The Glad Game > アメリカ生活のアーカイブ

ホーム > 日々の生活 > アメリカ生活

アメリカ生活のアーカイブ

アメリカでの家探し② 家具付き物件のはずが・・・

アメリカのルームシェアやアパートには、家具付きの物件が結構あります。学生や、その街に永住するつもりのない人にとっては便利なシステムです。アメリカでは日本のように信頼できる大手の引っ越し業者がなく、自分でトラックを借りて引っ越ししなければならないので大変です。個人で営業している安い引っ越し屋さんはありますが、時間通りに来ない、すっぽかされた、追加料金を払わなければ預かった荷物を返さないと脅された・・・などのトラブルもあり、出来れば避けたいところです。

 

イケアに行けば安い組み立て家具やマットレスが手に入るものの、引っ越しや帰国の時に処分しなければならないことを考えるとやはり大変です。私は日本からスーツケースだけで渡米したため、家具付きのルームシェア物件を探していました。

 

前回インド人家主さんの豪邸を辞退した後、今度は郊外にあるアパートのシェアを見学しました。ところが、広告では家具付きのお部屋のはずが、実際に見学に行ってみると家具が無かったのです。

 

家主さんの話によると、退去した人が全て持って行ってしまったのだとか・・・。元々部屋に付いていた家具ですので、盗難ということになりますが、元ルームメイトと連絡もつかず、どこに行ってしまったかも分からないので家具が戻ってくる見込みはないとのことでした。

 

引っ越しの時に他人の持ち物まで持って行ってしまう人がいるということに驚きましたが、ネットでroommate theft, room share stolen などで検索すると、同じような被害に遭われたかたの体験談がたくさん出てきました。世の中には恐ろしいことをする人たちがいる・・・ということを実感した出来事でした。

 

どうしてルームシェアするのに履歴書や2名の推薦書が要るのだろうと思っていたのですが、収入面だけではなく、信用できそうな人を選ぶというのも重要なポイントなのかもしれません。

 

【今日の一枚】

18482644183_2ed3f82600_z

足下が可愛い。

アメリカでの家探し① インド人家主さん

アメリカ生活も残り少なくなってきたので、忘れたくないエピソードを書き留めておこうと思います。

 

まずは家探しの話から。私は3回引っ越しをして、4軒目の家で落ち着きました。最初に住んだ家がとにかくものすごい汚屋敷で、リビングルームは足の踏み場もなく、キッチンのドアには中学生の娘さんのブラジャーがぶら下がっているようなお宅でした(当時の日記はコチラ)。家全体のトイレ臭にも耐えかねて、2ヶ月で退去することにしました。

 

本当はアパートを借りられれば良かったのですが、ここは家賃が高く、1ベッドルームでも2500ドルが相場。治安が悪い場所であれば1800ドル程度でも借りられるのですが、年に何件かは殺人事件があるような場所。命には代えられません。

 

そこでCraigslistでルームシェアを探し始めました。職場から車で30分以内、1000ドル以下で良さそうな物件があれば片っ端からメールしました。この辺はルームシェアも激戦区で、1件あたり200通は問い合わせがあるそうです。従ってルームシェア相手として選んでもらうためには就職先に提出するような履歴書と2名の推薦書が要ります。運良くメールでピックアップして貰えれば電話で話し、部屋見学となるわけです。

 

メールで問い合わせした中に、海辺の素敵な豪邸で女性のみを募集している物件がありました。家賃は1200ドルと予算より少し高めだったのですが、職場からも近く、写真がとても素敵だったのでかなり気に入ってしまいました。運良く家主さんから電話が来て話すことになったのですが、これがかなりのインド訛りだったのです・・・。

 

私はこれまでにYouTubeでインド人訛りの英語を聞いたり、インド訛りナレーターのオーディオブックを3冊聞いたことがあり、「インド訛りでも結構聞き取れるんじゃない?」と思っていましたが、それは大きな勘違いでした。私が聞いていたのは、商業用に綺麗にまとめられた”インド英語”でした。

 

本場のインド訛りは凄かった。。。文章全体としては全く聞き取れません。ところどころ聞き取れる単語を拾って話をまとめると、

  • 家主さんはインド人で25年前からアメリカに住んでいるらしい
  • 投資関係の仕事をしているらしい
  • シンガポール出身と中国出身の女性で共に金融関係の女性2人が住んでいる
  • あと2人の女性の出身地と職業は聞き取り不能
  • 6ベッドルームの豪邸らしい
  • 私の経歴を見て気に入ってくれたらしい
  • 女性のテナント5名と家主さんの6人で住む

ということが分かりました。相手は容赦なく喋りつつけるので冷や汗ものでした。

 

写真の豪邸を見て、こんな素敵なアメリカのお屋敷に住んでみたい・・・と夢を見ていたのですが、家主さんの話を聞いて正気に戻りました。インド人男性1人と女性5人で住むってハーレムみたいじゃない・・・?

 

女性のほうが素行が良い、部屋を綺麗に使ってくれるかもしれない、という単純な理由だったのかもしれませんが、どうしてもハーレムのイメージが思い浮かんでしまいました。

 

それに、こんなにも家主さんのインド英語が聞き取れなければ、何かトラブルがあった時にまともに話し合えるかどうか分かりません。それにとにかく押しが強い。私が住む気がない気持ちを伝えると、「何でだ!」「いいところなのに!」「みんないい人!」と息つく間もなく長所を並べ立てます。こうなると、押されれば押されるほど引きたくなります。

 

「すみません、やっぱり予算以上だったので・・・」と言い訳し、電話を切りました。

 

結局その家には住まなかったのですが、今でも時々あの家に決めていたらどんな感じだったんだろう・・・?と思い出します。金融関係の知り合いがいないので、違う分野の人と仲良くなれるチャンスだったかもしれないし、6人で住むとなるとトラブルも6倍で大変だったかもしれません。200ドル予算越えだったので辞退しましたが、予算以内だったら冒険してみたかもしれない。

 

それにしても家主さんの訛りは凄かったです。25年アメリカにいても直らなかったのか!と感心しました。その後、何人かインド出身の人たちと話すチャンスがあったのですが、あの家主さんほど訛っている人はいなかったので、特殊な例だったのかもしれません。インド人と話すのが初めてだった私には強烈な印象を残しました。

 

【今日の一枚】

19851940949_ab22b42090_z

Oregonにて。アメリカの広い空が好き。

アメリカで一番良い職業

6月25日のTIMEに、“This Is the Best Job in America”という気になる記事が掲載されていました。

 

成長産業であり、ストレスが最も少なく、年収の中央値がまずまずの値であることなどを考慮して“The best job in America”に選ばれたのはAudiologist。日本語に訳すると“聴覚訓練士”となるようですが、日本では言語聴覚士が最も近い職業なのではないかと思います。

 

記事によると、Audiologistの年収はおよそ$69,720ドル。1ドル120円で換算するとおよそ840万円です。日本ではどうかというと、年収ラボで日本の理学療法士さんの平均年収を調べたところ、平均390万円でした。ただし日本では、高校卒業後に言語聴覚士養成所で3-4年学ぶか、一般の大学を卒業後に2年間専修学校で学んだ後に資格試験を受けるのに対し、アメリカでは聴覚学の博士号を取得する必要があり、その分お給料が高いのかもしれません。アメリカでは医療費自体が高いですしね。

 

Audiologistが成長分野であるというのは、今後2050年までにお年寄りの人口が増えていくこと、若者が大音量のイヤホンで音楽を聴く傾向にあり、聴覚障害が増加すると予想されることなどによるようです。

 

 

今アメリカでベストな職業といえば、IT系の職業ではないかと思っていたので、Audiologistという結果は意外でした。お給料だけからすると、アメリカのソフトウェアエンジニアの平均年収は$90,374ドルでAudiologistよりも上です。さらに、りんごマークの会社では、エンジニアの年収は平均$121,924ドル、会社内カフェテリアの皿洗いバイトでさえ時給15ドル(カリフォルニアの最低賃金は時給9ドル)と聞いていたので、相当景気が良いのではないかと思っていました。今すぐりんごの会社に皿を洗いに行きたいくらいです。

 

IT関係の人が景気よく思えるのは、成功例ばかり目にしているからかもしれません。以前住んでいたアパートには、40代前半でリタイアし、悠々自適な生活を送っている男性がいました。彼は若い頃に会社でプログラム開発をし、お給料以外にも十分に株で儲けたため働く必要がないのだそうです。今の大家さんの旦那さんもバングラデシュからアメリカに大学留学後、エンジニアとして就職し、今では世界的大企業の副社長さんです。この地域はエンジニア不足なので、特に優秀でなくても年収1000万円くらいで雇われていると聞き、羨ましく感じていました。

 

これは隣の芝生は青いというやつなのでしょうか。ただ、日本にいた時は、IT関係の職場といえばブラックで、“IT土方”なる言葉も聞き、あまり良い職業だとは思えませんでした。こちらは職場の文化が全く違うせいか、割と時間の融通もきき、奴隷労働をしているようにはみえません。すぐ解雇される可能性も大きく、日本とは違うデメリットもありそうですが、日本人の私の目から見たThe Best Job in Americaは、IT企業勤めの人だと思いました。

 

【今日の一枚】

ミッドウェー博物館にて

サンディエゴ、ミッドウェー博物館にて。

採血専門、Phlebotomist という職業

アメリカにはPhlebotomist (フレボトミスト) という職種があります。病院やクリニックなどで採血を専門に行う職業です。“採血専門の仕事”という日本にはない概念が興味深かったので、Phlebotomistについて調べてみました。

 

 

Phlebotomistの資格を取るには

日本で採血を行えるのは、国家資格を持った医師か、医師の指示のもとに看護師や臨床検査技師のみ。ところが、アメリカのPhlebotomistは、医療系の学校を卒業する必要はありません。カリフォルニア州のパブリックヘルス部門によると、

 

  • 高校卒業資格を有すること
  • 20時間の基礎クラスを受講すること
  • アドバンスクラスを20時間受講すること
  • 40時間の実技トレーニングを受けること
  • 実際の患者で50例の静脈採血と皮膚穿刺を成功させること
  • トレーニング修了証を受け取ること

 

となっています。

 

こちらのページによると、Phlebotomistになるためのクラスは、コミュニティ・カレッジや、職業訓練校などで受けられるようです。しかも、現在Phlebotomistになるために州の資格を必要とするのは、カリフォルニア、ルイジアナ、ネバダ州のみ。80時間〜200時間の授業と実習を受け、最終試験で70%以上の正答率で合格出来れば、Phlebotomistとして職を得ることが出来るようです。

 

 

Phlebotomistのお給料

2014年のデータでは、現在全米で推定111,950人のPhlebotomistがおり、時給平均が15.33ドル、年収平均は、31,890ドル。1ドル100円で単純計算すると、時給1500円、年収320万円程です。

 

 

高卒の平均年収が約30,000ドルなので、お給料自体はそれほど良くありませんが、2012年から2022年までにPhlebotomistの求人は27%増加すると見込まれているようなので、安定した職業といえるのではないかと思います。

 

 

採血するのに学位は必要ない

採血専門の職を得るために医療系の学校を卒業する必要がない、ということに最初は驚きましたが、採血業務を専門の人たちに委託することで、医療専門職の人たちが高度技能を要する仕事に集中出来るため、非常に効率のよいシステムだと思います。

 

こちらの記事で紹介されているPhlebotomistは、早朝5時から勤務を開始し、1日150人の採血を行うそうです。毎日たくさんの患者さんの採血を行うことで手技が熟達するので、壊滅的に手先が不器用でない限り、病院業務に支障をきたすことはないのではないかと思います。

 

また、業務が静脈採血と皮膚穿刺に限られているので、命にかかわるような合併症を起こす危険性が少ない、というのも難しい資格を必要としない理由ではないでしょうか。

 

 

日本の採血

前述したように、日本で採血を行えるのは、医師か、または医師の指示を受けた看護師や臨床検査技師のみです。大学病院や公立病院などでは、古くからの慣習のもと、“主治医採血”が行われているところもあります。また、看護師さんが入院患者の採血を行う場合でも、朝は点滴交換や経管栄養の準備、食事介助やシフトの引き継ぎなどで非常に忙しい時間帯です。

 

看護師や医師を育てるには時間もお金もかかります。80−200時間程度でPhlebotomistを養成することが出来るのであれば、医師や看護師が本来の専門知識を要する仕事に集中することが出来、人材不足を解消する一助となるのではないかと思いました。

 

Go Metric!

The World Factbook によると、世界でメートル法を用いていないのは、アメリカ、リベリア、ミャンマーの3カ国だけだそうです。

 

アメリカで不便だなと感じるのが、日本と単位が違うこと。例えば、距離はkm ではなくマイルだし、ガソリンや牛乳はリットルではなくガロン。今日は97˚Fもあって暑いねと言われてもピンとこないし、体重が12 lb 減ったのがスゴイことなのかどうかもとっさには分かりません。

 

混乱しているのは個人だけではなく、アメリカだけ違う単位法を用いている事で経済的損失もあります。輸出入の時に商品ラベルの単位を書き換えるコストもかかりますし、アメリカ国内でも科学の単位は国際基準を使っているので科学者も混乱します。NASAから1999年に打ち上げられた火星探査機は、単位系の取り違いミスに気づかず、火星に墜落したと見られています。国際標準のメートル法とEnglish Units (ヤード・ポンド)を使っているチームがいたという単純なミスのために、$125 million ドルもの損失を出してしまいました。

 

このように問題の多いEnglish Unitsですが、1970年代にメートル法に切り替える法案が作られたものの、実際には上手くいかなかったようです。

 

そしてこのたび、アメリカもメートル法に切り替えよう!と本気で提案する大統領候補者が現れました。Go bold! Go Metric! をスローガンに掲げているのは、前ロードアイランド州知事で、民主党から2016年大統領選への出馬を表明したLincoln Chafee氏。

 

ただ、大統領候補者のスローガンの一つとして掲げられるのは非常に微妙・・・。メートル法に切り替えることで、国際社会にも受け入れられ、将来的には経済的にも好ましい結果となる、という主張は分かるのですが、出馬表明の会見としては、もっと大きな国際的ビジョンを掲げてほしい。

 

この動画は会見の一部ですが、えも言われぬ泡沫候補感を醸し出している気がします。アメリカもついにメートル法採用に一歩前進か!とスローガンを見て心躍らせたものの、会見を見たかぎりでは道は険しそうだと思ったのでした。

 

ホーム > 日々の生活 > アメリカ生活

カレンダー
« 2021 年 10月 »
M T W T F S S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Archives
  • 2021 (9)
  • 2020 (18)
  • 2019 (14)
  • 2018 (13)
  • 2017 (8)
  • 2016 (25)
  • 2015 (77)
  • 2014 (86)
  • 2013 (73)
  • 2012 (59)
  • 2011 (101)
  • 2010 (141)
  • 2009 (124)
  • 2008 (55)
  • 2007 (14)
  • 2006 (32)
LingQ Known Words
I Am Learning English online with LingQ.
Reading Challenge 2020

2020 Reading Challenge

2020 Reading Challenge
yukoxoxo2000 has read 8 books toward her goal of 70 books.
hide
Tag cloud
英語仲間のブログ
検索

ページの上部に戻る