The Glad Game > 2010年6月20日のアーカイブ

ホーム > アーカイブ > 2010年6月20日のアーカイブ

2010年6月20日のアーカイブ

英検準1級二次対策講座開催

ヴァーチャル英語部にてエミコフさんによる英検準一級二次対策講座の開催日時が決定しましたので、改めてお知らせ致します。
対策編(日本語)と、模擬面接を予定しています。
—————————————————————————————-

対策編

日時:6月21日(月)午前11時半~ (約1時間の予定です) スカイプの会議通話機能を使って行います。

内容

・二次試験の概要説明

・面接対策 (ナレーションの組み立て方、練習方法、質疑応答対策、アティテュード対策)

・費用:もちろん無料

—————————————————————————————-

今回ヴァーチャル英語部に入部してくださった方の中に英検準1級を初めて受験された方がいらっしゃいましたので、エミコフさん、なぼむしさんを中心に試験対策の一環として、二次試験対策講座を開くことになりました。

打ち合わせの時に講義の予演会をしたのですが、さすが講師をされているだけあってお話が上手でした。私は準1級を受けたことがないので残念ながら直接お役に立てませんでしたが、予演会の後に受験生が疑問に思っているであろう疑問点をいくつか質問させて頂き、講義内容に付け足して頂きました。

はじめての二次試験前は、いったい何から手をつけていいか全くわからず、おろおろしている間に試験日がせまりさらにパニックに・・・という方も多いのではないかと思います。自分にとっては何から何まで初めてで、どうしたらいいか分からないようなことでも、経験者に聞くとあっさり解決するということが多々あります。今回の講座では、試験の流れの大まかな説明、フリートークで聞かれる内容、4コマストーリー作成のコツ、スピード、質疑応答、減点対象などを説明する予定とのことです。試験対策を始める前に、押さえるべきポイントを聞くことで、効率の良い対策が出来るのではないでしょうか。

 

”足の裏の飯粒”という言葉があります。取っても食えないが、取らないと気になる、と博士号のことを揶揄した表現ですが、他の資格試験にもあてはまる言葉だと思います。”英検なんてとってどうなるの?”とか、”英検なんか海外で通用しないのに”などと言う方もいらっしゃいますが、やはり英語学習者としては”足の裏の飯粒”的存在であると思います。必要だとか、必要ないとかいう意見は別として、自分に課題を課し、努力する過程に意味があります。英検を受験される方々が、英語力とともに自信を身につけられるよう応援しています。

 

現在若干名受講者募集中です。また、次回は模擬面接とエミコフさん、なぼむしさんによる模擬解答を予定していますので、参加希望の方はなぼむしさんのブログに参加表明をお願い致します。

Book Club Life of Pi 読了

ジュリー先生のBook ClubのLife of Pi、1年2ヶ月かかってやっと読了しました。音読して、発音チェックして、ディスカッション・・・という流れなので一度に10Pほどの超ゆっくりペースでした。でもたくさんのことを話し合えたのでとても楽しかったです。

インド人の少年Piが家族と、経営している動物園の動物たちといっしょにカナダに移住するために乗り込んだ貨物船が沈没するお話です。主人公のPiは宗教大好きな子で、キリスト教、イスラム教、ヒンドゥー教に傾倒しています。そのため宗教関連の話が多く、ディスカッションでは普段話しあわないようなこともじっくり話あえてとても有意義でした。

火曜ブッククラブのメンバーは日本人2名、メキシコ人1名、チューターのアメリカ人1名で、このグループで丸2年、5冊の本を読んできました。異なるバッククラウンドの人と1冊の本を読んで話しあうと、思いもよらなかった意見に驚いたり、感心したり、時には議論になったりすることもありました。Life of Pi discussionの時に出た話題なのですが、”You don’t have to be wrong for me to be right.” という言葉があります。私が正しいために相手が間違っていることは必要なく、意見は違うけれどもどちらも正しいんだ、ということを心がけていれば、お互いを尊重しながら率直な意見を言えるのではないかと思います。

Life of Piを1章ずつLingQにインポートして、新出単語と自信のない単語を全て登録したところ、997個でした。ブッククラブ前に一回音読して、LingQにインポートしたものを単語登録しつつ読んで、当日また音読、そしてLingQのボキャブラリーテストというサイクルを繰り返したので、Life of Piの単語はかなり定着しました。とても手間のかかる方法ですが、1週間に10Pずつだったのと、覚えた単語が繰り返しでてくるのでやりがいがありました。ただ、精読ばかりしていると英語に触れる絶対量が不足すると思うので、多読もしつつ精読をちょこっと、というバランスが大切だと思いました。

来週からThree Cups of Tea を読み始めます。私は昨年の夏に読んだのですが、とても感動したので他の人とも感動を共有したいと思い提案させて頂きました。パキスタン、アフガニスタンに学校を建てるプロジェクトを一人で始めた男性の話です。アメリカが武力の力でアフガニスタンを変えようとしているのに対し、作者は人々に知識を与えることで正しい選択が出来るようにしたいと考えています。イスラム世界との関わりについて考えるいいきっかけになると思います。

ホーム > アーカイブ > 2010年6月20日のアーカイブ

カレンダー
« 1970 年 1月 »
M T W T F S S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Archives
  • 2019 (6)
  • 2018 (13)
  • 2017 (8)
  • 2016 (25)
  • 2015 (77)
  • 2014 (86)
  • 2013 (73)
  • 2012 (59)
  • 2011 (101)
  • 2010 (141)
  • 2009 (124)
  • 2008 (55)
  • 2007 (14)
  • 2006 (32)
LingQ Known Words
I Am Learning English online with LingQ.
Reading Challenge 2019

2019 Reading Challenge

2019 Reading Challenge
yukoxoxo2000 has read 1 book toward her goal of 60 books.
hide
Tag cloud
英語仲間のブログ
検索

ページの上部に戻る