The Glad Game

ホーム

The Glad Game

【オーディオブック】The Invisible Life of Addie LaRue (2020)

The Invisible Life of Addie LaRue (2020)

時間:17時間10分

発音:アメリカ発音

評価:4.5 out of 5

 

 

【あらすじ】

1714年フランス。23歳のAddieは親が決めた結婚から逃れるため、闇と契約を交わした。

「誰のものにもなりたくない、自由に生きたい。」と望んだAddieの願いは叶えられ、不老不死の肉体を手に入れたのだが、Addieはこの世に何の痕跡も残せないという制約が課せられていた。

 

【感想】

Addieは自由と引き換えに他人との関わりを失ってしまった。自分の本当の名前を言う事も書く事もできず、誰の記憶にも残らない。今、目の前で話をしていた人も、一瞬Addieから目を離しただけで彼女の事を忘れてしまう。誰からも気に掛けられないからこそ真の自由を手に入れることが出来るという仕組み。

 

ここからはネタバレ感想。

300年もの間、各地を転々としながら孤独に生きてきたAddieだったが、現代のニューヨークでAddieのことを記憶に留めていることが出来る男性が現れる。ヘンリーがAddieを覚えていられるのは彼自身も闇と契約を交わしたからだった。

 

Addieが契約を交わした闇=ルークは300年間Addieを見守るうちに情が芽生えたようで、Addieの窮地を救ってくれたりして、そこまで悪いやつではないように思える。Addieが ルークの気持ちを利用して彼に復讐しようとしているのが後味が悪かった。

 

何もかもが面倒くさい、しがらみなく自由に生きたいと思うことはあるけれど、一切のしがらみから逃れたAddieの悲惨な300年間の物語を読むと、他人との繋がりはやはり大事だと思えた。

 

YL:7−8くらい

語数:95,700語(概算)

 


The Invisible Life of Addie LaRue (English Edition)

【オーディオブック】The Midnight Library (2020)

The Midnight Library (2020)

時間:8時間50分

発音:イギリス英語

評価:4 out of 5

 

2020年度Goodreadsのベストフィクションに選ばれた作品。

 

【あらすじ】

生と死の狭間に「あり得たかもしれない人生」のストーリーを綴った本を集めた図書館があるという。35歳のノーラは音楽ショップを解雇され、飼い猫を交通事故で亡くし、週一回自宅で教えていたピアノの生徒まで失ってしまった。唯一の肉親である兄とは疎遠になりつつあり電話しても出てくれない。自死を決意した日の真夜中、ノーラがたどり着いたのはMidnight Library だった。

 

【感想】ネタバレあり

Midnight Libraryにはノーラの後悔が綴られた本があり、これまでの人生で違う決断をしていればその後の人生はどうなったのか、無限大に枝分かれしたマルチユニバースがある。真夜中の図書館の本を開くと、「あり得たかもしれない別の人生」を生きることが出来るというお話。

 

水泳のオリンピック選手として金メダルを2回獲得し、引退後は自己啓発系の講演会で活躍している人生。世界的なロックミュージシャンとなり、憧れだったアメリカ人俳優と交際している人生。結婚直前に別れてしまったダンと結婚し、田舎でパブを開いた人生。イギリスらしいストーリー展開だなと思ったのは、ノーラがどの人生を選んでも何だか幸せではないこと。傍目には順風満帆に見える人生でも、それぞれに悩みがあり不幸も訪れる。

 

結局どの人生を体験しても幸せを見つけられず、本来の自分の人生を生きたいと強く願った時、ノーラはMidnight Library から現在に戻って来られたのだった。

 

人生における幸せとは何を達成したかではなく、人生に対する前向きな態度なのかな、と思えた作品だった。読後感は良いけれど、どの人生もほんのり不幸なので自分の精神状態が良くないと引き摺られてつらいかもしれません。

 

YL:7−8くらい

語数:90,896語(概算)

 


The Midnight Library

死ぬまでに観るべき1001本の映画作品

1001 Movies You Must See Before you Die: Updated for 2020

死ぬまでに観るべき1001本の映画作品という本を注文してみました。12月5日に注文したのにカナダから1ヶ月経っても届きません。お正月に観るつもりだったのに・・・。

 

待ちきれないのでIMDbにあるリストで視聴開始することにしました。誰かが作ってくれたリストなのですが、これまでに自分がウォッチリストに入れたり評価をした作品をソートすることが出来ます。1001 Movies You Must See Before You Dieタイトルの下、青字のRefineのプルダウンメニューからIn WatchlistまたはTitles I rated を選ぶと、作品リストの上に1001本中観た作品数が表示されます。私の場合は45本でした。タイタニックも千と千尋もアバターもシンドラーのリストなどの大作も見ていないので先は長いです・・・。

 

 

IMDbのリストから自分のリストへコピーしたり、CSVファイルでエクスポートできるので便利です。タイトル横にある3本線のハンバーガーアイコンをクリックすると、

 

リストのコピーまたはエクスポートが出てきます。

 

自分のリストにコピーするには100 selected をチェックしてCopy To で自分のリストに追加すればOK。100タイトルずつなので10回追加する必要がありますが、1作品ずつ手打ちしていく手間を考えればだいぶラクです。リスト作成の時、デフォルトではリストを公開する、になっていますが元々は他人のリストなのでプライベートにしておきました。

 

「死ぬまでに観るべき」と勧められた作品がどれほど素晴らしいのか(期待外れも含めて)確認するのが楽しみです。

 

2020年に読んだ本とLingQ活動報告

2020年に読んだ洋書は70冊、27211ページでした。1ページ250語とすると概算で680万語前後です。

 

 

今年読んだ本の中で一番面白かったのはScythe (Arc of a Scythe Book 1) シリーズ。

この世から飢餓や病気、戦争が無くなり、テクノロジーの進化によって人類は死さえも克服した未来。人口コントロールのため職業としての「死神」が出現した・・というお話。

 

人口コントロールのために人間の“死神“が死を演出する。他人の生死に対して絶対的な力を持つとどうなるのか。正しく権力を行使することが出来るのか。ヤングアダルトファンタジーながら、ティーンの青臭い恋愛は最小限で、非常に読みやすい本でした。

 

読みたい本はまだまだあるけれど、映画やドラマも見たいので年間60−70冊あたりが妥当な目標かな。

 

2020年の LingQ 活動は365日中の349日!LingQ上で読んだ記事の語数は(主にThe Economist、エンタメ記事も時々)76万4830語でした。どうしてもLingQを開けない日はあるので、年349日は中々頑張ったほうです。

 

 

 

2006年お正月、新年の目標として英語多読を始めてからのページ経過はこんな感じ。

 

2008年に英検1級を取得して以降は英語関係の試験は受けていませんが、洋書多読/多聴や洋画視聴、記事読みなどでも年々知っている単語数は増えていくし、読書で得たものが背景知識となって、少しずつでも英語力が向上していくのかなと思っています。

 

 

 

【オーディオブック】Ready Player Two (2020)

Ready Player Two (2020)

時間:13時間46分

発音:アメリカ英語

評価:3.5 out of 5

 

 

Ready Player One /ゲームウォーズ 続編。

 

Oasis創始者James Halliday による次なるミッションが発表された。新デバイスONIを装着すると、仮想世界の手触り、匂い、記憶などが直接プレイヤーの脳に作用し、まるで本当に生きているかのような五感を得ることが出来るという。だが、Halliday の自意識を改変して作られた人類初のAIが暴走し、ONIに接続した全世界のプレイヤーを人質としてOasis内に隠された7つのカケラを集めるミッションが与えられた。猶予は12時間。果たしてウェイドは時間内に7つのカケラを集めることが出来るのか。7つのカケラを集めた先に待っている結末とは・・。

 

前作が楽しい作品だったのは、若さと仲間以外には何もない主人公が挑戦者として、1980ー1990年代カルチャーのオタク知識を武器に権力に立ち向かい、勝利をおさめる様子が良かったから。今回はゲームに勝利し、金と権力を手にした後は、新しい話題にも疎くなり、かつての仲間とも方向性の違いで仲違いしてしまっている。若くして大成功をおさめた後の人生とは現実的にはそんなものだろうとは思うのだけれども、物語になると夢がなさすぎて面白くない。

 

ここからはネタバレ。

 

今回Hallidayが悪者なのも辛かった。Halliday、オグ、キラの3人でOASISを立ち上げたのだが、オグとキラが結婚し、Hallidayはキラへの片想いを断ち切れず、彼女の許可なくキラの意識を保存し、OASIS内のアバターとして永遠の命を与えることにした。7つのカケラが揃った時、交通事故で亡くなってしまったキラがOASIS内に生き返る。そうやって生前の自我を保存しておけば、本人が亡くなった後もOASIS内で永遠に生き続けることが出来るという仕組み。永遠の命を得た主人公は、自分の複製を地球に残し、愛する人々とともに宇宙に旅立ったのであった・・・ハッピーエンド・・・という結末。仮想世界内で永遠の命を得ることが本当の不老不死なのだろうか、それで人々は幸せといえるのか、と納得出来ないエンディングだった。

 

YL:7.5くらい

語数:96,000語(概算)

 

 


Ready Player Two: A Novel (Ready Player One Book 2)

ホーム

カレンダー
« 2021 年 7月 »
M T W T F S S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Archives
  • 2021 (8)
  • 2020 (18)
  • 2019 (14)
  • 2018 (13)
  • 2017 (8)
  • 2016 (25)
  • 2015 (77)
  • 2014 (86)
  • 2013 (73)
  • 2012 (59)
  • 2011 (101)
  • 2010 (141)
  • 2009 (124)
  • 2008 (55)
  • 2007 (14)
  • 2006 (32)
LingQ Known Words
I Am Learning English online with LingQ.
Reading Challenge 2020

2020 Reading Challenge

2020 Reading Challenge
yukoxoxo2000 has read 8 books toward her goal of 70 books.
hide
Tag cloud
英語仲間のブログ
検索

ページの上部に戻る