The Glad Game > 2009年6月のアーカイブ

ホーム > アーカイブ > 2009年6月のアーカイブ

2009年6月のアーカイブ

ライティングの目標

金曜日の夜の事。寝入りばなに、ふと今年の新年の目標のことを思い出しました。”1年で100個の英作文を提出して添削してもらう”という大目標を打ち立てたのですが、まだ30個しか提出していないことを思い出したら急に動悸が始まって眠れず!

月に8個~9個ずつというのは実現不可能ではないけれども、かなり頑張らなければ達成できません。いちおう、200字以上で英検エッセイスタイルという自分なりのルールを設けていたのですが、この調子でいくと目標の達成は不可能なので、日記やブログ用文章も含め何でもいいから100作文書く!に目標を下方修正しました。

結局,3時まで悶々としていたけれども眠れず。起きだしてLingQに日記を書いて提出しました。これまでは英文日記はVoxブログに細々と書いていたのだけれど、全然面白い機能もないので、英語日記用のブログも作ってしまいました。こちらはブログパーツなども充実していて、前々から気になっていた”読書カレンダー”なるものも使えるので楽しそう。あと6ヶ月と10日で70英作文。実現なるか!?

Japan’s ‘herbivore men’

6月8日のCNN記事より日本の草食系男子について。

草食系男子という言葉が話題になってから、オンラインのマンツーマン英会話で50代女性のアメリカのチューターさん、40代女性イギリス人チューターさん、30代イスラエル女性の英語仲間に草食系男子の生態を説明したのですが、彼女たちの国では、草食系男子というカテゴリはないようで、みなさん”信じられない!”と申しておりました。

CNNの記事では、草食系男子の背景は90年代の日本経済の弱さからくるものだと書いてありますが、私は今の日本人女性の願望も男性の草食化に一役買っているのではないかと疑っているところ。私の父親の世代はベビーブーマーで、残業ばかりで全く子育てに関わらなかったし、休日はゴロゴロするか一人で遊び歩いてばかり。しかも男尊女卑パンチ そんな日本男児の “男らしさ” に嫌気がさした母親たちが、息子を自分の扱いやすいように育てたのでは?
そして娘たちの世代でも優しい男が好まれ”manly”,”masculine”な男たちは自然淘汰されつつある・・・というのは考え過ぎ?

それはともかく、草食系男子のお話は外国人の方たちには新鮮味があったらしく、かなり盛り上がりました。”herbivore”という単語を知らなかったのですが、”grass eating animal”でも通じたみたいです。機会があれば、是非外国の男性の意見も聞いてみたいです!

聞き取りやすかったオーディオブック

前回の記事でAudibleをご紹介したところ、さっそくはゆるさんが「The Golden Compus」(ライラの冒険)をダウンロードされたとのこと。前回の記事では書かなかったのですが、ライラの冒険はAudible多聴を始めてから2本めにダウンロードしたのですが、難しすぎて断念したやつだったんですよね。映画化されているし、多読で人気があるようなのであちこちで紹介されているのですが、オーディオブックは難しかったです。ナレーターが複数人いることや、子供の話し方が忠実に再現されていること、台詞部分が多い事など・・・聞き取りにくい要素がたくさん・・・。早く言えよって感じで、はゆるさんに申し訳なかったです。3年ぶりに聞いたら聞けるようになっていたので、最初に選ぶオーディオブックとしては適当ではないというだけで、中身は面白いと思います。

本の好みは個人的なものなので、なかなかおススメしにくいものなのですが、”聞き取りやすかった”という観点でおススメを集めてみました。

まずは Alex Rider シリーズ1作目、Stormbreaker。ナレーターが違う版がいくつかあるようですが、Oliver Chrisがおススメ。イギリス英語で、そんなにゆっくりではないのですが、滑舌がよくて聞き取りやすいです。お手本にしたい読み方なので、何回か聞いてシャドーイングもしました。シリーズものなので、6作目まで聞くうちにさらに慣れて聞きやすくなると思います。

次はヒラリー・クリントンさんのLiving History. アメリカ英語。ご本人さんが読まれている版とナレーターさんの版がありますが、本人朗読のものがおススメです。本を読んでいるというよりは、直接語りかけてくれているような感じですんなりと耳に入ってきます。。特に政治に興味がなくても、伝記として十分楽しめます。クリントン元大統領との出会いの部分は聞いていてドキドキしました。

最後にThe Secret By Rhonda Byrne。アメリカ英語で自己啓発系の本です。私は好きではなかったのですが、邦訳版は人気があるみたいです。本を通して繰り返し”引き寄せの法則”の事例が紹介されています。聞いていると、催眠術にかけられているような・・・。それだけメッセージもわかりやすく、繰り返しで理解しやすいということなのでしょう。

とりあえず聞き取りやすかった3冊です。アレックスライダーシリーズは、初見の本が聞き取れる喜びを知ってAudibleにはまったきっかけとなった本です。日本語だったら小学校高学年~中学生向けで全然見向きもしない本だと思いますが、子供時代に返ったみたいにワクワクしました。

Audibleでは1分以上サンプルが聞けるので、じっくり聞いて選べるのがいいですよね。いったん購入したオーディオブックはMy Libraryというセクションに保存され、自分のipodから削除しても大元は消えないのでいつでも再ダウンロードできて安心です。残念ながら聞き取れなかった本はいったん寝かせておいて、しばらくたってから再ダウンロードという手もあるのではないでしょうか。

オーディオブックで英語学習

これまでaudiobookを使った勉強法についてはとても感覚的で言葉で説明しづらいので日記に書いていなかったのですが、昨日のコメントでご質問頂いたのと、最近book club仲間にもaudiobookをおススメしたので、私のオーディオブック体験について書いてみようと思います。

私が初めて購入したaudiobookは無謀にもハリーポッターの3巻でした。まだ多読のことを知らなかったので、日本語で読んでから一語一語辞書をひきつつ洋書を読み始めたのですが、かなりの苦行で2章くらいで挫折しました。もちろんaudiobookも全く聞き取れませんでした。確か7000円くらいしたので、もったいなくて1ヶ月くらい2章を繰り返し聞き続けたのですが、いくつか固有名詞が聞き取れるようになっただけ。あまりの効率の悪さに挫折してしまいました。

2006年1月に多読法に出会い、8月までに100万語達成。この間リスニングは一切していません。2006年9月にLingQに入会。VOA special Englishなどのゆっくり素材を中心にスクリプトと音の擦り合わせを3ヶ月くらいじっくり行いました。今、見返してみると3ヶ月で70時間近くリスニングしているようです。 11月になり初めてのTOEICが近づいてきたので、長めのリスニングをしようと思い、挫折していたハリポタを再開しました。するとびっくり!一語一語くっきり、はっきり!聞き取れたのです。 俗にいうブレイクスルー体験というものでしょうか。なんだか言葉にするとあまりにも胡散臭いので今まで黙ってましたが、急に英語が聞き取れるようになっていて衝撃的でした。多読のようにわからない単語もあるのですが、わからない単語もはっきり聞き取れて意味も推測できました。

ハリポタ体験に気をよくして、11月にaudibleに入会しました。初めてダウンロードしたのは、日本でも有名な’7つの習慣’でした。この本は難しくて理解度は6割くらいだったような気がします。その後はaudibleサイトのサンプルを利用して、聞き取れるかどうかじっくり吟味しながら、ヤングアダルト向けのオーディオブックをダウンロードしました。たくさんの本に出会いたかったので、読んだ本は選ばずに、初見の本をダウンロードしていました。読めそうな簡単なレベルの本を選んでいたせいか、割とよく聞き取れました。

いつのまにか3年間で約66本ほど聞いたようです。だんだん聞き取れる本が増えてきてますます楽しくなりました。オーディオブックで聞いた本は原則として読まない、二回聞かないという方法でどんどん進めていっています。この方法も多読的ですが、数をこなせばいいや、という気楽な感じです。

オーディオブックの良い点は、とにかくナレーションが綺麗で英語のイントネーションに慣れやすいこと、耳さえあいていれば、いつでもどこでも聞けること。あと、視覚に頼らず耳からだけの情報なので、集中して聞き取る訓練になるとことだと思います。反対に弱点は、カジュアルな表現があまりないことでしょうか。

自分の興味ある分野の本が見つかれば、飽きずに聞き続けられるし、とにかく長時間のリスニングに慣れることができるというのが学習者にとって最大の利点だと思います。英検やTOEICの3分ほどのリスニングが非常に短く感じられますしね!

オーディオブック英語学習法は本当におススメです。audibleは1000円くらいから会員になれますし、最近はCDつきの学習者用ラダーシリーズ洋書もあるようです。
ちなみに、私のリスニング時間は現在1300時間台です。これから海外ドラマでカジュアルな表現や滑舌のはっきりしない発音にも挑戦して何でも聞き取れるようにしたいですウィンク

海外ドラマを字幕なしで

なんかタイトルが怪しげな英語教材の宣伝みたいですけど雫 LOSTシーズン1を見終わりました大笑い 字幕なし~。パチパチパチ星 海外ドラマを見ようと思い立ったのが今年1月の終わり。いったん挫折したものの、4月下旬にipodにダウンロードしてからは順調で、約1ヶ月で25話観てしまいました!ものすごい寝不足です。でも世間はシーズン5の話題でもちきりなのに、まだシーズン1なの。早く追いつきたい~びっくり

2月に4話まで英語字幕で観たのですが、4月に再開した5話からは字幕なしでみました。字幕がないほうがかえって音に集中できていいです。良く聞き取れていると思うのですが、メインキャラのうち3人よく聞き取れない人物がいました。太っているハリー、子供、詐欺師のソーヤー!ハリーと子供は滑舌が悪くてダメ、ソーヤーは口が悪いから? でも実際はソーヤーみたいなしゃべり方をする人も多いと思うので慣れなければね~。シリーズを通して聞き続ければこの人たちの話し方にも慣れるでしょう!

たぶん、まだどんなドラマでも字幕なしで理解できるわけじゃなくて、LOSTみたいに台詞に間があるドラマならOKというレベルです。以前スモールビルという高校生が主人公のドラマの字幕なしに挑戦したときは、時期が早かったせいもあるけど、全然理解できませんでした。ちょっとは進歩?ドラマのチョイスによるかな?

海外ドラマを見始めた時に、海外ドラマ学習法ブログをチラッと見たのですが、1話につき4~5回スクリプトを駆使しながら勉強するというやり方が合わなくて、結局ドラマも多読的に数をこなすことにしました。多読の応用です。

私は最初オーディオブックから始めたのですが、発音の綺麗なオーディオブックから始めたほうが、すんなりドラマに移行できるような気がしました。最初にドラマから始めたらやっぱりスクリプトはいるんじゃないかなぁ。

ホーム > アーカイブ > 2009年6月のアーカイブ

カレンダー
« 2009 年 6月 »
M T W T F S S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
Archives
  • 2019 (14)
  • 2018 (13)
  • 2017 (8)
  • 2016 (25)
  • 2015 (77)
  • 2014 (86)
  • 2013 (73)
  • 2012 (59)
  • 2011 (101)
  • 2010 (141)
  • 2009 (124)
  • 2008 (55)
  • 2007 (14)
  • 2006 (32)
LingQ Known Words
I Am Learning English online with LingQ.
Reading Challenge 2019

2019 Reading Challenge

2019 Reading Challenge
yukoxoxo2000 has read 1 book toward her goal of 60 books.
hide
Tag cloud
英語仲間のブログ
検索

ページの上部に戻る