The Glad Game > 2015年3月のアーカイブ

ホーム > アーカイブ > 2015年3月のアーカイブ

2015年3月のアーカイブ

【オーディオブック】Tune In Tokyo: The Gaijin Diaries

Tune In Tokyo: The Gaijin Diaries

時間:8時間22分

発音:アメリカ英語。

速度:160-170語/分前後。

オススメ度:4.5 out of 5.

Screen Shot 2015-03-13 at 9.28.29 PM

 

アメリカ、ノースカロライナ州出身の著者が日本の英会話学校で2年間教えていた時の回想録。英会話学校の講師というと、いつもネクタイ姿で礼儀正しいイメージですが、この本では英会話学校の裏側や、アメリカ人講師の本音が語られています。日本礼賛エッセイや旅行記のようなものを期待していた人にはガッカリかもしれませんが、短期間とはいえ大手英会話学校に通っていた身としては、”外人”英会話講師の本音を知ることが出来る興味深い本でした。

 

筆者を悩ませた日本人のおとなしすぎる授業態度は聞いていていたたまれなくなりました・・・。黙れと言われてもしゃべり続けるアメリカ人と違って、日本人のグループレッスンでは個別に指名しないと返事さえ返ってきません。How are you?とクラスに話しかけても一言も返ってこず、見つめられるのみ・・・。このエピソードを聞いている時は、「本当にスミマセン・・・」と今さら筆者に謝りたい気分になりました。

 

生徒の中には大人しすぎる人ばかりではなく、変わった生徒もいます。例えば外人講師お目当ての若い女性。付き合っていた講師に振られ、新任講師である筆者を狙う様子が描かれます。派手に露出した洋服で授業に現れ、休み時間にも付きまとうなど、噂には聞くけど本当にこんな人がいたとは・・・。筆者はゲイなので、女子生徒のお色気攻撃にも陥落しませんでしたが、中にはアメリカ人からみればどうみたってキモい類の男なのに、日本に来た途端女の子にモテモテで、日本には女の子と遊ぶために来た!と仲間内で公言していた講師もいたそうです。

 

日本にいる”ネイティブ講師”の質って実のところどうなのよ!?と前から怪しく思っていたのですが、この本には最低レベルの講師が登場します。指定された日に来日せず、数週間後に現れたと思えば酔っ払って暴れ、路上で酔いつぶれていたところをお巡りさんに保護されたという講師。さすがにこの人は素行が悪すぎて授業開始前に”返品”されたようですが。いちおうアメリカで面接を行ってはいるものの、高卒でも”英語を話すアメリカ人”というだけで、二重否定も理解していないような人でも簡単に採用されていたようです。中にはちゃんとした人もいるのですが、素行の悪い講師のおかげで英会話講師としてのプライドはだいぶ傷つけられたようです。

 

その他にも日本のエロ本やBL漫画についての感想や、生徒からおもてなしを受けた話など、面白いエピソード満載の楽しい本でした。著者がゲイということもあり、びっくりするほどあけすけな表現もありますが、若者のブログのような軽い感じで読みやすかったです。日本滞在記としては異色でアメリカ人にとっては参考にはならないと思いますが、英語を学んでいる日本人生徒にとっては興味深い本だと思います。この本を読んだ後は、英会話グループレッスンで沈黙して講師を困らせるような事はしなくなる・・・のではないでしょうか。

Tune In Tokyo:The Gaijin Diaries

YL:7 (概算)

語数:72,000語(概算)

 

 Book Review: Tune In Tokyo: The Gaijin Diaries

I listened to an audiobook, “Tune in Tokyo,” written by an American guy from North Carolina who stayed in Japan for two years to teach English. When things didn’t work out well for him in the U.S., he decided to come to Japan, because he thought that speaking American English was an asset, not a liability. He was an aspiring writer, but actually, he had to work as a waiter and a part-time English teacher at the Berlitz English school in the U.S.

 

He was assigned to Yokohama NOVA School, one of the biggest English school chains in Japan. Most of his students were extremely low-level adult students so that he tended to drop articles and prepositions to make his sentences extra simple. When he talked about the past, he actually looked over his shoulder, and when he talked about the future, he looked into the far distance. When he talked about music, he cupped his ear with his hand. As he gave seven classes a day, he couldn’t stop gesturing even when he talked with native English speakers.

 

Being able to speak American English is an asset in Japan as he had mentioned; however, it isn’t enough to be an English teacher. The author witnessed his American colleague teaching incorrect grammar to students. Moreover, there was a disturbing episode that revealed the shady quality of the English “teacher.”

 

Ron from Philadelphia was supposed to have arrived before his teaching job was started. He was late by several weeks without any excuses, and when he arrived, he was completely drunk. It isn’t illegal to be drunk in public in Japan. One day, a policemen escorted him to his apartment because he was stoned on the road. The author described that it was as if someone took off a drunk who was sipping alcohol from a brown paper bag on the road, and sent him to Japan without explaining anything to him. Of course this wasn’t true; Ron applied for the job, and the HR person in Boston had interviewed him. Eventually, Ron was shipped off to America before he began to work. Good riddance!

 

This book gave us interesting insights into an English teacher’s life in Japan.The author expressed frustration about being forced to be polite and encouraging all the time, and not having meaningful conversations with students. Japanese students were too passive in their classrooms; they didn’t utter a word unless they were addressed individually. That made him crazy. I felt sorry for him; I know what English classrooms are like. We are just trying to be polite by listening quietly; we are supposed to listen in the classroom.

 

I thoroughly enjoyed this book, and I definitely recommend this book to my fellow English learners. It was interesting to know what English teachers really had in their minds under the façade of politeness in classrooms; this book will change our attitudes the next time we attend English conversation classes.

 

【今日の一枚】

LAで見かけた落書き

LAで見かけた落書き。

英語ビジネスレター、あいさつ句と結びのルール

ごくたまに英語でフォーマルなビジネスレターを書く必要があるのですが、その度に書き出し(salutation)とシメの言葉 (closing)をどうすればいいか迷ってしまいます。ここ何年か調べては書いた後にサックリ忘れてしまうということを繰り返していたので、毎回迷うポイントと、その答えを備忘録として書いておくことにしました。

 

Yours sincerelyか、Sincerely Yoursか

正しくはYours sincerely。アメリカでは、Sincerely, または Sincerely yours と書く人もいる。

 

Yours sincerelyか、Yours faithfully か

手紙を書く相手の名前が分かっている場合。例えば、Dear John: と書き始めた場合には、最後の言葉はYours sincerely.

手紙を書く相手の名前が分かっておらず、Dear Sir/Madam: と書き始めた場合には、Yours faithfully.

ただし、相手の名前を知っていても、個人的に話した事がない場合は、Yours faithfullyを使う事もある。

 

Yours truly と書くのは?

アメリカではYours faithfullyのかわりにYours trulyが用いられる事がある。また、書き手が個人ではなく会社や組織だった場合にもYours trulyが用いられる。

例えば、会社名義で書く手紙で、Dear Mr.Brown: と書き始めた場合。Closingは、Yours truly, 会社名。

 

E-mailなどセミフォーマルな場合

Regards, Kind regards, Best regards, などを用いてもよい。

 

これらのあいさつ句の元は?

A Dictionary of Modern English Usageを編纂したH. W. Fowlerという方が1920年代に以下のように定義したもの。

Yours faithfully (to unknown person on business)
Yours truly (to slight acquaintance)
Yours very truly (ceremonious but cordial)
Yours sincerely (in invitations and friendly but not intimate letters)

 

称号付きの方に手紙を書く場合

こちらのページを参考に。天皇や王様、女王様、貴族の方々、アメリカ大統領、議員、市長など、称号付きの方々には決まった書き出しとClosingの言葉があるようです。

 

例えば天皇に手紙を書く場合。

His Imperial Majesty (Name of Emperor), Emperor of (Country)
書き出し:  Sir:   or   May it please Your Majesty:
シメの言葉:  I have the honor to remain Your Imperial Majesty’s obedient servant,

 

アメリカ大統領に書く場合。

呼び方:  The President
書き出し:  Dear Mr./Madam President:
シメ:  Respectfully,

 

このページには他にも、軍隊の役職宛、宗教職の方、政府機関の役職の方々などへの書き方が載っていました。この先天皇や王様に手紙を書くことはないでしょうが、こういう決まりがある、というのが面白かったので。

 

実際のところは・・・

職場のアメリカ人に聞いても、あまり厳格な使い分けをする人はいません。これはアメリカだからなのか、若い人が多いからなのかは分かりません。ただ、E-mailの最後に、”Yours sincerely”などと書くと、「おばあちゃんから手紙が来たみたい」と言われます。

 

フォーマルな手紙を書く機会はめったにないのですが、書く必要があるのは何かをお願いしたり申請する時か、失敗して謝らなければならない時などです。レターと言っても実際はワード文書に打ち込んでプリントしたものを提出したり、ワード文書のままメールに添付したりと、昔ほどフォーマルではないのかもしれませんが、見知らぬ相手の場合は丁寧に接するほうが無難だと思いました。

 

【オーディオブック】Irene 

Irene (2006) /Travail soigné

時間:12時間28分

発音:イギリス英語。

速度:130-140語/分前後。ゆっくりで聞きやすい。人名・地名はフランス語読み。

評価:4 out of 5

Irene

 

 

【あらすじ】

パリで2人の娼婦が惨殺された。事件を担当することになったカミーユ・ヴェルーヴェン警部は、今回の事件と過去の未解決事件を結びつけ、シリアルキラーによる犯行の可能性があることを突き止める。連続殺人犯は、過去に出版された犯罪小説の殺人現場を完璧に再現していた。

 

カミーユはWebsiteを通じて、”The Novelist”と名付けられた連続殺人犯と連絡を取り始めるのだが、この事により、犯人とカミーユとの間に個人的な関係が生じる。

 

【感想】

フランス人作家、ピエール・ルメートルによる、カミーユ・ヴェルーヴェン警部シリーズ3部作の1作目。シリーズ2作目の「その女アレックス」が大層な評判だったので、シリーズ1作目から読んでみることにしました。フランス版は、1. Travail soigné(丁寧な仕事)、2. Alex (その女アレックス),  3. Sacrificeで、英語版は、1. Irene, 2. Alex, 3. Camile のようです。

 

クライム小説の殺人現場を詳細に模倣する”The Novelist” というシリアルキラーを追う話。本作で紹介されていた、ブラック・ダリアやアメリカン・サイコを読まねば!という気持ちになりました。

 

主人公の警部は148cmの小男。ミステリーシリーズの主人公に期待されそうなハンサムで自信家な男でもなく、ハードボイルド的なカッコ良さでもない。独特の雰囲気が醸しだされていて、身体的な劣等感がかいま見える点が良かったです。

 

2作目であるAlexのあらすじを読んでしまうと、なぜカミーユが心に大きな傷を負っているかが分かってしまい、1作目の最大のネタバレになってしまうので注意。

 

シリーズ1冊目を読み、その女アレックスを半分程読んだところなのですが、確かにその女アレックスは面白い。1作目のIrene/Travail soigné(丁寧な仕事)は、まぁまぁ普通のミステリといった感じでした。私は「その女アレックス」のあらすじを先に読んでしまい、最後に何が起きるのかを知っていたにもかかわらず、それでも最後まで緊張感を持って読むことが出来ました。

 

 Book Review: Irene

Plot:

Two prostitutes were brutally murdered in Paris. Commandant Camille Verhoeven, a diminutive man of only four feet eleven inches, realized that the crime scene was a pastiche from a classic crime novel, American Psycho. With help from an eccentric bookseller, Camille soon found out that it was a serial killer, who paid homage to crime novels, and re-enacted the murder scenes faithfully. Camille challenged “The Novelist” by posting a message to him, which made the case personal.

 

My Thoughts:

Irene is the first book of the Verhoeven Trilogy, but its sequel Alex was first translated from French to English. Following Alex’s phenomenal success, Irene was introduced to the U.S. The reason why Commandant Camille is deeply traumatized is revealed in Alex’s synopsis, which spoils the climax of Irene. I knew what happens to the main character, but still, I was fascinated by the turn of events.

 

The novelist appreciates crime novels. He was meticulous, and his description of the bodies was beautifully presented to the police. It was morally wrong to reenact the murder scenes, but it piqued an interest in the original novels, American Psycho and The Black Dahlia.

 

The characters are well developed in this book. Commandant Camille seems insecure because of his diminutive size, but he is smart and capable. Louis, his second-in-command, is handsome and somewhat naïve. Unlike gun-wielding macho American detectives, their insecurities seem to make this series more realistic and reasonable.

 

It seems that this series is getting better, and I can’t wait to read the second book, Alex.

 

YL: 8 (概算)

語数:99,000 (概算)

 


Irène (Verhoeven Trilogy Book 1) (English Edition)

 

【今日の一枚】

14416914175_8313d94f80_z

ボストンPrudential Towerからの眺め。

iPhone6の画面修理

iPhone6の画面が割れてしまいました。痛恨のミス。今まで何回か落としても大丈夫だったのに、今回は打ちどころが悪かったみたい。心も割れました(;_;)。

 

AppleサイトのRepair & Serviceページには、iPhone6の液晶画面修理は109ドルと書いてあります。

Screen Shot 2015-03-04 at 10.33.57 PM

 

 

109ドルなら良心的か・・と思い、早速修理申し込みをしたところ、なんとなんと332ドル請求されていました…。これは、Out-of-warranty costというもので、保証外の場合はいったん$299+送料を請求しておき、修理が画面のみだった場合には$109ドルの請求となるようです。

 

Apple Care for iPhoneに入っていれば、2回まで79ドルで修理出来るらしいけど、Apple Care自体99ドルするしね…。

 

修理の出し方は非常に簡単で、Appleのウェブサイトで修理を申し込み、「最寄りのUPSで送る」を選択すると、そのまま情報がUPSへ送られる仕組みとなっているようです。後はSIMカードを取り出したら、近くのUPSストアでRepair IDを告げ、iPhoneを手渡しただけで梱包や宛先ラベルの用意もUPSの店員さんがしてくれました。

 

修理は1週間。109ドルで済むように祈るばかりです。自分の不注意さが恨めしい・・・。

 

【オーディオブック】Dark Places: A Novel / 冥闇

Dark Places: A Novel(2009)

時間:13時間43分

発音:アメリカ英語。

速度:140語/分前後。

評価:5 out of 5

Screen Shot 2015-03-03 at 9.10.58 PM

 

【あらすじ】
リビーが7歳の時、彼女の一家は惨殺された。二人の姉と母を殺した罪で逮捕されたのは当時15歳の兄。不可解な点があったものの、悪魔崇拝の影響とされ、ベンは終身刑を受けた。

 

24年後。寄付による基金が底をつき、自殺を考えていたリビーのもとに1通の手紙が届く。それはKill Clubからの招待だった。過去に起きた未解決事件や冤罪事件の謎を解く集まりに参加したリビーは、24年前に起こった事件を改めて検証しはじめる。

 

【感想】
Gone Girlが面白かったので、以前に発表された本作品を読んでみた。すごく良かった!!!  作者は人間の嫌な面を浮き彫りにするのが本当に上手い。こんな男が夫だったら、父だったら・・と思うとゾッとする。

 

リビーは7歳の頃、本当は何も目撃していなかったのに、兄が姉二人と母を殺したと証言してしまう。ベンを犯人と決めつけた周囲の大人たちの誘導があったものの、そのことで深いトラウマを抱えた彼女は31歳になるまで自滅的な生活を送る。心に追った深い傷のためとはいえ、彼女の行動に同情の余地はないのだが、それでも救いを求めずにはいられなかった。

 

Kill Clubでベンの無実を信じ、ベンに不利な証言をしたリビーを糾弾する女性支持者たちの勝手な言動にも腹が立った。ベンへの思い入れが強すぎて、当事者であり被害者でもあるリビーへの配慮が欠けている。自己中心的で嫌な集団だが、このような人たちは実際に存在するのではないかと思った。

 

普段は表に出ない人々の嫌な面をこれでもかと見せつけられるので、嫌悪感を感じるのだが、結末を知りたくて一気に進んだ。Gone Girlがダメだった人はこの作品も無理かも。暗〜い作品が好きな私は大満足でした。

 

邦題は「冥闇」。なんとも大げさな・・・。でも「暗い場所」もイマイチだしなぁ。邦題の付け方は難しそうです。

 

Book Review: Dark Places

 

Plot:

Libby’s family was slaughtered when she was 7. Her testimony attributed to the apprehension of her 15-year-old brother Ben, who was an alleged Satanist. Despite some conflicting evidence, Ben was convicted for the murders and went to jail for life.

 

Libby was deeply traumatized by the fact that she was the one who sent her brother to jail; she didn’t actually witness her brother at the murder scene. She had to convince herself that he had committed the crime, but deep down, she knew something was wrong. She drifted away from normal life, and she lived on donations from well-wishers until the age of 31. She was considering committing suicide when she realized that she had spent the entire fund over the years.

 

That was when she received an invitation from the Kill Club. Desperate for money, she decided to unravel the mystery of her past.

 

My thoughts:

 

I loved Gillian Flynn’s “Gone Girl” so much that I decided to try her previous work, “Dark Places”. I like “disturbing” stories, and she was excellent in depicting people with dark secrets.

 

Libby was pathetic, but I couldn’t stop hoping for her salvation; she was young when she testified against her brother. She was confused, and authorities suggested to her that it must be her brother. Who could blame a 7-year-old for being receptive to the suggestion after her mother and two sisters were brutally murdered? Besides, Ben had a secret that led him to his doom.

 

Thanks to the Kill Club, she got a fund to dig up old evidence, but I couldn’t help but hate these people. Ben’s supporters strongly believed that he was wrongfully convicted, and they pinned the blame on Libby. The way they behaved, as if they were the ones who had survived the massacre, was creepy, and it seemed so convincing and real that I truly hated them. That was the power of her writing.

 

I really enjoyed this book, but I understand that this book isn’t for everyone; a lot of people would hate the twisted characters. But if you like disturbing plots and dark secrets, this book plucks your nerve, and you will love the sensation.

 

 


Dark Places

冥闇 (小学館文庫)

 

YL:7 (概算)

語数:120,000語(概算)

 

【今日の一枚】

14415555932_b77c0b391e_z

ボストンChurch of the Covenant。1893年にシカゴ万博で出展された作品。ジェイコブ・A・ホルツァーデザイン。7つの教会の7人の御使いを象徴する、7人の女性の御使いの彫刻が施されている。

ホーム > アーカイブ > 2015年3月のアーカイブ

カレンダー
« 2015 年 3月 »
M T W T F S S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
Archives
  • 2021 (8)
  • 2020 (18)
  • 2019 (14)
  • 2018 (13)
  • 2017 (8)
  • 2016 (25)
  • 2015 (77)
  • 2014 (86)
  • 2013 (73)
  • 2012 (59)
  • 2011 (101)
  • 2010 (141)
  • 2009 (124)
  • 2008 (55)
  • 2007 (14)
  • 2006 (32)
LingQ Known Words
I Am Learning English online with LingQ.
Reading Challenge 2020

2020 Reading Challenge

2020 Reading Challenge
yukoxoxo2000 has read 8 books toward her goal of 70 books.
hide
Tag cloud
英語仲間のブログ
検索

ページの上部に戻る