The Glad Game > TED

ホーム > タグ > TED

TED

オンライン美術館

TED Talksのお気に入りの一つ。Amit Sood氏のBuilding a museum of museums on the web

 

 

Google art project を紹介するプレゼンです。このプロジェクトは9カ国17の美術館をオンライン上で再現するというもの。アイデア、技術ももちろん素晴らしいのですが、Amit Soodさんのプレゼンがいいんです。にこやかでリラックスしていて、このプロジェクトを皆の前で紹介するのがうれしくてしょうがないという感じ。これまでプレゼンの技術に関する本やスライド作成の参考書などをいろいろ読みましたが、心から伝えたい事がある、というのが一番大事なんだと思えるプレゼン。

なかでも一番好きな部分が最後の問いかけの場面。

“Did you do this to replicate the experience of going to a museum?” 実際に美術館に行くという体験に置きかわるものか?という問いかけに対して

And the answer is no. It’s to supplement the experience. 答えはNoで、美術館に行く体験を補うものだと。

このプレゼンのワクワク感が好き。6分以内の短いビデオなので、お時間があれば是非見てみてください。

 

実際にGoogle art projectのページを使ってみると、オンラインならではの優れた点があり、”これは凄い!”と驚く出来の良さです。

 

実際のページ。好きな美術館を選んで、View Artworkを選ぶと絵へ。Exploreを選ぶと美術館を歩いているような感じになります。

 

 Explore the Museumを選ぶと、Google Street Viewのように美術館の中を歩いて絵をみることができます。私はフラフラして酔いそうになったので、最初に少しだけ美術館の様子を見たら、後はほとんどView Artworkを使っています。

 

これはView Artwork画面。右側にinformation画面があり、絵の説明を読むことができます。またズームしたり引いたりして全体を眺めることができます。

 \

 

Information部分にMediaというマークがある絵には、ビデオ説明がついており、英語音声の説明ビデオを見ることができます。

 

 

 Googleアカウントでサインインすると、自分の好きな絵をコレクションすることもできます。

 

 残念ながら、先月駆け足で見てまわったルーブル美術館とオルセー美術館は含まれていませんが、ロンドンのナショナル・ギャラリーは一度見に行って、一日ではゆっくり鑑賞出来なかったので、オンラインで実体験を補充すべく、バーチャル絵画鑑賞を楽しんでいるところです。

 

 

 

Spoken Word Poetry

<p><em>There is embedded content here that you cannot see. Please <a href="http://yukomillennium.com/?p=2836">open the post in a web browser</a> to see this.</em></p>

詩は全然好きじゃなかったんだけど、TEDでのSarah KayのSpoken Word Poetryには感動しました。

”もし娘がいたら、ママと呼ぶかわりに私のことはポイントBと呼ばせるつもり” と始まった時には エェ!と驚きましたが、詩を読んでいるふうもなく、話し言葉で語られる感じ。情熱的な雰囲気がいいです。伝えたいことがあって、打ち込める対象があるって素晴らしいことだなぁと思いました。

特に感動したのが、傷つくのを恐れずに悪いことも含めて両手を広げて受け止めようという部分。皆の前で詩を披露するということ自体、批判されたり笑われたりすることを恐れているようでは出来ません。自分の中にある感情を表に出すことは非常に勇気のいることだと思います。

こんなふうに聞いていて心地よい声の調子で話したい。何度も聞いて自分の身に染み込ませたいと思ったお話でした。

 

I wasn’t interested in poetry at all. For me, it seemed overly emotional, sometimes defiant, and embarrassing. Last weekend, I leisurely went through TED programs on the internet. I chose one presentation at random and started watching it without knowing its content. It was Spoken Word Poetry. A young woman chanted her wishes to her future daughter on the stage. It wasn’t like any other I had ever seen, it didn’t look like recitation or reading a poem at all. I didn’t realize that it was a poem until she stopped and started talking casually. Her name was Sarah Kay. She has performed Spoken Word poetry since she was 14. Now, she travels all over the world to teach Spoken Word poetry along with performing it.

Creating poetry and performing it in front of an audience feels like shouting my innermost secrets to the public. I can’t imagine doing it myself, but her message moved me profoundly. She said most people protect themselves from being hurt, but she would spread her arms and was willing to accept all the unexpected miseries and hurt in order to catch beauties and amazing things falling from the sky. That must be why she could bare her soul in her poem.

I had a prejudice against poetry, but I have to change my attitude. By lifting the self-inflicting limitations, I will find many unexpected beauties as Sarah assured.

ホーム > タグ > TED

カレンダー
« 2017 年 7月 »
M T W T F S S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
Archives
  • 2017 (6)
  • 2016 (25)
  • 2015 (77)
  • 2014 (86)
  • 2013 (73)
  • 2012 (59)
  • 2011 (101)
  • 2010 (141)
  • 2009 (124)
  • 2008 (55)
  • 2007 (14)
  • 2006 (32)
Reading Challenge 2017

2017 Reading Challenge

2017 Reading Challenge
yukoxoxo2000 has read 3 books toward her goal of 50 books.
hide
Tag cloud
英語仲間のブログ
検索
Visitors
PV230
UV56

ページの上部に戻る