The Glad Game > 2009年12月20日のアーカイブ

ホーム > アーカイブ > 2009年12月20日のアーカイブ

2009年12月20日のアーカイブ

The Guinea Pig Diaries

洋書多読112冊目、The Guinea Pig Diaries. 秋のカナダ旅行の際に書店で購入。30%offという理由だけで選んだのですが、これが思いのほか面白かった!著者のA.J.Jacobsが人間モルモットと称して、いろんな実験を自ら体験してレポートしています。

実験内容は
1. My Life as a Beautiful Woman 彼氏のいない美人ベビーシッターのかわりにオンラインデートサイトで彼氏を募集。美人の威力を体験!

2. My Outsourced Life 日常生活の全てをインドにアウトソーシング。奥さんとの喧嘩もemailを通じて外部委託

3. I Think You’re Fat 脳と口の間のFilterを取り払って完全に正直になったとしたら?

4. 240 Minutes of Fame 俳優Noah Taylorに成りすましてオスカーの会場に潜入。有名人ってスゴイ!

5. The Rationality Project 全ての行動を合理的に。歯磨き粉選びも徹底的に合理主義。

6. The Truth About Nakedness 雑誌にヌード写真を掲載

7. What Would George Washington Do? ジョージ・ワシントンになりきって、彼の110のルールを実践

8. The Unitasker 一度にしていいのは一つだけ。完全なるユニタスクを実行

9. Whipped 奥さんの言いなりになる1ヶ月を体験

特に面白かったのが、第三章。 Radical Honestyという考えがあって、思ったことを全て正直に言うことをモットーとしている人たちがいます。”I think you’re fat.”なんて面と向かって言ったらどうなるか。本当のことを言ってみたい!でも言えない!と思ったことは皆あるはず。そんな、やってみたいけど出来ないことを筆者が実験してくれています。筆者の結論は・・・脳と口の間にあるフィルターを90%取り払ったならば、殴られ、解雇され、離婚されるでしょう、とのことです。ただ、もう一つ学んだことは自分が思っていたよりも、周囲との関係性はradical honestyに耐えうるということ。時には正直に本当のことを言ったほうが上手くいく場合もあります。

この本はカジュアルな言葉で書かれているので最初は読みにくかったけど、抱腹絶倒のエッセイなので楽しんで読めました。buxom: <女性の>胸が豊かな・・・なんて、普段読んでいる本ではお目にかからない単語が出てくるのも良かったです。

YLは7~8くらい?語数は概算で54000語でした。 Total語数688万2816語

ホーム > アーカイブ > 2009年12月20日のアーカイブ

カレンダー
« 1970 年 1月 »
M T W T F S S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Archives
  • 2020 (2)
  • 2019 (14)
  • 2018 (13)
  • 2017 (8)
  • 2016 (25)
  • 2015 (77)
  • 2014 (86)
  • 2013 (73)
  • 2012 (59)
  • 2011 (101)
  • 2010 (141)
  • 2009 (124)
  • 2008 (55)
  • 2007 (14)
  • 2006 (32)
LingQ Known Words
I Am Learning English online with LingQ.
Reading Challenge 2020

2020 Reading Challenge

2020 Reading Challenge
yukoxoxo2000 has read 8 books toward her goal of 70 books.
hide
Tag cloud
英語仲間のブログ
検索

ページの上部に戻る