The Glad Game > 2009年2月のアーカイブ

ホーム > アーカイブ > 2009年2月のアーカイブ

2009年2月のアーカイブ

LingQディスカッション 2/8

先週のLingQディスカッションは環境問題について。環境問題は以前にも英検ディスカッショングループでも似たような話題で話したのですが、今回は参加者の国籍が様々だったので全然違った感じのディスカッションでした。チューターさんはイギリスの女性、参加者は私を含め日本人女性2名、タイの女性、イスラエルの女性の計5名でした。

なんだか日本人の生徒ばかりだと話がスムーズなんですよね。例えば地球温暖化。以前このトピックについて話し合ったんですけど、日本人同士だと”地球温暖化って大変なことだよね!”という大前提がまずあって話が進んでいったんですけど、外国の方はここから違いました・・・。

”地球温暖化なんて本当にあるの?その根拠は?” というイスラエルの方。”地球の気温が上がるとイギリスは寒くなるらしいわよ。どこの地域が温暖化するの?”というチューターさんなど・・・突っ込みが厳しかった~。こちらとしては、当然わかってくれるだろうと思って話していることでも、”それはなぜ?どうしてそう思うの?”と聞かれると以外と答えにつまったり。だって本に書いてあるから~というのはダメなんですね・・・。

確かに地球温暖化は自然のサイクルであるという説もあります。どうしてその説よりも温暖化は人類によって引き起こされたという説を信じるのか、自分なりの意見がなかったなぁ、と反省!

英検ディスカッション2/6

金曜夜はじゅりー先生の英検ディスカッションの日。英検1次試験前に開始したのですが、英検仲間との会話がとても楽しいので今でも続いています。

2月6日のディスカッションテーマは” Is spirituality losing its importance in modern society?” でした。これは試験本番だったら絶対選ばないだろうなぁ。スピリチュアリティって何!とパニックにおちいりそうです。話が抽象的なのでスピーチを組み立てにくそうな雰囲気。とはいえ、英検スピーチのためのディスカッションなので、メンバーさんが敢えて選んでくれたようです。

Spirituality was highly regarded by ancient people. Human beings began to have various kinds of rituals to channnel channel with spiritual things. They believed in spiritual beigns beings. Acording According to the advances in science, people  seem to lose faith in spirituality. I have two reasons to explain my opinion.

First, people think there is little phenomenun are few phenomenons that science can’t explain it’s mechanism. Channeling to another world or revelation of God is thought to be implausible nowadays. People prefer logical thinking to sensuous feeling. Spirituality is full of mysterious phenomenon phenomenons, and is losing it’s importance because of these reasons.

Second, people are too busy to think about spirituality these days. There is  lots of work to do, interesting TV programmes to watch, and  other time consuming activities. To have spirituality in our daily life lives, we have to save some time to think quietly. Some people may have enough time to meditate and get inspiration, but for ordinary people, it will be difficult to be spiritual in our daily life.

In conclusion, spirituality seems to have lost its momentum in modern society. This doesn’t mean people have lost interest in spirituality, but we don’t pay much attention to spirituality because of our modern life styles.




初めてaとtheを間違わなかった記念すべき作文なのに、今度はスペルミスがちらほら 残念~。

Spiritualityの一例について、なぼむしさんが仏壇を例に挙げて説明してくれたのですが、アメリカ人の先生には少々イメージが伝わりにくかった模様。メンバーさんが仏壇の画像を先生に送ったところ、

Japanese alter

”それならアメリカにもあるわよ!” と言ってみせてくれた画像がこれ↓

EntertainmentCenter

”居間にある、テレビを入れる棚ね!こちらではEntertainment center furnitureっていうのよ。”   (゚O゚; え~っ! 確かに似てるけど仏壇にテレビをいれちゃいけないんだよ~。もともと相手の概念にないものを言葉で説明するって難しいです!

LingQ 英作文 2/5

2月5日LingQディスカッション後の英作文の添削です。

What are our chances of finding exraterrestrial life?

If life were to exist somewhere in universe, Mars is the most likely the candidate. There might be a chance that we can find extraterrestrial life in the future.

There is a possibility of ice existing underneath the surface of Mars. Water is thought to be prerequisite to the development of carbon-based  life. If water exists, some kind of organism can survive.

The Environment on Mars is too harsh for us to survive. The temperature is minus below 60 degrees Celsius, there is not enough oxygen nor atmospheric pressure. Human beings can’t  survive on Mars more than a minute without a spacesuit. However, some  kinds of organisms called extremophiles can live under the these extreme conditions. Some of them thrive at temperatures more than above 100 degrees Celsius or live in acidic or alkaline conditions. Others can live in sea vents, volcanos, or at high altitude. Some organisms do not even require oxygen. If  these organisms can live in such extreme conditions, they can live on  Mars as well.

Other than Mars, there might be living organisms on in another solar system. I don’t think there is another creature like human humanoid creature in this universe. Because The reason for this is that for human beings the  planet needs to be in the appropriate distance from the sun. Otherwise, the planets are too hot like Mercury and Venus or too cold like Mars  and Jupiter. Our universe is so huge that it is impossible to  investigate another solar system. The chance might be slim, but we  can’t deny the possibility.

extreme lifeと呼ばれる過酷な環境で生きる生物のお話が英検1級リスニングの過去問にあったので、今回のディスカッション中に火星で生きられる可能性のある生物として例に挙げてみました。英検の長文やリスニングはトピックの範囲が広範なので、出来ればいろんな雑誌や本を読んで背景知識を仕入れておきたいですよね。 私の英検対策は、広い分野でたくさんの背景知識を英語で仕込むことが目標でした。実生活に役立たないムダ知識ですが、ディスカッション中のネタにはなるので結構役立っています。実生活で役立てようとすると、うんちくになりそうでちょっとイヤかも・・・。

LingQディスカッション 2/5

今日のLingQディスカッションは、へれん先生の”What are our chances of finding exraterrestrial life?” 地球外生物についてでした。

イギリスでのエイリアンのイメージといえばやはり火星人だそうで、”Little grey men”、”short ugly greys”と表現されるそうです。100年前以上前に書かれたH G WellsのWar of the Worldsの影響でしょうか。へれん先生の説明は日本での火星人のイメージと似たような感じでした。そういえば、小学生の時にNASAが秘密裏に捕まえたというまさにLittle grey menな感じの火星人の写真を見た覚えがあるんですけど、あれは合成ですよね・・・多分。火星人の表現としては、他に”tall Nordics”ともいうそうですけど、これは北欧人に失礼なような気が!

大学院の授業で宇宙生物学を受けたのですっごく話したいことがいろいろあったのに、パパッと言葉が出てこなかった~。しかも難しい単語ならまだしも、Venusとかがサッと出てこない!地球外生物について英語で話すことなんて一生のうちに何度もあるとは思えないけどさ。何でも自由に話せるようになりたい~。反省をこめてディスカッション後に感想文を書いて提出しました。添削が楽しみ。

プレゼンテーション授業

火曜夜は定例Book clubディスカッションの日。”The Last Lecture”よりアメリカの大学での授業の部分を読みました。アメリカの大学では特にチームワークや創造性、プレゼンテーションを大事にしているようです。

チューターのじゅりー先生の娘さんはなんと小学校5年生の時にパワーポイントの使い方の授業を受けたそうです。アメリカ人は小さい時から論理的に話す訓練を受けているとは聞きましたけど、パワーポイントを使った実地的な授業まであるとは驚きでした!

私は社会人になってからパワーポイントでの資料づくりや人前での発表に本当に苦労しました。自分の考えを大勢に伝えることとか、上手にプレゼンする能力が未発達のまま社会にでてしまった感じ。大それた発表じゃなくてもボスへの報告とか、部署内でのミーティングなどで自分の考えを説明する機会は割とたくさんありますよね。英検を勉強しはじめてから特に、”論理的に話したい”って思うようになりました。せっかく英語を勉強しているんだから、論理的な考え方や話し方を含めて学びたいと思いました。

ホーム > アーカイブ > 2009年2月のアーカイブ

カレンダー
« 2009 年 2月 »
M T W T F S S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  
Archives
  • 2021 (9)
  • 2020 (18)
  • 2019 (14)
  • 2018 (13)
  • 2017 (8)
  • 2016 (25)
  • 2015 (77)
  • 2014 (86)
  • 2013 (73)
  • 2012 (59)
  • 2011 (101)
  • 2010 (141)
  • 2009 (124)
  • 2008 (55)
  • 2007 (14)
  • 2006 (32)
LingQ Known Words
I Am Learning English online with LingQ.
Reading Challenge 2020

2020 Reading Challenge

2020 Reading Challenge
yukoxoxo2000 has read 8 books toward her goal of 70 books.
hide
Tag cloud
英語仲間のブログ
検索

ページの上部に戻る