The Glad Game > 【オーディオブック】The Martian

ホーム > サイエンスフィクション > 【オーディオブック】The Martian

【オーディオブック】The Martian

The Martian   Written by: Andy Weir, Narrated by: R. C. Bray

時間:10時間53分

発音:アメリカ英語。

速度:160-170語/分前後。

オススメ度:4.5 out of 5

 

【あらすじ】火星探索隊6人のうち一番下っ端だったマークは、ミッション中に砂嵐に遭遇し、折れた器具が胸元に突き刺さった状態で消息が途絶えたため、仲間からは死亡したと見なされてしまう。残る5人は火星を脱出したのだが、マークは生きており、火星にただ一人取り残されてしまう。砂嵐でアンテナも壊れてしまい、地球との連絡手段もないため、彼が生きている事は誰も知らないという絶望的な状態で、4年後に次の火星探索隊が到着するまで、およそ1年分の食料と生命維持装置で生き残らればならない。しかも次の探索隊が着地する基地は3200km先。果たしてマークは一人で生き残り、無事に基地に辿りつくことが出来るのか!?

 

【感想】
まさに、”Yeah, Science!”ですよ!1年分の食料で4年間火星で生き残るにはどうすればよいか。主人公のマークは、植物学とエンジニアリングの専門家なので、壊れた機械は自分で直すことが出来るし、感謝祭用にと持ってきたじゃがいもを栽培することも出来ます。ただ、火星には土壌菌もいないし、水も手に入らないので、土作りから自分でしないといけません。そして、酸素と水素ガスから水を作ったり、窒素を分離したり・・・。科学ってこんなふうに役に立つんだ!と、非常に感心しました。

 

仲間に見放されて、ひとり火星に取り残されたら、恨みつらみで過ごしてしまいそうなのに、マークには一切後ろ向きな考えがありません。彼が書いている日記も、とても軽く、科学者の記録というより若者のブログといった感じでジョークもいい感じ。

 

 次から次へと襲いかかってくる困難に、頭と気力を使って立ち向かっていく姿が良かったです。作中に出てくる科学的な記述がどれほど正しいのかは分かりませんが、かなり細かいところまで計算されているところがリアルでした。いくらフィクションとはいえ、こんな過酷な状況では生き残れないでしょう!?と、ドキドキしっぱなしでした。
 火星に一人取り残される!という絶望的な状況にもかかわらず、軽く楽しめた1冊でした。10時間53分を一気聞き!
YL:8(適当)
語数:100,000語(概算)


The Martian: A Novel

 

邦訳は火星の人 (ハヤカワ文庫SF)

 

 

【今日の一枚】

ボストンの路地裏

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://yukomillennium.com/wp-trackback.php?p=4809
トラックバックの送信元リスト
【オーディオブック】The Martian - The Glad Game より

ホーム > サイエンスフィクション > 【オーディオブック】The Martian