The Glad Game > LingQ

ホーム > タグ > LingQ

LingQ

LingQのSafari Extensionを使って記事をインポートする

苦節14年。これまで1376個の記事をLingQに手動でコピペしてきました。が、ついに!LingQのSafariエクステンションでウェブ記事が自動でインポート出来るようになったのです!!!

 

Extension入手ページはコチラ

 

エクステンションを入れると、Safari検索窓の横にLingQの吹き出しマークが出現します。

 

無料公開されている英文記事、または課金して読める状態になった記事を開き、吹き出しマークをクリックします。

 

雑誌ごとにコースをまとめたい時は、予めCourse名を入力します。記事URLは自動で取得されます。ここで気をつけないといけないのは、記事名を80文字以内におさめないと取り込みが失敗してしまうという点です。The Economistですと最初の見出しタイトル、ここではDragon strike を消し、最後にあるLeader|Economistという部分も消すと丁度良いです。体裁を整えたらImport Lessonをクリック。

 

 

 

すると、見出し絵、タイトル、広告抜きの本文がインポートされます。是非お試しください。

 

※Chromeでもエクステンションが使えるようですが、こちらは動作確認しておりません。

 

 

 

 

 

 

LingQ Known Words 45000語

LingQのKnown Wordsが45000語を超えたので記念ショット。

 

 

2010年5月 20000語

2014年5月 40000語

2020年3月 45000語

 

2006年9月にLingQを開始した時は、profit, administration, tide などの基本語彙も”意味がわからない単語”として集めていた。今ではベストセラーの洋書を読めるようになったの感慨深い。

 

ただ、長い期間をかけて単語を集めたので、以前は憶えたはずの単語をすっかり忘れていたり、なかなか憶えられなかったはずの単語でも時間が経てば自然に定着していたりする。

 

次のmilestoneは5万語。今度は1年で到達したい。

 

 

LingQにKindle本をインポートする その2

LingQにKindle本をインポートする、の続きです。→Kindle本をインポートする方法を公開するのは良くないとのご指摘をいただき非公開にしました。LingQメンバーの方で興味があれば連絡ください。Mac, Kindle端末を使う方法です。

 

ということで、すでにEpub, Mobi, Dock, PDF形式のEbookを持っているという前提で始めます。

 

LingQページの右上部にプラスマークがあるので開くとImport Ebookという項目が出てきます。

Import ebook

 

この画面で先程CalibreでAZW3からEpubに変換した本をドラッグアンドドロップ。

LingQ ebook

 

しばらく待つとEbookが2000語程度に分割されて取り込まれます。自分にとっての新出単語は青色、いちど単語カードを作ると黄色、知っているとマークした単語は点線がつきます。初めてLingQを使った人はすべて青色マーカーがつくと思います。

import result

 

すべてのインポート結果をチェックするには、タイトルの青字部分をクリックします。

Title

 

すると小分けにインポートされたリストが出てきます。本のチャプター通りではなく、インポートの文字制限で切られているのが少し残念ですが・・。

chapter list

 

コースの表示をクリックすると本のインポート結果ページに飛びます。

imports

 

約2000ワードずつ41パートにわかれていました。あくまでも個人使用ですので、インポートしたものをはpublicに公開しないようにしましょう。

 

ちなみに、今のLingQ仕様は1パートがさらに数ページに分かれていて使いにくいのでClassicに戻すと全体像が見渡せて学習しやすい気がします。Classic仕様に変更するには、画面上部の点々マークを押します。

change to classic

 

Classicという文字をクリック。

classic 2

 

これで全体像が見渡しやすくなりました。

classic3

 

さて。これで好きな洋書から単語を収集する手はずが整いました。フラッシュカードアプリもあるので自分好みの単語集を作り上げていくのが楽しみです。

 

LingQにKindle本をインポートする その1

久しぶりのLingQ記事です。LingQにE bookをインポートする機能があったので試してみました。

 

Kindle本はAZWファイルですが、LingQでサポートされているのはEPUB、PDF、DOCX、MOBIのため、AZWファイルを変換する必要があります。私の場合Kindle端末を持っているので、CalibreにKindle端末のシリアル番号を入力し、DRM解除する方法を取りました。以下備忘録です。

Epub

 

1.Calibreをダウンロードする

Calibreをダウンロードしインストールします。

 

2.DeDRMプラグインをダウンロードする

Calibre上でKindle本のDRMを解除するため、DeDRMというプラグインをダウンロード、インストールします。

 

DeDRM page

 

必要となるのはこのファイルです。

Screen_Shot_2018-12-23_at_17_29_02

 

3.CalibreにDeDRMプラグインをインストールする

Calibreの設定からプラグインを開きます。

plugin

 

ファイルからプラグインを読み込むを選択し、先にDLしておいたDeDRMのZipファイルを選択。

File plugin

Zip file

 

 

4.CalibreにKindle端末情報を入力する

Calibreの設定からプラグイン→ファイル形式プラグイン→プラグインをカスタマイズを選びます。

Customize

 

DeDRMをクリック。

DeDRM Custom

 

eInk Kindle ebooksを選びます。

eInk

 

プラスマークを押し、Kindle端末のシリアル番号を入力。

serial

 

Kindle端末のシリアル番号は、Amazonアカウントのコンテンツと端末の管理のなかの端末という項目にあります。

number

 

Amazonアカウントのコンテンツと端末の管理から本を選び、アクションボタンからダウンロードしてUSB経由で転送を選びます。端末もUSBも不要で、パソコンにダウンロードされます。

 

5.Calibreで本を開く

ダウンロードされた本はAZW3形式となっています。このファイルをCalibreにドラッグアンドドロップ。

AZW3

 

本を変換を選びます。

export

 

右側の出力形式でEpubを選択。

Screen_Shot_2018-12-23_at_17_47_39

 

フォーマットにAZW3、Epubと書かれていれば成功です。

Epub format

 

Kindle端末を使わず、Kindle for MacなどからDRM解除する方法もあるようですが、私の場合はKindle for Macのバージョンが新しくなっていたせいか、ネット上にある記事通りにしてもうまくいきませんでした。

 

長くなったのでいったんここまで。次はLingQへのインポートです。

 

映画やドラマで英語学習その3:LingQフラッシュカードで単語を復習する 

映画やドラマで英語学習その2:LingQを用いたスクリプト学習の続きです。これまでドラマや映画のスクリプトを使って勉強してきたなかで、地味に効果があったと感じたのが、新出単語を集めた単語カードの復習です。

 

手書きの単語カードやエクセル打ち込みなど、いろいろな方法があると思いますが、私が利用しているのはLingQのフラッシュカードシステムです。前回記事で、LingQにスクリプトをインポートし、スクリプトを読みつつ単語カードを作成する方法について書きました。今回は、作成した単語カードを復習する方法を紹介します。

 

 

ボキャブラリページを開く

LingQの個人ページ右上にある「学習」メニューから「ボキャブラリ」を選択します。

Screen_Shot_2015-08-06_at_1_53_14_PM

 

 

ボキャブラリページの設定

 

ボキャブラリページを開いたところです。これまでに登録したカードが9146個ありますが、アルファベット順に表示されていると使いにくいので、並び替えとステータスフィルターで覚えていない単語のみを作成日の新しい順に表示させます。

Screen Shot 2015-08-06 at 1.56.18 PM

 

Status Filterで「4」のチェックを外すと、これまで覚えていない単語のみが表示されます。

並べ替えの項目は、デフォルトではアルファベット順になっています。作成日を選びます。

Screen_Shot_2015-08-06_at_1_59_59_PM

 

ステータス4のチェックを外すことで、単語カードがまだ覚えていない単語カード1550枚になりました。

Screen_Shot_2015-08-06_at_2_03_24_PM

 

右側にある1→4の数字は単語クイズに正解するにつれてステータスが1→4と上がっていきます。 単語クイズに2回連続正解するとステータスが1上がり、ステータス4になった単語はフラッシュカードクイズから外れます。

 

フラッシュカードの使い方

 

では実際にフラッシュカードを使ってみましょう。今回は一番左側にある「カード」を使って説明します。他にもClozeや書き取り、多項式選択がありますが、「カード」が一番手書きの単語カードに近い機能です。

Screen_Shot_2015-08-06_at_2_09_19_PM

 

こちらがフラッシュカードの表面です。単語、意味、例文を表示することが出来ます。

Screen Shot 2015-08-06 at 2.12.24 PM

 

 

単語カードの表側に単語の意味を表示させたくない場合は、設定からFrontの「ヒント」のチェックを外します。

Screen_Shot_2015-08-06_at_2_13_40_PM

 

単語の左側にスピーカー印があり、このボタンを押すと音声を聞くことが出来ます。機械音声でたまに間違っていることがありますので、あくまでも参考程度にすると良いと思います。

 

Screen_Shot_2015-08-06_at_2_15_48_PM

 

キーボードのスペースを押すとカードの裏面が表示されます。カード下部に「間違えた」「正解!」という文字がありますので、意味が分かったら「正解!」自信がなければ「間違えた」を押します。

Screen_Shot_2015-08-06_at_2_20_13_PM

 

 

キーボードの→ボタンを押して次のカードに進みます。

 

2回続けて「正解!」することで、そのカードは今回の単語クイズから消えます。また、ステータスが1→2に上がります。

 

 

私は25枚セットを2回確認したら、全部正解になっていなくても復習を終えています。1回の単語学習時間は7-10分程度です。1回のフラッシュカードクイズでステータスを一気に4まで上げず、何日かに分けて徐々に4まで上げていく方が定着しやすいと思います。

 

タグを使ってソートする

 

前回スクリプトをインポートして読む際、drama タグを使用する事をお勧めしました。ボキャブラリページを開くと、これまでに設定したタグで単語を集めることが出来ます。作品ごとにタグを使ってしまうとバラバラになりすぎて大変なので、「ドラマ」「イディオム」「スラング」「英検」「新聞」など大まかなほうが便利です。

Screen_Shot_2015-08-06_at_2_40_43_PM

 

まだ登録単語が少ないうちはソートする必要はありませんが、カード数が増えるにつれ、ジャンルでカードを集められるのは便利です。

 

例えば、私の単語登録数は9146個ですが、ドラマタグで検索すると1746個まで絞ることが出来ます。また、イディオムだけを復習したい、スラングだけ確認したい、というときにもタグを付けておけば後で一括して集められるのが便利です。

 

フラッシュカード学習のコツ

 

1.正しい発音を調べておく

適当な発音で覚えてしまうと、リスニングで聞き取れませんし、自分がその単語を発音したときも分かってもらえません。ずいぶん前に登録した単語で、発音を忘れてしまった場合は、必ず発音を確認します。面倒ですが絶対に必要な作業です。

 

2.例文を音読する

ドラマや映画スクリプトから単語カードを作成した場合、単語カードの例文はセリフから取ったものが多いと思います。俳優さんのセリフをイメージし、出来るだけ同じように例文を読みます。例文を口に出してみることで、自分の脳内イメージとずいぶん違った音が出ることに驚くのではないかと思います。自分が思ったように発音するのではなく、お手本と同じ音を出すことが大事だと思います。

 

3. 単語の意味だけではなくコロケーションも含めて暗記する

英単語→日本語の1対1対応で覚えてしまうと、自分が話す時には応用がききません。例えばstandstill という単語。私が作成した単語カードの例文は、His acting career has been at a standstill. となっています。Standstill=停止、行き詰まりとだけ覚えるのではなく、be at a standstill と塊で覚えるようにします。また、冠詞がいるかいらないか、前置詞は何か、ということにも注意を払います。

 

4.毎日復習する

ボキャビルは忘れてはまた憶えて・・の繰り返しです。完全に記憶したと思っていた単語の意味が分からないとガッカリしますが、それでも毎日繰り返していくうちに少しずつ見覚えのある単語が増えてきます。既知単語が増えると読んだり聞いたりするのが楽になります。私はLingQのフラッシュカードを始めてから年間1000個程度単語を憶えています。「さあ今から単語を1000個憶えましょう!」と言われて単語帳を渡されたらストレスを感じますが、毎日1-2回自分で集めた単語を復習することでコンスタントに年間1000個の単語が憶えられるのであれば、無理せずにボキャビルを続けることが出来ます。

 

 

LingQで単語を管理するメリット

 

LingQは有料ですし、根気のいるサイトなので万人向けとは言えませんが、使えば使うだけ便利なサイトなので非常に重宝しています。ボキャビルは市販の単語帳を使う、自作の単語帳を作るなどいろいろな方法がありますが、LingQを用いた単語管理にはLingQならではのメリットがあります。

 

1.調べた単語にマーカーがつく

一度単語カードを作成すると、次回以降LingQで読む記事で青・黄・点線マーカーが付きます。単語カードで覚えたつもりが意味を忘れていた、自分が覚えた意味以外の使われ方をしていた・・など、その単語に関する意識が高まります。一度登録した単語が他の記事でもハイライトされる機能がLingQの一番のメリットです。

 

2.単語カードの管理が便利

単語カードの数が増えるほど、LingQの単語ソート機能のありがたみが増してきます。LingQを始める前に、手書きの単語カードを作成しようとしてカードを500枚買ったのですが、100枚も書かないうちに挫折してしまいました。

 

現在LingQ上で9000枚ちょっとの単語を登録しましたが、憶えた単語、記憶が曖昧な単語、全く見覚えのない単語を一括でソート出来るのは非常に便利です。また、タグを使うことで、ドラマから集めた単語、エコノミスト誌から集めた単語など、気分を変えて単語の復習をすることが出来るのも利点です。LingQのフラッシュカードアプリもありますので、スマホがあればちょっとしたスキマ時間にフラッシュカードだけ復習することも出来ます。

 

 

まとめ

映画やドラマを字幕なしで聞き取れるようになるまでの道のりは長いですが、一つ一つ単語やフレーズを憶えることで着実に目標に近づきます。不思議なことに、初回は聞き取れなかった部分も、スクリプトをチェックして何と言っているかセリフを目で確認し、文字と音を一致させ、分からない単語は憶えることで、次に聞いた時その部分は楽に聞き取れるようになります。とても地味な作業ですが、「わかる!」という場面を少しずつ増やし、聞き取れる範囲を広げていくのが良いのではないかと感じています。

 

 

ホーム > タグ > LingQ

カレンダー
« 2020 年 7月 »
M T W T F S S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
Archives
  • 2020 (10)
  • 2019 (14)
  • 2018 (13)
  • 2017 (8)
  • 2016 (25)
  • 2015 (77)
  • 2014 (86)
  • 2013 (73)
  • 2012 (59)
  • 2011 (101)
  • 2010 (141)
  • 2009 (124)
  • 2008 (55)
  • 2007 (14)
  • 2006 (32)
LingQ Known Words
I Am Learning English online with LingQ.
Reading Challenge 2020

2020 Reading Challenge

2020 Reading Challenge
yukoxoxo2000 has read 8 books toward her goal of 70 books.
hide
Tag cloud
英語仲間のブログ
検索

ページの上部に戻る