【オーディオブック】Empire of Pain (2021)

Empire of Pain (2021)

発音:アメリカ英語

時間:18時間6分

評価:5/5

 

2021年度のオバマ氏選書、Goodreads Choice Awards 2021 Best History & Biography 部門Winner など評価が高かった本です。

 

オキシコンチンを世に送り出したサックラー家4代の歴史と、オキシコンチンの発売からパーデュー解散までが描かれてます。面白かった!本の半分ほどはサックラー家の歴史で、お爺さんの代で戦後ヨーロッパから移民してきて、3人の息子が精神科医になり、医療広告業の商売を始めて・・とぐいぐい出世していく勢いにワクワクしました。

 

サックラー一家は、オキシコンチンで稼いだ金の一部を美術館や大学などに寄付し、篤志家として振る舞っていましたが、巨万の富の出所を長い間隠していました。そして、オピオイド処方薬の依存性が明らかになった後も、自分達は悪くない、悪いのは処方薬を悪用する人々だという姿勢を貫いています。ただ、本を読み進めていくと、サックラー家の人々は自分たちが開発した薬に問題があることを把握しながら、依存性はほとんどない安全な薬であると宣伝し、中等度の慢性疼痛に大容量で長期間処方するようドクターに宣伝していたことがわかります。

 

既存の薬の形態が徐放剤になっただけだからとFDAの承認を得る前に販売開始したり、特許が切れそうになったら「今までの剤形は危険だから」と後発品が使えないよう働きかけたりと、自分たちの製品の安全性を高める努力を怠り、とにかく売上を伸ばすために尽力していたようです。

 

パーデュー製薬のオピオイド鎮痛薬は、特別なコーティングのおかげで12時間血中濃度が安定しているので、薬でハイになったり、離脱症状が出にくいとされていましたが、実際は8時間程で効果がきれてしまい、離脱症状が出ることで、使用量が増えてしまうという欠点がありました。

 

さらに、表面のコーティングは簡単に剥がす事が出来たため、錠剤を粉にし、鼻から吸入したり、溶かして静脈注射するなどの違法行為も簡単でした。処方薬では飽き足らず、ヘロイン、フェンタニルなどに移行していく人たちもいたようです。

 

パーデューのセールスマン達は、オキシコドンを売った分だけボーナスや豪華海外旅行などのインセンティブがつき、しかも売上連動ボーナスには上限がなかったため、とにかくドクター達に沢山処方させました。明らかに違法な売り方をしているクリニックの存在も報告に上がっていたようですが、特に対策は取られませんでした。

 

安全であると宣伝されていたオキシコドンで不幸な転機を辿った人々の例も紹介されています。オキシコドンを16歳で処方されはじめ18歳でOD死した子供や、1粒内服して呼吸停止した方もいらっしゃったようです。後にパーデュー社に対して抗議活動を始めた写真家のNan Goldin氏は、手首の腱鞘炎でオキシコドンを40mg処方され内服を開始しましたが、そのうち離脱症状で全身の皮膚が剥がされるような強い痛みが出現するようになり、一日450mgまで増量、それ以上増量してもらえないとなって、ヘロインなどに移行し依存症となったそうです。

 

 

錠剤のオピオイド鎮痛薬は必要だと思うんですよね。癌性疼痛に塩酸モルヒネの持続点滴しかないとなったら、普通の生活を送ることが難しくなる。ただ、ほとんど依存性がないと嘘の宣伝をしたり、コーティングの問題をわかっていながら、稼げるうちに稼ぎきってしまおうという意図が見えるのが悪どすぎて、こんな言い訳が通用するのかと人間性を疑ってしまいました。腰痛などの中等度の慢性疼痛の初手にオキシコドン80mgを勧めるなんて悪魔の所業ではないかとさえ思いました。

 

パーデュー社は2019年に破産手続きを開始しましたが、サックラー一族の罪が問われることはなく、個人の資産も守られたようです。

 

YL:8以上(推定)

語数:159,965 (推定)

カテゴリー: ノンフィクション | タグ: , , , , | コメントする

【映画】Spider-Man: No Way Home (2021)

Spider-Man: No Way Home (2021)

Casts:  Tom Holland,  Zendaya, Benedict Cumberbatch

<あらすじ>

ピーターがスパイダーマンであるという記憶を全世界から消すために、ドクター・ストレンジにお願いして、記憶を消す呪文を唱えてもらうのだが、ピーターが何度も呪文を変更させたためにマルチバースの扉が開かれてしまう。

 

<感想>

1月7日(金)公開日、IMAXの予約を取りたかったのにほぼ満席で断念。翌日の予約もページアクセス集中で45分後にやっとチケットが取れました。21時〜23時40分の回でほぼ満席。大満足でした!スパイダーマンがSONYで良かった!スパイダーマンシリーズへの愛が溢れていて、きっとスパイダーマンの事が誰よりも好きな人達によって作られたんだろうなと思いました。上映後、会場から拍手がわき起こっていました。

 

ここからネタバレ感想です。Spoiler Alert!

チャーリー・コックスのマット・マードック、デアデビルがピーター・パーカーの弁護士として出てきた時は、歓喜の声を上げてしまいそうになりました。Netflixのデアデビルシリーズが終了し、もう二度とチャーリー・コックスのデアデビルを見られないのかと思っていたので、今後の展開に希望が持てて良かった。ありがとうSONY!

 

さらに、トビー・マグワイアとアンドリュー・ガーフィールドのスパイダーマン達も登場。それぞれのスパイダーマンシリーズが終わっても、それぞれの人生は続いており、皆の人生も進んでいたんだな、と実感して胸が熱くなりました。そして過去のスパイダーマンに救いが用意されていたのが良かった。MJを救えなかった事でトラウマを抱え、一人で生きているらしいアンドリュー・ガーフィールド演じるスパイダーマンが、ゼンデイヤ演じるトム・ホランド君のMJを救ったシーン。その瞬間のアンドリューの表情に、過去のシーンが脳裏に蘇り感無量でした。

 

そしてよくもこんなに過去のヴィラン達が集まったよね?というレベルの豪華キャスト。ウィレム・デフォーまで!20年経っているのに全然姿が変わっていないような。あんな姿なのによく出演しようと思いましたよね・・。二重人格の表現が見事でした。

 

おおむね大満足だったのですが、少しだけ不満点もありました。トビー・マグワイアのスパイダーマンはベンおじさんを亡くし、アンドリュー・ガーフィールドはMJを亡くしてしまった。それならトム・ホランド版スパイダーマンが失うのはメイおばさんだな!という前提ありきでストーリーラインが決まってしまったような強引さがありました。”With great power comes great responsibility” のセリフを言えるのはメイおばさんしかいないでしょうけれど。いくらトムホ君のスパイダーマンが子供っぽいとは言っても、そこまでアホの子だとは思いませんでした。そこだけが少しガッカリした点です。

 

MJやネッドの記憶も消え、次作からは精神的に成長して少し大人びたスパイダーマンになるのかな。高校生たちがわちゃわちゃしているスパイダーマンも楽しかったけど、いつまでも子供のままではいられないし。それにネッドやアイアンマンからの助けがない分、デアデビルの出番が増える事を期待します。

 

トムホ君のスパイダーマンだけではなく、過去のスパイダーマンシリーズの復習をしていったほうがより楽しめるかも。

 

カテゴリー: 映画 | タグ: | 2件のコメント

【小説】女のいない男たち(2014)

女のいない男たち (文春文庫)

読了日:2022年1月11日

評価:9/10

村上春樹の短編集。映画「ドライブマイカー」が非常に良かったので、原作を読んでみました。

以下ネタバレ感想です。

 

映画は6作品が収められた短編集の中から、寡黙な若いドライバー、みさきが舞台俳優である家福の送迎をする「ドライブマイカー」、前世が八つ目うなぎの記憶を持った女が、中学生の頃に好きな男の子の家に忍び込むエピソードを性交後に話していく「シェエラザード」の2作が合体したものだったようです。この2つに劇中劇のチェーホフのワーニャ伯父さん。どれも興味深いけれど、盛り上がりに欠ける3つの話をどうやって映画に仕立てたのか。

 

中高生の時は、村上春樹作品はよく意味が分からないので苦手でした。ところが今になって読み始めてみるとすごく面白い。ただ、物語の途中はすごく引き込まれて夢中にさせられるのに、結論はないのです。え?そこで終わるの??というところで終わってしまう。昔はそこが納得いかなかった部分だったのですが、自分が歳をとったせいなのか、結論がはっきりしなくても気にならなくなりました。読み終わった後、“え〜・・・“と不思議な気持ちになるのが却って余韻を感じられて良いのかもしれません。

 

映画「ドライブマイカー」は、原作の雰囲気を保ったまま、原作にはなかったクライマックスが加わり観客の心をがっちり掴む作品だったと思います。ドライブマイカーにシェエラザード。接点のない2つの作品の繋がり方が見事でした。そして原作にはないみさきのその後も。韓国にいるらしいみさきが、家福から譲り受けたらしいサーブ900を運転しており、顔の傷を目立たなく手術したらしいこと。大型犬を飼い、スーパーで買い物をしている姿から、現地で生活の基盤がしっかりあるらしいこと。幸せに暮らしている様子がみてとれて安心しました。そして家福にとっては、妻との楽しい生活だけではなく、悲しい思い出もあるサーブ900だが、みさきにとっては新しい人生を切り拓くきっかけになった良い思い出の車になった事が嬉しかった。みさきがサーブ900を引き継いで今後も長く大切に乗ってくれるだろう事を予感させるラストでした。村上春樹が書いたらこの爽やかなラストシーンは無かったのではないかと思いました。

 

原作がある映画作品をみると、大体自分が頭の中で再現した原作の方が良かったかな・・と思うことが多いのですが、この作品は映画の方が良かったです。

 

もし映画「ドライブマイカー」に感動して、原作を手に取ってみようと思われたなら、表題作だけではなく、「シェエラザード」も読むことをお勧めします。そして映画化とは関係なかったけれど、「木野」も印象的な作品でした。

 

女のいない男たち (文春文庫)

カテゴリー: 和書 | タグ: | 3件のコメント

LingQ known words 50,000語

2006年8月31日に入会したLingQのKnown Words が50,000語になったので記念のスクショです。

 

2010年5月に2万語、2014年5月に4万語でした。入会した時は、dawn, dusk, meadow なども知らず、おそらく大学入試に必要な5000語もなかったのではないかと思われます。

 

15年経過すると、7−8年前に繰り返し単語クイズで覚えたような、日常生活で遭遇しにくい単語はまた忘れてしまっていますが、さすがに基本単語を忘れる事はありません。

 

主にThe Economist 記事をLingQにインポートして読んでいいるのですが、昨年途中まではエコノミストもLingQも有料会員なのに、LingQのエクステンションボタンで記事全文をインポートできず、手動でコピペだったんですよね。それが昨年途中からWebでもiPadからでもインポートボタンで全文LingQにインポートできるようになったので、随分楽になりました。

 

最終的にはLingQで8万語あたりまで到達できれば良いなと思っています。

 

カテゴリー: LingQ | タグ: | コメントする

2021年にみた過去作ベスト10 Part2

2021年に見た過去作ベスト10の続きです。

 

Sunset Blvd.(1950)サンセット大通り

トーキー映画時代に全盛を極めたかつての大女優Norma  Desmond。映画出演からは何十年も遠ざかっており、世間からは忘れられた存在だが、本人は今でも大人気であると思い込んでいた。Normaの妄想を支えているのは、かつての映画監督でNormaの最初の夫でもあったMax。離婚後は執事としてNormaに仕え、ファンを装ってファンレターを送るなどしていた・・というお話。

 

女優さんの迫力に圧倒されました。Norma役の女優さんは、本当にトーキー映画時代に大スターだった方で、この映画を撮影する頃には役と同じように落ち目だったようです。自分の境遇を思わせるような作品によく出演したものだなと、その勇気に感心しました。Normaという人は、他人の話を全く聞かず、気位高く、まるで一国の女王のような振る舞い。昔のハリウッドスターはこんな感じだったのでしょうか・・・。

作品中の監督さんや、執事Maxも本物の監督さんで、かつてNorma役の女優さんと実際に仕事をしたことがあるというのも興味深い話でした。女優さんの顔が歌舞伎の大見得のようでインパクト大な作品でした。

 

The Towering Inferno(1974)

サンフランシスコに世界一高いビルが建設され、135階で完成パーティが開かれていた。電気系統の素材が勝手にダウングレードされていることに気づいた設計士は、これでは負荷に耐えられないと施主に忠告するのだが・・・。

 

1974年の建築基準はこんなにお粗末だったのでしょうか・・・。この時代、CGもなかったでしょうに、燃え盛る火の勢いや、高層ビル間の綱渡り、エレベーターからの転落などが息を飲むほどのスリリングさでした。古い映画なのに臨場感があり圧倒された作品。


A Clockwork Orange (1971)時計仕掛けのオレンジ

近未来ロンドン。15歳のアレックスをリーダーとする少年4人組がウルトラヴァイオレンスを繰り広げる話。

 

「時計じかけのオレンジ」をオールタイムベストとして挙げるのは自称映画好きと揶揄されていたのを見かけたのですが、普通に凄い作品だなと思いました。悪趣味だけど、クリエイティビティが炸裂していて目が離せませんでした。

 


Rosemary’s Baby (1968)ローズマリーの赤ちゃん

NYのいわくつきアパートに引越してきた若夫婦。隣人の老夫婦はやたらと親切で、ぐいぐい距離を縮めてくる。ガイとローズマリーは計画をたてて子供を作ろうとするが、ローズマリーは気分が悪くなり倒れてしまう。その夜ローズマリーは悪魔に犯される夢を見る・・・

 

ミア・ファローがキュート!ホラーなのにファッションやインテリアがお洒落!悪魔崇拝のお話ですが、グロテスクなシーンはなし。老夫婦や産婦人科医も皆グルなので、ローズマリーが異変を訴えても全て”気のせい”ですまされてしまい、発狂するかと思わせる過程が面白かったです。

 

 

Fight Club(1999)

エリートながらも空虚な日々を送る男性が、ある日出会った派手な出で立ちの男にいざなわれ、異質の世界に足を踏み入れる。そこは男たちが己の拳のみを武器に闘いを繰り広げる、壮絶で危険な空間だった。そのファイト・クラブで、彼は自己を開放していく・・・

 

社畜してると全てから自由になって、何もかもぶち壊したい!という気分になることがあります。ブラッド・ピット演じるタイラーの有害な男らしさがカッコよすぎました。ほとんど無害な私でさえアドレナリンが出て大興奮が作品でした。

 

死ぬまでに観るべき1001作品の進捗は135本でした。

カテゴリー: 映画 | タグ: | コメントする