The Glad Game > YL7〜

ホーム > タグ > YL7〜

YL7〜

【オーディオブック】Orphan X (2016) オーファンX 反逆の暗殺者

Orphan X (2016)  オーファンX 反逆の暗殺者

時間:11時間15分

発音:アメリカ英語

評価:3 out of 5

Orphan X

 

【あらすじ】

政府に暗殺者として育て上げられたオーファンXことエヴァン。数々のミッションをこなした後、「正体不明の仕事人」となり、無償で弱者を助けていた。要塞さながらの自宅を拠点に、市井の人々の暮らしに紛れつつも、孤独を貫いている。そんなエヴァンの行く先々に暗殺者の魔の手が忍び寄る。ターゲットはクライアントなのか、自分自身か。冷徹なプロの殺し屋でありながら心優しきヒーロー像を描く、スタイリッシュな犯罪小説。(Bookデータベースより)

 

【感想】

ブラッドリー・クーパー主演で映画化の話が出ていると聞いて手に取ってみました。好みではなかった・・・。アメリカで孤児を集めて秘密政府組織の暗殺者に仕立て上げるという設定は面白いのだけど、大人になって組織から離脱したエヴァンことOrphan Xの環境が恵まれすぎていてキャラクターに魅力を感じないのです。潤沢すぎる資金力とクライアントとなる謎の美女、ロマンスに発展しそうなシングルマザーのご近所さん・・・。主人公にとってイージーモードすぎるのではないかと。映画になったら、主人公がサクサクと活躍する様子が気持ち良いのかもしれません。映画作品に期待。

Orphan X

 

The Nowhere Man is a legend: if someone who is innocent and deserves to be saved is desperately in need of protection, he is reached via a secret number handed by a former client.

 

The Nowhere Man had a secret past. Evan Smoak was chosen from an orphanage and raised to be an off-the-books assassin, Orphan X. Within the Orphan program, Evan was the best agent along with “Orphan O” whom he never met. When his handler and father figure Jack was eliminated, Evan disappeared without a trace, and began to take “pro bono” cases to save lives.

 

My thoughts: Spoiler Alert!

This mystery book was high on the Audible bestseller list, but it was another disappointment for me. The premise was promising: a former covert government assassin roaming free to save people. But the characters he helped and how he helped them was of mediocre interest. The heroine was a gambling addict who was deeply in debt. Her father was held as a hostage, and she turned to The Nowhere Man for help. Her “I-had-no-choice” attitude disgusted me. I couldn’t help but think that she had it coming….

 

The author seemed to focus on actions. If I loved reading details of international martial arts and weaponry, I would have enjoyed this book. I heard that this book was going to be made into a movie. This might be a case when the movie is better than the original book.

 

YL: 7くらい

語数:114,080語 (readinglength.comより)


オーファンX 反逆の暗殺者

 

【今日の一枚】

NAPA

ナパのWinery。秋晴れの空が広くて気持ちよかったです!

【オーディオブック】Zero Day (2012)

Zero Day (2012)

時間:13時間11分

発音:アメリカ英語

速度:140~150語/分前後  女性パートは早め。

評価:4 out of 5

zero day

 

 

【あらすじ】
ウエスト・ヴァージニア州の炭鉱の田舎町で一家惨殺事件が起こる。被害者の1人が大佐だったため、軍の特別捜査官であるプラーが派遣され、地元の女性巡査サマンサ・コールと共に事件解決に挑む。

 

【感想】
AudibleでPullerシリーズの3作目がかなりの高評価を得ていたので、1作目のZero Dayから聞き始めてみました。前半はかなり退屈。田舎町での連続殺人事件に、この主人公はオーバースペックすぎる!ところが、そうこうするうちに、これは単なる田舎の殺人事件ではなく、国家の安全を揺るがす大事件であることがわかるのです。

 

それにしても主人公のアメリカン・ヒーロー仕立てには驚きました。ジョン・プラーは中東帰りのコンバットベテラン。父は伝説的な軍人で、兄も空軍に属する物理学者だったのですが、現在は国家に対するtreasonの罪で軍の刑務所に収監されています。Pullerは多国語を操り、アフガンでは数々の修羅場をくぐり抜けてきた男。本来であれば出世コースなのですが、現場主義の本人の意向により、出世とはかけ離れたInvestigatorをしているという設定。なんだか万能すぎませんか・・・。

 

更にはPuller家の男の第一信条は泣かないこと・・とかいうマッチョぶりに少し萎えてしまいました。戦場で仲間を救えなかった事でトラウマを抱えている・・というのもアメリカン・ヒーローのお約束なのでしょうか。

 

この本で興味深かったのは、ウェスト・ヴァージニア州の炭鉱の田舎町の様子が良く描かれている事でした。喫煙率が高い・・と思ったら、ウェスト・ヴァージニア州は全米でも1、2を争う喫煙率の高さ。2011年の喫煙率は28.6%で、妊婦さんでも1/4以上が妊娠中に喫煙するそうです。ミシガン州出身のアメリカ人上司が、世間話の拍子に「ウェスト・ヴァージニア州には住みたくない!貧乏だから!!」と言っていたのを思い出しました。フィクションだけれども、当地の様子が反映されているのかも。

 

色々と突っ込みどころはあるものの、展開がスリリングなのでそれなりに楽しんで読みました。この世界観に慣れれば大げさなバックグラウンドも気にならなくなるのかも。シリーズが進むにつれて評価が高くなっているようなので、続きも読もうと思います。

 

Book review: Zero Day (2012)

Plot:

When a retired colonel and his family are brutally murdered in a small mining town in West Virginia, the U.S. Army Criminal Investigation Department (CID) sends a war hero, John Puller, to investigate the case. With help of the local detective, Samantha Cole, Puller soon realizes that there is a calamitous scheme that will destabilize the safety of the country.

 

My thoughts: Spoiler Alert!

Zero Day by David Baldacci is the first book in the John Puller series whose third book is currently on the bestseller list on Audible. Although I felt that the protagonist, John Puller is too cliché, I enjoyed this fast paced thriller.

 

John Puller is a combat veteran who had survived several tours in Iraq and Afghanistan. His father was a legend in the military, and his older brother, an ex Air Force nuclear scientist, is serving a life sentence for treason in a military prison. Although he has an impeccable reputation as the best investigator in the army, he is traumatized by the wartime experience in the Middle East. He couldn’t save his fellow soldiers; the remorse he feels seems to have kept him in pursuit of an advanced career.

 

As the murder case that took place in a rural mining town in West Virginia involves a retired colonel, the Army CID sends Puller from D.C. While he is investigating the crime scene in the middle of night, he stumbles upon the strangled body of a police officer. The perpetrator of murder of the colonel’s family came back to the murder scene to look for something important, and killed the officer on guard duty. What is more, the couple next door, who worked for the mining company, were also killed. A letter that was addressed to the dead colonel is missing, and it turns out that the missing piece of mail was a geological survey of the soil in the town.

 

I first thought that Puller was over-qualified for this murder case. He speaks several languages, he seems to be good at hand-to-hand combat, and he is truly patriotic. As the story progressed, however, it became apparent that there is much more going on in this rural mining town. There have been several life threatening attempts against Puller by professional killers, a devastating terrorist scheme is revealed, and a hidden nuclear facility underneath the town is suspected. Puller has to cope with all this with a local detective named Cole, because if the authorities send in an army, it could scare off the terrorists… No wonder Puller should be a super hero.

 

There were several “too good to be true!” moments in this book, but this is fiction after all. I was skeptical of a traumatized patriotic ex-soldier hero figure, but all in all, I was thrilled by this book. I’m looking forward to proceeding to the second book, The Forgotten, soon.

 


Zero Day: 1 (John Puller Series)

 

YL:7.5

語数:118,800語(概算)

 

【今日の一枚】

m&m

 

NYの夜景。ワクワクします。

 

【オーディオブック】The Godfather

The Godfather (1969) /ゴッドファーザー〈上〉

時間:18時間8分

発音:アメリカ英語

速度:150語/分前後

評価:4 out of 5

The Godfather

 

 

【あらすじ】
全米で最も強大なマフィアの組織を築き上げた伝説の男、ヴィトー・コルレオーネ。絶大な力を持つこのマフィアのドンを、人々は畏敬の念をこめてゴッドファーザーと呼ぶ。そんな彼の三男マイケルは、家業に背を向け家を出ていた。が、麻薬密売をめぐる抗争でドンが瀕死の重傷を負った時、彼は、父、家族、そして組織のために銃を手に起ち上がった…
(Amazonより)

 

【感想】ネタバレあり
名作と名高い映画「ゴッドファーザー」を鑑賞したことがなかったので、まずは原作から読んでみることにしました。

 

シチリア系マフィアのドン、ヴィトー・コルレオーネは情に厚く、義理人情を大切にする男。序盤は「友達を大切に」という本か!?と思うくらいゴッドファーザーがいかに人を大事にするかというエピソードが語られます。ゴッドファーザーは、論理を展開して自分のやりたい方向に人を説得するのですが、相手がそれに従わないとなると殺ってしまうのが堅気と違うところ・・・。頼りになる懐の大きい男だけれども、あまりにも義理と人情に篤すぎてあの世界で生きていくのは大変そうです。

 

まだ映画のほうは見ていないのですが、原作と映画ではドンの死に方が違うようです。原作ではドンは引退後に庭いじりをしているところで心臓発作に襲われ、子供や信頼する部下に見守られながら「Life is beautiful」と言いのこして亡くなるのですが、映画版では誰も居ないところで孤独に死んでしまうらしいです。映画と原作でどのようにしてこの違いが生まれたのかが気になりました。

 

3部作ですが、続きは3男マイケルやコルレオーネ家のその後に続くわけではないようです。ドンがいつか言ったように、マフィア一家の子孫がいずれは政治家になることもあるかもしれない・・という3代にわたる物語を読んでみたかったかな。1作目は面白いけれど、夢中になるほどではない作品でした。

 

YL: 7.5 (概算)

語数:167,000(概算)

 

ゴッドファーザー〈上〉

The Godfather

【オーディオブック】Jurassic Park: A Novel 

Jurassic Park: A Novel (1990)

 

時間:15時間9分

発音:アメリカ英語

速度:140-150語/分前後。

評価:4 out of 5

Screen Shot 2015-07-25 at 5.49.37 PM

 

 

【あらすじ】

霧につつまれたコスタリカの孤島で、極秘のうちに建設が進められているアミューズメント・パーク―それが〈ジュラシック・パーク〉、バイオテクノロジーで現代によみがえった恐竜たちがのし歩く、驚異のワンダーランドだ。オープンをひかえ、視察のための顧問団が島に向かって出発した。だがその前途には、人類がいまだかつて体験したことのない恐怖が待ちかまえていた。スピルバーグ大型映画化の夢の恐竜サスペンス。(Amazonより)

 

【感想】

ジュラシック・パーク発表25周年の記念オーディオブック。今夏、映画『ジュラシック・パーク』シリーズ第4作『ジュラシック・ワールド』が公開されるため、復習を兼ねて原作を読みました。

 

昔見た映画版よりも地味ですが、かなり丁寧に科学的なバックグラウンドが描写されています。投資家にも詳細を公表することなく、秘密裏に恐竜再生プロジェクトを進める必要があったため、なかなか投資家が集まらず、金と忍耐のある日本人投資家により支えられていたことを知りました。

 

いくら対策を施しても、自然を完璧にコントロールすることは出来ません。恐竜が施設外に逃げ出さぬよう、様々な対策を練っていても、悪意のある人間1人により制御不可能な状態になってしまいます。待遇に不満のあるシステム・エンジニアが、ライバル社から年俸の10倍にあたる報奨金を約束され、恐竜の胎児を盗むためにコンピューター制御システムをシャットダウンさせたというブラックな大人の事情も、昔映画を見た時には気づかなかった設定でした。

 

リアルな恐竜の迫力に圧倒された映画版と、物語を裏打ちする科学情報を知ることが出来る原作、どちらもそれぞれの良さがあります。この夏公開のジュラシックワールドは、第一作目ジュラシックパークのリブートという感じでしたが、琥珀の中に閉じ込められた蚊から血液を採取して・・という技術部分はあまり詳しく説明されなかったので、原作を復習しておくと映画を観る楽しみが増すのではないかと思います。

 

YL:7.5

語数:124,820語(SSS調べ)

 


Jurassic Park: A Novel


ジュラシック・パーク〈上〉 (ハヤカワ文庫NV)

 

ホーム > タグ > YL7〜

カレンダー
« 2017 年 11月 »
M T W T F S S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
Archives
  • 2017 (6)
  • 2016 (25)
  • 2015 (77)
  • 2014 (86)
  • 2013 (73)
  • 2012 (59)
  • 2011 (101)
  • 2010 (141)
  • 2009 (124)
  • 2008 (55)
  • 2007 (14)
  • 2006 (32)
Reading Challenge 2017

2017 Reading Challenge

2017 Reading Challenge
yukoxoxo2000 has read 3 books toward her goal of 50 books.
hide
Tag cloud
英語仲間のブログ
検索
Visitors
PV766
UV213

ページの上部に戻る