The Glad Game > 2010年8月のアーカイブ

ホーム > アーカイブ > 2010年8月のアーカイブ

2010年8月のアーカイブ

ライティング強化月間企画

定期的にやってくるWriting熱が再び高まってきました。きっかけは、Time for Kids Ready, Set, Write!: A Writer’s Handbook for School and Home (Time for Kids Writer’s Handbook) を久しぶりに読み直したこと。この本は秀逸で、Writingの基本の基本がわかりやすく、順を追って書かれています。ライティングにどうやって取り組むかというところから書かれているので、Writingの各論にいきなり入る前に、全体像をつかむのに丁度良いです。

最近、Writing本を和書、洋書取り混ぜて何冊か買って読んでいます。Writingの練習を始めたばかりの頃は、参考書の内容がイマイチ理解出来なかったのだけれど、LingQでしばらく英文添削を受けたおかげで、書いてあることが良く理解できるようになりました。例えば”Use Participles.” というアドバイス。これは、分詞や動名詞を使いましょう!というもので、添削で不要な前置詞や長ったらしい言い回しを何度もバッサリと削除されたおかげで身にしみて理解できました。慣れていないうちは日本語からの直訳式のためか、やたらと前置詞の多い文章を書く傾向があることに気づきました。

これまでLingQやじゅりー先生のところで添削を受けたライティングの語数は36668語。リーディング語数と比べると、圧倒的に少ないです。

楽しく、ゲーム感覚でライティングをしたい!ということで、エミコフさんにお願いしてライティングバナーを作ってもらいました。詳細は100 Wish Blogにありますが、ライティング1000字ごとにクマさんのバナーをゲット!というものです。これって、小さい子がピアノや塾の宿題をクリアするごとにご褒美シールをもらう仕組みと同じ…なんですが、大人になっても何かをやり遂げた証をもらうのはうれしいものです。

私は7月から12月までの半年で1万語を目標としました。現在2822語です。1万語のスプラッタ熊さんを目指して頑張ります~。

Scuba Divingに行ってきました

There were two memories that kept me from going to sea. When I was 10 years old, I found a decomposed dead dog on the sand beach. I remembered its hollow eye sockets staring at the sky and flies buzzing around. The acrid smell fills my nostrils even now when I recall it. The second one is an unexpected encounter with a forensic picture at a university. A young man got his head caught in a boat screw while scuba diving. His head was split in half like a watermelon. I swore I would never try marine sports for the rest of my life.

 

More than 10 years have past, and somehow my memories faded. I’m dying to try scuba diving this summer because I watched a TV program that showed the miracle of the sea world. Since my friends got their scuba diving licenses in colleges, I have no friends to go with. Visiting a scuba diving shop alone seemed like a big challenge because I must look like a kook without a friend. I pondered over the issue during this summer and decided to go alone before I become too old for that.

 

When I emailed a local diving shop, I was still wondering if I should quit now. But it was 5 minutes later when the diving shop called me to arrange the training schedule. I couldn’t say I had changed my mind, so I decided to go to the shop to sign a contract the next day. I paid 570 dollars for the diving course. It will take 4 days to get the license. It turned out that most of the customers came to the shop alone and became friends there. Diving requires time and money, so it’s difficult to find friends who have both.

 

I visited the diving shop a week later. I thought I would go to a swimming pool to practice the actual procedure before going to sea. But it turned out that I had to go with other divers with licenses. Nine members got into a small bus, and off we went to a nearby sea.

 

Bou-no-tsu is about 1.5 hours from our city and famous for its beautiful scenery. Since I was not interested in Marine sports, I had never visited there. The contrast of mountains and sea was fabulous, and I regretted that I had not enjoyed diving earlier.

 

Although I’ve never swam in a deep sea, it wasn’t scary to snorkel as my diving suits helped me to float. I practiced snorkeling while others were enjoying diving in the morning. It was unfortunate that I couldn’t see anything as the water was clouded after a typhoon.

 

After lunch, we moved to another diving point where we could watch coral reefs. The instructor helped me to load all the diving stuff and took me to the 5m deep seabed. The water was crystal clear, and there were varieties of fish in the sea. I saw schools of blue fish, yellow fish, and sea urchins, but unfortunately, most of the creatures were unknown to me. It was as if I was wandering into an aquarium where many beautiful sea creatures are exhibited.

 

10 minutes or so later, the sea sickness I had been feeling became unbearable, and I gave up. I was taken back to the boat, and lay sprawled out on the boat. I couldn’t endure another minute on the sea, but had to wait. I was so sorry that I couldn’t take care of my belongings while the instructor cleaned my diving tools.

 

The dizziness subsided soon after I got off the boat. I thought I would never be done scuba diving while on the boat, but I changed my mind to visit again next week because other people were excited to see the anemone fish and a lobster which I had missed. After all, I wouldn’t fully grasp the greatness of the diving unless I overcome the sea sickness. At least I should give it another try.

 

 

いきなりの海で酔ってしまいました 😥  近場の海に、普通に熱帯魚がウヨウヨと泳いでいたのにビックリです。うちは熱帯地方なのか?

魚の写真を撮りたいと思っていたら、私が持っているD-90の防水ケースは24万円するということが判明… 本体より高い(>_<)

講習が終わっても、また行きたいと思ったら安い防水カメラを買おうと思います。

船酔いで写真を撮る余裕ナシ。帰りついて港で一枚。次回はもっと海の写真を撮りたい!

オーディオブック Immortal Life of Henrietta Lacks

Immortal Life of Henrietta Lacks

時間:12時間30分

発音:アメリカ英語

速度:145 /分(平均)

おススメ度:★★★★

細胞研究に最も広く用いられているHeLa細胞由来となった、Henrietta Lacksという女性のお話です。

1951年、子宮頸がんのため31歳で亡くなった黒人女性ヘンリエッタから採取された癌細胞は、ヒトで初めて継代培養に成功した細胞株となりました。彼女の姓名から2文字ずつとってHeLaと命名された細胞は、科学者たちの間でやりとりされ、世界中に広まっていきます。ポリオワクチンの開発、遺伝子マッピング、癌研究、ウイルス研究、不妊治療など様々な研究に使用され、医学の発展に貢献しました。

1970年代まで、ヘンリエッタの家族は彼女の細胞が生き続けているという事実さえ知りませんでした。何兆個ものHeLa細胞が売買され、それで巨万の富を得た科学者、会社がある一方で、ヘンリエッタの家族は健康保険の支払いさえままならず、HeLa細胞のおかげで飛躍的に発展した医学の恩恵すら受けることができないことに怒りを覚えます。また、ヘンリエッタの名前は長らくヘレン・レーンと誤って伝えられており、彼女が当然受けるべき賞賛も与えられませんでした。

この本では、ヘンリエッタの生涯、HeLa細胞培養に成功したGeyラボの当時の様子のほか、1950年代から70年代にかけて行われた人体実験の様子などが書かれています。今では信じられませんが、HeLa細胞を血液の癌にかかったお年寄り、囚人、子供に注射して反応をみたり、精神病院の患者に本人の許しを得ず苦痛を伴なう実験を行ったこともあったようです。また、タスキーギ梅毒事件では、黒人患者を対象に、治療法の分かっていた梅毒を治療せずにどうなるか観察した実験もありました。インフォームド・コンセントの概念などなかった時代です。”医学の発展のために”という大義名分のもとに、倫理が軽んじられる様は恐ろしいものがあります。

1950年代の黒人一家の生活ぶり、黒人差別、医学倫理など知ることができ、興味深い本でした。

Henrietta Lacks died of cervical cancer in 1951, but not her cells. Her cell, known as HeLa, is the first human immortal cell line. It helped many inventions in medicine, including developing the polio vaccine, research on cancers, viruses, cloning, fertilization, and gene mapping. Although HeLa was the most famous cell in the medical fields, Henrietta Lacks didn’t enjoy the fame and honor she deserved.

She was a poor African-American mother of 5 when she died at the age of 31. When she had unexpected bleeding, she went to Johns Hopkins hospital because it was the only major hospital which treated black people at the time. She was diagnosed with invasive cervical cancer and received radium treatment several times. During the procedure, doctors took her cervical tissue without her knowledge and sent it to a lab for research. There, scientists succeeded in growing her cells in a culture, and her cells acquired immortal life.

The scientist gave the cells to researchers all over the world who wanted to experiment on them. Trillions of her cells have been growing in labs since then and have been making profits by the billions. Her family didn’t know any of this until a scientist called her family after 25 years and told them part of her mother was alive, and he wanted to carry out experiments with her children’s blood samples for further research. The fact that part of their mother was alive was quite shocking to them. The family members were under-educated, and they didn’t know what a cell was. They learned that she wasn’t alive as a human, but the image of scientists experimenting on their mother tormented them. Her daughter wondered if part of her life was alive and was being used in experiments all around the world; her mother could not rest in peace. The scientists left the family worrying by not explaining it in detail. Her daughter worried sick if she had the same cancer cells that killed their mother.

The family did not receive any money, and it’s difficult to claim the dividend because it occurred in the 1950’s when the informed consent wasn’t widespread. Even now, claiming the property right seems unlikely once the tissue is separated from our body. They are angry at the doctors and scientists who received profits by using their mother’s cell while they are struggling to keep afloat. They can’t afford health insurance, and can’t receive the benefit their mother helped develop in the medical fields. It took 10 years for the author to write and publish this book. The family was suspicious of reporters and scientists who exploited them. Eventually, they were proud of their mother for what she had done after the author helped the family to unravel the mystery of their mother and HeLa.

I can’t thank enough Henrietta and her family, but at the same time, I felt so sorry for them. This book touched me by the unusual life of Henrietta and her family, and the importance of the ethics each of us should possess.

ヴァーチャル夏休みの課題のひとつ、オーディオブックを聞いて、英語で感想文を書く課題完了です!

The Immortal Life of Henrietta Lacks

100 Wish List blog

7月中旬に、なぼむしさん、エミコフさんと一緒に 100 Wish List blog を開始しました。これは5月に100 Wish List Meeting を開いた時に急遽決まったものです。3人のWish Listの中に、自分だけじゃなく、他の人とも一緒に英語力を伸ばしていくことが出来たらいいね、という共通の願いがあったことから始まりました。

私は自分の英語学習の経験から、インターネットを英語学習に取り入れるのが最も効率的で楽しい方法だと思っています。インターネットのおかげで有用な学習情報や英語素材がタダで手に入るし、ネット上で勉強仲間と情報交換したり切磋琢磨することで、単調な学習プロセスが断然楽しくなります。実際、ネット上で知り合った英語学習者さんたちは、インターネットを上手に活用して効果的に英語を学習して成果をあげている方たちが多いです。

でも実際のところ、ネットで情報収集しながら英語学習をしている人たちはまだ少数派なのでしょう。自分の周りをみても、書店で買ってきた問題集を解くだけだったり、街の英会話教室に週1通う程度の人が多いです。iPodを使ったり、ネットでスクリプト、音声つきの素材を集めたりすることで、自分にあった教材ができるのに勿体ない!と思います。

インターネットを通じて知り合った英語学習仲間の皆さんは、ネットを上手く使いこなしていらっしゃるので、今更私たちが提供できる情報はあまりないし、何を今更?的な記事を書くこともないのですが、100 Wish List ブログでは、英語学習を始めたばかりの方むけに情報を提供できたらいいなと思っています。

私は英語学習を始めたころは、実際に勉強する時間よりもネットサーフィンして英語学習に関する情報集めをしたり、学習方法について書いてある本を読むことに大半の時間を費やしました。いろいろ試しては挫折し、読んだ学習本も数知れず…  しかも、なぼむしさん、エミコフさんもそれぞれ試行錯誤されています。私たち3人の経験を集めれば、オススメ学習法や、読んでイマイチだった学習本を他の方が読む手間を省けるんじゃないかと。

英検1級は自己満足のために取ったようなものですが、せっかくだから今までやってきたこと、これからの学習情報をみんなと共有したい。英検1級三姉妹として(?)力を合わせてやっていこうじゃないの!と、息巻いている次第です。

オーディオブック Justice

Audiobook Justice

時間:11時間1分

発音:アメリカ英語

速度:120 /分(平均)

おススメ度:★★★★★

NHKの白熱教室で話題になっていた、サンデル教授のJustice. 放送を見逃してしまったので、オーディオブックで聞きました。

これは良かった! とても聞きやすいです。教授自身が朗読されているのですが、本を読んでいるというよりは、講義のように読者に語りかけるような感じで、ゆっくり、はっきりと話されるので一語一語聞き取れます。他のオーディオブックが150語/分以上のものが多いのですが、こちらのオーディオブックは平均して120語/分程でした。

正義、哲学という、ふだん接する機会のない話なのですが、教授は難しい話を身近な話題を用いてわかりやすく説明してくれます。たとえばトローリーのブレーキが効かなくなり、路肩の作業員5人を轢き殺しそうな時。ハンドルを切って反対側にいる1人の作業員を轢くことはモラルとして正しいのか。

教授はすぐには答えを教えず、聞き手に考えることを求めます。そして様々な哲学者の考えを紹介しながら、私たちが自分たちの頭で考える手助けをしてくれるのです。

久々に聞き応えのあるオーディオブックでした。教授の知識の深さに圧倒されました。難しい話を素人でも分かるように話すには、体系だった知識と深い理解が必要だと思います。そして独特な間のある話し方は、まるで教壇から話しかけてこられているようでした。

スピードがゆっくりなので、英語の聞き取りやシャドーイングの練習をするのに丁度いい素材だと思います。

iTunes U でハーバード大でのJusticeの授業の様子が放映されています。様々な国からの学生さんたちが活発に意見を述べている様子を見ると刺激を受けます。

また、JusticeのHPでは(リンク先はいきなり音が出ます)エピソードガイドやディスカッション、参考図書などが挙げられていて、本をより深く理解するのに役立ちます。TED (リンク先は音がでます)では一つ目の講義だけ英語字幕版がありました。

かなり気に入ったので、音読ブッククラブの次の課題本に推薦したいと思います!

ホーム > アーカイブ > 2010年8月のアーカイブ

カレンダー
« 2010 年 8月 »
M T W T F S S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
Archives
  • 2021 (9)
  • 2020 (18)
  • 2019 (14)
  • 2018 (13)
  • 2017 (8)
  • 2016 (25)
  • 2015 (77)
  • 2014 (86)
  • 2013 (73)
  • 2012 (59)
  • 2011 (101)
  • 2010 (141)
  • 2009 (124)
  • 2008 (55)
  • 2007 (14)
  • 2006 (32)
LingQ Known Words
I Am Learning English online with LingQ.
Reading Challenge 2020

2020 Reading Challenge

2020 Reading Challenge
yukoxoxo2000 has read 8 books toward her goal of 70 books.
hide
Tag cloud
英語仲間のブログ
検索

ページの上部に戻る