The Glad Game > 英作文のアーカイブ

ホーム > 英語学習 > 英作文

英作文のアーカイブ

英語で書くコツ10ヶ条

伊藤サムさんの、英語は「やさしく、たくさん」。多読を始めた時にお世話になった本です。その時は「読むこと」に意識が集中していたので、後半にあったライティングのアドバイスについては殆ど頭に入ってきませんでした。今回ライティングに力をいれるにあたり、長らく英字新聞の新人記者を鍛えてこられた経験から、素晴らしいライティングのコツを教えてくださっていたのではないかと思い立ち、あらためてライティングについて書かれた部分で気になった箇所をピックアップしてみました。

 

まずは「よい英文」について。大学受験対策の影響か、「難しい話題を複雑な構文など知っている文法知識を総動員して書く」というイメージが染み付いていました。伊藤先生が提唱する「よい英文」は、それとは全く逆。

 

よい英文を書く指針は、「難しいこともやさしい表現で書く。文章は短く切る。ずばり結論から書く」ことです。現代英語では「うまく書く」よりも、コミュニケーションとして相手に「分かりやすく書く」ことがとても大切です。世界中の英字新聞界に伝わる「書き方の最高奥義」は、

Keep it simple

です。

 

簡単な文章しか書けない・・・と悩んでいましたが、シンプルなのは別に悪いことではない、ということが分かりました。

 

そして「英語で書くコツ10カ条」

1. シンプルに書く。やさしい文を心がけるとミスが減り、論旨は明快になる。

2. 最初に結論を書く。もったいぶらずにズバリ要点から書くと読者に親切。

3. 短いセンテンスで書く。ひとつの文にはひとつのことしか書かない。

4. 具体的に書く。抽象的な表現が多いと分かりにくい悪文に。

5. どんどん書く。書けば書くほど表現の細部にまで神経が研ぎ澄まされて上達する。

6. 日本語から訳す場合はまず和文訳。原文では略されている事柄を明らかに。

7. 辞書類を活用。和英辞典で調べたごくはそのまま使うのではなく、英英辞典などでチェック。

8. 自信が持てない語句は使わない。あやふやな知識のまま使うことは避け、やさしい表現に言い換える。

9. 英語の基礎は固めておく。社会人は冠詞の使い方や構文などを忘れているので、基礎を総復習しておくと、文の組み立てが容易に。

10. 書く時も「英語で考える」。自分の英文がどんな意味にになるのか正確にわかるようになればミスは激減。

 

そしてこの10カ条を踏まえ、書く力を伸ばすには、

  • 英語の基礎(冠詞、構文など)を固める
  • やさしい英語にたくさん接する
  • 英語をどんどん書く
  • 力のある人に添削してもらう
  • 英語を書くための要点を学ぶ

 

とあります。

 

これまで「やさしくたくさん」を実践してきて、ある程度「読みやすい英文のイメージ」というものが頭のなかにあります。和文英訳のように「日本語で考えたものを組み立てた」英文ではなく、これまで読んできたものの中から引き出すような感じで書きたいのですが、書きたい表現はそこにあるのに喉まで出かかって出ないような、もどかしい気持ちになることがあります。書く力を伸ばすアドバイスにあるように、やさしい表現にたくさん接し、英語をどんどん書いて添削してもらう、という事を繰り返すのが、シンプルながら確実な方法であるように思いました。

 

「大人レベルの文章を書きたい」と思うあまり、無理に複雑な構文を意識するより、言いたいことを今の自分が書けるレベルで素直に表現するのが良いのかもしれません。

英語は「やさしく、たくさん」

 

【今日の一枚】

8687377261_a33f4b5178_z

 

液だれがオドロオドロしい感じ。

 

【書評】How To Write Anything

本屋の新刊コーナーで見つけた How to Write Anything: A Complete Guide 。ハードカバーで500ページ超と、見た目は取っつきにくいけれども、なかなかの良書。

 

この本では、日常生活や学校、仕事で遭遇するであろう、ほぼ全てのライティングについて説明されている。結婚/離婚のお知らせ、礼状、ファンレター、お悔やみ、個人ブログ、SNSレビュー、編集長への手紙、ビジネスeメール、履歴書、仕事の応募、学生のエッセイ等多岐にわたる。それぞれの場合において、考慮すべきポイント、良い文例/悪い文例、そしてそれぞれの文例で注意すべき点とその理由が書かれている。

 

また、最初にライティングの一般的な注意点、スムーズに取りかかるためのプロセスが説明されているのが良い。書く目的→読者想定→ブレインストーム→オーガナイズ→下書き→リバイズの各ステップについて詳細に述べられており、どのステップからとりかかっても大事な点を見落とさずに書くことが出来る仕組みになっている。総論で触れられたライティングプロセスは、その後の各論でも意識的に取り入れられている。このライティングプロセスを頭に入れておくと、とりあえず思うがままに書き始めてしまい、途中で何を言いたかったかわからなくなってしまうというありがちな失敗もなくなるのではないだろうか。

 

もう一つ気に入った点は、文法的説明がないこと。ライティング本には、最初に文法的な説明に多くのページを割いている本がけっこうあって、この文法部分がライティング本読破の妨げになる事が多い。その点、この本は実用的であることに徹しているので、より良いライティングのために厳選されたアドバイスのみを知ることが出来る。

 

こちらの本は、英語で高校生レベルの本が読める人が対象になるのではないかと思う。解説文が充実しており、読み物としてもかなりのボリュームがある。英語学習者にとって、初めての洋書、初めてのライティング本としては厳しそうだ。

 

3000円台と値も張るものの、通読してライティングのコツをつかんだ後は、それぞれの英文を書く機会が出てきた時に参考書として使えるので、長く役立つと思う。

 

How to Write Anything: A Complete Guide

 

 

【今日の一枚】デスバレー。

文頭のBut

Starting Sentences with Conjunctions

 

 English teachers used to teach us that we should never start sentences with “And” or “But”. I kept the rule in my mind, and avoided starting sentences with conjunctions no matter what. However, I’m not sure if this rule still applies these days as I sometimes read sentences with “And” or “But” at the beginning. 

 

 For example, I often see sentences starting with conjunctions on personal blogs. It is OK because these blogs are mostly personal, and an informal style suits them. What is more, I often see “But” at the beginning of the sentences in The Economist articles. I thought the British were strict on grammatical rules. I tentatively used “But” at the beginning of a sentence in my LingQ submission today, but the teacher didn’t correct me. At that time, “but” seemed a better choice than “however”. Is it OK to use conjunctions at the beginning of sentences in informal situations?

 

 文頭のButについて。文章の最初に、and や but などの接続詞は使ってはいけないと習ったので、長いことどんな状況でもButを文頭に用いないように気を使ってきました。ですが実際ネイティブが書いた文章では結構文頭のButを見かけます。ブログや小説など、話し言葉がそのまま文章になったようなinformalな状況では文頭のButも大丈夫なんだと思いますが、意外なことにThe Economist で文頭のButを時々見かけるんですよね〜。イギリス人は文法にうるさいのかと思っていました。ただし、学術的な論文では文頭のButはみかけませんし、Andが文の最初にくる例はブログやカジュアルな文章でもあまりみかけません。文頭にButを使っていいかどうかの判断についてずっと気になっていたので、カナダ人の先生とアメリカ人の先生に聞いてみました。

 

 お二人とも、昔のように絶対に使ってはいけないというような厳しさはなくなってきていると思う、と仰っていました。ブログ、小説、email, エディトリアルはOKだけど、カバーレターや、テストの英作文、学術的な文章には使わないほうがよいだろうとのこと。”絶対にダメ”とルールにこだわって、クリエイティビティを損なわないように、とアドバイスをいただきました。文頭のButは、使い過ぎると幼稚な文章になってしまいますが、前の文章との違いを強く出したい時などは使ってもいいのではないかと感じました。

祈りの灯火

 A memorial ceremony for 3.11 will be held on 3/11 at 17 o’clock in Morioka. Participants will light 20,000 candles for 19,312 victims. There will be many of us who want to offer our condolences, but won’t be able to join the ceremony. The committee is asking people to light a candle in their home and pray for the victims together. Could you light a candle at your home on 3/11 at 17 to 19 o’clock and post the picture on this website? 
http://tomoshibi2012.webdeki-bbs.com/

 

 

 A friend of mine living in Tohoku area, one of the areas struck by the catastrophic earthquake and Tsunami last March, is helping out by making 20,000 milk carton luminaries for a memorial service that will be held on 3/11. 

 The earthquake claimed 19,312 lives in the blink of an eye. These 20,000 luminaries represent each of the victims, and locals will sing the requiem at the ceremony. 

 

 

 

  3月11日、祈りの灯火という祈念イベントが盛岡で行われるそうです。イベントに参加出来なくても家でろうそくを灯してお亡くなりになった方々に哀悼の意を捧げるよう呼びかけていらっしゃいます。
ろうそくを灯した画像をhttp://tomoshibi2012.webdeki-bbs.com/ で募集されるそうですので、参加したいと思います。

英作文と語彙

LingQディスカッションでヘレン先生に教えてもらった語彙数測定サイト、VocabularySize.comをやってみました。これは140個の単語テストに答えることで、Word Familyの数を推定するというもの。Word Familyとは、例えばnationalとnationalityは同じワードファミリーに属するので1とカウントされる仕組み。教養ある英語のネイティブスピーカーは20,000ワードファミリー程度の知識があるらしい。結果は17,900でネイティブスピーカーの平均に及ばず!7月に他の語彙測定サイトで測定した結果は15−16歳レベルだったので、測定方法を変えても結果はだいたい同じようです。

 

 ディスカッション中、”ライティングが上達するには?”という問いかけに対して、私は、”たくさん洋書を読みたくさん英語で文章を書く”、と答えたのですが、ヘレン先生は運用できるレベルの語彙を増やすことを提案されました。会話では、難しい単語が分からなくても簡単な語彙を使って説明できますが、ライティングは語彙力がないと子供っぽい文章になってしまいます。単語集を使って一気にボキャビルするのがいいのか、今までどおり、読書とLingQでのフラッシュカードで読んだ範囲内で単語を増やすほうがいいのか。どちらが効率がいいか、悩むところです。人によっては、ボキャビル本で一気に何千個も単語を覚える人もいらっしゃいますが、自分の場合は単語集で覚えた単語は、ライティングで使えるレベルではありませんでした。これまでも本を読んだら、出てきた単語や表現の記憶が新しいうちにBook Reviewを書くようにしてきましたが、 もう少し積極的に運用レベルの語彙を増やすためには、 使い慣れた表現だけではなく、新しい単語や言い回しを使うよう、読む段階から意識しようと思います。

 

<ディスカッション備忘録>

As good writing skills are one of the most valuable qualifications for my work, I have been desperately searching for the best way to acquire them . “Read a lot, and write a lot” must be the key for good writing skills, but I wanted to believe there must be a “magic wand” somewhere. After the discussion, I understood there were no such thing as a shortcut to achieve my goal. 

I tried the vocablary testing site Helen mentioned in the discussion. I tried the “Word family test”, and my vocabulary size was 17,900. It was better than 43% of native English speakers, however, average native speakers know more than 20,000 word families. 

I agree that the amount of reading affects writing skills. I’ve read 126 English books, and listened to 140 audiobooks so far, and I felt that the vocabulary and the structure of English sank in naturally as my reading experience grew. Although, it is a great mystery how I understand new words without looking up dictionary when I listen to audiobooks. For example, when I hear “A flagon of wine” in the audiobook, I imagine a kind of a pitcher. I understood “wench” was an insulting word for women, craven was a coward, usurper was a person who ousts a rightful king, betrothed meant a fiancé. When I pick up those new words from books, guess their meanings and check them later, I usually get these meanings right. It is a great pleasure to acquire new words by reading, but I need to do more if I want to improve my writing by reading books.  I should write a book review while the memory is fresh. I hope that I can be a good writer by the time I turn 40.

ホーム > 英語学習 > 英作文

カレンダー
« 2018 年 9月 »
M T W T F S S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Archives
  • 2018 (11)
  • 2017 (8)
  • 2016 (25)
  • 2015 (77)
  • 2014 (86)
  • 2013 (73)
  • 2012 (59)
  • 2011 (101)
  • 2010 (141)
  • 2009 (124)
  • 2008 (55)
  • 2007 (14)
  • 2006 (32)
Reading Challenge 2018

2018 Reading Challenge

2018 Reading Challenge
yukoxoxo2000 has read 5 books toward her goal of 50 books.
hide
Tag cloud
英語仲間のブログ
検索
Visitors
PV196
UV93

ページの上部に戻る