2021年に観た過去作ベスト10 Part1

2021年に見た237本のうち、過去作は140本。その中で特に面白かった10本の記録です。

 

The Rock (1996)

エド・ハリス演じる海兵隊のHummel将軍が、軍の化学兵器を奪いアルカトラズ島に立て篭もります。目的は、これまで極秘ミッションで命を落とした兵士たちの家族へ補償を行うこと。要求が通らなければ87人の人質を殺し、サンフランシスコに化学兵器爆弾を打ち込むという。

この計画を阻止するためにSEALと共にアルカトラズ島に送られたのは、FBI化学専門家のスタンリー・グッドスピード(ニコラス・ケイジ)と30年前からアメリカ政府に極秘に幽閉されていた元イギリス諜報員Mason(ショーン・コネリー)。Masonは難攻不落といわれたアルカトラズの監獄を脱獄した過去があった。

 

2021年度午前10時の映画祭、1作品目でした。ベスト10の中でThe Rockだけ死ぬまでに見るべき1001作品に入っていません。こんなに面白いのに!知らずに死ぬと後悔が残る作品です。こんなに面白いものを見逃していたなんて、私は映画に限らず他に人生の良いものたくさん見逃してきたのではないか・・と思ったほどでした。

 

とにかくショーン・コネリーが素敵。身のこなしがエレガントで、元英国の凄腕諜報員という設定に説得力があります。ニコラス・ケイジも実践はからっきしで頼りない化学者ですが、人として誠実で、覚悟を決めた後の清々しいほどの活躍ぶりが非常に良かった。エド・ハリスも難しい決断を下すジェネラルの高潔さがありました。今更ですがオススメ。

 

MadMax: Fury Road(2015)

公開時、映画館でみた時はそれほど良いとは思えなかったのですが、今回見直したら唖然とする程良かったのです。初回の感想は、「あんなに大変な思いをして出ていったと思ったら帰ってきた。途中の景色が綺麗だった」というそっけないもの。初回はストーリーを追うのみで細かい部分をだいぶ見逃していたようです。

 

砂嵐の中の表現が素晴らしかったです。どのシーンも赤の差し色が効果的に使われていました。砂嵐は赤い嵐ですし、トム・ハーディが繋がれている無機質な鎖に輸血チューブの赤が絡んでいるのも美しい。アポカリプス後の荒廃した世界なのに、カッコイイ改造車の軍隊に楽隊までついている。ギタリストが赤い着物風の服を着ていて、青い夕暮れにギタリストだけが赤く浮かび上がっているのが印象的で心を射抜かれました。監督は70代なのに色々と斬新な作品でした。折に触れて見なおしたい。

 

District9(2009)

30年前、南アフリカ上空にエイリアンの宇宙船が現れた。何らかの原因で船が故障したらしく、エイリアン達は飢えて死ぬ寸前だった。人類が救いの手を差し伸べ、District9にエイリアン達を隔離してから30年。District9は貧困、犯罪が蔓延するスラムと化していた。

 

前情報なく見たところ、社会風刺系が好きなので大興奮でした。ドキュメンタリー風で素人っぽさもありB級SF風なのですが、勢いがすごかった。主演のSharlto  Copleyが、冴えない中間管理職のオッサンから、嫌々ながらではあるけれど、ある意味“ヒーロー”になるまでの変貌ぶりが見事でした。本作品が映画初出演。監督の高校の先輩で、タレントエージェンシーなどを経営しており、制作側として参加したつもりが、テストショットで演じた動画をプロデューサーのピーター・ジャクソンが気に入り、そのまま主演を任されることになったのだとか。それにしても上手かったし、初心者ゆえの必死さが勢いに繋がって良かったのかもしれません。

 

エイリアンたちが姿形からShrimpと呼ばれ差別され、スラムに押し込まれている様子は、南アフリカに数多くいる貧困層の移民を表現した見事な風刺となっています。District 9は実際のスラムで撮影されており、あの酷い住環境はセットではなく、実際の誰かの住居である、という悲しい現実でした。続編があったら絶対見たい。

 

Enter the Dragon 燃えよドラゴン(1973)

ヤバい。大興奮。東急ハンズにヌンチャクが売っていたら絶対買っていたはず。

 

ブルース・リーが動いている姿を見たのは初めてでした。誰かがモノマネした姿や、テレビで一瞬紹介されたポーズを見た事があるくらい。ストーリー自体は単純で、犯罪組織のボスが主催する武術トーナメントに招待され、ある島に赴きます。そこには過去に妹を手ごめにしようとして自殺に追いやった男がいた・・というお話。

 

ブルース・リーの気迫、体のキレが凄かった。不思議なカリスマ性を発していました。公開当時に中学生だった人たちの感想を読むと、皆が夢中になったらしい。この後見たサタデーナイトフィーバーの主人公の部屋にはブルース・リーのポスターが貼ってあったり、作中にも「そんなことよりブルース・リーの映画を観に行こうぜ」「でも死んでるんだろう?」という会話がありました。

その後の作品達にどれ程の影響を与えたのでしょう。ストーリーは単純なのに、映画作品の良さって色々な要素があるな・・と実感した作品でした。

 

The Rocky Horror Picture Show(1975)

ハロウィンなので、有名なロッキーホラーショーでも観てみるか、と軽い気持ちで見始めたら大変な衝撃を受けました。

 

若いカップルの車が森の中で故障し、近くの屋敷に電話を借りに行きます。この辺りはツマンナーイ!と思いながら見ていたら!怪しいハゲのRiff Raff(この作品の原作者!)に迎えられ、Freakたちのダンスが始まります。そしてティム・カリー演じるDr. Frank-N-Furterに目が釘付け!トランスシルベニア星から来たトランスベスタイトって・・・。とんでもなくいかがわしいのに光り輝くような魅力でした。強烈なカリスマ。美しさとは内面から滲み出る自信からくるんだなと実感しました。

 

かなり無茶苦茶な設定なのに、謎の勢いで観客を連れ去る作品。ドラマGleeや、映画Being a Wallflowerでやっていたように、アメリカではティーンになると友達と連れ立って観に行く作品らしいです。1975年の作品なのに!自分が何者であろうとも、周りの目や意見に左右されず、自分らしくある事はこんなにも美しいんだと気付かされる作品だと思うので、思春期に友達と見にいくのに最適な作品なのかもしれません。仮装して友達と大騒ぎしながら見る思い出の映画館体験にもなりますし。アメリカにいた時、コスプレOK、声出し、前に出て演技もOKの上映会を定期的にやっていたので体験すれば良かった!と後悔しました。やはりなんでも体験してみるべきですね。

 

長くなったのでPart2に続きます・・・。

カテゴリー: 映画 | タグ: | 2件のコメント

2021年面白かった映画ー映画館編

2021年にみた映画は237本。そのうち映画館でみたものが97本でした。5月は緊急事態宣言で映画館が閉まっていたので、これがなければ憧れの年間100本達成出来たかも。

2021年公開映画で面白かった作品5本です。

Dune

これはグランドシネマのIMAXで観られて本当に良かった。原作本→映画→原作本→映画と2往復してようやく全体像が掴めた感じ。Villeneuve監督の世界観が素晴らしかったのです。

 

映画では、アトレイデス家の出身惑星であるカラダンの豊かさを象徴するように、「水」の存在が強調されています。例えば冒頭、ポールが目覚めるシーンでは、微かに雨音が聞こえている。変化の使者が訪れるシーンでは地面がしっとり濡れている。ダンカンがオーニソプターを操縦するシーンでは、わざわざ片方の翼を傾けて、川から水飛沫を跳ね上げているし、レトとポールが先祖の墓前で会話するシーンでは、バックに潮騒が聞こえている・・というふうに。後に砂の惑星Duneで体験する、一滴の水も無駄に出来ないような厳しい世界をより強く感じられる演出だなと感心しました。意識せずともふんだんにあった水の存在が、後にポールが失うことになる全てのものの象徴に思えました。

ジェイソン・モモアが演じた、ダンカン・アイダホが非常に良かったので、原作本シリーズも読み進めることにしました。

 

I  Care a lot  パーフェクトケア

ロザムンド・パイクが認知症老人の後継人となり、立場を利用して財産を巻き上げるお話。独居は無理であると裁判所が判断する仕組みを悪用、高齢者本人が望んでいなくても施設に収容されてしまう。世の中には捕食者と獲物しかいない、と割り切り、自分の欲望だけを叶えようとする女。

 

観ているだけで良心の呵責に苛まれたけど、ロザムンド・パイクの悪どさが突き抜けていて、強すぎる女っぷりが魅力的な作品でした。

 

Don’t Look Up

Netflix配信前に映画館に観に行きました。2人の天文学者が、ある日彗星を発見する。軌道計算の結果、彗星は確実に地球に衝突し、恐竜絶滅と同等以上の破壊をもたらすことがわかったため、人類に警告するために、米国大統領への直訴や、各種メディアに出演して危機を訴えていくが……というお話。SFぽくはなくて、アメリカ政治を風刺したブラックコメディ。マダムプレジデントがあり得ないダメさなんだけど、どこか既視感があって、そうだこれは女版トランプなんだなと・・。

 

迫り来る重大な危機を見ないフリ、無かったことにして科学者の警告を無視し、都合の良い話だけを政治利用するシチュエーションが、アメリカの悪いところを全て煮詰めた感じで面白かったです。

 

Drive My Car

村上春樹原作、批評家の間で評価が高いと聞いて、よく分からないものをありがたがらされるんじゃないかと警戒していたけれど、雑に生きている私にも良さが分かった作品。

 

冒頭部分は退屈でした。マルチリンガルなチェーホフの芝居は字幕が出ているとはいえ感情が伝わってこず、主人公夫婦の会話も奇妙。何度か意識が飛びかけて、「40代以降の男の魅力は毛量かな・・・」などと主演の西島秀俊を見ながらぼんやり考えたりしてしまいました。

 

色々な出来事があっても物語は淡々と進んでいきますが、車の後部座席での高槻の告白シーンから一気に面白くなります。夫には語られなかった物語の続き。奇妙な会話が何のメタファーだったのか仄めかされるシーンはドキドキしました。

 

暗い過去を抱えた寡黙なドライバーの女の子のエピソードで、普段意識的に遠ざけようとしている死について考えさせられ、主人公たちと一緒に永遠の別れを経験しているような、感情を揺り動かされる展開でした。

 

作品中、登場人物と悲しい出来事を共有したことで、後半で繰り返されるチェーホフの芝居が突然意味を持ち始めます。あんなに退屈だと思ったチェーホフの芝居に感動するなんて。同じ芝居とは思えない変わりようでしたが、変わったのは芝居ではなく、観客である自分の心なんだなと。知らぬ間に私の人生に何かを付け加えた作品でした。

 

終始落ち着いた感じの作品だったけれど、最後はそれぞれが前向きに人生を歩き出したんだろうな・・と希望を感じさせる終わり方なのも良かったです。

 

Cruella

ディズニー101匹わんちゃんのようなものかと思っていたら全然違って、良い意味で期待を裏切られました。1970年代ロンドンのファッション、音楽、全てがお洒落で素敵!観終わった後は、クルエラのような尖ったファッションをしたくなるような作品でした。パーフェクトケアのロザムンド・パイクの時に思ったのですが、私はサイコパス味がある強い女の作品が好きなのかもしれない。

 

カテゴリー: 映画 | タグ: | 2件のコメント

死ぬまでに観るべき映画1001作品 2021年版

1001 Movies You Must See Before You Die: Updated for 2021 死ぬまでに観るべき映画1001作品2021年版が届きました。

 

表紙がTENETで嬉しい。Jokerが表紙の2020年版を持っているのですが、愛用しすぎて背表紙が千切れそうなので2021年版も購入しました。

 

 

2020年版と比較すると11作品入れ替わっています。

 

今回リストから消えた作品は

1. Lamerica (1994)

2. Birdman (2014)

3. Star Wars: The Force Awakens (2015)

4. The Handmaiden (2016)

5. 13th (2016)

6. Blade Runner 2049 (2017)

7. Avengers: Infinity War and Endgame (2018&2019)

8. Hereditary (2018)

9. The Favourite (2018)

10. Sorry to Bother You (2018)

11. Monos (2019)

 

2021年版に追加された11作品は

1. The Blue Kite (Lan feng zheng 1993)

2. The Vast of Night (2019)

3. The Assistant (2019)

4. Rocks (2019)

5. Saint Maud (2019)

6. Tenet (2020)

7. Ma Rainey’s Black Bottom (2020)

8. Soul (2020)

9. Never Rarely Sometimes Always (2020)

10. Lovers Rock (2020)

11. Nomadland (2021)

 

でした。

 

現在の進捗度は100本。10年くらいでほぼ観られると良いな。

 

カテゴリー: 映画 | タグ: | コメントする

新潮文庫の100冊 2021

思いきって大人買いしてしまいました。新潮文庫の100冊。実際には101冊ですが。

 

段ボール一つで送られてきましたが重くて持ち上がらず、玄関で開封です。

 

新潮文庫の100冊を知らないまま、今年は名作本を読もうと思ってカフカの変身を読み、次はカミュの異邦人だ!と思ったらどちらも新潮文庫100冊に入っていることに気付きました。そして近々読もうと思っていた本たちも100冊の中に入っていたのでこれはまとめて買うしかないなと。

洋書読書数が年間50−60冊なので和書も同じくらい読めれば良いのですが。

 

有償で新潮文庫プレミアムブックカバーがついていました。合皮のような手触りだと思ったら本革だそうです。

 

残念なことにキュンタのうちわブックマークは付属していませんでした。書店で新潮文庫の100冊のうち1冊買うと1つ貰えるうちわブックカバー。新潮文庫のオンラインページから100冊大人買いしてしまうと本屋で1冊も買う必要がないので栞がもらえないという悲しみ・・・。

カテゴリー: 和書 | タグ: | コメントする

【オーディオブック】The House in the Cerulean Sea (2020)

The House in the Cerulean Sea (2020)

発音:アメリカ英語

時間:12時間12分

評価:4 out of 5

 

 

2020年Goodreads Fantasy部門候補本。Fantasy部門だけれども、冒険も魔法もなく、どちらかというと”Drama” 部門があったならばそちらにカテゴライズされそうな感じ。

 

主人公のライナス・ベイカーは省庁のMagical  Youth部門でケースワーカーとして働く40歳、独身。一軒家に猫と暮らしており、愛読書は「Rules and Regulations」という900ページもある仕事関係の規則本という真面目な男。魔法に関する子供たちの孤児院を管理しているのだが、ある日“Extremely Upper Management” から極秘任務を打診される。Marsyas島にある孤児院に特に危険な児童たち6人が収容されており、ライナスはそこに潜入し、適正運営が為されているか監視するミッションとのこと。

 

ここからネタバレ。

 

「特に危険」とされる6人の子供たちとは、ガーデニングを愛するノームの女の子、森の精霊、ワイバーン、正体不明の緑の塊、ポメラニアンに変身してしまう少年、この世界を滅亡に導くとされるアンチクライストの6歳児(ただし今のところは口が達者なだけのクソガキ)。そしてハンサムだがどこかミステリアスな施設長のアーサー(45)である。

 

この世を滅ぼす恐れがあるほど危険でトップシークレットとして隔離されていた子供たちだが、実際は園長アーサーのもとでごく穏やかに暮らしていた。

 

そして実はアーサーも不死鳥の化身であり、子供時代に孤児院で虐待されていた過去が明かされる。

 

世間や魔法省庁などの権威は「他人と違うこと」を問題視し隔離しようとするけれど、他人と違っていても差別されず幸せに生きる権利は誰にでもある、ということを感じた作品だった。

 

この手の魔法生物が出てくるファンタジーだと子供たちが主役になることが多いのに、なぜ冴えない40歳独身男が主人公なのだろう・・と疑問に思いながら読んだら、ライナスとアーサーのほんのり恋愛ストーリーでもありました。

 

YL:7−8

語数:117,806 (概算)

 

The House in the Cerulean Sea

 

 

カテゴリー: ファンタジー | タグ: , , , , | コメントする