The Glad Game > TOEIC

ホーム > タグ > TOEIC

TOEIC

多読と英文法

 数年前に英語学習を始めてから1度も和訳をしていません。LingQ で”精読”をしているのですが、ただわからない単語の意味を調べているだけです。私はそれを”精読”だと思っていたのですが、本当は意味を調べるなんて当たり前、スラッシュをひいて構文を調べたり、きっちり和訳までするのが本来の精読らしいです。恥ずかしいので今までおおっぴらに言ったことはなかったけど、私がちゃんと理解している文法は ”S、V、それ以外”・・・です。後はなんにも説明出来ません。

 

 ”精読、訳読をしないで英文が読めているはずがない”・・・と言われたりもしますが、私は精読での構文理解、和訳をしなくて良かったと思っているのです。自分の場合、これまで何度かやり直し学習を失敗しましたが、その原因が分厚い文法書の理解から始めようとしていたからです。文法書を読み、日本語で書かれた説明を理解し、ルールを覚えようと努める。覚えられなくて嫌になって3日坊主・・・の繰り返しだったので。文法が好きで、ちゃんと理解しながら進んだほうがいい、という方には合っているのだと思いますが、私のように出来ない人には逆効果ではないかと思います。

 

 多読を始める前に、”10日で完成、中学英語”のようなタイトルの薄い問題集を解いたところ、8日目あたりまでは順調に解くことが出来ました。その後はGrammar in Useの初級と中級を1回解きましたが、説明されている項目を覚えるまで繰り返しやる・・というところまではしませんでした。とりあえず1回解いて、英語での説明を読んだのみ。その後は多読・多聴が8割とLingQでのなんちゃって精読が時々。

 

 多読をしていると、しばしば馴染みのない文章に出会います。例えば”Bobby was the closest thing to a father they ever had.” や、”If I could, I would ・・・” などの初めて出会う文章は、”こんな状況ではこう言うんだ”、とまる覚えです。超適当なのですが、英語を教えるわけでもないし、翻訳業をしているわけでもないので、それでいいんじゃないかと思っています。TOEICなどの試験で高得点を取るために、試験用の問題集を繰り返し解いて、”この構文だとカッコ内は副詞しかこない”と、文法で攻める方法もあるようですが、多読をしているとカッコの中は”なんとなくこれが自然”といった感じでわかるようになります。以前試験対策や文法学習なしで受けたTOEICは2回とも文法セクションの得点は100%だったので、TOEICレベルなら、絶対に特化学習をしないといけないというわけでもないんじゃないかと思っているわけです。

 

 文法学習を全否定したいわけじゃなくて、文法は大切だと思うけど、日本語で書かれた説明文を覚え、ルールを説明出来るまで頑張らなくてもいいのではないかと。洋書版のGrammar in Useが良かったのは、文法用語を覚えなくても簡単な説明文で基本は理解出来たところでした。そしてたくさんの演習がついているので、ルールは説明できなくてもパターン認識出来るようになったこと。例えば進行形のチャプターでは、進行形ばかり練習するのでとりあえず 使い方は覚えるといった感じで。文法を完璧に理解できるまで頑張るんじゃなくて、日本語の解説文を読む暇があったら、そのぶん英語の文章を読む時間にあてて、たくさんの実例を読めばいいと思います。

 

 ”文法がわからない”というと、批判されたり、多読も”読んでいるんじゃなくて、眺めてるんじゃないの?”とさえ言われたこともありました。多読をメインに勉強されていて、同じように不安に思っている方もいらっしゃるのではないかと思ったので書いてみました。(他の方の学習法を批判しているわけではありません。)

多読・多聴とTOEIC

TOEICブロガーと呼ばれる人たちのブログを見るのが好き。すごく頑張っている姿を見ると刺激されるから。

TOEIC関連の問題集を繰り返し解く根気はすごいと思う。問題集を何回”まわした”という表現も独特で、ブログからヤル気がはみ出ているのを感じます。

英語学習を始めたころはTOEICで何点取れるか、ということにもかなり関心があって、いろいろな学習者さんたちのブログを訪問してはTOEICの点数と学習方法を比較していました。たまたま目にした多読の方のTOEICが800点台だったことと、LingQ学習者さんたちにも800点台以上の方が多かったことに励まされて、多読とTOEICを中心に英語学習をすすめてきたわけだけど、今でもTOEIC戦士さんたちのブログを見ると心が揺れます。なんというか… 自分もガシガシ問題集やらなきゃヤバイ!って気になるの。焦るだけで実際にはやらないのですが。

自分には問題集で英語を勉強するというスタイルは合わなくて、実際”1分間で〜”という参考書を買ったにもかかわらず、一日1分だって問題集を解けませんでした。遠回りではあるけれど、洋書を読んだりオーディオブックやpodcastを聞いたりして自然に英語力を伸ばしていくのが理想。そしてTOEICブロガーさんたちのブログを見てもやる気だけもらって、焦りや劣等感を感じずにすむようになりたい。

本屋さんの英語コーナーではTOEIC関連の問題集が一番目立つところに平積みされているので、TOEIC問題集派が多いのでしょう。でも、きっと私のように問題集を解くのは嫌だけれども、英語をマスターしたい、そしてTOEICで力試しをしてみたい、という人は多いと思います。

自分が思うには、多読や多聴は一見遠回りのようでいて一番確実に英語力を上げているんじゃないかと。最近はゆるさんがTOEIC900点超えを達成された時の感想をお聞きしてさらにその印象を強めました。問題なのは、多読・多聴も続けなければ意味がないということ。

以前多読の掲示板で、TOEICで高得点を取るためにはYL(読みやすさレベル)5程度のものを楽に読めるレベルが必要、と書かれていたのを読んで、なるほどと思いました。TOEIC用の長文をひたすら解かなくても、同じようなレベルの洋書をたくさん読むことで対応出来ると思います。また、オーディオブックなどを聞き慣れていると、TOEICのリスニングが驚くほど短く感じられます。しっかり聞き取ることができれば、”Whatで始める文章の時の答えは〜”とテクニックを覚える必要もないと思います。

私は2006年11月に、多読100万語、多聴100時間、LingQ3ヶ月間の状態で初TOEICに臨み905点でした。思わぬ高得点に驚きましたが、その頃YL5レベルのものが読めるレベルになっていたので、多読掲示板の意見は的を射たものであったと感じました。

多読・多聴を中心に英語学習されている方は、試験のことにはこだわらない、または控えめな方が多いためか、TOEICに関してはあまり多くを語りませんよね。意見を言うなら満点取ってからにしろ!って突っ込まれたら怖いし。

でもねー、多読・多聴はいいんですよ〜。長くユルく続けているうちに基礎力がつきますから。私はLingQもいっしょにやりましたが、あまり一つのやり方にこだわらず、多読・多聴のいいとこ取りでいいと思います。

多読・多聴が良いとは思っていたものの、これまで声高にオススメできるまでに至らなかったのは、すぐに効果を感じられないというところにありました。もしかしたら、自分には合っている方法だけど他人には合わないのかも、という不安も。だけどきっと私の他にも、”英語勉強したい→とりあえずTOEIC問題集→出来ない→やーめた!” となった方がいらっしゃるはず。多読・多聴も効果のある勉強法の一つとして、是非検討して頂きたいと思います。

ホーム > タグ > TOEIC

カレンダー
« 2017 年 10月 »
M T W T F S S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
Archives
  • 2017 (6)
  • 2016 (25)
  • 2015 (77)
  • 2014 (86)
  • 2013 (73)
  • 2012 (59)
  • 2011 (101)
  • 2010 (141)
  • 2009 (124)
  • 2008 (55)
  • 2007 (14)
  • 2006 (32)
Reading Challenge 2017

2017 Reading Challenge

2017 Reading Challenge
yukoxoxo2000 has read 3 books toward her goal of 50 books.
hide
Tag cloud
英語仲間のブログ
検索
Visitors
PV857
UV93

ページの上部に戻る