The Glad Game > アメリカ英語

ホーム > タグ > アメリカ英語

アメリカ英語

【オーディオブック】Free the Darkness (2015) King’s Dark Tidings #1

Free the Darkness (2015)  King’s Dark Tidings #1

時間:16時間33分

発音:アメリカ英語

評価:3.5 out of 5

Free the Darkness

 

【あらすじ】

Ashai王国の人里離れた城砦で、戦士としての英才教育を受けたレズキンは、19歳の時に突然のバトルで師と居場所を失ってしまう。自分の出自や訓練の目的を全く知らないまま育ったレズキンは、自分の人生の目的の手がかりを探すため、先代の王からレズキンに与えられた伝説の剣を携えて旅に出る。

 

【感想】

夢中になれるファンタジーを見つけるのは本当に難しい。この本はGoodreadsやAudibleで絶賛されて評価が高かったので期待して読み始めたけれど、アラが気になって集中出来ませんでした。

 

レズキンは幼いころから色々な武術のマスターたちに鍛えられたためバトルでは負け知らず。百戦錬磨の暗殺者ギルドに乗り込んでも傷一つ負わないどころか、服さえ汚さないという完璧ぶり。他にも医術や社交術もマスターしており、おまけに背も高くハンサムなのです。

 

まあそれはいいとして。この本に出てくる女性たちがアホすぎる。完全無欠なレズキンに惚れてしまうのはわかるのですが、堅物で社会経験のないレズキンが紳士的に自分に接してくれるのを好かれていると勘違いして一人相撲するのがイタすぎる・・・。特に何かに秀でているとか思慮深いわけでもない、なんの魅力があるのかわからない女の子が主人公の相手役になるというのが納得いかないし、女性登場人物の描かれ方が19世紀文学のようで違和感を感じました。

 

レズキンの正体は何なのか。崩壊しかけている王国を今後どうやって立て直していくのか。プロットは面白い部分もあるのだけれど、結構な割合を占めている恋愛部分はバッサリ要らないかも。

現在2巻まで出版されていますが、続きを読むかどうかは微妙なところです。

 

 

 

 

Free the Darkness (King’s Dark Tidings Book 1)

 

YL:7くらい

語数:120,000語 (概算)

 

【今日の一枚】

19851819409_c0bb140cb2_k

オレゴン。カラオケ屋さん?の建物。。。

【オーディオブック】Orphan X (2016) オーファンX 反逆の暗殺者

Orphan X (2016)  オーファンX 反逆の暗殺者

時間:11時間15分

発音:アメリカ英語

評価:3 out of 5

Orphan X

 

【あらすじ】

政府に暗殺者として育て上げられたオーファンXことエヴァン。数々のミッションをこなした後、「正体不明の仕事人」となり、無償で弱者を助けていた。要塞さながらの自宅を拠点に、市井の人々の暮らしに紛れつつも、孤独を貫いている。そんなエヴァンの行く先々に暗殺者の魔の手が忍び寄る。ターゲットはクライアントなのか、自分自身か。冷徹なプロの殺し屋でありながら心優しきヒーロー像を描く、スタイリッシュな犯罪小説。(Bookデータベースより)

 

【感想】

ブラッドリー・クーパー主演で映画化の話が出ていると聞いて手に取ってみました。好みではなかった・・・。アメリカで孤児を集めて秘密政府組織の暗殺者に仕立て上げるという設定は面白いのだけど、大人になって組織から離脱したエヴァンことOrphan Xの環境が恵まれすぎていてキャラクターに魅力を感じないのです。潤沢すぎる資金力とクライアントとなる謎の美女、ロマンスに発展しそうなシングルマザーのご近所さん・・・。主人公にとってイージーモードすぎるのではないかと。映画になったら、主人公がサクサクと活躍する様子が気持ち良いのかもしれません。映画作品に期待。

Orphan X

 

The Nowhere Man is a legend: if someone who is innocent and deserves to be saved is desperately in need of protection, he is reached via a secret number handed by a former client.

 

The Nowhere Man had a secret past. Evan Smoak was chosen from an orphanage and raised to be an off-the-books assassin, Orphan X. Within the Orphan program, Evan was the best agent along with “Orphan O” whom he never met. When his handler and father figure Jack was eliminated, Evan disappeared without a trace, and began to take “pro bono” cases to save lives.

 

My thoughts: Spoiler Alert!

This mystery book was high on the Audible bestseller list, but it was another disappointment for me. The premise was promising: a former covert government assassin roaming free to save people. But the characters he helped and how he helped them was of mediocre interest. The heroine was a gambling addict who was deeply in debt. Her father was held as a hostage, and she turned to The Nowhere Man for help. Her “I-had-no-choice” attitude disgusted me. I couldn’t help but think that she had it coming….

 

The author seemed to focus on actions. If I loved reading details of international martial arts and weaponry, I would have enjoyed this book. I heard that this book was going to be made into a movie. This might be a case when the movie is better than the original book.

 

YL: 7くらい

語数:114,080語 (readinglength.comより)


オーファンX 反逆の暗殺者

 

【今日の一枚】

NAPA

ナパのWinery。秋晴れの空が広くて気持ちよかったです!

【オーディオブック】Adnan’s Story: The Search for Truth and Justice After Serial (2016)

Adnan’s Story (2016)

時間:14時間31分

発音:アメリカ英語。作者による朗読。早いです。

評価:4.5 out of 5

Adnan's Story

 

【あらすじ】

1999年、アメリカ・ボルチモアで女子高生の他殺死体が発見され、元恋人だった同級生のアドナンが逮捕された。彼は無実を主張したが、「アドナンが死体を埋めるのを手伝った」というドラッグ・ディーラーの男の供述と、携帯電話の電波から特定された当日の位置情報により犯人と断定され、終身刑の判決を受けた。アドナンは2016年現在も服役している。

 

アドナンとその支持者達はずっと彼の無実を訴え続けていたが、地方都市で起きた1件の殺人事件が世間に注目される事はなかった。事態が一転したのは、アドナンの親友の姉で後に弁護士になったラビアがメディアに訴えかけたことがきっかけだった。ラビアは当時ボルチモア地元紙の記者であり、後にThis American Lifeのプロデューサーとなっていた、Sarah Koenigにメールを書き、メディアで取り上げてもらうよう頼んだのだ。サラ達は数ヶ月にも及ぶ独自の調査を行い、ドキュメンタリーポッドキャストを作成、This American Lifeのスピンオフとして「Serial」を発表した。

 

2014年10月〜12月まで12話にわたり放送されたSerialは異例の成功をおさめ、アメリカ放送業界の最高栄誉とされるピーボディ賞を受賞した。これにより事件は世界的な注目を集め、事件に興味を持ったエキスパート達により新たな発見や矛盾点が発掘されることになる。

 

【感想】ネタバレあり

2014年秋に放送され、世界的な話題となったPodcast、Serialの詳細な裏話とその後。ポッドキャストは1億回ダウンロードされたほど人気だったようです。Podcastのほうはシーズン1−2までしか聞いていなかったのですが大丈夫でした。Adnan’s Storyで全てが詳細に語られています。それにしても面白かった・・・。他人の不幸を「面白い」と感じる事に後ろめたさを感じるものの、こんな不幸の積み重ねや理不尽さがあってよいのだろうか!?と、アドナンの身に起こった出来事を夢中になって読みました。

 

「アドナンが死体を埋めるのを手伝った」と供述したドラッグディーラーの男は、アドナンの親しい女友達のボーイフレンドで、アドナンは当日この男に車を貸していました。更にアドナンは携帯電話を車の中置いたまま学校へ行っていたのです。被害者のヘイが殺された時間は学校にいたとするアドナンと、「アドナンと死体を埋めた」と供述するジェイのどちらかが嘘をついていることになります。

 

ジェイ以外にも怪しい人物が2人います。1人は被害者ヘイの当時の彼氏。ヘイが殺され遺棄された時間帯に、店舗で働いていたというアリバイがあったためシロとされたのですが、ラビア達の後の調査により、彼はいつもとは違う店舗で働いており、勤務証明に使われたIDは彼のものではなかったこと、時間外に働いていたとされるが、通常支払われるはずの時間外手当が払われていなかった事などにより、アリバイの曖昧さが明らかになっています。

 

もう一人はヘイの遺体を発見した男。ヘイは人通りのない公園の、道路からは全く見えない木立の中に埋められていました。発見者の男はストリーキングなどの性犯罪で逮捕歴がある男なのですが、車で通勤中に尿意を催し、道端に車を止めて森の中に入り、偶然ヘイの遺体を発見したというのです。発見されたのは”偶然発見”出来るだろうかというほど込み入った人通りのない場所でした。

 

アドナンが犯人だ!と疑った警察は、これらの重要人物の捜査を十分に行わず、ジェイの証言のみでアドナンを逮捕します。その後は事実にそぐわない証拠を隠蔽し、ジェイの証言を時系列に合うように変えさせ、アドナンを犯人に仕立て上げていったのです。

 

アドナンの不幸はそれだけでは終わりません。当時彼を弁護したのは犯罪弁護で有名な女性弁護士。ところが彼女は糖尿病合併症や多発性硬化症を発症したばかりで、アドナンの弁護を出来るような状態ではありませんでした。彼女はなんと、アドナンを放課後に図書館で見かけたというアリバイ証人を法廷に呼んでいなかったのです。ヘイが殺された時間にアドナンが学校にいたという証言は強力なアリバイになるはずです。その証人を呼ばなかったという致命的な判断ミスをしただけではなく、彼女はアドナンの両親がパキスタンからの移民であり、アドナンがムスリムであった、という点を強調してしまうのです。

 

アドナンの両親はパキスタン人ですが、アドナンはアメリカ生まれの普通の高校生です。厳しいムスリムであった両親から隠れて大麻を吸い、ムスリムではない女の子とデートをしていました。それが、弁護士が彼をムスリムだと強調することによって、ムスリムの名誉のために韓国系アメリカ人の元彼女を殺したのではないかというステレオタイプ的な印象を持たせてしまいました。

 

Adan’s Storyを読んで、いったん犯人と決めつけられてしまうと、事実を捻じ曲げてまで犯人に仕立て上げられてしまう・・という恐ろしさを知りました。犯罪者として収監されてしまうと、いくら塀の中から無実を叫んでも、その叫びが届くことは非常に稀なのです。

 

冤罪が出来上がっていく過程や、アメリカの法システム、アメリカで移民2世として生きる高校生たちの苦悩など、興味深く読みました。作者はAdnanの支援者なので、絶対彼は無実である、というバイアスはかかっていると思います。アドナンは現在も服役中ですが、作者らの熱心な活動により、2016年6月に裁判のやり直しが決定したそうです。現在の判決がひっくり返されるかどうかは分かりませんが、全てがいい加減だった16年前の裁判をやり直す機会を与えられた事は大きな進歩だと思います。

 

 

Adnan’s Story: The Case That Inspired the Podcast Phenomenon Serial

YL: 8〜

語数:128,960語(readinglength.comより)

【オーディオブック】Revival: A Novel (2014)

Revival: A Novel (2014)

時間:13時間24分

発音:アメリカ英語

速度:170~190語/分前後

評価:5 out of 5   ホラーに分類されていますが、あまり怖くありませんでした。

Revival

 

 

【あらすじ】

1962年、ニューイングランドに住む6歳のジェイミー・モートンは、町に新しく着任した若い牧師と出会った。チャールズ・ジェイコブスは、美しい妻と共に教会を盛り立て、地元の人々から愛されていた。ところが、ジェイコブス一家を悲劇が襲い、牧師は信仰心を失ってしまう。教会に集まった信者の前で、神の存在を疑う不適切な礼拝説教を行ったジェイコブス牧師は教会から追放され、町から姿を消した。

 

1992年、人生のどん底にいたジェイミーは、意外な場所でジェイコブス牧師と再会することになる。

 

 

【感想】

面白かった!時が移ろい、自分と周囲が年を取っていくこと、親兄弟が亡くなって寂しく思うと同時に、子孫にその面影を見いだすこと・・・。なんだか切なかったです。

 

 

冒頭、キングは人生を映画に例えます。主役は自分と家族や友達。知人や顔見知りの人々が脇を固め、ただ単に通り過ぎるだけのエキストラもいます。そんな中、自分の人生に思いがけない重要な転機をもたらす“Fifth business”という存在がいます。主人公ジェイミー・モートンにとって、チャールズ・ジェイコブス牧師がその人生のワイルドカードでした。

 

 

1962年、6歳だったジェイミーは、庭でおもちゃの兵隊で遊んでいたところ、地面に影を落とす存在に気付きます。顔を上げるとそこに立っていたのは、新しく町に着任した若い牧師、チャールズ・ジェイコブスでした。

 

 

しばらくジェイミー少年の幼少期から高校時代に至るまでの他愛のない思い出話が語られるのですが、ジェイミーが遊んでいるところの地面に「陰ができた」という登場シーンがその後のジェイミーとジェイコブス牧師の関係を予感させるのです。

 

 

30代で薬物中毒者となり、人生のどん底にいたジェイミーは、地方のお祭りで偶然ジェイコブス牧師と再会します。それぞれの道を歩んでいた二人の人生がふたたび重なり、お互いに影響を与えつつ運命の輪が回り出す様子は、作中にある、’ Life is a wheel, and it always comes back around to where it started.’ という文章そのものでした。

 

 

不思議な物語で、最後のほうはオカルト。少しだけ後味が悪いです。ハッピーエンドでも良かったのではないかとも思ったのですが、「奇跡が起きて大団円!めでたしめでたし!!」となってもモヤっとしたような気もします。順風満帆、幸せだった人生に取り返しの付かない不幸が起こり、「この世に神などいない!」と絶望することも、現実世界では良くあることだと思うので。

 

 

この世に神はいない・・・が、この世界の向こう、扉の先に「人ならざる者」がいて、魑魅魍魎の世界が広がっているかもしれない・・・と思えてしまうのがキング作品の凄いところでしょうか。もし、今後どこかで枯れた蔦の絡んだ扉を見かけたら、この作品を思い出して走って逃げてしまいそうな気がします。

 

【今日の一枚】

23996621085_26fda88b93_z

マクドナルドがオシャレだったので。

【オーディオブック】Wizard’s First Rule (Sword of Truth #1) / 魔道士の掟

Wizard’s First Rule (1994)/魔道士の掟

時間:34時間10分

発音:アメリカ英語

速度:160語/分前後

評価:4 out of 5

Wizard's First Rule

 

【あらすじ】

父を惨殺された森の案内人リチャードは、悲しみに打ちひしがれていた。犯人の手がかりを求めて森をさまよううちに、魔法の国との“境”近くで偶然ひとりの女性の命を救う。彼女の名はカーラン。遠い昔に姿を消した偉大な魔道士を見つけるため、魔法の国からきたという。彼女とともに魔道士を探す途上、リチャードは父を殺した邪悪な魔王の恐るべき陰謀と、自らが持つ大いなる力を知った! (Amazonより)

 

【感想】

Audibleで1クレジット2作セールの中に入っていたので何の気なしに選んでみたところ、1990年台の人気ファンタジーシリーズだったらしい。1作20-30時間で全11作のシリーズもの。大変なものに手を出してしまいました。

 

平凡な森の案内人だったリチャードが、魔法使いに惨殺された父の死の真相を探る旅に出るというお話。少年の成長譚と魔法、ドラゴン、旅の仲間たち・・・とファンタジーの王道でありながら、真実の探求者であるSeeker、 人々の懺悔を聞き罪を裁くConfessorなど、このシリーズ独特の世界観もあります。

 

冗長で退屈な部分もあったものの、ストーリーは面白かったです。表現が回りくどかったり、やたらと「青い瞳の〜」と同じ表現が出てくるのは、作者のテリー・グッドカインドは45歳まで美術関係の仕事をしていて、この作品が処女作だったからこなれていない部分もあったのでしょうか。

 

少年が主人公で、魔法が〜剣が〜という粗筋だったので、中学生向けかな?と思っていたところ、途中から緊縛SMのような拷問が始まったり、少年愛嗜好のオヤジが出てきたりと、とても少年少女向けとは思えない展開に。大人向けファンタジーでした。

 

日本でも真実の剣シリーズとして邦訳版が刊行されていたものの、途中の第8巻で邦訳は打ち切られた模様。これがあるから海外長編ファンタジーに手を出すのが躊躇われるんですよね。海外ファンタジー好きならば、英語版を読めるようになれば、読書の自由度が広がると思います。

 

 


Wizard’s First Rule (Sword of Truth Book 1) (English Edition)


魔道士の掟〈1〉探求者の誓い―「真実の剣」シリーズ第1部

 

【今日の一枚】

Chinatown

Chinatown.

ホーム > タグ > アメリカ英語

カレンダー
« 2017 年 12月 »
M T W T F S S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Archives
  • 2017 (8)
  • 2016 (25)
  • 2015 (77)
  • 2014 (86)
  • 2013 (73)
  • 2012 (59)
  • 2011 (101)
  • 2010 (141)
  • 2009 (124)
  • 2008 (55)
  • 2007 (14)
  • 2006 (32)
Reading Challenge 2017

2017 Reading Challenge

2017 Reading Challenge
yukoxoxo2000 has read 3 books toward her goal of 50 books.
hide
Tag cloud
英語仲間のブログ
検索
Visitors
PV526
UV134

ページの上部に戻る