The Glad Game > 生活のアーカイブ

ホーム > アメリカ生活 | 日々の生活 > 生活

生活のアーカイブ

クレジットカードの不正使用

アメリカに来てから8ヶ月で3回、クレジットカードの不正使用にあってしまった。そのうち2回は、ヨーロッパで15万円程度の商品を買われ、10万円引き出されていた。どちらのケースもカード会社が対応したので、実際に自分で支払う事はなかったのだけど、短期間で3回もクレジットカード情報が漏れたとなると気味が悪い。アメリカのスーパーマーケットTargetでカード情報4000万件が流出した件では、予防措置として事前にクレジットカード交換となった。日本では一度もカード不正にあった事はないのになぜだろう?と疑問に思っていたところ、2月15日号のThe Economistに、アメリカにおけるスキミング被害についての記事があった。Skimming Off the Top

 

記事によると、スキミング被害はアメリカで一番多く、アメリカ人の42%が過去5年間に何らかのカード被害にあっているそう。アメリカで被害が多い理由の1つは、流通しているカードが他の地域よりも多いこと。2013年の時点で、13億枚のクレジットカードやデビットカード、プリペイドカードが出回っているそうだ。

 

もう一つの理由は、アメリカで出回っているクレジットカードのほとんとが、磁気ストライプを利用していること。磁気情報を使ったカードは、スキミングや偽造が容易に行われやすいため、ヨーロッパではICチップを埋め込んだICカードに移行しているようだ。磁気ストライプカードからICカードに変更しつつあるイギリスやカナダでは、カード不正被害額が過去最低となったとのこと。

 

2012年の時点で、世界のカードのうち45%、店側では76%がICチップ&PIN対応とのこと。アメリカではなぜ未だに磁気ストライプカードが使われているのか。それは、チップを埋め込んだICカードを顧客全員に再発行し、小売店側にも対応するカードリーダーを備え付けるには莫大な費用がかかるらしい。

 

アメリカほどのカード社会で、未だに磁気ストライプカードによるスキミング問題が解決されていないというのは驚きだった。自分が日本発行のICカードを持っていても、アメリカで使えないのでは意味がない。そしてアメリカで発行された磁気ストライプクレジットカードは、ICカード対応が主流のヨーロッパでは使えないなど、互換性がなく非常に不便。小売店側のカード読み取り機をICカード対応にするには費用がかかるだろうが、長期的にはカード不正による被害が減るので採算はとれるはず。今後Targetは、発行するクレジットカードをICカードにし、店舗側にも対応するカードリーダーを用意するとのこと。これを機に、ICカードが広く普及してほしい。

 

【今日の一枚】

アーチーズ国立公園

アメリカでの歯科治療見積もり

アメリカは歯科治療がとんでもなく高額と聞いていたので、アメリカに来る前に全て治療したのだが、去年かぶせたばかりのクラウンが外れてしまった。高校生の時に銀歯を詰めたものを、わざわざ外してセラミックにしたため却って強度が落ちたらしい。しかも、外れる時に元の歯も一緒に割れてしまったので、単純に外れたものをかぶせるというわけにもいかず、厄介なことになってしまった。

 

アメリカでの歯科治療が気に入らず、何件もドクターショッピングをした経験のある日本人の方のオススメ歯科医へ。今日のところは、レントゲン撮影と診察、今後の治療方針の説明、金額の見積もり。本日だけで286ドル。

 

歯の見積もりは、外れた部分を新たに作りなおす手技料が306ドル。セラミックの歯が1355ドル。歯一本で合計1661ドル。診察の結果、前歯のfillingの中が虫歯になっているので、こちらも治療したほうが良いとのこと。こちらはTooth-colored filling というもので668ドル。そして、治療にとりかかる前に、必ず歯石クリーニングをしないといけないということで、歯のクリーニング代が133ドル。今日の診察代288ドル、今後の治療代は、歯2本で2329ドル…。

 

歯の詰め物が取れただけで、26万円の見積もりってなんなのさ!とは思ったものの、日本人の方々の経験談を聞くと、これでも少ないほうらしい。私が聞いた3人の方々はそれぞれ、25万円、70万円、90万円とのことだった。歯が一本痛くて歯医者にいくと、そこもあそこも虫歯と言われ、治療費がかさむらしい。90万円も請求されるなんて、歯がほとんど腐ってたんじゃないかと思いきや、その方は綺麗な美容師さんで、自分でもそこまで悪いとは思っていなかったらしい。

90万円請求された方は、職場で歯科保険も加入していたらしいけど、保険でカバー出来るのが10万円以内だったので、日本に帰国した時に治療したそう。日本の保険会社で、歯科治療100万円分カバー出来る保険もあるらしいけど、保険料が高いのと、いったん自費で払って後日請求、保険会社が指定した歯科にいかないといけない、というのがイマイチ。

私は日本で全部治療したから大丈夫と思い、歯科保険には加入していなかったので自費になってしまった。日本の健康保険も持っているので、後日請求すると日本の保険でカバー出来る分のみ返ってくるらしい。ただし、日本の保険点数は安く、アメリカの歯科治療はバカ高いので、たいした額は期待できないとのこと。

いくら日頃節約をしていても、虫歯になればあっという間に何十万が消えてしまう。アメリカ人が白い歯大好きなのは、審美性だけではなくて、虫歯になったら数十万単位で飛んでいってしまうからなんだろうな…。

 

【今日の一枚】

Route66にて。

ピザに関する統計

アメリカに来てから、やたらとピザを食べる機会が増えました。週に1回お昼に振る舞われるランチもほとんど毎回ピザだし、以前住んでいたアメリカ人ルームメイトの夕食も週1回はピザ。グランドサークル旅行中に知り合ってランチをご一緒したNYの60歳台男性弁護士さんも、サウスアフリカから来られていた神経内科の女性医師にも聞いてみたけれど、週1回はピザを食べると言っていました。

 

アメリカ人ルームメイトに理由を聞いてみたところ、どうやらピザの事を”完璧な食べ物”と思っているらしい。”炭水化物、脂質、野菜、タンパク質全部揃っていて完璧じゃない!”と言われて心底驚きました。この話を、アメリカ人の英語オンラインチューターに話してみたところ、”そうそう!”と同意されたので、予想外の反応に言葉に詰まってしまいました。冗談で言ってるのかな?とも思ったけど、なんだか恐ろしくて真意を確かめられませんでした。

 

私にとって、ピザはジャンクフード扱いで、日本にいた時は年に1-2回食べる程度でした。しかもアメリカのピザは大きく、店にもよると思うのだけど、生地の厚さが3cmはありそうな「シカゴピザ」や、1ピースが日本のピザの2.5倍はありそうな、高カロリーのものが多いのです。お昼に振る舞われるピザなど、1ピースが大きすぎて紙皿から三角形の先端がはみ出すくらい。おそらく一切れ600−700キロカロリーはありそうな恐ろしいシロモノです。

 

「アメリカ人は週に1回はピザを食べているのではないか」という疑問を確かめるため、”pizza consumption” でググってみたところ、ピザに関する統計記事を発見。2013 Pizza Week SurveyPizza Statistics 、Pizza Around the World によると、平均で月に3.9回、少なくとも月1回はピザを食べるアメリカ人が93%とのことでした。アメリカには7万件のピザ屋さんがあり、毎日100エーカーの面積に相当するピザを食べているそう。100エーカーと言えば、クマのプーさんの舞台となったのが100エーカーの森…。毎日東京ドーム9つ分、または森1つが消える程の勢いでピザを食べているとは。世界で一年間に売られる50億枚のピザのうち、30億枚がアメリカで消費されているそうで、相当ピザ好きな国のようです。

 

日本でのピザ消費量は分かりませんが、アメリカのピザ産業3兆5000億円と比較し、日本の市場規模は2638億円だそう。ということは、日本人は平均で月1回くらピザを食べている?アメリカ人の週1回には及びませんが、私が思っていたより日本のピザ消費量は多いのかも。でも、やはり日本でのピザはジャンクフードの扱いだと思う。「炭水化物、脂質、タンパク質、野菜の揃った完璧な食べ物!」と言ったルームメイトのドヤ顔は忘れられそうにありません。

 

【今日の一枚】

なぜこれが美術館に展示されているのか、イマイチ納得出来なかった一枚。

アメリカでのお引越し

今回初めてアメリカのお引越し屋さんを利用してみました。引越し屋さんって、頼んだ時間に必ずやってきて、預けた荷物は確実に運んでくれるものと思っていたのでカルチャーショックを受けました。

 

ルームシェアなので、荷物はダンボール5箱+スーツケース2つ、ソファベッドのみ。2社にメールで見積もりしてもらったところ、500ドルと380ドルでした。高い!3社めの見積は、”それくらい自分でやったらどうですか。”というものでした。自分で出来ないから頼んでいるのですよ…。

 

自力で運べないのはソファベットのみだったので、ソファベッドのみで見積もりを出してもらったところ200ドルになりました。これに、引越し屋さん一人あたり20ドルのチップを払うようです。

 

U-Haulという、引越しトラックをレンタルしている会社があり、引越し業者を介さずに自分たちで引越しをする事も可能なのですが、トラック1台30ドル〜と書いてあっても実際は車の保険や、梱包材、マイレージ加算などで、1日120 ドルくらいになるという事だったので、結局ソファベッドのみなら200ドルという見積もりを出した引越し業者さんに頼むことにしました。U-Haulを借りて自力で引越しするなら日本人の同僚2人が手伝うよと言ってくれたのですが、ソファベッド搬入の時は黒人とヒスパニックの屈強な男2人でやってきたのに、今回日本人のインテリ眼鏡男子2名で運べるとは思えなかったという理由もあります。

 

アメリカで引越し業者さんを頼むと、午前中に来るはずだったのに夕方5時に来ただとか、すっぽかされて来なかった!という話を聞いていたので、本当に時間通りやって来るのかどうか、2週間ほど心配でたまりませんでした。大手日系業者は恐ろしく高いのですが、日本人が個人で経営していて、働き手はヒスパニック系というところが安めだったので、そちらにお願いしてみました。アメリカ人が個人で広告を出しているもので、一日で65ドル〜という格安のところもあったのですが、荷物を積んだ後で値段を吊り上げ、拒否すると荷物を返してくれない事があるという話も聞いたので、さすがにチャレンジする気にはなれませんでした。

 

今回の日本人業者さんは何度も同じ事を連絡しなくてはなりませんでしたが、ちゃんと時間通り来て、途中で脅す事もなく荷物を運んでくれました。日本では当たり前の事がこんなにもありがたいなんて!社会に対する期待値が日に日に下がっていくのを感じます。退去日に引越し屋さんにすっぽかされたらどうしようもないし、こんなに心配をした引越しは初めてでした。

 

今度のお部屋は10畳ほどでベッド付き。クローゼットはあるものの棚が全くないので、全ての荷物をクローゼット内に収めるのに大変苦労をしました。ベッドリネン類を新たに購入し、一日かけてお片づけ。ホテルのようにベッドメイキングをきっちりして、表に何も出さないようにしてみました。この状態を保てるよう頑張ります。

 

またまた家探し

アメリカに来て二軒目のシェアハウスの契約が来月で6ヶ月を迎えるので、このまま契約を延長するか悩んだ結果、新しくルームシェアを探すことにしました。現在の家は、アメリカ人女性Aさん44歳とその娘Kちゃん20歳と3人でシェア。お金持ちのドクターが森の中に建てた別荘なので、家の造りも素敵で、犬も2匹居たことからベストな条件だったのですが、決定的にガマン出来ない点が出てきたので。

 

部屋を借りた当初は、Aさんに特定の彼氏はいなかったのですが、10月にお母さんのAさんのほうに彼氏が出来、その彼氏が週の半分この家に住むようになったことで、かなり居心地が悪くなりました。しかも、この家にはシャワールームが1つしかなく、私がシャワーを使うには、Aさんの寝室を通らないといけないのです。夜21時には、彼女もパジャマ姿でベッドでくつろいでいるので、部屋を横切るのは申し訳ないなとは思っていたのですが、女同士なら問題なかったのです。

 

彼氏が来るようになってからは、早くから二人で寝室に入っているので、シャワールームを使えなくなってしまいました。2人が寝室でトランプをしているのならば私だって遠慮しないのですが・・・。彼女達のいる2階の部屋は吹き抜けで、部屋にドアがないので朝と夜にエッチな事をしている音が筒抜けなのです(´・ω・`)。事が事だけに、非常にリクエストを伝えづらく、その他にも色々と気になっている事があったので、他に部屋を探す事にしました。

 

Aさんの部屋を通らないとシャワーにいけないというのが今回の決定打だったのですが、これまでにも出て行く程ではないが気になっていた点がいくつか。

 

1. 特定の彼氏が出来る前、色々とお試し期間中だったらしく、親子がそれぞれ毎週違う男を家に連れてきて、キッチンカウンターでワインを飲みながら、ウフフ♥グフフとイチャつくので台所が使い難かった。こちらがパジャマで寛ぎたい夜の時間帯に、毎週違う男が家をウロウロしているので気が休まらない。

2. 私の部屋の下、半地下に住んでいるKちゃんは昼夜逆転していて、夜中の1時頃に大声でギターの弾き語りをする。自作の歌らしく、同じフレーズを何十分も繰り返すので壊れているんじゃないかと疑うほど。

3. Kちゃんが連れてくる男友達がウルサイ。夜が活動時間帯なので、ガンガン音楽をかけて盛り上がられると迷惑。

 

4.Kちゃんとトイレを共有しているのだが、彼女は絶対にトイレットペーパーを補充しないし彼女が使った汚物入れも放置。ペーパーを私が補充し、彼女が使いきって補充しないので、必ず私の時に紙が切れる…。

 

5.台所のシンクに3日間洗い物を放置。ディッシュウォッシャーがないので、手洗いなのですが、3日目には蛇口から水も汲めないくらい洗い物で一杯になるので、シンクを使うために私が洗い物をすることも。1.5L の牛乳を買った翌朝に8割がた飲まれていてとても悲しかったことも…。

 

6.ゴミ捨てルールが曖昧で、キッチンのゴミ箱から溢れても外のゴミ箱に入れないので私が回収していた。ゴミ回収の日も忘れられているので、結局私が毎週ゴミ出しに行っていた。

 

これらのことは、その場でお願いすれば”OK!”と明るく返事してくれるのですが、結局守られることはなく。というか、毎回口に出して要求を伝えないといけないのが疲れます。日本人のような気遣いを期待するのは間違いだけど、あまりにも他人に対する気遣いがなく自分勝手に思えてしまいました。自由なのは結構ですが、責任感の伴わない自由はよろしくありません。

 

”自分がされたらイヤな事は他人にしない”っていう程度の気遣いで十分なんですけどねぇ。”他人の事は気にしない”というのがこんなにも大変な事だったとは…。NY出身の人に、Sex and the City の話をしたら、”現実にはそんなの絶対ない!!”って言われたことがあるけど、ここはSATCどころじゃなかったんじゃないかなぁ。Share house じゃなくて、Whore houseか!ってくらい。いろいろとお話出来たのは楽しかったし、アメリカ人の暮らしを近くで見させてもらったのは良かったのですが、今度は男出入りが激しくなく、バスルームへの道が確保されている部屋を探します。

 

<今日の一枚>

八つ当たりしたい。

ホーム > アメリカ生活 | 日々の生活 > 生活

カレンダー
« 2021 年 4月 »
M T W T F S S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
Archives
  • 2021 (7)
  • 2020 (18)
  • 2019 (14)
  • 2018 (13)
  • 2017 (8)
  • 2016 (25)
  • 2015 (77)
  • 2014 (86)
  • 2013 (73)
  • 2012 (59)
  • 2011 (101)
  • 2010 (141)
  • 2009 (124)
  • 2008 (55)
  • 2007 (14)
  • 2006 (32)
LingQ Known Words
I Am Learning English online with LingQ.
Reading Challenge 2020

2020 Reading Challenge

2020 Reading Challenge
yukoxoxo2000 has read 8 books toward her goal of 70 books.
hide
Tag cloud
英語仲間のブログ
検索

ページの上部に戻る