The Glad Game > postcrossing

ホーム > タグ > postcrossing

postcrossing

A Touch of Winter from Finland

  フィンランドから冬の訪れを知らせるポストカードが届きました…ってもう5月ですが。昨年の9月下旬に届いたものです。木の実についた霜がフィンランドのシンとした冷たい空気を表現していて冬の匂いを感じられる、お気に入りの一枚。

 

 このポストカードを送ってくれた20代の女性は、英語でブログを書いています。日本であれば、女子大生の日常ブログなど見ることもないのですが、国が違えばなんてことない日常生活も新鮮に思えます。英語がナチュラルでとても読みやすいなと思っていたら、ある時のエントリで読んでいる本のうち90%が英語だと書いてありました。私も日本の生活を写真と共に英語で伝えたいと思いつつ、なかなか更新できないでおります。平凡な日常生活ブログでも、国が違えば面白いと感じてくれる人がいるかもしれない、と思うきっかけになった大事なポストカードです。

 

 

A Finnish girl sent me this beautiful postcard last September. I like this postcard because the frost on the plants carried the crisp air of the early winter which enabled me to feel the fresh scent of the wood in Finland. It’s simple, but definitely has an excellent quality.

 

Another reason that this is one of my favorites is I like her blog. After receiving this wonderful postcard, I checked on the sender’s profile and found out that she had a personal blog. There seemed nothing of special interest at first, but the details of a Finnish girl’s ordinary life were interesting enough for me to be a regular reader of her blog to this day. One time she wrote that her readings are 90% English, which I assume makes her writings very natural.

 

Her blog inspired me to write more in English, believing there might be someone in the world who thinks my ordinary life interesting.

Snail Mail

 I received a thank you note from a Russian girl via email saying that she received my postcard this morning. It took 121 days from Japan to reach Russia. I thought it was lost! 

 There must be something wrong with the Russian postal system. It took 70 days for another Russian to receive my postcard while a postcard to Finland took only 5 days to reach its destination. On the other hand, postcards from Russia usually take 10 to 20 days to reach me. These postcards were for Postcrossing, a postcard exchange website, so the length of time it takes even adds some fun for Postcrossers. But what about business mails? I don’t think it’s a good idea to correspond with Russians via snail mail. 

I’d rather believe that my postcard must have traveled all over the world at least 5 times before it finally reached Russia than to assume it was left behind on a lazy Russian post officer’s desk all this time.

 

 11月にロシアに出した絵葉書が、121日後の今日届いたとメールで連絡がありました。途中で紛失したのかと思った! 

 

 ロシアの他の方に出したハガキも70日くらいかかりましたし、Postcrossing 仲間のKeikoさんも、ロシアからのハガキが届くのに50日ほどかかったと仰っていました。ロシアから日本への手紙は、2−3週間以内に届くようです。フィンランドへは5日ほど、ウクライナへも6日程度で届きます。いったいどうなってるんでしょう、ロシアの郵便事情。

 

A Message from Lincoln?

  Life is full of surprises, especially if you are a Postcrossing member. I’ve been enjoying exchanging postcards with strangers for about 7 months, and one of the weirdest things happened this week.

 

  I’ve been watching History videos on Khan Academy for a while. I started out with the French Revolution, and then proceeded to American history. I watched “Jamestown to the Civil War” and “Lincoln’s Assassination” this week. I learned that Lincoln played an important role in the Civil War, but he couldn’t make it to the end of the war. What is more, this week’s book club chapter addressed “Presidents Day”, by chance. We read that Presidents Day was enacted to honor the birthdays of Washington and Lincoln. How timely it was to stumble upon Lincoln twice in one week!

 

So, you could imagine how spooked I was when I found a postcard that depicts Lincoln in my mailbox later on that week. The gaunt, monochrome Lincoln really freaked me out! The American lady who sent me the postcard explained that she chose that particular card because he is important. The chance of receiving the Lincoln postcard in that timeframe would be astronomically small considering the fact that according to the Postcrossing statistics, 335,374 postcards are travelling at this exact moment, and most of them are scenic ones.

 

I can’t help but think that this was Lincoln’s doing. He must have had something to get through to me, otherwise, he wouldn’t have bothered to visit my mailbox all the way beyond time and space. I tried hard to decipher the message, but to no avail, so instead, I decided to read a book about him. It might be like the “Jesus on a Tortilla” thing, but why not make the most of the opportunity? Life is full of fun and surprises when we are open to new possibilities. 

 

This is the postcard… Isn’t he a little bit spooky? 

Postcrossing にまつわる不思議な偶然。先月からKhan Academy で、歴史のビデオを見始めたのですが、先週ちょうど南北戦争、リンカーンの暗殺についてのレッスンでした。そしてその週のBook Clubでは、偶然にもBill BrysonのエッセイでPresident Dayというアメリカの休日についてのチャプターでした。これは、ジョージ・ワシントンとリンカーンの誕生月である2月の第三月曜日をPresident Dayと定めて歴代の大統領の功績を祝うというもの。
 
 さらに同じ週に私のもとに届いたのが、なんとリンカーンの肖像画ポストカード!Postcrossingを通じて、アメリカの女性が送ってくれたものでした。1週間に3度リンカーンに遭遇するなんて、こんな偶然ってあり!?とポストに入っていたリンカーンを発見した時は信じられない気持ちを通り越して、不気味に感じたほどでした。もちろん、送り主のアメリカ人の方は、私がちょうど南北戦争あたりを勉強していたことは知りませんので、全くの偶然です。Postcrossingの統計データによると、今この瞬間にも335,374のポストカードがPostcrossingを通じて流通しているそうです。そのうちほとんどが風景画であることを考慮すると、このタイミングで私の元にリンカーンのハガキが届くというのは、天文学的に小さい確率なのではないでしょうか。
 
 何か運命のようなものを勝手に感じてしまったので、今年はリンカーンについての本を3冊ほど読んでみることにしました。きっかけは偶然だけど、リンカーンが与えてくれたチャンス(?)を利用しない手はないでしょう。この話をLingQのじりさ先生にしたら、ちょうどKilling Lincolnという本を読んでいるところでした。第4の偶然。とりあえず、子供向けのPenguinシリーズで簡単な自伝を読んでから、普通の自伝、リンカーンの暗殺を扱った本、と進んでいきたいと思います。余裕があれば南北戦争の本まで。

Every Postcard Has a Story to Tell

  今年はPostcrossingでやり取りしたポストカードで、特に思い出深いものについて英作文にして添削にだそうかと思っています。半年で90枚程送り、同じくらいの数のポストカードを受け取りました。たまに、”Happy Postcrossing”とだけ書かれた残念なポストカードもあるけれども、だいたい送り主の日常のこと、住んでいる町のこと、趣味、読んでいる本など、興味深いことが書かれています。今まで興味を持っていなかったこと、知らなかったことを折角教えてもらったのだから、この素晴らしい経験を誰かと共有したい。

 

 選んでくれたポストカードの図柄も実に様々で面白いです。Profile欄には、景色や世界遺産が好きだけど何でもいい、と書いておきました。そのほうが、思いがけない”出会い”があるかもしれないから。そうしてランダムにもらったハガキを見ているうちに気づいたのが、自分は地平線が見える景色が好きだということ。日本は国土の7割以上が山や丘で、うちの地域でも地平線を見ることは出来ません。今まで気づかなかったけど、地平線のみえる景色のポストカードを貰うと、とりわけ嬉しいことに気づいたのです。

 

 ポスクロでやり取りしたハガキをブログに書くことで、また知らない誰かとこの素晴らしい体験を共有できたらいいなと思います。ライティングトピックも増えるので一石二鳥!

 

 My new writing plan this year is to write about Postcrossing. Every postcard has a story to tell. Ever since I started Postcrossing, and exchanging postcards from all over the world, I’ve sent 90 postcards and received as many postcards as I sent. Some senders only wrote “Happy Postcrossing” which is boring and seems heartless, but most of the people write about their lives, hobbies, favorite books and songs, and so many interesting things.

 

   Also, the picture they picked out for me made me realize what kind of things I really liked. I’ve never realized that I like scenery that stretches as far as the horizon before I received some postcards with the horizon on them. As Japan is a small country, where three-quarters of the land is mountainous or hilly, I don’t see the horizon where I live. That’s why I like postcards which show the horizon.

 

  Sharing these experiences on my blog would be nice, and also give me a lot of opportunities to write. I hope there is something interesting to write every day this year. 

 

 

 

 

こちらはフランス旅行の時に車窓から見た景色。

 
 

Minimalist Art

Postcrossingを始めて2ヶ月が経ち、送ったポストカードが20枚、受け取ったポストカードは17枚になりました。20枚送ったことで、一度に送ることができるカードが5枚から6枚に増えました。家に帰ったら郵便ポストに絵葉書がきている、というのは思っていた以上にうれしいことです。

ドイツの女性から送られてきたのは、犬とサッカーボールが描かれたポストカード。ちょうどそのころFIFAのワールドカップがあり、”ドイツは負けちゃったけど、日本チームはすごく良かった!”と書かれていました。イタリアの男性からは、ミランにある大聖堂の写真のカード。私がプロフィールにCathedral のポストカードが好きと書いたためだと思います。彼の奥さんが日本に住んでいたことがあり、私の住む街にもしばらく住んでいたということで、Postcrossingによる偶然の巡り合わせで手紙を書くことが出来てうれしい、と日本語と英語混じりで書かれていました。

 

遠く離れた国の見知らぬ人々と同じ経験を共有し、ちょっとした交流が出来るのが本当に楽しいです。ポストカードの半面という狭い空間に、相手の生活が垣間見ることが出来る、そのようなカードをもらうと特にうれしいし、自分もそういうふうなカードを書きたい。こちらからポストカードを送る時も、自分の近況の他に相手の国の話題などを選び、画一的にならぬよう心がけています。日本について興味を持つきっかけになったり、良い印象を持ってもらいたい。

 

Keikoさんが紹介してくれた記事、The Lost Art of Postcard Writing に、ポストカードはminimalist artであると書かれていました。送り主がどういった絵柄を選ぶか、限られたスペースでいかに印象的なことを書くか。Minimalist Artとは言い得て妙だなと思いました。

When I got home from Hokkaido, I found two postcards from Postcrossing. They were from Germany and Italy.

The person from Germany sent me a postcard with a dog and a soccer ball. She must have chosen the card because the FIFA Women’s World Soccer Games are held in her country. She wrote that the German team lost the game against the Japanese team, but she admitted that the Japanese team was much better. She wrote that she is also a big fan of audiobooks. I felt a warm feeling sweep over me from the card. It was amazing we could share common experience by postcard.

The other postcard was from a man near Milan. He wrote several Japanese words in that postcard. His wife happened to live in Japan for two years, and she also stayed in our city. She liked my city a lot, and they were glad that they had a chance to write a person related to her fond memory. He chose a card with a magnificent cathedral on it. He was kind enough to choose the card for me because I wrote in my profile that I love cathedrals. Ever since I read “The Pillars of the Earth”, I am fascinated by cathedrals. It’s amazing how ancient people built the elaborate buildings without machines. It must have been a tremendous amount of work to cut stones, carry them to the building site, and pile them up with perfect precision. I’m grateful to receive postcards with cathedral’s pictures from all over the world, because I won’t have a chance to visit every cathedral on earth.

I feel the world becomes closer as someone far from my city has something in common, shares feelings, or tells about their lives on postcards.

 

 

これはロシアの女性からもらったポストカード。”ロシアの郵便受けです”と書かれていました。なんてことない日常の一風景が美しく切り取られているところがいい。お気に入りの一枚です。

ホーム > タグ > postcrossing

カレンダー
« 2017 年 11月 »
M T W T F S S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
Archives
  • 2017 (6)
  • 2016 (25)
  • 2015 (77)
  • 2014 (86)
  • 2013 (73)
  • 2012 (59)
  • 2011 (101)
  • 2010 (141)
  • 2009 (124)
  • 2008 (55)
  • 2007 (14)
  • 2006 (32)
Reading Challenge 2017

2017 Reading Challenge

2017 Reading Challenge
yukoxoxo2000 has read 3 books toward her goal of 50 books.
hide
Tag cloud
英語仲間のブログ
検索
Visitors
PV783
UV218

ページの上部に戻る