・マンガニエロもすごく良かった。195cmの鍛え上げられた肉体はまさにGreek God。そんな彼がコミカルな役を演じるのが非常に可愛いのです。コンビニエンスストアの無愛想な女性店員を笑顔にするという“ミッション”のため、即興でバックストリート・ボーイズの曲に合わせて踊るシーンなど、かっこいいやら可笑しいやらで最高のシーンでした。このシーンで描かれた“女性を笑顔にする”というのは、この作品のテーマでもあると思います。

 

 

マジックマイクなので、基本的にまったりしているし、起承転結のあるストーリーではありません。もっと皆で踊るシーンがあったら良かったのに・・など多少の物足りなさはありましたが、今回は個々の俳優さんたちの見せ場を堪能させてもらいました。「撮影は学生時代のスポーツ合宿のようで楽しかった」とインタビューにあったように、チャニングやマットは演技じゃなくて素で笑っているんじゃないかというシーンもありました。撮影中の良い雰囲気がそのまま伝わっている作品なのではないかと思います。

 

 

彼女の付き添いで観た男性や、1作目に思い入れのない人にとってはただのロードムービーで面白くない映画かもしれません。ただ、私にとってはイケメンの腹筋を拝むという以上に、演じている彼らの楽しさが伝わってきて幸せな気持ちになれる作品でした!

 

 

日本公開は2015年10月のようです。

 

【映画】Delivery Man(2013)

Delivery Man (2013)   –  Comedy Drama  –  22 November 2013 (USA)

 

【あらすじ】

主人公は、家業の肉屋で配達をしている冴えない中年男のデイビッド。デイビッドは若い頃、お金欲しさに不妊クリニックに匿名で精子提供をしたのだが、クリニックの手違いによりデイビッドの精子から533人の子供が生まれてしまう。20年後、533人の子供のうち142人が、”父親が誰かを知る権利”を求めて裁判を起こしたことで、デイビッドは初めて自分が533人の父親であることを知る。子供達のプロファイルを手に入れたデイビッドは、こっそりと一人ひとりの子供に近づき、彼らを見守ることにしたのだが・・・。

 

【感想】

実生活では子供がいないのに、突然533人の父親であることを告げられる主人公。533人って・・・。人工授精ならありえる話ですよね。子供たちは、”父親を探す会”を立ち上げ、皆で集まって話しあったり、キャンプをして交流するのですが、デイビッドも子供の育ての親を装って会に参加します。書類上の見知らぬ”533人”だった子供たちがだんだん現実味を帯びてきて、一人ひとりの幸せを心から望み、陰ながら手助けをする様子が良かったです。大作ではないけれど、じんわり心があたたまるストーリーでした。2011年、カナダ映画「人生、ブラボー」のハリウッド版リメイクのようです。

 

 

 

【映画】The World’s End

2013年映画館20本目。The World’s End 観に行ってきました。Martin Freeman が出演しているし、予告編も良い感じだったので楽しみにしていたのですが、前情報などは何も知らずに行ったので、度肝を抜かれました!

 

主演は、新しいStar Trek映画シリーズでScottyを演じているSimon Pegg。1990年頃のイギリス。地元のパブ12件を一晩で制覇しようと目論んだ男子高校生5人。一人また一人と酔いつぶれ、結局11件目でクエストは終了してしまうのですが、主人公のGaryにとっては、人生で最も輝ける瞬間でした。

 

20年後、この話をAlcoholics Anonymous (アルコール中毒のリハビリグループ)のような所で話すGary。「でも最後の一件は行けなかったんだろ?」と参加者に言われ、居てもたってもいられなくなり、再び1晩で12件のパブをまわり、5人で60パイント飲む!という伝説のPub Crawlを達成するために、昔の友人を集めて地元に戻ります。

 

ここまでは、よくある男どもの友情物語、と思って見ていたのですが、2-3件パブを回ったところあたりからが急展開。なんと、地元の人々が”ロボット”と名付けられた異星人により乗っ取られていたのです!え!?ハートフル・コメディと思ってみていたらSci-Fi だったの?てか、コメディ+ Sci-Fi ってあり!?と動揺する私…。

 

普通だったら、あまりにも奇想天外なストーリー展開に途中で我に返ってしまい、ついていけなくなると思うのですが、役者さん達が素晴らしかったのですよ。Simon Pegg演じる主役のGaryの無責任な陽気さときたら!他の同級生たち4人はそれぞれ家庭を持ち、仕事も順調ですっかり落ち着いたオヤジになっているのですが、Garyに引きずられ、エイリアンに乗っ取られた街の非日常に我を忘れてだんだんと自分らしさを取り戻していくところも良かったです。この5人、誰一人としてイケメンじゃないし、マッチョでもないのに、それぞれが魅力的。一番太っている人が一番活躍しているのも面白かったです。

 

そして問題のエイリアン。街の住人をコピーし、なりすましているのですが、このCG全盛期になんとゴム人形なのです…。Gary達にやっつけられて首が飛ぶところなど、明らかにマネキン!そしてエイリアンの血はブルーのインク!!!でもこのチープさが映画とマッチしてて妙に良い!!

 

タイトルの”The World’s End” は、高校生の時に行けなかった12軒めのパブの名前なのですが、本当に文字通りこの世界の終わるところ。不思議な映画でした。そしてすごく面白かった!!土曜の午前中、7割くらいお客さんが入っていて、今年これまでに私が行ったアメリカの映画館では一番の客入りでした。これほどハチャメチャなストーリー展開、一歩間違えれば恐ろしい程の駄作になると思うのですが、観客を飽きさせずに怒涛の展開で進んでいくのはやはり役者さん達の力量だなぁと思いました。Martin Freeman、最後は顔が無かったけどいい味出してました。売れっ子なのに顔が無くなるってなんなのー!?と衝撃でしたが、顔のないMartinも至って自然。すごい脚本でした。

 

この作品は、Edgar Wrightさんの三部作のラストらしく、いくつかの映画館では、公開日の22時からShaun of the Dead Hot Fuzz (2007)と立て続けに3本、映画1本分の料金で上映されたらしいです。私は前2作は見ていなかったのですが、今作だけでも十二分に楽しめました。すっかり虜になってしまったので前2作も見る予定です!バカバカしさを楽しめる人にはお勧めだと思います!

 

ホーム > タグ > comedy

カレンダー
« 2017 年 11月 »
M T W T F S S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
Archives
  • 2017 (6)
  • 2016 (25)
  • 2015 (77)
  • 2014 (86)
  • 2013 (73)
  • 2012 (59)
  • 2011 (101)
  • 2010 (141)
  • 2009 (124)
  • 2008 (55)
  • 2007 (14)
  • 2006 (32)
Reading Challenge 2017

2017 Reading Challenge

2017 Reading Challenge
yukoxoxo2000 has read 3 books toward her goal of 50 books.
hide
Tag cloud
英語仲間のブログ
検索
Visitors
PV608
UV106

ページの上部に戻る