The Glad Game > 404 エラー

ホーム > 未分類 | 洋書 > Keep the Aspidistra Flying

Keep the Aspidistra Flying

George OrwellのKeep the Aspidistra Flying. 1930年代のロンドンが描かれています。

主人公のGordon Comstockは the money worldに反発して広告会社での仕事を捨て、古書店の店員として働いている。詩人としてMiceという詩集を出版しているが、ちっとも売れないし新作の執筆も遅々として進まない。 Aspidistraは当時のmiddle classの人々が窓辺に飾る観葉植物で、Gordonにとってはthe money worldの象徴です。

お金がないのは、Gordonが選んだ生き方だからしょうがないけど、金がないと食後のお茶も飲めないし、風呂にも入れないし、デートもままならない。 主人公の貧乏ぶりには胃が痛くなる思いでした。

最後には彼女と新しい家庭のために信念を曲げ、広告会社に復帰し新居にAspidistraを飾るGordon。物語はHappy endのようですが、お金と生き方について考えさせられる作品でした。
Aspidistra.jpg Penguin Clasiccs 84,383語

合計131万9905語

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://yukomillennium.com/wp-trackback.php?p=297
トラックバックの送信元リスト
Keep the Aspidistra Flying - The Glad Game より

ホーム > 未分類 | 洋書 > Keep the Aspidistra Flying