The Glad Game > 404 エラー

ホーム > 洋書 > ELDEST

ELDEST

多読24冊目はクリストファー・パオリーニのELDEST。人間、ドラゴン、エルフ、ドワーフの壮大なファンタジーです。

主人公のEragonと彼のドラゴンSaphiraの会話が姉弟のようで楽しいです。
1巻の「Eragon」に引き続いて主人公Eragonの冒険と、今回は従兄弟のRoranの受難も織り交ぜながら話が進んでいきます。そして最終章ではEragon出生の秘密と、彼の兄弟との決別が明らかに!

668ページ、語数205,000語に及ぶ大作ですが、最後まで飽きずに読めました。またまた多読3原則に反してわからない単語を途中でたくさん調べてしまった・・・ 今回はさすがにわからない単語も多かったので、調べたほうが楽しく読めました。

しかし重かった!
なんと1.1kg。私はいろんな所に持ち歩いて読むので、Eldestをかばんに携帯していた3週間は筋肉痛が起きました。今のところ1日1万語のいいペースです。大笑い 現在の総語数123万5522語。

コメント:2

匿名 2006/09/09

SECRET: 0
PASS:

yukoxoxo2000 2006/09/11

SECRET: 0
PASS:

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://yukomillennium.com/wp-trackback.php?p=301
トラックバックの送信元リスト
ELDEST - The Glad Game より

ホーム > 洋書 > ELDEST