The Glad Game

ホーム

The Glad Game

【映画】Tenet テネット 

Tenet (2020)

 

9月21日(月)グランドシネマサンシャインIMAXで鑑賞。夜の回なら人が少ないかなと思いきや、祝日のせいか500席近くほぼ満員でした。

 

【ネタバレあらすじ】

数百年後の未来。ある女性科学者がエントロピーを逆行させ時間を巻き戻す装置を発明した。未来人は地球温暖化による気候変動によって危機的な状況をむかえており、エントロピー逆行装置を使い、過去の人類ごと消滅させようと考えた。

 

エントロピー逆行アルゴリズムを悪用されることを恐れた科学者は、装置を9つの部品に分解し、過去(私達=観客にとっての現在)の世界に隠し自殺した。

 

未来人は過去のコンタクトとしてロシア出身の武器商人、Satorを選び、未来から情報、資金と過去と未来を行き来出来る装置を提供した。Satorは各地の核施設に隠されているアルゴリズムを全て集め、組み立ててから未来人が発見できる場所に埋める手立てとなっていた。残るアルゴリズムはあと1つ、キエフのオペラ劇場にあった。

 

CIAエージェントとして、身元が割れたスパイ救出とプルトニウム奪取作戦に参加した主人公はキエフオペラ劇場での作戦に失敗し、敵のロシア人に捕らえられてしまう。拷問の末服毒自殺を図ったが、目覚めた時、彼はテストに合格し世界を破滅から救うミッションのためにリクルートされたと告げられる。

 

【ネタバレ感想】

Multiple Realityのお話で大変好み。一回見ただけでは全てを把握するのは難しく、2回めで伏線を理解しながら全体像をなんとなく掴む感じ。しかも見れば見るほど深読みしたくなる。

 

主人公には名前さえない。The Protagonistと呼ばれるのみで、他の登場人物達にも過去がない。ただしそれは、Character development の問題ではなく、open ended debate で観客が様々な可能性を考える仕組みなのではないかと思った。

 

1回目の視聴では、逆行と順行の仕組みに慣れず、ストーリーについていくのが精一杯。最後に分かるのは、キエフのオペラハウスで主人公を助けたSWATはニールであったこと、エンディングでは皆が助かったのではなく、ニールはまたこれから戦闘に戻り、プロタゴニストのために鍵を開け、プロタゴニストに向けられた銃弾を受け死んでしまうという事実、そしてニールはプロタゴニストとは長く親しい友人関係にあったこと。ニールにとっては長い友情の終わりで、プロタゴニストにとってはこれからニールとの出会いが始まるのだ、というのが切なかった・・・というのが鑑賞直後の感想。

 

そして帰り道に歩きながらずっと考えていたのはNeilとプロタゴニストの関係性。未来のプロタゴニストがNeilを勧誘したとしても、Neilがプロタゴニストを信頼、尊敬している様子は仕事上のパートナー以上、まるで親戚のおじさんと接するような嬉しさ、親しみが滲み出ていたのではないかと。Katの息子、Maxが実は将来のNeilなのでは?と考えたらいてもたってもいられず、翌朝2回めの鑑賞。

 

2回目を鑑賞して考えたNeil=Max説のポイント。

1つめ。まずはムンバイで主人公とNeilが初めて会ったシーン。Neilはイギリス諜報機関からの派遣のような雰囲気だが、初対面にも関わらず、プロタゴニストがダイエットコークを好むこと、仕事中は酒を飲まないことを知っていた。奇妙に思ったプロタゴニストが、ダイエットコークじゃなくて炭酸水が好みだ、とカマをかけると”No, you don’t.” と。以前から仕事のパートナーであれば知り得た情報かもしれないけれども、それにしても親しげだし嬉しそうだ。そして自分にはウォッカ・トニックを。昼間から仕事中にウォッカを飲むなんてロシア人とのハーフ(父がSatorと仮定)だからか?というのは考えすぎ?

 

2つめ。末期膵臓がんのSatorが死ぬとアルゴリズムが発動し世界が滅亡する仕組みとなっており、Satorが自殺を考えているのではないかとわかった時。Satorが一番幸せな時間に逆行し、そこで自殺すると推理したチームは、それが過去のどの時点かを考えるのだが、Neilがちょっと考えてすぐに、ベトナムの海で休暇を過ごしていた14日だ、あの時Satorはボートを離れたのでその時だと。この場面を観て、これはベトナムでバカンスを過ごした家族(妻のKat、息子Max、使用人たち)しか知り得ない情報だったのではないかと思った。

 

最後、プロタゴニストがKatとMaxの下校を見守るシーン。Max達を映しながら、爆弾が爆発しなかったという独白はNeilのもの。これが主人公のセリフではなかったのも意図的なのではないかなと。

 

ここからはNeil=Max説どうなのよ?と思ってネット上で調べた情報。

 

Neil役のロバート・パティンソンの髪は本来濃い茶色。この役柄に合わせて金髪に染めたらしい。これは母Katと子役Maxの金髪に寄せるためなのではないかと書かれていた。

 

さらには、MaxはMaxmilienの略で、この名前をひっくり返して後ろから読むとNeil となると・・・。ただの偶然にしては凝っている気がする。

 

これでもう私の中ではNeil=Max説確定。これを踏まえて3回目を鑑賞。

 

Maxはポンペイに溶岩を見に行くと言っていたが、ポンペイにはSator Squareがある。これはSator, Arepo, Tenet, Opera, Rotas と作中で重要な役割を果たす石版なのだが、Herculaneumの遺跡見学でこの石版を見たのでは。自分の名字Sator、父親のセキュリティ会社の名前Rotas、そして将来関わることになるTenet。この時は何も思わないかもしれないけれど、将来Tenetという組織にリクルートされ、Arepoという贋作画家が母を騙したこと、Operaハウスで9つめのアルゴリズム奪還作戦があり、後にTenet創始者となるプロタゴニストが参加していたことなど後から関連付けられるかもしれない。

 

最後、アルゴリズムを3人で分けてお別れ、のシーンでNeilが主人公に

Neil: Not going back to London to check on Kat, are you?

Protagonist: No?! It’s far too dangerous.

Neil: Even from afar?

Protagonist: Even from afar!

というところ。これはMax=Neilだったとしたら、プロタゴニストがKatの安否を確認しにいき、今後折りに触れMaxの成長過程に関わってきたのを知っているからこその会話ではないか。

 

Max=Neil説だとさらに悲しいシーンは、9つのアルゴリズムを爆心地に埋め、ベトナムの船上にいるSatorがプロタゴニストと会話するシーン。Satorは、自分の最大の罪はもうすぐ終わるこの世界に、息子を送り出してしまったことだと言う。そして部下に主人公の頭を撃てと命じるわけだけれども、主人公を助けるために銃弾を受け死んだのはNeil。Satorは自分の息子を殺す命令を出し、その銃声を聞いたことになる。息子殺しこそ最大の罪なのでは。

 

Neilがプロタゴニストよりも前にこのミッションに関わっていたのがバレた時、”この戦いが終わり、自分たちがまだ生きていたら自分のライフストーリーを教える”と言っていたのに語られることなくNeilが亡くなってしまったのが残念極まりない。Neilの視点から語られた物語も観たかった。

 

2回め以降、Neil=Maxと考えながらNeilの表情や仕草を中心に見ると、見るたびに新たな気付きがあって何回でも見たくなる作品だった。Neil=Maxになるには、20年くらい時代を逆行して戻ってこなければならないのではないかとか、ミッション最後で死ぬと分かっていて送り出すだろうか、とか色々な疑問もあるのだけれど、答えが供給されないからこそ、時々思い出して長く印象に残る作品になるのかもしれない。

 

 

 

 

第12回ヴァーチャル夏休み報告とLingQ入会14周年

第12回ヴァーチャル夏休み、今年は299名の皆様が参加されました。100wishlistアカウントのほうで参加表明された方を次々とリストに追加していったのですが、すごい勢いで増えるツイートに圧倒されました!いろいろな学習法や、進捗管理方法、やる気の出そうな可愛らしい文具、シールに至るまで、これまで知らなかったやり方に触れ、やる気を触発された42日間でした。

 

私はLingQで記事読みすることを目標にしていましたが、The Economist からインポートした記事を毎日読むことが出来ました。大体一週間に20,000語 25,000語くらい。

 

洋書多読は5冊目標に対して6冊達成することが出来ました。

 

週3回ライティングの目標は、週2回で精一杯。こちらは10月まで添削サービスに課金してあるので、引き続き週3回を目指して頑張りたいと思います。

 

そして今日はLingQに入会して14年目の記念日でした。確か2006年8月31日に無料体験で入会し、かなり気に入ったので無料期間の2週間を待たず、9月始めに入会したのでした。あれから14年!

 

今振り返ると、admission, addiction, domestic, collapse, ruin など超基本的な単語も登録してあり、学習開始時の単語数は3000語前後だったのではないかと思われます。

 

14年で覚えた単語全てが定着しているわけではなく、tetradecagon: 14角形 と覚えたはずの単語を登録した記憶さえない・・・ということもあります。ただ、LingQのボキャブラリーセクションを見れば、これまでに調べて登録した全ての単語がそこにある、という絶対的な安心感は大きい。

 

読んでも読んでもまだ知らない単語たちが出てくるので、次は15年目を目指して頑張ります。

 

【オーディオブック】Alibaba (2016)

Alibaba (2016)

時間:9時間9分

発音:アメリカ英語

評価:4 out of 5

 

中国人ならAlibaba創業者、Jack  Maの立身出世物語は誰もが知っていると聞いて選んだ本。1999年のAlibaba創業から2015年までの記録。Alibabaだけではなく、YahooやeBay、テンセントなど、米・中国のIT企業との関係も知ることが出来て興味深かった。

 

作者は1994年から中国を拠点として投資アドバイザーとして活躍しているアメリカ人。操業後まもなくのAlibaba株を一株30セントで買うチャンスがあったのに、あまり業績が芳しくなかったために買わなかったらしい。買っておけばその後30億円相当にまで株価が上昇したと聞いて、投資を生業としている人でもこのような失敗をするのだから、素人である私が創業間もなくの成長株を見つけて株で大儲け出来るわけないと納得したエピソードだった。

 

Alibabaは1999年、英語教師だったJackが妻や教え子たちと16名で設立した。オンラインショップ以前の中国の実店舗では、中国政府が土地を所有し、地価を決めていたために、店の売り上げが上がると賃料が高騰していたらしい。そのため売り上げが上がっても、設備やサービス向上にお金を投資するインセンティブが少なかったのだとか。2000年以降、中国でインターネットが拡まるに従い、Alibabaは翻訳サービスからタウンページ的サイト、そしてe コマースサイトへと急速に事業を拡大させた。

 

ジャックは数学もITも得意ではなかったが、英語と対人スキルが高かったようだ。中学生の頃から自転車で40分かかるホテルに通い、観光客相手に無料の観光案内を申し出て英会話スキルを磨いた。そこで知り合ったオーストラリアの一家と文通を続け、ジャックが大学入学後には生活援助を、そして結婚時には新居費用として180万円相当を支援してもらっている。ソフトバンクの孫社長も、ジャックと会ってすぐに巨額の投資を決めた理由として「嗅覚で分かる」と言っていたらしい。こいつは成功する、支援したいと思わせる何かがあったのだろうか。

 

YouTubeでジャック・マーのインタビューをいくつかみたけれど、カリスマ性のようなものは感じられなかった。ただ、絶対に成功させるという信念、失敗してもそこから学ぶこと、ライバルと敵対せず、誰とでも良い関係を築こうとすること、など“賢者”の雰囲気を感じさせる人だと思った。

 

YL: 7 (概算)

語数: 81,761 語

 


Alibaba: The House That Jack Ma Built

【オーディオブック】Too Much and Never Enough (2020)

Too Much and Never Enough (2020)

時間:7時間5分

発音:アメリカ英語

評価:4 out of 5

 

トランプ姪が書いた暴露本。サイコパス系の本が好きなので一気に聞いてしまった。「ドナルド叔父が嫌い、あんな奴を再選させてなるものか」という強い意志が全編にわたって感じられるのが良い。

 

ドナルド・トランプはドイツ移民フレッド・トランプの第四子、次男として生まれた。この本は、43歳の若さでアルコール依存、僧帽弁疾患で亡くなったドナルドの兄、フレッド・トランプ・ジュニアの娘によって書かれたもの。トランプ大統領の姪である作者がトランプ一家の異常な行動を赤裸々に告発しているのだが、身内でありながら、心理学教授としての考察を交えて語られるところが興味深かった。

 

日々のニュースからもトランプ大統領の非道さは十分伝わるのだけれども、この本を読んで改めてトランプ大統領には心がないと感じた。身内には良いのかと思っていたら、不動産王だった父に認知症の症状が出現したら、財産を独占すべく遺言状書換を企んだり、43歳で亡くなった長兄の子供たちに遺産が渡らないよう画策したりと、自分1人が勝者であればよいという考えのようだ。

 

もちろんドナルドの性格に問題があるのは間違いないのだが、トランプ父にも責任の一端はありそうだ。トランプ父は5人の子供たちのうち、自分とウマの合うドナルドのみを優遇し、兄弟たちを競わせ不仲を煽っていた。親ならば自分の死後に兄弟たちが争わないように配慮するべきなのに・・・。

 

せっかく身内から出た暴露本なのに、アル中の父が43歳で亡くなり、祖父の遺産を貰えなかったせいでトランプ一家に恨みがある・・と内部告発の動機、信憑性を疑われてしまいそうではあった。

 

YL:7.5くらい

語数:67,275語(概算)

 


Too Much and Never Enough: How My Family Created the World’s Most Dangerous Man (English Edition)

第12回ヴァーチャル夏休みの目標

今年もヴァーチャル夏休みに参加します。今年で12回目。1−2年めの頃は参加者12名くらいだったように記憶していますが、今年は何と288名。皆さんの学習報告に励まされます。

 

今年の目標は

 

1. 英語交換日記週3回

2. LingQ記事読み毎日

3. 多読5冊

 

5月から1回150ワード・週3回の英文添削日記を始めたのですが、忙しいと週2回になってしまうので、ヴァーチャル夏休み期間中は週3回をノルマにします。LingQと多読はいつも通り。

 

 

ホーム

カレンダー
« 2020 年 10月 »
M T W T F S S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Archives
  • 2020 (15)
  • 2019 (14)
  • 2018 (13)
  • 2017 (8)
  • 2016 (25)
  • 2015 (77)
  • 2014 (86)
  • 2013 (73)
  • 2012 (59)
  • 2011 (101)
  • 2010 (141)
  • 2009 (124)
  • 2008 (55)
  • 2007 (14)
  • 2006 (32)
LingQ Known Words
I Am Learning English online with LingQ.
Reading Challenge 2020

2020 Reading Challenge

2020 Reading Challenge
yukoxoxo2000 has read 8 books toward her goal of 70 books.
hide
Tag cloud
英語仲間のブログ
検索

ページの上部に戻る