The Glad Game > iPhone

ホーム > タグ > iPhone

iPhone

Audible アプリ

Audibleアプリ使い始めました。夏にダウンロードしてあったものの、すでにAudioMarkerを使っていたため今まで放置していました。英語仲間がAudibleアプリでバッジを集めているのを見て自分もバッジが欲しくなり使い始めたところ、これが意外に面白い!リスニング時間の累計も出来るし、メモも出来るので便利です。

これがリスニング画面。アプリのほうにオーディオブックをダウンロードしなければいけないのかと思っていたのですが、iPod Libraryというカテゴリから選べば、iTunesを通していれたオーディオブックが入っているので、改めてDLすることなく聞くことが出来ました。


15分刻みで60分までスリープモードが設定出来ます。セットしておけば、いつのまにか寝てしまって、どこまで聞いたかわからなくなることもなさそう。


そしてバッジ!規定に達してバッジを貰えるまで、どういう基準を満たせばバッジを貰えるのかが分からないので、いろいろと試し甲斐があります。バッジのレベルは、シルバー、ゴールド、ダイヤモンドがあるようで、同じバッジでもレベルアップしていくのが楽しみ。

私が今もらったバッジは、

The  Stackのゴールドバッジ:ライブラリに200以上のオーディオブック

(100本のうちパート1,2に分かれているものもカウントしていると思われます。)

Undeciderのシルバーバッジ: 一日に3つ以上のオーディオブックを聞いた時

All Nighter のダイヤモンドバッジ:夜間に8時間以上聞いた時

Stenographerのシルバーバッジ:10個以上ブックマークをした時

をもらいました。


iPhoneリスニングレベルは、Audibleアプリを使い始めてからのリスニング数でレベルが上がっていきます。今までのリスニング時間がカウントされないのは残念。


リスニング時間カウントでは、日、月ごとのリスニング時間、トータルリスニング時間が出ます。アプリを通さないとカウントされませんが、オーディオブックで多聴した分だけでも自動で加算されるのは便利です。


オーディブルでダウンロードしたオーディオブック数と、年度別グラフも表示されています。こうして改めてみてみると、最初の1年は月3本の勢いで聞いていたんだなぁ、ということがわかります。


オーディブルを使い始めた頃にこのアプリがあったら、さらにリスニング時間が増えていたかもしれません。リスニング時間のカウントや、バッジなど、目に見える成果があるっていいですね!

OmniFocus と100 Wish List

最初にGTDを知るきっかけとなったのが、 OmniFocus – The Omni Group というアプリ。To Do リスト系のアプリをいくつか試したけど、どうもしっくりこなくて、コンテクスト、プロジェクト毎にタスクが分かれているこのアプリを12月から試してみました。


アプリを開いた時点で、すでにいくつかするべきことが記されていて、その中にDavid AllenのGTDウェブサイトをチェック、Getting Things Done: The Art of Stress-Free Productivity を買うというタスクが入っていたわけです。タスクのところに入っているせいか、居ても立ってもいられなくなり、ついウェブサイトをチェック、本のほうはAudibleでダウンロードしていました。To Do リストをやっつけずにはいられない、真面目な購入者の心理をついた作戦だと思います…。


OmniFocusの良い点は、とりあえず思いついたことを全部Inboxというところに集められるところと、タスクがプロジェクト、コンテクスト、期限別に確認出来るところです。To Doリストだと、今日すべきことのリストのみですが、OmniFocusでは場所毎のタスクも設定できるので、買い物に行ったときに見る欄、仕事場で見る項目、家で見る項目など、その場その場でのタスクに集中することが出来ます。


MacとiPhoneと連携もスムーズなので、Inboxに集める作業はMacで、こまごまと用事を片付けたらiPhoneで消していくという作業が楽しいです。残念なのはお値段が高いことと、パソコンはMacのみということ。iPad/iPhoneの組み合わせならMacを介さずに運用出来るとは思いますが。


お気に入りの使い方は、100 Wish List をプロジェクトとして記入すること。100 Wishesというフォルダを作っておいて、100項目を入力します。とりかかる期限と、締切り期限は設けなくてもいいので、とりあえず100個全部いれて、週間レビューの都度、とりかかれそうな項目にスタート期限を記入することにしました。こうしておけば、”大事だけど急がないもの”も取りこぼしなく実現することが出来そうです。

ライティング語数管理アプリ WordOne

英作文の進捗具合をひと目で確認できるアプリ、WordOneを購入しました。230円。見た目もおしゃれでなかなかいい感じです。

まずはプロジェクトを登録。本来は小説や大学のエッセイなどの長い文章を管理するためのアプリらしいのですが、私は半年間のショートエッセイの目標語数を登録してみました。期限と目標語数を設定すると、残りの日数や、一日あたりに書くべき語数が出てきます。また、プログレスバーで今目標のどのあたりかをひと目で見ることができて便利。履歴も見ることができます。

去年の重点項目もライティングだったのですが、意識して書かないと3週間ほど全く何もしないということがザラにありました。一年間で100エッセイというおおまかな目標設定が悪かったのか、7割しか達成できませんでした。今年はまず、6月30日までに9000語という目標を立てました。今までのペースだと、月1000語いくかいかないかくらいだったので、結構な数値です。下半期は前半の推移をみて軌道修正しようと思います。
ライティング管理アプリ探しはまだまだ続きそうです…。

iPhone

我慢に我慢を重ねていたのですが、ついにiPhoneを購入してしまいました。iPod touch32G も Blackberryも持っているのでiPhoneだけは我慢しようと思ってたのに~。

Blackberryも3G、Wi-Fiでインターネットができるのですが、知人のiPhoneを触らせてもらったところiPhoneのほうが早いし見やすかったので購入を決めました。名古屋滞在中だったので、名古屋のアップルストアで早速購入。名古屋土産にiPhoneという微妙な言い訳しょんぼり

BlackberryとiPhone, Kindle。キャプテンKさんに報告したところ、”どんだけカバンの中から電磁波出す気だ!”と突っ込まれました・・・。そのうち私も何か受信できるようになるかもしれない。

先週からカナダ、名古屋とおでかけ続きだったので、明日からようやく日常生活に戻ります。散財したガジェット分を取り戻さなければ。

待ってた犬たち
待ってた犬達。お土産ナシのためかつまらなさそう・・・。

ホーム > タグ > iPhone

カレンダー
« 2017 年 7月 »
M T W T F S S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
Archives
  • 2017 (6)
  • 2016 (25)
  • 2015 (77)
  • 2014 (86)
  • 2013 (73)
  • 2012 (59)
  • 2011 (101)
  • 2010 (141)
  • 2009 (124)
  • 2008 (55)
  • 2007 (14)
  • 2006 (32)
Reading Challenge 2017

2017 Reading Challenge

2017 Reading Challenge
yukoxoxo2000 has read 3 books toward her goal of 50 books.
hide
Tag cloud
英語仲間のブログ
検索
Visitors
PV229
UV56

ページの上部に戻る