The Glad Game > 旅行のアーカイブ

ホーム > 日々の生活 > 旅行

旅行のアーカイブ

南アフリカ Langaタウンシップツアー

南アフリカに到着し、市街地に入るまでの道沿いにたくさんの小屋を見かけました。豪邸立ち並ぶ海岸沿いとは対照的な風景です。タウンシップと呼ばれる地域を見学するツアーがあったので参加しました。

 

私の他に参加者はヨハネスブルグ在住、元ジャーナリストのアナマリーさん73歳。南アフリカの政治や歴史に詳しく、ガイドが2人いるような贅沢なツアーでした。ガイドさんはこれから訪れるLanga出身の男性。現在もLanga在住だそうです。約5万人が住むLangaの第一言語はXhosa(コサと聞こえました)、学校で英語を習うとのことで、流暢な英語を離されるのですがworkがワックッと発音されたりと独特のアクセントがありました。

 

Langa地区は1927年に設立され、南アフリカで最も古いタウンシップの一つだそうです。1900年台初頭、政府が農村の家畜1頭あたりにつき税金を課したため、収入を得るため東ケープ州から男性たちが列車に乗ってCapetownにやってきたそうです。男性たちは身分証明証を与えられ、3人一部屋の小屋に住まわされるようになったのがタウンシップの始まりだったそうです。この身分証明証は3ヶ月更新で、同じ雇用主の元で10年、違う雇用主でも合計15年勤めれば終身の身分証明証となったそうですが、身分証明証を携帯していなければ逮捕され罰金を課されたり東ケープ州へ送り返されたりしたそうです。

 

人々が割り当てられた家は99年間賃貸を払えば所有する事が出来るルールでしたが、例えば父親が60年間家賃を払った後に亡くなっても、息子がその期間を引き継ぐことは出来ず、また1年目からスタートするため、実際は家を所有することは出来なかったそうです。

 

今も当時の建物に住んでいる人々がいて、部屋の中を見学することができました。6畳ほどの部屋にシングルベッドが3つ並んでおり、1ベッドにつき賃貸料20ランド/月(約180円)だそうです。ただし1ベッド1人ではなく、1家族で1ベッドを使用し、子供達は数家族まとまって台所に雑魚寝しているそうです。ガイドさんもそのような環境で育ったらしいのですが、周りも皆そうなので、自分たちが貧乏とは気付かず、たくさんの子供達で寝泊まりして楽しかったそうです・・・。私たちが見学した部屋には普通にゴキブリがいました。しかも栄養不足なのか細くて色も薄い茶色だったのが切なかったです・・。

 

Langa room

Langa Dining room
ガイドさん。子供たちが雑魚寝する台所兼共用リビングルーム。

 

プライバシーが欲しい、または満員で1ベッドさえ借りられなかった人々が周囲にTin Houseと呼ばれるトタン屋根の掘っ建て小屋を建てるそうです。もちろん違法なのですが、小屋を立てて48時間以内に政府によって撤去されなければそこに住む権利が発生するそうです。水は無料、電気は前払い方式で、雨が降ると屋根や床から浸水します。トイレは工事現場にあるような仮設トイレが並んでいました。

Langa Tin house

政府は古い建物を取り壊し、新しいアパートを建てているのですが、新しい建物は1家族につき2ベッドルームと広くなるため、1部屋に3家族が押し込められていた元の建物の住人全てが写ることが出来ず、ほかの場所を探さざるを得ない人々もいるそうです。また、せっかく新しいアパートを割り当てられても元の掘建て小屋に戻り、新しいアパートを違法で賃貸に出して現金収入を得る手立てにする人々も後を絶たないとのことでした。

 

Langaの人々は東ケープ州出身の方が多く、近所のつながりが強いそうです。先祖を大事にし、事あるごとにシロヤギを生贄にするため、例えお金がたまって良い地区に引越せる余裕ができても、このような慣習の違いから新しい地域に溶け込めず、Langa地域に残る人も多いそうです。Langa地区の人々にとって本当のHomeは東ケープ州の村々だそうで、1年に1回バスで10時間かけて帰るだけであっても、Langaは仮住まいと考えているそうです。Langaで亡くなると遺体は東ケープ州まで運んで埋葬するそうです。その費用を出し合う互助会もあり、同郷の人々が毎月積み立てをしているのだとか。

 

住民の多くは、12ランドの運賃を払い、乗合バスに乗ってCapetownへ働きに出ます。Langaのunemployment率は30%超。不景気のため高卒では仕事が見つからないそうですが、奨学金を得て大学に進学出来る人は限られています。そのため、コミュニティでは工芸、アートを子供達に教え、過程終了後には修了証を出して自営を始められるようサポートしているそうです。

 

Langaのスラム地区のすぐ近くには立派な一戸建の家々もあり、Langa出身の学校の先生やドクターが住んでいるそうです。

 

6畳の部屋に3家族や掘建て小屋など想像を絶する貧乏さですが、何故か悲壮感はありませんでした。Langa在住のガイドさんも楽観的で、本当の家は東ケープ州の村のほうだし、年を取ってから帰れば何とかなる。今はケープタウンでお金を稼ぐと割り切っているようでした。

 

ガイドさんの話によるとここまで貧乏でも、いわゆる生活保護のようなものはないらしく、収入が3000ランド/月(3万円前後)以下なら無料の家が割り当てられるようですが、お金の補助はないそうです。両親が無職の子供へのチャイルドサポート、60歳以上の人々と障がいのある方への補助はあるそうです。

 

雨風を凌ぐ屋根があって、水は無料、そして同郷コミュニティがある。食うには困らないというレベルなのでしょうが、住民の方々が楽天的なのが印象的でした。

 

97C16ADF-AD09-47E0-BE9C-2F79712C6CA3

 

 

アフリカ旅行記その1 ミュンヘン経由でケープタウンへ

ルフトハンザ航空羽田空港発、ミュンヘン経由でケープタウンにやってきました。羽田からミュンヘンまで10時間半、トランジット2時間半、ミュンヘンからケープタウンまで11時間45分の長旅!ケープタウンの空港を出たのは自宅を出てから29時間後でした。

 

上空から南アフリカを見下ろすと、円形農場の綺麗な幾何学模様が見えました。とうもろこしやさとうきびの栽培が盛んなようです。

南アフリカ上空

 

午前7時台にケープタウン国際空港に到着。空港から市街地までは車で約20分。MyCiTiバスという公共交通手段もあるのですが、今回は大荷物なのであらかじめ送迎車をお願いしました。

 

ホテルはグリーンマーケット目の前にあるOnomo Hotel。2階建観光バス営業所まで徒歩1分で迷う心配がないためこちらを選びました。3泊してからツアー集合ホテルに移る予定。

Onomo Hotel

A型肝炎追加接種に行ってきた

A型肝炎ワクチンの追加接種を受けた備忘録です。

 

来年3月にアフリカ旅行に行くことにしたので、トラベルクリニックに予防接種を受けに行ってきました。

 

前回南米旅行のためにアメリカで予防接種を受けたのがちょうど2年前。A型肝炎、腸チフス、インフルエンザ、黄熱病の予防接種で411ドル、約4万円ちょっとでした。本当は狂犬病予防接種も受けたかったのだけれど予算の関係で断念。なので今回はインフルエンザ、A型肝炎の追加接種、狂犬病の予防接種を受けることにしました。

 

今回ちょっと迷ってしまったのが、日本国産ワクチンと輸入ワクチンのどちらにするかということ。前回はアメリカでだったので、選択の余地なく外国産ワクチンでした。何も副作用がなかったからよかったものの、外国産のA型肝炎ワクチンは抗原量が2倍で接種回数も国産が3回、外国産は2回となっているようでした。

 

しかも外国産A型肝炎ワクチンは何種類かあるようで、どのメーカーのものを接種回数したかを聞かれたけど、種類まで聞いた覚えがない!あとで書類を確認しましたが、”Adult Hepatitis A 2 dose series” と書いてあるのみでした。

 

違うメーカーのものを接種してもよいのか。そして本当はは6ー12ヶ月後にうたないといけなかったものを2年後に接種してもよいのだろうか・・・

 

調べてみると、アメリカCDCのサイトに知りたかった情報が掲載されていました。

現在アメリカで出回っているA型肝炎ワクチンは、HAVRIXとVAQTAの2種類。どちらも接種回数は2回で、1回目と2回目のメーカーが違っても問題ないようです。

 

2つ目の疑問点。推奨されている2回目のスケジュールは6ー12ヶ月後ですが、それ以降に2回目を接種する場合はどうするのか。これは、気がついた時点で速やかに2回目の接種を行うべきで、1回目からやり直す必要はないようです。

 

大人がHAVRIXまたはVAQTAの接種を2回受けると20年以上効果が期待できるとのことです。

 

日本の国産ワクチンだと3回接種で持続期間は5年だそうですので、結果的に輸入ワクチンのほうで良かったです。

 

そしてアメリカと日本のトラベルクリニックを受診してみて気づいたこと2つ。ひとつは、アメリカのトラベルクリニックでは問診から注射までナースのみだったこと。医師がいる気配さえありませんでした。日本では注射は看護師さんですが、最初から最後まで医師が出てこないということはありませんよね。

 

もうひとつの違いは、アメリカでは料金前払いだったこと。どの注射を打つかどうかナースによるコンサルトと問診が終わったあと、会計表をわたされて先に会計を済ませます。そうすると、会計表のど真ん中に”PAID”という赤いスタンプをどーんと押されるので、それをもってもう一度ナースの部屋に行き注射を打ってもらうという仕組みです。日本のクリニックだとお会計は最後ですが、これって患者さんが必ず払うという信用に基づいた仕組みですよね。アメリカのERを受診した時も前払いで2万円ほどのデポジットを取られたので、踏み倒し防止なのかも。

 

IMG_0006

グランドサークル旅行へ その1

遅めの夏休みを取って、グランドサークル旅行に行ってきました。夏休みの混雑期を避けるために10月上旬を選んだのですが、運悪くアメリカ政府のシャットダウンと重なってしまい、国立公園に入れないというハプニングが。。。17年ぶりのシャットダウンということで、こんな事が起こる可能性は全く予想しておらず、ほとほと困りました。予算案をバーゲニングチップとして交渉に使う事が可能である限り、10月の国立公園巡りは避けたほうが無難であるということを身をもって思い知りましたよ…。

 

州立公園やナバホ族の観光地を中心に、ラスベガス→ソルトレイクシティ→フェニックス→ナッシュビルの旅程に。グランドサークル内3000kmのドライブでした。

道がどこまでもまっすぐ伸びていて、周囲をぐるりと見回すとまるで自分がプラネタリウムの中心にいるような気分に。

 

いつかまたゆっくり時間を取って再訪したいです。

 

 

ロカ岬

ここに地終わり海始まる Onde a terra acaba e o mar começa

 

ユーラシア大陸最西端。ここからアメリカまでおよそ5000kmだそうです。この海の向こうに何があるのか、行って確かめたい!と航海に出た昔の人の気持ちがわかる気がします。

ホーム > 日々の生活 > 旅行

カレンダー
« 2018 年 11月 »
M T W T F S S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
Archives
  • 2018 (11)
  • 2017 (8)
  • 2016 (25)
  • 2015 (77)
  • 2014 (86)
  • 2013 (73)
  • 2012 (59)
  • 2011 (101)
  • 2010 (141)
  • 2009 (124)
  • 2008 (55)
  • 2007 (14)
  • 2006 (32)
Reading Challenge 2018

2018 Reading Challenge

2018 Reading Challenge
yukoxoxo2000 has read 5 books toward her goal of 50 books.
hide
Tag cloud
英語仲間のブログ
検索
Visitors
PV273
UV106

ページの上部に戻る