The Glad Game > The Economist

ホーム > タグ > The Economist

The Economist

クレジットカードの不正使用

アメリカに来てから8ヶ月で3回、クレジットカードの不正使用にあってしまった。そのうち2回は、ヨーロッパで15万円程度の商品を買われ、10万円引き出されていた。どちらのケースもカード会社が対応したので、実際に自分で支払う事はなかったのだけど、短期間で3回もクレジットカード情報が漏れたとなると気味が悪い。アメリカのスーパーマーケットTargetでカード情報4000万件が流出した件では、予防措置として事前にクレジットカード交換となった。日本では一度もカード不正にあった事はないのになぜだろう?と疑問に思っていたところ、2月15日号のThe Economistに、アメリカにおけるスキミング被害についての記事があった。Skimming Off the Top

 

記事によると、スキミング被害はアメリカで一番多く、アメリカ人の42%が過去5年間に何らかのカード被害にあっているそう。アメリカで被害が多い理由の1つは、流通しているカードが他の地域よりも多いこと。2013年の時点で、13億枚のクレジットカードやデビットカード、プリペイドカードが出回っているそうだ。

 

もう一つの理由は、アメリカで出回っているクレジットカードのほとんとが、磁気ストライプを利用していること。磁気情報を使ったカードは、スキミングや偽造が容易に行われやすいため、ヨーロッパではICチップを埋め込んだICカードに移行しているようだ。磁気ストライプカードからICカードに変更しつつあるイギリスやカナダでは、カード不正被害額が過去最低となったとのこと。

 

2012年の時点で、世界のカードのうち45%、店側では76%がICチップ&PIN対応とのこと。アメリカではなぜ未だに磁気ストライプカードが使われているのか。それは、チップを埋め込んだICカードを顧客全員に再発行し、小売店側にも対応するカードリーダーを備え付けるには莫大な費用がかかるらしい。

 

アメリカほどのカード社会で、未だに磁気ストライプカードによるスキミング問題が解決されていないというのは驚きだった。自分が日本発行のICカードを持っていても、アメリカで使えないのでは意味がない。そしてアメリカで発行された磁気ストライプクレジットカードは、ICカード対応が主流のヨーロッパでは使えないなど、互換性がなく非常に不便。小売店側のカード読み取り機をICカード対応にするには費用がかかるだろうが、長期的にはカード不正による被害が減るので採算はとれるはず。今後Targetは、発行するクレジットカードをICカードにし、店舗側にも対応するカードリーダーを用意するとのこと。これを機に、ICカードが広く普及してほしい。

 

【今日の一枚】

アーチーズ国立公園

Who speaks English?

The Economistに掲載されていた Who speaks English という記事 で、第二外国語として英語を学ぶ国々が比較されていました。

この記事で日本は、

Scandinavians are shockingly fluent, while the Japanese lag despite years and billions of yen spent trying.

金と時間をかけた割に(英語が)下手、と英語が出来ない国の代表格に。

これは、EF Education First という会社が44カ国の200万人に行った無料のオンライン英語テストの結果をまとめたもの。

トップ5は

1. ノルウェイ

2.オランダ

3. デンマーク

4. スウェーデン

5. フィンランド

下位の5カ国は、パナマ、コロンビア、タイ、トルコ、カザフスタンでした。(アフリカやシンガポールなどは、十分な参加者がおらず、統計には含まれていません)。日本は44カ国中14位。

英語能力と相関していた要素がいくつか挙げられており、ひとつは経済状況が豊かで国の規模が小さいこと。これは、母国語を話す人数が少ないほど、国際社会で英語を使う必要性が高いからのようです。二つ目は輸出の割合が高いこと。

意外だったのが、英語を習い始める年齢が若ければ若いほどいい、というわけではないこと。10-12歳で英語を開始するデンマークやオランダのほうが、8-11歳で始めるスペインやイタリアよりもテストの結果が良いようです。

教育方法に関しても日本が悪い例として挙げられていて、暗記重視の教育方法が努力の割に結果が出ない理由であろうと結論づけられています。このレポートの結語に、

To gain maximum benefit from time spent studying English, both students and teachers should place the priority on communication, not grammatical correctness. Many adults, having studied in a more traditional English as a Foreign Language context, need extra practice listening and speaking.

英語学習にかけた時間に対して最大の利益を得るためには、文法的な正しさではなくコミュニケーションに重点を置くべきであり、大人の学習者はもっとリスニングとスピーキングに力を入れるべきである、と書かれていました。

金と時間をかけたわりに・・・と、残念な国の代表になっているのがせつない。この記事に挙げられている以外にも日本人が英語が出来ない理由は、英語と日本語の構造の違いが大きい、英語を話せなくても困らない等々いろいろあると思います。が、せっかく時間とお金をかけている以上は成果を出したいものです。

今の英語教育がどうなっているかは知りませんが、私が学生の時は英語教師の説明を聞いている時間が多かったと記憶しています。英語を使う授業というより、文法や構文の説明を聞いて理解する授業。読解もリスニングも、どうやったら上手く読めるか/聞けるか、という方法を教えるのではなく内容の解説でした。大人になって学校教育型の英語学習をする必要がなくなった今でも、英語学習というと時間をかけて文法書を読んだり、問題集を繰り返し解いたりしている人もいまだにいるんじゃないかな。学生時代のやり方で英語を習得出来なかったわけだから、大人になってさらに学校教育型の学習をやり直すことだけがいい方法だとは思えないのです。

大人向けの英語スクールでもTOEIC対策として文法解説や解き方指導などを行っているところがありますが、先生にとっても文法解説がラクなんじゃないかと。英語を上手く使えるようにする指導というと漠然としているし、生徒の個人差もあって難しい。口で簡単に説明出来るものではない。生徒にしても英語を”教えてもらう”という意識があると、解説型の授業が好まれるのではないかと思うわけです。


文法重視からコミュニケーション重視へ。日本も”小国で、輸出の割合が大きい”という、英語能力が高い国の特徴に当てはまります。しかも熱心に勉強している。勉強の仕方を工夫することで今後日本の英語能力が上がり、個人の可能性が広がればいいなと思います。

週末に撮った桜。桜もレンゲも菜の花も満開でした!

The EconomistをiPadへ

The  Economist をiPadのiBooksを使って読む方法をしばらく模索しておりましたが、やっと方法がわかったのでご報告を!

最初は、The EconomistのWeb記事をPDFにしてePub形式に変換って方法を試してみたんだけど、いちいちPDFにするのが面倒で挫折。で、Calibreのニュース読み込み機能を使ったら、びっくりするくらい簡単! しかも The Economist だけに限らず、TIMEでも他の洋雑誌でも応用できるので、是非お試しを。感動的に簡単でしたよ!

1. まずはCalibreのダウンロードから。Mac版の画像ですが、Win版も基本的には変わらないようです。

デフォルトは英語だけど、最初にLanguageのところをJapaneseに変えると、あとは日本語表示になります。

書籍の場所は、デフォのままLibraryでOKです。

2.  次に使用するデバイスを選びます。今回はiPadを使いたいのでAppleを選択。他にもAmazonやSonyなど多数の電子ブックリーダーに対応しているようです。

3.  次のサーバーのところは、Stanzaを使わない場合はチェックをしないままでOK!

4.  初期設定完了です。%sボタンで設定を適用してください、と書いてありますが、そのままDoneを押せばOK.

5.  次にThe Economist取り込みの設定です。Calibreのアプリを開くと、上にニュースの読み込みというボタンがあるのでクリック。

プルダウンメニュー一番上の、ニュースのダウンロード・スケジュールを選んでクリック。

6. 言語の中からEnglishを選びます。

7.  238冊の英語雑誌がアルファベット順で表示されます。The Economistは有料版とFree版があります。プリント版またはWeb版でSubscribeしている方はこちらを。free版は有料版より遅れて配信、と説明されています。

8. 有料版を例にとって説明します。ダウンロードスケジュールを決めます。この時間にはCalibreを開いておかないといけません。とりあえず金曜22時とします。次にアカウントですが、これはThe Economist のオンラインページにログインする時のSubscription情報を入力します。

これで週1回、定期的に雑誌がDLされますが、とりあえず上手くいったかどうか確認するために、Download now をクリックして確かめてみます。

9.  しばらくすると、Calibreの書籍リストに今週号のThe  Economist の名前と、右側に表紙が表示されました!

10.  次にiPadに移します。自動同期設定してあれば、iPadをつないだだけでiBooksに転送されます。自動転送されない場合は、リストからThe Economistを選んで、ニュースの読み込みボタンの隣の、デバイスに送信というボタンをクリックすればOKです。

11.  iPad側でThe Economistを開いてみます。辞書、ハイライト、メモ、コピペ機能が使えてとっても便利!

カラー写真もキレイです。 今回はThe Economistだけ試しましたが、Time, Newsweekを含め200以上の雑誌がありましたので、ぜひお試しを。

アメリカ英語を標準として受け入れるべきか

The  Economist Debate の “This house believes that the English-speaking world should adopt American English.” が面白かったのでメモ。

世界中で1億人以上が英語を話し、そのうちノンネイティブ・スピーカーの割合はネイティブ・スピーカーの3倍とのこと。混乱を避け、コミュニケーションをやりやすくするために、アメリカ英語を標準とするべきか? という問いに対しての投票。

結果は7対3で”No” 。アメリカ英語を標準とすべきではない、という意見の代表として挙げられていたのは、英語は様々なローカルスタンダードがあって、”Globish” という、よりグローバルなものに形を変えつつあるということ。

例えば、Timesの記者が耳にしたスペインの国連平和維持軍とインド人兵士の会話。彼らの話す英語は非常に簡素化されていて、文法や構造はなかったけれども、完璧に理解できるものであったと。彼らの話す英語は”Globish” であり、今後はそのような形がノーマルとなるであろう、というのがNoの代表意見。

アメリカ英語が英語の世界標準となるべき、という意見は3割で、Globishはまだアメリカ英語のように世界中で受け入れられてはいない、というものでした。

アメリカ英語がスタンダードでなくてもいい、という意見が7割あるということは、英語を第二言語として学ぶ人々にとって喜ばしいことではないだろうか。日本人英語学習者は、”ネイティブ・スピーカーのように話す”ということに対するこだわりが強いのではないかと思う。自分もそうだけど、あまり発音とか気にしすぎると、何でもいいからとにかく英語を話す、ということに抵抗があって言葉が出なくなってしまう。

”上手になってからでないと話したくない”ではなくて、とりあえずこだわりなく声に出して会話の練習をしないと上手くなりようがないし、非ネイティブ英語のほうが多い現状で、”日本人英語”という一派があってもいいのではないだろうか。

私自身も、まだ”英語を話せる”と思える段階ではないのだけど、きっとこれは英米人と自分を比べているからじゃないかと思う。”ネイティブスピーカーのように英語を話す” 、憧れるけど、現実には難しい。大多数の人が、Globishがスタンダード英語だと思っているのであれば、自分の言いたいことが主張できて、相手の非ネイティブスピーカーの話す英語を理解できる、その程度の英語力があれば”英語話せます”って自信を持って言っていいんじゃないかと思ったのでした。

The Economist の定期購読

7月半ばにThe Economistの年間契約が更新されるので、このままPaper editionの購読を続けるか、オンライン購読のみに切り替えるか迷っているところです。Paper editionの定期購読は来月で3年目。全部は読み切れないんだけど、全く読めなかったという号もなかったので、近所の書店で1冊を1100円で買うよりは、年間51冊を31500円で定期購読したほうがお得。

それよりもさらに安いのが、オンライン購読のみで95USドル。iPadのiBooksでPDFが読めるようになったので、オンライン記事をPDF化してiPadで読めるかどうか試してみました。iBooksで開けば、マーカーやメモが出来るかなと期待してたんだけど、PDFは開けるもののマーカーも付箋もメモも出来なかった! iBooksなら辞書を使いながら読めると思ったんだけど、PDFでは辞書も使えず・・・。PDFをePubに変換するフリーソフトがあるようなので、それを試そうかと思っているんだけど、そこまで手間をかける必要があるのか?とも思ってしまう。各記事を一つ一つPDF化して、それを結合するまでで結構な手間がかかったし、それをePub変換するのも面倒!

31500円と95ドルの差は大きいけれど、手間がかかって読まなくなってしまったのでは元も子もないし。更新期限の7月中旬までにePub変換まで試してから決めようと思います。

ホーム > タグ > The Economist

カレンダー
« 2017 年 5月 »
M T W T F S S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
Archives
  • 2017 (3)
  • 2016 (25)
  • 2015 (77)
  • 2014 (86)
  • 2013 (73)
  • 2012 (59)
  • 2011 (101)
  • 2010 (141)
  • 2009 (124)
  • 2008 (55)
  • 2007 (14)
  • 2006 (32)
Reading Challenge 2017

2017 Reading Challenge

2017 Reading Challenge
yukoxoxo2000 has read 3 books toward her goal of 50 books.
hide
Tag cloud
英語仲間のブログ
検索
Visitors
PV1805
UV278

ページの上部に戻る