The Glad Game

ホーム

The Glad Game

【オーディオブック】The Underground Railroad / 地下鉄道

The Underground Railroad (2016) / 地下鉄道

 

* Written by: Colson Whitehead
* Narrated by: Bahni Turpin

 

時間:10時間43分
発音:アメリカ英語
評価:4 out of 5

996CE07F-6C37-48B8-BE46-54D276DA9C80

 

【あらすじ】
コーラはジョージア州の綿花農園で奴隷として生まれた。母が幼い頃にコーラを置いて逃走したことで、農園での生活はことさら悲惨だった。

 

ある時バージニア州からコーラ達の働く農園に移ってきたシーザーがコーラに地下鉄道の存在を打ち明け、2人は脱走を決意する。ところが途中追跡者に捕まってしまい、コーラは必死の抵抗の末、白人の少年を殺害してしまう。2人は何とか地下鉄道の駅舎にたどり着き北へと向かった。

 

サウスカロライナ州に辿り着き、偽名で暮らし始めた2人の生活は一見安全に思えたが、単なる脱走者としてではなく、殺人者として懸賞金の対象となってしまったシーザーとコーラに更なる危険が迫っていた。

 

【感想】
ピュリッツァー賞、全米図書賞に加え、アーサー・C・クラーク賞に選ばれた作品。小説では地下に鉄道があったという設定となっていますが、実際には地下に鉄道が走っていたわけではなく、支援者たちが各地に点在し、逃走奴隷を匿いながら北へ北へと逃走する経路がUnderground Railroadと呼ばれていたようです。

 

“All men are created equal, unless we decide you are not a man“
全ての人は生まれながらにして平等であると謳いながら黒人奴隷を”人“として認めないというのは何という欺瞞でしょう!綿花を大量に安く生産したいが自分たちの手だけでは追いつかないし、高い賃金は払えない。だから奴隷を使うのは仕方がない、と自分たちにだけ都合の良い考え方をし、奴隷制度を必要悪として考えていた家庭も多かったようです。

 

悲しく心に響く作品でしたが、説明的な文章が多く、時制が行ったり来たりするので少し読みにくかったです。早川書房から訳書「地下鉄道」が出版されています。

YL:7.5
語数:94,250語(概算)

 

The Underground Railroad


地下鉄道

A型肝炎追加接種に行ってきた

A型肝炎ワクチンの追加接種を受けた備忘録です。

 

来年3月にアフリカ旅行に行くことにしたので、トラベルクリニックに予防接種を受けに行ってきました。

 

前回南米旅行のためにアメリカで予防接種を受けたのがちょうど2年前。A型肝炎、腸チフス、インフルエンザ、黄熱病の予防接種で411ドル、約4万円ちょっとでした。本当は狂犬病予防接種も受けたかったのだけれど予算の関係で断念。なので今回はインフルエンザ、A型肝炎の追加接種、狂犬病の予防接種を受けることにしました。

 

今回ちょっと迷ってしまったのが、日本国産ワクチンと輸入ワクチンのどちらにするかということ。前回はアメリカでだったので、選択の余地なく外国産ワクチンでした。何も副作用がなかったからよかったものの、外国産のA型肝炎ワクチンは抗原量が2倍で接種回数も国産が3回、外国産は2回となっているようでした。

 

しかも外国産A型肝炎ワクチンは何種類かあるようで、どのメーカーのものを接種回数したかを聞かれたけど、種類まで聞いた覚えがない!あとで書類を確認しましたが、”Adult Hepatitis A 2 dose series” と書いてあるのみでした。

 

違うメーカーのものを接種してもよいのか。そして本当はは6ー12ヶ月後にうたないといけなかったものを2年後に接種してもよいのだろうか・・・

 

調べてみると、アメリカCDCのサイトに知りたかった情報が掲載されていました。

現在アメリカで出回っているA型肝炎ワクチンは、HAVRIXとVAQTAの2種類。どちらも接種回数は2回で、1回目と2回目のメーカーが違っても問題ないようです。

 

2つ目の疑問点。推奨されている2回目のスケジュールは6ー12ヶ月後ですが、それ以降に2回目を接種する場合はどうするのか。これは、気がついた時点で速やかに2回目の接種を行うべきで、1回目からやり直す必要はないようです。

 

大人がHAVRIXまたはVAQTAの接種を2回受けると20年以上効果が期待できるとのことです。

 

日本の国産ワクチンだと3回接種で持続期間は5年だそうですので、結果的に輸入ワクチンのほうで良かったです。

 

そしてアメリカと日本のトラベルクリニックを受診してみて気づいたこと2つ。ひとつは、アメリカのトラベルクリニックでは問診から注射までナースのみだったこと。医師がいる気配さえありませんでした。日本では注射は看護師さんですが、最初から最後まで医師が出てこないということはありませんよね。

 

もうひとつの違いは、アメリカでは料金前払いだったこと。どの注射を打つかどうかナースによるコンサルトと問診が終わったあと、会計表をわたされて先に会計を済ませます。そうすると、会計表のど真ん中に”PAID”という赤いスタンプをどーんと押されるので、それをもってもう一度ナースの部屋に行き注射を打ってもらうという仕組みです。日本のクリニックだとお会計は最後ですが、これって患者さんが必ず払うという信用に基づいた仕組みですよね。アメリカのERを受診した時も前払いで2万円ほどのデポジットを取られたので、踏み倒し防止なのかも。

 

IMG_0006

RoyceのAdvent Calendar

今年はChristmas気分を盛り上げようと思い立ち、Advent calendar を買ってみました。

Advent calendarとは、クリスマスまでの日にちを数えるカレンダーで、窓を毎日一つずつ開けていくと中にイラストや詩、お菓子などが入っています。

 

今回選んだのはロイズのアドベントカレンダー。12月1日から24日まで毎日一つずつ窓を開けるとロイズのチョコやお菓子が出てくるというもの。

 

IMG_6700

 

IMG_6701

お菓子の種類が毎日違うので、朝一番にめくるのが楽しみ。毎朝めっちゃ気分が上がります!

これはオススメ。

【オーディオブック】Option B (2017)

Option B (2017)

時間:6時間14分

発音:アメリカ英語

評価:4 out of 5

Option B

 

 

フェイスブックCOOであるシェリル・サンドバーグ氏の2冊めの著書。

 

2015年5月、休暇で訪れていたメキシコで彼女の夫は急死しました。一人ジムでワークアウトしている最中に倒れて亡くなっており、いつまでたっても戻ってこないことに気づいたシェリルがトレッドミルマシーンの傍らで頭から血を流していた夫を発見したそうです。まだ47歳でした。

 

解剖の結果は心臓死で、突然の不整脈により失神し、倒れて頭を打って亡くなったようです。まったく前駆症状もなく健康そのものだったそうで、突然夫を亡くしたシェリルの悲しみは特に深かったのではないかと思います。

 

自身の喪失感、悲しみも大きかったのですが、彼女が一番心配したのはまだ幼かった二人の子どもたちへの影響でした。夫の亡き後、二度と純粋な喜びを感じることはないのではないかと。シェリルが友人である心理学者とともに、深い悲しみの淵からどうやって人々は立ち直ることができるのかをリサーチし、当時の日記を振り返りながらまとめた内容になっています。

 

私たちは経験上、どんなに悲しいことがあっても時間が心の傷を癒やしてくれることを知っています。でも悲しみの最中にいる人にはいくら”そのうち大丈夫になるよ”と声をかけても悲しみが和らぐわけではありません。あまりにも悲痛なシェリルの心の中を読んでいるうちに、”時間が解決してくれる”と思いながらもやはり胸が痛みました。

 

そしてこんなことを思ってしまうのはいけないと思いつつもやはり考えてしまったのは、シェリルのように経済的に恵まれていない女性たちの場合はさらに大変だろうということでした。愛する人を亡くしたという経験の辛さは人と比べるものではないけれど、資産10億ドルのシェリルと来月からの家賃も払えなくなるシングルマザーでは夫の死の重みが違うのではないかと。だからといって、シェリルに「経済的に恵まれているから良かった」というのはお門違いだとは分かっているのですが・・。

 

基本的には苦しみの底から立ち直る過程が書かれているのですが、他にも興味深かったのがシェリルさんの家庭の様子です。ノーベル平和賞受賞者であるマララさんを自宅に招いて子供たちと夕食の席で語ったり、イーロン・マスクからスペースXのイベントに招待されたりと、素晴らしい子育て環境が垣間見えました。まだ小学校低学年の娘さんとともに女性のリーダーシップセミナーに参加されており、シェリルさんのようなお母さんを持った子供たちが羨ましかったです。

 

あまりにも悲しすぎて読めなかった!と言われていた多読仲間さん達もいらっしゃいましたが、困難を乗り越えた人々の事例が多数語られており、前向きな内容でした。やさしい言葉で綴られた回想録なので読みやすかったです。

 

YL: 7くらい

語数: 74,400語(概算)

 

 


Option B: Facing Adversity, Building Resilience, and Finding Joy

【オーディオブック】The Hate U Give(2017)

The Hate U Give (2017)

時間:11時間40分

発音:アメリカ英語

評価:5 out of 5

The Hate U Give

 

【あらすじ】

16歳の女子高生であるスターは、幼馴染の少年が警官に射殺されるのを目撃してしまう。唯一の目撃者であるスターは友人のために証言しなければならないのだが、射殺された友人が貧しいスラム街出身の黒人少年で、末端のドラッグディーラーであったことから難しい立場に立たされてしまう。

 

【感想】

Black Lives Matterムーブメントに触発された作品だそうで、ヤングアダルト小説なのですが心に強く訴えかけてくるパワフルな作品でした。人種差別は自分がその当事者にならなければ、苦しみを本当に理解するのは難しいのかもしれませんが、この本を読むことで、もしこのようなことが自分や家族の身にふりかかってきたら・・・と考えるきっかけになりました。

 

主人公は高校生の女の子スター。彼女が生まれ育った街は黒人が多く住む治安の悪いゲットーなのですが、彼女の両親は子供たちの身を案じてスターと彼女の兄弟を白人生徒ばかりの私立高校に通わせています。

 

ある夜、幼馴染の少年 Khalil(オーディオブックではコリオと聞こえました)の車に乗って自宅に送ってもらう途中、ふたりは警察官の職務質問にあいます。白人警官に車外に出されたコリオは警官の指示に従っていたにもかかわらず、少し動いたというだけで過剰反応した警官に射殺されてしまいます。驚き泣き叫びながらコリオのもとに駆け寄ったスターに、警官は応援が駆けつけてくるまで銃を向けていたのでした。

 

唯一の目撃者となったスターはコリオのために証言したいのですが、コリオがゲットーに住む貧しい黒人で、ドラッグ売買にも関わっていたということで、白人警官に同情的な世論が形成されてしまいます。コリオは武器やドラッグを所持していなかったにもかかわらず、彼が黒人であるというだけで”警官が身を守るために射殺されてもしかたがなかった”と思われてしまったのです。

 

食い違う警官の証言とスターの目撃談・・・。

 

白人生徒ばかりの高校で、スターは自分が目撃者であるという事実を明かすことができず、自宅がある黒人地区の現実と学校生活とのあまりの違いに悩み、苦しみます。もし自分が当事者だったとしたら・・・Black Lives Matterのような人種差別に遭遇したら、声を大にして正しいことを伝えるのに!!!とスターを責める友人もいましたが、実際には自分の心の平穏や生活を守るために、傷ついても戦い続けるのは難しいのかもしれません。

 

 

作品中、主人公の親友でアジア系の女の子やスターに対して差別的な発言をするヘイリーという白人の友達がいるのですが、ヘイリーは自分の差別発言を指摘されると”私が差別主義者だというの!?失礼よ!謝りなさいよ!!!”と逆ギレするのです。嫌な子なんだけど悪気があるわけではなく、ただ単に無知で自分が差別されたことがないから相手がなぜ傷ついているかを思いやることができないんだなと思いました。この子の”嫌な感じ”が妙にリアルで心かき乱されてしまい、忘れかけていた自分自身の差別体験まで思い出してしまいました。

 

ヘイリーの言動で思い出してしまった差別発言。それは昨年南米旅行をした時にグループ内にいた50代前半のカナダ人女性から発せられたものでした。南米は日差しが強いので、私はマメに日焼け止めを塗っていたのですが、それを見た白人女性が「白人の肌に憧れているんでしょう?白人の肌が一番素晴らしいなんていう考えにとらわれているのは愚かなことよ!」と言ったのです。「いや、別に白人に憧れて日焼け止めを塗っているわけじゃなくて、日焼けすると皮膚癌になったり、将来シミや皺ができるから」と反論したのですが、彼女は聞く耳を持たず、”アジア人は白人至上主義に侵されている”などと持論を繰り広げていました。同行のカナダ人男性がかなり慌てて彼女を窘めていたので、彼女の意見がカナダでは常識というわけではなさそうですが、アジア人女性が日焼けを嫌がるイコール白人への憧れ、という発言を聞いた方が他にもおり、これはカナダ人女性個人の考えというわけではなかったようです。

 

The Hate U Giveを読みながら、あの時は私はどうすれば良かったんだろう・・・と考え込んでしまいました。一応反論はしましたし、更に持論を繰り広げるカナダ人女性に「そんなに焼いてるとなめし革みたいな肌になるよ!」とも言ったのですが、白人の肌に憧れているという勘違いが解けたとは思えません。では相手にわかってもらえるまで雰囲気が悪くなっても何度も強く主張すればよかったのか?思い込みが激しい人に何を言っても考えを変えてくれるとは思えません。連れのカナダ人男性は慌てていましたし、周囲の人たちも”えっ?”という顔をしていたので、彼女は自分で自分の立場を貶めたと考え、それ以上強く抗議することなく聞き流したわけですが、私が彼女の言論を”許した”ことで、そんな失礼なことを言ってもOKだと思われてしまったかもしれません。

 

若い黒人男性というだけで危険と判断され警官に射殺されてしまう。そのような大きな事件や流れを自分ひとりで変えることはできませんが、身近にある小さな差別を許さない、そして勇気をもって声を上げることが大事だと感じました。

 

YL: 7くらい

語数: 143,840語(概算)


The Hate U Give

 

ホーム

カレンダー
« 2018 年 2月 »
M T W T F S S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
Archives
  • 2018 (1)
  • 2017 (8)
  • 2016 (25)
  • 2015 (77)
  • 2014 (86)
  • 2013 (73)
  • 2012 (59)
  • 2011 (101)
  • 2010 (141)
  • 2009 (124)
  • 2008 (55)
  • 2007 (14)
  • 2006 (32)
Reading Challenge 2018

2018 Reading Challenge

2018 Reading Challenge
yukoxoxo2000 has read 5 books toward her goal of 50 books.
hide
Tag cloud
英語仲間のブログ
検索
Visitors
PV260
UV87

ページの上部に戻る