The Glad Game

ホーム

The Glad Game

【オーディオブック】The Passage (2010)

The Passage (2010)

時間:36時間52分

発音:アメリカ英語

評価: 4.5 out of 5

 

The Passage

 

【あらすじ】

ハーバード大学の教授が南米で未知のウイルスを発見、分離することに成功した。そのウイルスは人類を死から救う治療法となるはずだった。

軍は「ノアプロジェクト」を立ち上げ、12人の死刑囚にウイルスを感染させ、彼らを究極の戦士とするべく実験を重ねていた。

軍の命令を受け12人の死刑囚を被検者として極秘に集めていたFBI捜査官Wolgastは、13人目の被験者が幼い少女であることを知り、命をかけて彼女を逃がす決断をする。

 

【感想】

さとみさんにオススメされて読み始めた本。36時間52分あるのにまだ3部作の1作目!読み応えがあった。

 

いわゆる”感染アポカリプス”もので、軍の施設で秘密裏に行われていた実験ウイルスがばら撒かれてしまい、世界が崩壊するお話。全く気付かなかったのだけれど、2010年の発売当時は大体的に広告が打たれ、スティーブン・キング氏も大絶賛だったとのこと。キング先生は割といつも大絶賛している気がするものの、確かにページ・ターナーだった。コロラドにある軍の施設からバンバイアウイルスが漏れて・・という設定や、アメリカ各地を旅するストーリーラインはキング先生のThe Standを彷彿とさせる感じ。

 

The Passageが面白かったには、各所にばら撒かれた伏線が見事に回収された場面。とにかく話が長くて、「なんでこんなエピソードを長々と・・」とウンザリしてしまうこともあったんだけど、確かにそのエピソードがあって最後が活きてくるんですよね。

 

3部作のなかではこの一作目が一番面白かった。3部作合わせると約90時間なので根気がいりますが、とにかく登場人物が多いので、手を出すなら一気読みが良いかも。

 

YL:8

語数:239,425語(概算)

 


Passage

【オーディオブック】Educated (2018)

Educated (2018)

時間:12時間10分

発音:アメリカ英語 落ち着いた女性ナレーターの声で聞きやすい

評価: 5 out of 5

 

Educated

 

【あらすじ】

作者は所謂”Survivalists”と呼ばれる、モルモン教徒の家庭で育った1986年生まれの女性。Taraの両親は政府を全く信用せず、2000年に世界が滅びると信じており、世紀末に備え完全自給自足の生活を送っていた。子どもたちの出生届も出しておらず、生まれた証明もないので学校にも行かず、大病をしても病院にも行かせない。アイダホ州の山間部に暮らす一家の父は解体業を営んでおり、母はハーブやホメオパシーの薬草・オイルなどを販売していた。またタラの母は無資格で助産師として活動しており、医療費を支払えない近所の女性たちのお産を請け負っていた。

 

Taraはホームスクールで教育を受けていることになっていたが、実際は読み書きレベルのレッスンを母から受けただけで、あとは家業の手伝いをしていた。7人兄弟の末っ子であるTaraは学校に行かずとも早くに結婚し、母の跡をついで無資格の助産師として家族を助けることを期待されていた。

 

ところが、大学に行きたいと家を出ていった兄の一人に影響され、16歳で大学試験を受けることを決意する。本当はまず高校を卒業しなければならないのだが、Homeschoolで十分な教育を受けたと偽り、独学で数学を学び大学に合格する。

 

大学に入学することはできたものの、本は聖書とモルモン教の経典くらいしか読んだことがないTaraには一般常識が欠落しており、ホロコーストも聞いたことのないレベルだった。高校卒業レベルの知識はおろか、トイレの後は手を洗う、毎日シャワーを浴びる、共用の場所は片付けるなどの一般常識さえ持ち合わせていなかったTaraはすべてを一から学ぶ必要があった。彼女が学問に目覚め、ケンブリッジ大学で博士号を取得するまでを綴った回想録。

 

【感想】

衝撃的な本だった! 引き込まれた理由は2点。「女に学問はいらない。女の場所は台所だ」と可能性を摘まれ、支配的な親や夫に虐げられていたTaraや周囲の女性の運命は、女性として自分の身にも起こり得ることだと思えて心底怖くなったこと。もう一つは教育を通じて可能性の扉が開いていく過程にワクワクしたこと。

 

Taraの家では父親の権威は絶対で、「女の居場所は家、学問を受けるなど神の意志に反する」とされていた。父は敬虔な信徒である自分は正しく、神に見守られていると信じているため、すべてが「神の意志」で片付けられてしまうのだ。このため、解体業中の事故で息子がガソリンタンクの引火で火だるまになり重症やけどを負っても、交通事故にあい、妻や息子が頭部外傷をおっても病院には行かず、すべて自分たちの力でなんとかしようとするのだ。

 

Taraが大学進学したいと希望した際、父や兄が全力で妨害するくだりを読んで、女子どもを無知のまま家庭に閉じ込めることで思うように支配しようする姿に気分が悪くなった。

 

父や兄に悪意はなかったのかもしれない。彼らは自分たちなりの「正しさ」の中に生きており、女たちをつつましく従順に指導しているつもりだったのだろう。

 

この本を読みながら、無知と宗教の最悪な組み合わせに嫌悪感が募った。自分たちに都合の悪いことをすべて「神の意志」で片付け思考停止している。親の教えが必ずしも正しいことではないと気づくには教育が大事だと思うものの、その教育さえ受けられないとすると、親の支配から抜け出すのは容易ではないだろう。

 

Taraの家庭ほど状況は悪くなくても、女性が学問を修めて知恵がつくと扱いづらいとする空気は自分の身の回りにもある。そのような空気に流されて家に閉じ込められてしまうと、状況は更に悪くなってしまう。女性が自立することの重要さについて考えさせられた本だった。

 

YL:7

語数:105,705語(概算)


Educated: A Memoir

Norinさんの英語学習法セミナー参加

ののさん主催のセミナーに参加してきました。その名も「思い込んだら一直線 英語学習法」。講師は年間100冊以上の洋書を読み、その全てを英語でレビューされている人気洋書ブロガーNorinさんです。NorinさんのブログDiary of a Bookfiendは600人を超える読者さんがいらっしゃるそうですよ。

 

Norinさんは2011年から英語学習を始め、以後「思い込んだら一直線」に英語漬け生活を送っていらっしゃる方です。セミナーで紹介されたとある1日の英語時間スケジュールは・・・

 

・起床後(大体6時頃)洋書読み 30分

・身支度しながらリスニング(大概真面目なニュース素材)15分

・ご飯食べながら洋書読み 20分

・通勤中(運転中)シャドーイング 25分

・昼休み 洋書ブロガー仲間のブログ読み 20分

・昼休み 洋書読み 約20分

・帰宅中(運転中)シャドーイング 約25分

・さらにごはん作りながら 20−30分

・ごはん食べながら YouTube動画視聴 30分くらい

・ステッパー乗りながらオーディオブック 大体20−25分

・お風呂入ったあとくつろぐながらリスニング(真面目なニュース素材)約10分

・句動詞 4ユニット

・自作表現集 3ページ

・洋書読み 30分〜

 

さらに土日はずっと洋書を読んでおられるそうで天晴な英語漬けぶり!

 

Norinさんのお話から学んだこと。英語を身につけるには、ある程度没頭する期間が必要なんですよね。テレビやダラダラしている時間をなるべく排除して、使える時間はすべて英語に捧げる勢いでやること。さらには勉強時間を確保するだけではなく、身につくまで何度も繰り返すこと。

 

何事も極めるには相当な集中力が必要だと思いました。洋書が好き、という要素は大きいですね。好きなことなら没頭しても苦になりません。洋書じゃなくても良いので、自分が好きな分野で英語を学ぶことも大事だと思いました。

 

 

 

 

 

アフリカ旅行記Day5 Namib Desertへ

5時起床、6時にNamib Wildlife Resortを出発。朝食はパックされていた。サンドイッチ、ゆで卵、オレンジジュース、グレープフルーツサイズのレモンのようなもの、洋梨。早朝から食べられないのでバス持ち込み。今朝に備えて昨夜は21:30に就寝したのだがやはり眠い。ジョイスがwe are party animals! と言って笑いながら就寝。

 

1時間ほどでroadhouseに到着、30分休憩。何もないところに突如現れたロードハウスだが、驚くほどセンスがあった。廃車をうまく配置してあるし、ナンバープレートを壁に貼ってあるのも良い。沢山の色を配置するとごちゃごちゃするのでお洒落なインテリアにするのは難しいと思っていたけれど、うまく配置されていてセンスが良かった。

 

FEF3196D-14E4-4871-914B-45761428140A

B5997D3F-FB72-4FF3-9FA7-443EEAA89C8F

 

女子トイレの壁には男性の半裸が描かれており、股間には蛇の描かれた箱が設置されている。好奇心に駆られて開けると、建物に響き渡るピーっという音。誰が好奇心に負けて箱を開けたかがバレてしまう。箱の中にはbar round! と書かれており、股間の箱を最初に開けてしまった人がバーで飲み物を奢るという仕組み。こんな箱が目の前に現れたら開けざるを得ないでしょう。タンザニア在住のカナダ人が最初に箱を開け、バーにいる人たちにお酒を奢る羽目になっていた。

 

238CEC1C-0613-4AE6-91D8-3FE52816DA66

 

ナミビアは1990年に南アフリカから独立した国で、色々な部族が共存している。ドイツ人は人口の1.1%を占めるに過ぎないが、建物や文化に大きな影響を与えている。ナミビアはplace of no people という意味があり、モンゴルに次いで二番目に人口密度が低いらしくたしかに人を見かけない。広大な土地が続くところにポツンと小さな町が現れる。

 

Bethanieという町でトイレ休憩。日曜日のせいか店は開いていなかった。道路で子供達が針金で作られた車のオモチャを引っ張って遊んでいた。日本であれば簡単に既製品が手に入るのだろうけど、廃品を利用した手作りのおもちゃも味わい深い。

 

0A6643A3-5975-454A-B545-02998117AC44

その後もひたすら移動。途中ドイツ風レストランでランチ休憩。ここの庭はとても良く手入れされており、レストラン内はレモングラスのような良い匂いがしていた。ナミビアは広大な土地が広がっており何もないものの、店が現れるとこんな所にこんな素敵なお店が!⁈ と驚く。

 

Sossus Oasisキャンプまで後2キロのところで左前輪タイヤがパンクしてしまった。Sossus というのはthe end, no returnという意味らしい。 砂利道で激しく揺れていたので無理もない。運転手のバリーがタイヤ交換を試みるが、ジャッキがないため時間ばかりがすぎていく。結局キャンプ場からヘルプを呼んでタイヤ交換してもらっていた。外で2時間待機。暑かった。アフリカドライブ旅の道中、パンクやぬかるみにはまった車を何回か見かけた。携帯電話の電波が届くところとは限らないし、レンタカーを借りて自力でドライブするのは大変そうだ。

 

EAB1C139-38B1-4447-A58E-682B2C68D11A

 

キャンプ場は2人で1つのテントをシェア。かなり狭い。炎天下の中、自分たちでテントを設置するのだが、結構な力仕事だった。マットレスとテントは支給、寝袋は各自持参。砂漠の夜は寒いと聞いて、0度まで対応の寝袋を持参したが夜は暑かった。

 

0766C413-4C71-48A5-B628-633227A011B2

 

夕食はガイドのハネリーが準備してくれた。ひき肉と豆、マッシュポテトとチーズを層状に重ねて焼いたものとサラダ。キャンプといえばカレーと思っていたけれど、マッシュポテトも美味しかった。夕食後はキャンプファイヤーで焼きマシュマロ。中学校2年生の頃アメリカのホストファミリーとキャンプで焼きマシュマロをした事を思い出した。マシュマロを美味しいと思ったことは無いけれど、キャンプ場での焼きマシュマロは美味しい。アメリカ人はクッキーの間に焼きマシュマロを挟んで更なるカロリーアップを図っていた。

 

04252DDD-BABC-42EE-8250-7FA40DADFE88

 

夜空に南十字星と天の川が綺麗に見えた。キャンプファイヤーにワイン、星空と最高の雰囲気の中での夕食だった。

アフリカ旅行記 ツアーDay4 Fish River Canyonへ

6:45 荷物積込、7:00朝食、8:00出発。卵とソーセージのメニューを取っていくのだが、大人数のため間に合うはずもなく、パンとフルーツのみ。同室のジョイスは卵とソーセージを頼んだが結局時間内に間に合わなかったそうだ。トイレの壁がない問題を非常に気にしていた私はジョイスがレストランで卵を待っていた間に食事を終え部屋に戻ることができた。

 
バスでぶどう畑沿いにある村を通り過ぎる。藁葺きの簡単な家々で水道はないそうだ。人々は収穫時のみこの村にやってきて、収穫が終わると次の収穫地へと向かう。収穫期のみの滞在であるため、家は簡単で良いそうだ。集落の中に学校もクリニックもあるそう。ソーラーパネルが設置されており、今後この地域一帯にソーラーパネルを設置する計画があるとの事。昼間は40-56℃まで気温が上がるそうなので日光は十分。

8A588C90-7022-4246-9F23-29009A293BEB

 

1時間ほどでナミビア南部に位置するFish River Canyonに到着。渓谷の長さ160km、幅27km、面積5900㎢、最深部は550mとアメリカのGrand Canyonに次いで世界で2番目に大きい。Grand Canyonは観光客でごった返しているが、こちらはシーズンオフのためか人が少なく過ごしやすい。
この渓谷はおよそ6.5億年前に形成され、かつては辺り一帯海だったらしい。地元の言い伝えによると、羊などの家畜を狙う悪い蛇がいて、羊飼いたちが石を投げて蛇を殺した時に蛇がのたうち回ってこの地形が出来たと言われているそうだ。

 

33D5182C-20A6-440E-A0F1-A50D70975655

 

気温は30度を超えているが風があるので涼しい。端っこに寄らないように、崖でヨガのポーズを取らないように!とガイドに言われているにもかかわらず、ヨガポーズを取る人たちがいた。深さ500m、落ちたら自分たちで助けに行ける距離ではない。ガイドのハネリーは、「落下後にまだ生きていたらmercy killingで上から岩を落としてトドメを刺してあげるから!」と皆に忠告していた。

 

030F720C-E95D-43C8-8298-71E08039AC89

 

1時間ほどキャニオン沿いを歩いてハイキング終了。もう少し大変なのを想像していたがお散歩程度だった。ハイキングトレイルが崖下へと続いていたが、ハイキングコースの長さは90km、5ー6日ほどかかる本格的なトレイルらしい。

 

Fish River Canyonを後にし、30分程で今夜の宿Namib Desert Resortに到着。広々としてステキなコテージだがWi-Fiが無い。温水プールがあるため、皆さんプールで寛いでいた。外にハイキングに行きたかったが、スコーピオンや毒ヘビがいるため全くおススメ出来ないとの事。プールに入ろうにも水着を持ってきていないので、洗濯などをしながらのんびり過ごした。

 

夕食はホテルレストランで。Kudu肉のステーキを注文。140ランド。ガーリックソースは別料金で14ランド。ジントニック28ランドと質素だが値段高め。Kuduは硬めの牛ステーキという感じだった。いとこ同士のメイとティナ、イギリス人のエマ、運転手のバリー、ガイドのハネリーと同席。メイとティナはカンボジア生まれの中国人で、7歳の頃に一族でアメリカに移住したとのこと。訛りのある英語だが、とにかく喋る喋る!一家のこと、これまで行った国、会った人など弾丸トークだった。バスの運転手のバリーは5人の妻と11人の子供がいると話していた。妻を1人迎えるごとに牛と交換するらしいので、アフリカ基準では相当な金持ちなのではないだろうか。後に5人の妻と11人の子供の話は冗談だとわかったが、南アフリカの国としては、一夫多妻は認められていないが、所属する部族の慣習であれば問題ないらしい。アフリカ大陸の内情を知らないため、バリーの冗談をそのまま信じてしまった!世界のいろいろな事情をもっと知りたいと思った夜だった。

 

 

ホーム

カレンダー
« 2018 年 12月 »
M T W T F S S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
Archives
  • 2018 (11)
  • 2017 (8)
  • 2016 (25)
  • 2015 (77)
  • 2014 (86)
  • 2013 (73)
  • 2012 (59)
  • 2011 (101)
  • 2010 (141)
  • 2009 (124)
  • 2008 (55)
  • 2007 (14)
  • 2006 (32)
Reading Challenge 2018

2018 Reading Challenge

2018 Reading Challenge
yukoxoxo2000 has read 5 books toward her goal of 50 books.
hide
Tag cloud
英語仲間のブログ
検索
Visitors
PV330
UV73

ページの上部に戻る