The Glad Game > 2016年のアーカイブ

ホーム > アーカイブ > 2016年のアーカイブ

2016年のアーカイブ

【オーディオブック】The Night Stalker (2016)

The Night Stalker (2016)

時間:9時間38分

発音:イギリス英語

評価:4 out of 5

The Night Stalker

 

【あらすじ】

開業医の他殺死体が発見された。彼の両腕は後ろ手に縛られており、頭にはビニール袋が被されていた。数日後、ジャーナリストが同様の手口で殺された。ロンドン警視庁警部エリカ・フォスターだったが、犯人は女性であると主張することでチームから孤立してしまう。

 

【感想】

エリカ・フォスターシリーズの2作目。主人公は東欧からイギリスに移住してきた女性警部。女性、移民ということで、ありとあらゆる困難が待ち受けているのがこのシリーズの特徴かな。シリーズ1作目のストーリーは可もなく不可もなくといった感じでしたが、2作目では登場人物の運命が気になって一気に読みました。相変わらず、エリカ以外はバカなの!?と苛立つくらい、エリカの上司やライバル警部は出来の悪い人達です。それでもエリカが出世コースにのれないのは出自のせいでしょうか。このままでは終われない。エリカ頑張れ・・・と思ってしまったので、おそらく3作目が出たら読むことになりそうです。

 

The Night Stalker

 

A GP was found dead in his bedroom. His hands were tied to his back, and a plastic bag was tied over his head. A few days later, an investigative journalist was killed in exactly the same manner. These two cases had no forced entry; the killer stalked victims, and waited in their rooms until s/he found the right moment to strike.

 

Detective Chief Inspector Erika Foster was called in to lead these cases. Despite the fact that all evidence pointed to a female assailant, her rival team arrested one of her team members, Forensic Pathologist Isaac Strong. Erika had to investigate on her own to prove Isaac’s innocence.

 

 

Spoiler Alert:

 

“The Night Stalker” is the second installment of Detective Erika Foster series. After I read “The Girl in the Ice”, I had mixed feelings about the book. I didn’t like the grumpy tone of the book, however, I like the female protagonist who followed her instincts despite all the obstacles. In this second book of the series, Erika developed into a solid character. Nearing two years after her husband’s tragic death, she finally started to move on with her life. She made friends with Isaac, a forensic pathologist in her team, but he was arrested for the murder of his boyfriend and two serial murder cases.

 

Erika was the only person who was on the right track. Evidence showed that the killer was a female; however, her boss and rival detective insisted that female serial killers were rare. Erika and the assailant felt it was an insult that women were not capable of committing serial murders. Again, she was right, making her boss and rival members out to be fools. Although she was right, her superior promoted her rival to punish her for insubordination.

 

Portraying oppressed female figures must be one of the key features in this series, but I would like to see Erika earn respect and promotion by being superior at her job in the future series.

 

 


The Night Stalker: A chilling serial killer thriller (Detective Erika Foster Book 2)

 

YL:7.5〜8

語数:118,420語(readinglength.comより)

 

【今日の一枚】

金色招き猫

南米で見かけた金色招き猫。

【オーディオブック】The View from the Cheap Seats

The View from the Cheap Seats (2016)

時間:15時間29分

発音:イギリス英語 (作者による朗読)、ゆっくりめ

評価:4 out of 5

The View from the Cheap Seats

 

Coraline (コララインとボタンの魔女 )、The Graveyard Bookなどの著者として知られるニール・ゲイマンのエッセイ集です。過去の受賞スピーチや本の前書き、雑誌に寄稿したエッセイなど60本以上がまとめられています。オーディオブックは作者による朗読。落ち着いた声でゆっくり語られるのでとても聞きやすかったです。

 

特に素晴らしかったのが、作者の読書に対する考え。彼はフィクションを「読書へのGateway drugである」と語っています。物語の次の展開が知りたい!という強い気持ちが読むことの楽しさに繋がるのだと。子供たちが好ましくない本を読んでいるからといって、教養のためにと面白くない古典文学を押し付けると読書自体がつまらないものになってしまいます。自分の好きな本をどんどん読むことで読書の楽しさに目覚め、新しい語彙や考えを吸収し、さらなる読書につながる・・・。フィクションは読書へのGateway drugである、というのは上手い表現だなと思いました。中毒性もありますしね・・・。

 

60本程のエッセイ全てが面白かったわけではありません。中には作者の友人のために書いた本の前書きなど、自分にとって全く興味のない話もありました。ニール・ゲイマンが読書愛を語る部分や、作者としての目標の持ち方、中国で欧米のSFが解禁された話、スティーブン・キングについて、等の章が面白かったです。オーディオブックではなく本で買って、興味のない部分は飛ばす、という読み方でも良かったかな。本好きな方にはお勧めです。

 

The View from the Cheap Seats by Neil Gaiman

 

I love reading and listening to books; however, I don’t have enough words to express my love for them. That was why I picked The View from the Cheap Seats by Neil Gaiman. This book is a collection of essays on various topics: his love for reading, impressive people he has met, speeches he has given at award ceremonies.

 

When I read fiction books, I feel guilty for spending my time fretting over what doesn’t actually happen. Instead, I think I should probably read textbooks or academic papers to improve my working skills. In defence of the guilty pleasure of reading fiction books, Neil Gaiman explained that fiction is a gateway drug to reading. He wrote that the drive to know what happens next leads us to learn new words and thoughts. Once we learn that reading is pleasurable, we are on the road to reading everything.

 

I couldn’t agree more. If I had chosen only work-related books, I would never have read as many books as I have so far. Young Adult and Fantasy books were gateway drugs to reading for me; I acquired new words and expressions through these books. Eventually, reading skills helped me to understand the world more.

 

This book also gave me the idea that it would be nice if I could put words on paper to express myself better. I’m not a writer nor have I ever aspired to be one, but the natural way he conveyed his thoughts, life, and passions made me feel like I had interacted with him through this book. It was a great reading experience.

 

To be honest, not all the essays in this book were interesting. Among sixty or so pieces, there were some topics in which I had no interest, but some of the words struck my heart. I would recommend this book to my fellow book lovers; they will appreciate his love for reading too.

 

 

2012年 University of the ArtsでのCommencementスピーチもおさめられています。

 


The View from the Cheap Seats: Selected Nonfiction

YL: 8くらい

語数:168,640語(leadinglength.comより)

洋書選びの際に参考にしているサイト

昨夜、ののさん 主催のSkypeトークで、洋書選びの参考にしているサイトの話が出ました。備忘録として教えてもらったサイトと私が参考にしているサイトを記録しておきます。

 

BookBub

まずはののさんに教えてもらったのがBookBubというサイト。こちらはメールアドレスを登録し、自分がよく読むジャンル、お気に入りの作者を登録しておくと、毎日オススメ本のニュースレターが届くという仕組みだそうです。このサイトの良いところは、セール中、または無料の本がリストアップされているという点でしょうか。たくさん読みたいのでセール品狙いで!という時に重宝しそうなサイトです。

BookBub

 

Literary Hub

私が時々参考にしているのはLiterary Hub というサイト。こちらはソースとなっている大手の新聞社や雑誌の間で1冊の本が最低3回紹介されたら、その評価を平均してA+やB−などのグレードをつけるという仕組み。各雑誌の書評をチェックしなくても、今話題となっている本とその評価が分かるのは便利です。ただ、プロの書評家による評価のせいか、こちらで高評価となっている本がAudibleやGoodreadsでは酷評されている事もあります。私はこちらのサイトで本の目星をつけて、Audibleで皆の意見を参考にして実際に読む本を決めています。

Lit Hub

 

AmazonのBest books of the year so far 

今年のベストが決まるまで待ちきれない!ということで、こちらはAmazonのエディターたちが選ぶ「今年度これまで出版された中のベスト20 。全体のベストだけではなく、ジャンル毎に今年これまでのベストカテゴリがあるのが良い感じです。

 

Amazon Best 20

 

また、Amazonには、「一生のうちに読むべき100冊」リストシリーズもあります。一生どころか何回か生まれ変わらなければ消化出来そうにありません。

100 books to read in a lifetime 

100 Leadership and Success book to read in a lifetime

100 Mysteries and Thrillers to read in a lifetime

100 Science Fiction and Fantasy books to read in a lifetime

 

GoodreadsのListopia

こちらは読者投票タイプ。20世紀のベスト本、映画化してほしい本、ブッククラブに最適な本等など。リストをランダムに眺めるだけでも楽しいです。

私がよく本選びの参考にしているのは、北欧ミステリリストエピック・ファンタジーリスト。その他にもリストピアページ内で思いついたキーワードで検索すると、読者が選んだニッチなカテゴリのベスト本もわかります。

 

本屋さんサイトの売れ筋

Barnes and Nobleのベストセラー100とか。アメリカの本屋さんは店内にカフェが併設されていて、コーヒーとインクの混ざり合った独特のいい匂いがするところがあるのです。オンラインでの本選びには全く関係ありませんが、大手の本屋さんは良かったなぁ・・・と思い出に浸りながらサイトを眺めています。

 

 

AmazonやGoodreadsの読みたい本リストには、読みたいけれど読みきれない本が山のように積まれているのに何故本探しを続けるのか・・・。自分でも謎です。でも本にはそれぞれの「読むタイミング」があって、話題性だけではなく今の気分や巡り合わせがあるんですよね。そして「今読むべき本」に当たった時のなんとも言えない嬉しい感覚を味わうために、今日もせっせと積ん読リストを増やしているのだと思います・・・。

 

 

【今日の一枚】

napa

Wineryにて。パラソルの下でワインを飲みながら読書したい!

【オーディオブック】The Girl in the Ice (2016)

The Girl in the Ice (2016)

時間:10時間7分

発音:イギリス英語

評価:4 out of 5

The Girl in the Ice

 

 

【あらすじ】

ロンドンのサウスパークで氷の下から若い女性の死体がみつかった。被害者は華やかな社交界の一員として知られていたが、ロンドン警視庁警部エリカ・フォスターの捜査により、彼女の知られざる一面が明かされていく。

 

【感想】

なんだかミステリの新しいシリーズを読みたい気分だったので、Audibleで話題になっていたエリカ・フォスターシリーズの1作目を選んでみました。2016年現在シリーズ2作目まで発表されている比較的新しい作品です。聞いてみての感想は、可もなく不可もなし。シリーズ1作目だけでは判断しがたく、2作目までは読んでみようかなという程度には面白かったかなと。

 

興味深いなと思ったのは、主人公の女性警部が東欧出身の移民なのです。イギリスの家庭で子守として住み込みで働く人の事をAu Pairs と言うらしいのですが、貧しい移民として1人でAu Pair としてイギリスに渡ってきて、ロンドン警視庁の警部にまでなれるんだな、というのが意外でした。

 

 

そしてこれは作者の意図するところかどうかは分からないのですが、Chief Inspectorという立派な地位があるにもかかわらず、エリカは周りから下に扱われているのです。これはエリカが女性だからなのか、そう感じるのは自分の被害妄想なのか。このなんとなくモヤ〜っとする”共感”が気になって続きまで読んでみようという気になったのでした。

 

オーディオブックはイギリス英語。落ち着いた女性の声で癖もなく聞きやすかったです。

 

 

The Girl in the Ice (2016)

 

Synopsis:

Detective Erika Foster was called in to lead a murder investigation of a young woman who was found beneath a thick sheet of ice in a South London Park. The victim, a daughter of a powerful Lord, seemed to have been a socialite. Yet, as Erika dug deeper into the case, the facade of a prestigious family life crumpled and started to reveal dark secrets.

 

My thoughts: Spoiler alert!

Since the huge success of “Gone Girl”, there are dozens of mystery books which have  “girl” in their titles. After I enjoyed “Gone Girl”, I proceeded to “The Girl on the Train”. I hated it so much that I promised myself never to be deceived by that word in the title again But it was more than a year ago, and when I found “The Girl in the Ice” on a bestseller book list, I decided to give another “girl” book a go.

 

Detective chief inspector Erika Foster was traumatized by the past. A drug bust went wrong and several of her colleagues died because of her bad decision. Her husband was one of the victims who was caught in the gunfight. She was still grieving for her husband when she was called in to lead the murder case.

 

Andrea was the favorite child of a powerful man. Her fiancé ran a successful business. She was loved by everyone, except for the fact that she didn’t have any friends. Who had wanted her dead?

 

Soon, Andrea’s ex-boyfriend was arrested. It seemed to be a simple case, but Erika’s instinct told her otherwise.

 

Every time Erika got close to the truth, her boss told her to knock it off. It was obvious that the boss was pressured by higher-up management, and it convinced her that she was on the right track. And then, she found out that there were several prostitute murder cases which could be linked to Andrea’s killer.

 

It was interesting that Erika and the victims shared common backgrounds. They were born in poor Eastern countries and immigrated to England as Au Pairs. Erika could have been one of these prostitutes who were strangled to death and abandoned.

 

I felt the tone of this book was too grumpy at first, but this book kept my interest to the end. This is a good start to a new series, and I am going to read the second book in the series, published last month.

 

YL 7.5〜8

語数:122,140語(Readinglength.comより)

 

【今日の一枚】

Limaのアパート

ペルーのリマで撮ったカラフルなアパート。

帰国報告

今さらという感じではありますが・・・

 

3月中旬に帰国いたしました。帰国後あっという間に4ヶ月が経過。アメリカを出国したのがはるか昔のことのようです。

 

3年間のアメリカ生活でいろいろなことがありました。ざっくりとまとめると、数は少なかったのですが、ダメージが大きかった”悪かったこと”の印象が99で、良かったことは100という感じでしょうか。実際に数えあげたわけではなく、ただの印象です。それでも良かった印象のほうが強いのは、行ってよかったという気持ちのほうが大きいからです。

 

大人になってから自分の考えや行動が大きく変わることはありませんでしたが、アメリカに行く前の自分と今の自分は完全に別の人間だと感じています。

 

色々とありすぎて、1つのエントリでは書ききれません!少しずつ思い出を書き綴っていこうと思っています。

 

 

ホーム > アーカイブ > 2016年のアーカイブ

カレンダー
« 2021 年 10月 »
M T W T F S S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Archives
  • 2021 (9)
  • 2020 (18)
  • 2019 (14)
  • 2018 (13)
  • 2017 (8)
  • 2016 (25)
  • 2015 (77)
  • 2014 (86)
  • 2013 (73)
  • 2012 (59)
  • 2011 (101)
  • 2010 (141)
  • 2009 (124)
  • 2008 (55)
  • 2007 (14)
  • 2006 (32)
LingQ Known Words
I Am Learning English online with LingQ.
Reading Challenge 2020

2020 Reading Challenge

2020 Reading Challenge
yukoxoxo2000 has read 8 books toward her goal of 70 books.
hide
Tag cloud
英語仲間のブログ
検索

ページの上部に戻る