The Glad Game > LingQ

ホーム > タグ > LingQ

LingQ

2020年に読んだ本とLingQ活動報告

2020年に読んだ洋書は70冊、27211ページでした。1ページ250語とすると概算で680万語前後です。

 

 

今年読んだ本の中で一番面白かったのはScythe (Arc of a Scythe Book 1) シリーズ。

この世から飢餓や病気、戦争が無くなり、テクノロジーの進化によって人類は死さえも克服した未来。人口コントロールのため職業としての「死神」が出現した・・というお話。

 

人口コントロールのために人間の“死神“が死を演出する。他人の生死に対して絶対的な力を持つとどうなるのか。正しく権力を行使することが出来るのか。ヤングアダルトファンタジーながら、ティーンの青臭い恋愛は最小限で、非常に読みやすい本でした。

 

読みたい本はまだまだあるけれど、映画やドラマも見たいので年間60−70冊あたりが妥当な目標かな。

 

2020年の LingQ 活動は365日中の349日!LingQ上で読んだ記事の語数は(主にThe Economist、エンタメ記事も時々)76万4830語でした。どうしてもLingQを開けない日はあるので、年349日は中々頑張ったほうです。

 

 

 

2006年お正月、新年の目標として英語多読を始めてからのページ経過はこんな感じ。

 

2008年に英検1級を取得して以降は英語関係の試験は受けていませんが、洋書多読/多聴や洋画視聴、記事読みなどでも年々知っている単語数は増えていくし、読書で得たものが背景知識となって、少しずつでも英語力が向上していくのかなと思っています。

 

 

 

第12回ヴァーチャル夏休み報告とLingQ入会14周年

第12回ヴァーチャル夏休み、今年は299名の皆様が参加されました。100wishlistアカウントのほうで参加表明された方を次々とリストに追加していったのですが、すごい勢いで増えるツイートに圧倒されました!いろいろな学習法や、進捗管理方法、やる気の出そうな可愛らしい文具、シールに至るまで、これまで知らなかったやり方に触れ、やる気を触発された42日間でした。

 

私はLingQで記事読みすることを目標にしていましたが、The Economist からインポートした記事を毎日読むことが出来ました。大体一週間に20,000語 25,000語くらい。

 

洋書多読は5冊目標に対して6冊達成することが出来ました。

 

週3回ライティングの目標は、週2回で精一杯。こちらは10月まで添削サービスに課金してあるので、引き続き週3回を目指して頑張りたいと思います。

 

そして今日はLingQに入会して14年目の記念日でした。確か2006年8月31日に無料体験で入会し、かなり気に入ったので無料期間の2週間を待たず、9月始めに入会したのでした。あれから14年!

 

今振り返ると、admission, addiction, domestic, collapse, ruin など超基本的な単語も登録してあり、学習開始時の単語数は3000語前後だったのではないかと思われます。

 

14年で覚えた単語全てが定着しているわけではなく、tetradecagon: 14角形 と覚えたはずの単語を登録した記憶さえない・・・ということもあります。ただ、LingQのボキャブラリーセクションを見れば、これまでに調べて登録した全ての単語がそこにある、という絶対的な安心感は大きい。

 

読んでも読んでもまだ知らない単語たちが出てくるので、次は15年目を目指して頑張ります。

 

LingQのSafari Extensionを使って記事をインポートする

苦節14年。これまで1376個の記事をLingQに手動でコピペしてきました。が、ついに!LingQのSafariエクステンションでウェブ記事が自動でインポート出来るようになったのです!!!

 

Extension入手ページはコチラ

 

エクステンションを入れると、Safari検索窓の横にLingQの吹き出しマークが出現します。

 

無料公開されている英文記事、または課金して読める状態になった記事を開き、吹き出しマークをクリックします。

 

雑誌ごとにコースをまとめたい時は、予めCourse名を入力します。記事URLは自動で取得されます。ここで気をつけないといけないのは、記事名を80文字以内におさめないと取り込みが失敗してしまうという点です。The Economistですと最初の見出しタイトル、ここではDragon strike を消し、最後にあるLeader|Economistという部分も消すと丁度良いです。体裁を整えたらImport Lessonをクリック。

 

 

 

すると、見出し絵、タイトル、広告抜きの本文がインポートされます。是非お試しください。

 

※Chromeでもエクステンションが使えるようですが、こちらは動作確認しておりません。

 

 

 

 

 

 

LingQ Known Words 45000語

LingQのKnown Wordsが45000語を超えたので記念ショット。

 

 

2010年5月 20000語

2014年5月 40000語

2020年3月 45000語

 

2006年9月にLingQを開始した時は、profit, administration, tide などの基本語彙も”意味がわからない単語”として集めていた。今ではベストセラーの洋書を読めるようになったの感慨深い。

 

ただ、長い期間をかけて単語を集めたので、以前は憶えたはずの単語をすっかり忘れていたり、なかなか憶えられなかったはずの単語でも時間が経てば自然に定着していたりする。

 

次のmilestoneは5万語。今度は1年で到達したい。

 

 

LingQにKindle本をインポートする その2

LingQにKindle本をインポートする、の続きです。→Kindle本をインポートする方法を公開するのは良くないとのご指摘をいただき非公開にしました。LingQメンバーの方で興味があれば連絡ください。Mac, Kindle端末を使う方法です。

 

ということで、すでにEpub, Mobi, Dock, PDF形式のEbookを持っているという前提で始めます。

 

LingQページの右上部にプラスマークがあるので開くとImport Ebookという項目が出てきます。

Import ebook

 

この画面で先程CalibreでAZW3からEpubに変換した本をドラッグアンドドロップ。

LingQ ebook

 

しばらく待つとEbookが2000語程度に分割されて取り込まれます。自分にとっての新出単語は青色、いちど単語カードを作ると黄色、知っているとマークした単語は点線がつきます。初めてLingQを使った人はすべて青色マーカーがつくと思います。

import result

 

すべてのインポート結果をチェックするには、タイトルの青字部分をクリックします。

Title

 

すると小分けにインポートされたリストが出てきます。本のチャプター通りではなく、インポートの文字制限で切られているのが少し残念ですが・・。

chapter list

 

コースの表示をクリックすると本のインポート結果ページに飛びます。

imports

 

約2000ワードずつ41パートにわかれていました。あくまでも個人使用ですので、インポートしたものをはpublicに公開しないようにしましょう。

 

ちなみに、今のLingQ仕様は1パートがさらに数ページに分かれていて使いにくいのでClassicに戻すと全体像が見渡せて学習しやすい気がします。Classic仕様に変更するには、画面上部の点々マークを押します。

change to classic

 

Classicという文字をクリック。

classic 2

 

これで全体像が見渡しやすくなりました。

classic3

 

さて。これで好きな洋書から単語を収集する手はずが整いました。フラッシュカードアプリもあるので自分好みの単語集を作り上げていくのが楽しみです。

 

ホーム > タグ > LingQ

カレンダー
« 2021 年 5月 »
M T W T F S S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
Archives
  • 2021 (7)
  • 2020 (18)
  • 2019 (14)
  • 2018 (13)
  • 2017 (8)
  • 2016 (25)
  • 2015 (77)
  • 2014 (86)
  • 2013 (73)
  • 2012 (59)
  • 2011 (101)
  • 2010 (141)
  • 2009 (124)
  • 2008 (55)
  • 2007 (14)
  • 2006 (32)
LingQ Known Words
I Am Learning English online with LingQ.
Reading Challenge 2020

2020 Reading Challenge

2020 Reading Challenge
yukoxoxo2000 has read 8 books toward her goal of 70 books.
hide
Tag cloud
英語仲間のブログ
検索

ページの上部に戻る