The Glad Game > contemporary fiction

ホーム > タグ > contemporary fiction

contemporary fiction

【オーディオブック】The Hate U Give(2017)

The Hate U Give (2017)

時間:11時間40分

発音:アメリカ英語

評価:5 out of 5

The Hate U Give

 

【あらすじ】

16歳の女子高生であるスターは、幼馴染の少年が警官に射殺されるのを目撃してしまう。唯一の目撃者であるスターは友人のために証言しなければならないのだが、射殺された友人が貧しいスラム街出身の黒人少年で、末端のドラッグディーラーであったことから難しい立場に立たされてしまう。

 

【感想】

Black Lives Matterムーブメントに触発された作品だそうで、ヤングアダルト小説なのですが心に強く訴えかけてくるパワフルな作品でした。人種差別は自分がその当事者にならなければ、苦しみを本当に理解するのは難しいのかもしれませんが、この本を読むことで、もしこのようなことが自分や家族の身にふりかかってきたら・・・と考えるきっかけになりました。

 

主人公は高校生の女の子スター。彼女が生まれ育った街は黒人が多く住む治安の悪いゲットーなのですが、彼女の両親は子供たちの身を案じてスターと彼女の兄弟を白人生徒ばかりの私立高校に通わせています。

 

ある夜、幼馴染の少年 Khalil(オーディオブックではコリオと聞こえました)の車に乗って自宅に送ってもらう途中、ふたりは警察官の職務質問にあいます。白人警官に車外に出されたコリオは警官の指示に従っていたにもかかわらず、少し動いたというだけで過剰反応した警官に射殺されてしまいます。驚き泣き叫びながらコリオのもとに駆け寄ったスターに、警官は応援が駆けつけてくるまで銃を向けていたのでした。

 

唯一の目撃者となったスターはコリオのために証言したいのですが、コリオがゲットーに住む貧しい黒人で、ドラッグ売買にも関わっていたということで、白人警官に同情的な世論が形成されてしまいます。コリオは武器やドラッグを所持していなかったにもかかわらず、彼が黒人であるというだけで”警官が身を守るために射殺されてもしかたがなかった”と思われてしまったのです。

 

食い違う警官の証言とスターの目撃談・・・。

 

白人生徒ばかりの高校で、スターは自分が目撃者であるという事実を明かすことができず、自宅がある黒人地区の現実と学校生活とのあまりの違いに悩み、苦しみます。もし自分が当事者だったとしたら・・・Black Lives Matterのような人種差別に遭遇したら、声を大にして正しいことを伝えるのに!!!とスターを責める友人もいましたが、実際には自分の心の平穏や生活を守るために、傷ついても戦い続けるのは難しいのかもしれません。

 

 

作品中、主人公の親友でアジア系の女の子やスターに対して差別的な発言をするヘイリーという白人の友達がいるのですが、ヘイリーは自分の差別発言を指摘されると”私が差別主義者だというの!?失礼よ!謝りなさいよ!!!”と逆ギレするのです。嫌な子なんだけど悪気があるわけではなく、ただ単に無知で自分が差別されたことがないから相手がなぜ傷ついているかを思いやることができないんだなと思いました。この子の”嫌な感じ”が妙にリアルで心かき乱されてしまい、忘れかけていた自分自身の差別体験まで思い出してしまいました。

 

ヘイリーの言動で思い出してしまった差別発言。それは昨年南米旅行をした時にグループ内にいた50代前半のカナダ人女性から発せられたものでした。南米は日差しが強いので、私はマメに日焼け止めを塗っていたのですが、それを見た白人女性が「白人の肌に憧れているんでしょう?白人の肌が一番素晴らしいなんていう考えにとらわれているのは愚かなことよ!」と言ったのです。「いや、別に白人に憧れて日焼け止めを塗っているわけじゃなくて、日焼けすると皮膚癌になったり、将来シミや皺ができるから」と反論したのですが、彼女は聞く耳を持たず、”アジア人は白人至上主義に侵されている”などと持論を繰り広げていました。同行のカナダ人男性がかなり慌てて彼女を窘めていたので、彼女の意見がカナダでは常識というわけではなさそうですが、アジア人女性が日焼けを嫌がるイコール白人への憧れ、という発言を聞いた方が他にもおり、これはカナダ人女性個人の考えというわけではなかったようです。

 

The Hate U Giveを読みながら、あの時は私はどうすれば良かったんだろう・・・と考え込んでしまいました。一応反論はしましたし、更に持論を繰り広げるカナダ人女性に「そんなに焼いてるとなめし革みたいな肌になるよ!」とも言ったのですが、白人の肌に憧れているという勘違いが解けたとは思えません。では相手にわかってもらえるまで雰囲気が悪くなっても何度も強く主張すればよかったのか?思い込みが激しい人に何を言っても考えを変えてくれるとは思えません。連れのカナダ人男性は慌てていましたし、周囲の人たちも”えっ?”という顔をしていたので、彼女は自分で自分の立場を貶めたと考え、それ以上強く抗議することなく聞き流したわけですが、私が彼女の言論を”許した”ことで、そんな失礼なことを言ってもOKだと思われてしまったかもしれません。

 

若い黒人男性というだけで危険と判断され警官に射殺されてしまう。そのような大きな事件や流れを自分ひとりで変えることはできませんが、身近にある小さな差別を許さない、そして勇気をもって声を上げることが大事だと感じました。

 

YL: 7くらい

語数: 143,840語(概算)


The Hate U Give

 

【オーディオブック】The Godfather

The Godfather (1969) /ゴッドファーザー〈上〉

時間:18時間8分

発音:アメリカ英語

速度:150語/分前後

評価:4 out of 5

The Godfather

 

 

【あらすじ】
全米で最も強大なマフィアの組織を築き上げた伝説の男、ヴィトー・コルレオーネ。絶大な力を持つこのマフィアのドンを、人々は畏敬の念をこめてゴッドファーザーと呼ぶ。そんな彼の三男マイケルは、家業に背を向け家を出ていた。が、麻薬密売をめぐる抗争でドンが瀕死の重傷を負った時、彼は、父、家族、そして組織のために銃を手に起ち上がった…
(Amazonより)

 

【感想】ネタバレあり
名作と名高い映画「ゴッドファーザー」を鑑賞したことがなかったので、まずは原作から読んでみることにしました。

 

シチリア系マフィアのドン、ヴィトー・コルレオーネは情に厚く、義理人情を大切にする男。序盤は「友達を大切に」という本か!?と思うくらいゴッドファーザーがいかに人を大事にするかというエピソードが語られます。ゴッドファーザーは、論理を展開して自分のやりたい方向に人を説得するのですが、相手がそれに従わないとなると殺ってしまうのが堅気と違うところ・・・。頼りになる懐の大きい男だけれども、あまりにも義理と人情に篤すぎてあの世界で生きていくのは大変そうです。

 

まだ映画のほうは見ていないのですが、原作と映画ではドンの死に方が違うようです。原作ではドンは引退後に庭いじりをしているところで心臓発作に襲われ、子供や信頼する部下に見守られながら「Life is beautiful」と言いのこして亡くなるのですが、映画版では誰も居ないところで孤独に死んでしまうらしいです。映画と原作でどのようにしてこの違いが生まれたのかが気になりました。

 

3部作ですが、続きは3男マイケルやコルレオーネ家のその後に続くわけではないようです。ドンがいつか言ったように、マフィア一家の子孫がいずれは政治家になることもあるかもしれない・・という3代にわたる物語を読んでみたかったかな。1作目は面白いけれど、夢中になるほどではない作品でした。

 

YL: 7.5 (概算)

語数:167,000(概算)

 

ゴッドファーザー〈上〉

The Godfather

ホーム > タグ > contemporary fiction

カレンダー
« 2017 年 10月 »
M T W T F S S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
Archives
  • 2017 (6)
  • 2016 (25)
  • 2015 (77)
  • 2014 (86)
  • 2013 (73)
  • 2012 (59)
  • 2011 (101)
  • 2010 (141)
  • 2009 (124)
  • 2008 (55)
  • 2007 (14)
  • 2006 (32)
Reading Challenge 2017

2017 Reading Challenge

2017 Reading Challenge
yukoxoxo2000 has read 3 books toward her goal of 50 books.
hide
Tag cloud
英語仲間のブログ
検索
Visitors
PV861
UV95

ページの上部に戻る