The Glad Game > YL8〜

ホーム > タグ > YL8〜

YL8〜

【オーディオブック】A Prayer for Owen Meany(1989)オウエンのために祈りを

A Prayer for Owen Meany(1986)   オウエンのために祈りを

 

時間:26時間53分

発音:アメリカ英語

評価:5 out of 5

 

Screen Shot 2017-02-26 at 14.34.55

 

【あらすじ】

5歳児ぐらいの身長、一度聞いたら忘れられないへんな声、ずば抜けた頭脳を持つぼくの親友オウエンを、ある日過酷な運命が襲った。ピンチヒッターで打ったボールが、大好きだったぼくの母の命を奪ったのだ。ぼくは神様の道具なんだと言い続ける彼にとって、出来事にはすべて意味がある。他人と少し違う姿に生れたオウエンに与えられた使命とは?米文学巨匠による現代の福音書。

(Book データベースより)

 

【感想】

1989年に発表された作品を今更読んでみたのですが、すごく良かったです。物語自体に独特なペースがあって、完全にストーリーに飲み込まれてしまった感じ。初めてのジョン・アーヴィング作品でしたが、波乱万丈な物語展開が特徴の作家さんらしく、物語好きな私の好みにピッタリでした。

 

物語の中心は1950年代〜60年代にかけてのアメリカ。ニューハンプシャー州で生まれ育った二人の少年のお話です。オーウェン・ミーニーは成長期をすぎても身長150cmにも満たず、声変わりもしていない変わった男の子。主人公はオーウェンの親友ジョン・ウィールライトで、1987年の現在から過去を振り返る形で物語が進んでいきます。

 

1950年台のアメリカの田舎町での生活が生き生きと描かれているのですが、しばらく読み進めると、語り手である1987年のジョンの周りに大親友オーウェンの存在がなく、これはオーウェンについての長いobituaryなのではないかと気づかされます。オーウェンはいつ、どのような形で主人公の人生から姿を消してしまうのか。その謎が最終章にむけて少しずつ明かされていくのですが、楽しい少年時代のエピソードを読んで主人公たちに愛着が湧いてしまうと未来のことを知るのが怖くて、先を知りたい気持ちとこのままここで時を止めてしまいたい気持ちのせめぎ合いでした。

 

この作品を読んで、ベトナム戦争は当時の人々にとって大きな関心事だったのだなと実感しました。1968年当時を生きていない自分にとって、徴兵されるかもしれない、戦争で死ぬかもしれない・・という底知れぬ不安は今までに体験したことのない感情でした。

 

オーディオブックは渋い男性ナレーターの声でかなりゆっくりでした。オーウェンの甲高い声が「目玉おやじ」のようで、複数人の会話でのオーウェンの声の使い分けが素晴らしかったです。この作品はオーディオブックがオススメです。

 

YL:8

語数:236,061語

 


A Prayer for Owen Meany: A Novel


オウエンのために祈りを〈上〉 (新潮文庫)

 

IMG_5636

デュッセルドルフにて。遠目から見たら犬を撫でているのかと思いきや・・犬を造ってました。

【オーディオブック】Adnan’s Story: The Search for Truth and Justice After Serial (2016)

Adnan’s Story (2016)

時間:14時間31分

発音:アメリカ英語。作者による朗読。早いです。

評価:4.5 out of 5

Adnan's Story

 

【あらすじ】

1999年、アメリカ・ボルチモアで女子高生の他殺死体が発見され、元恋人だった同級生のアドナンが逮捕された。彼は無実を主張したが、「アドナンが死体を埋めるのを手伝った」というドラッグ・ディーラーの男の供述と、携帯電話の電波から特定された当日の位置情報により犯人と断定され、終身刑の判決を受けた。アドナンは2016年現在も服役している。

 

アドナンとその支持者達はずっと彼の無実を訴え続けていたが、地方都市で起きた1件の殺人事件が世間に注目される事はなかった。事態が一転したのは、アドナンの親友の姉で後に弁護士になったラビアがメディアに訴えかけたことがきっかけだった。ラビアは当時ボルチモア地元紙の記者であり、後にThis American Lifeのプロデューサーとなっていた、Sarah Koenigにメールを書き、メディアで取り上げてもらうよう頼んだのだ。サラ達は数ヶ月にも及ぶ独自の調査を行い、ドキュメンタリーポッドキャストを作成、This American Lifeのスピンオフとして「Serial」を発表した。

 

2014年10月〜12月まで12話にわたり放送されたSerialは異例の成功をおさめ、アメリカ放送業界の最高栄誉とされるピーボディ賞を受賞した。これにより事件は世界的な注目を集め、事件に興味を持ったエキスパート達により新たな発見や矛盾点が発掘されることになる。

 

【感想】ネタバレあり

2014年秋に放送され、世界的な話題となったPodcast、Serialの詳細な裏話とその後。ポッドキャストは1億回ダウンロードされたほど人気だったようです。Podcastのほうはシーズン1−2までしか聞いていなかったのですが大丈夫でした。Adnan’s Storyで全てが詳細に語られています。それにしても面白かった・・・。他人の不幸を「面白い」と感じる事に後ろめたさを感じるものの、こんな不幸の積み重ねや理不尽さがあってよいのだろうか!?と、アドナンの身に起こった出来事を夢中になって読みました。

 

「アドナンが死体を埋めるのを手伝った」と供述したドラッグディーラーの男は、アドナンの親しい女友達のボーイフレンドで、アドナンは当日この男に車を貸していました。更にアドナンは携帯電話を車の中置いたまま学校へ行っていたのです。被害者のヘイが殺された時間は学校にいたとするアドナンと、「アドナンと死体を埋めた」と供述するジェイのどちらかが嘘をついていることになります。

 

ジェイ以外にも怪しい人物が2人います。1人は被害者ヘイの当時の彼氏。ヘイが殺され遺棄された時間帯に、店舗で働いていたというアリバイがあったためシロとされたのですが、ラビア達の後の調査により、彼はいつもとは違う店舗で働いており、勤務証明に使われたIDは彼のものではなかったこと、時間外に働いていたとされるが、通常支払われるはずの時間外手当が払われていなかった事などにより、アリバイの曖昧さが明らかになっています。

 

もう一人はヘイの遺体を発見した男。ヘイは人通りのない公園の、道路からは全く見えない木立の中に埋められていました。発見者の男はストリーキングなどの性犯罪で逮捕歴がある男なのですが、車で通勤中に尿意を催し、道端に車を止めて森の中に入り、偶然ヘイの遺体を発見したというのです。発見されたのは”偶然発見”出来るだろうかというほど込み入った人通りのない場所でした。

 

アドナンが犯人だ!と疑った警察は、これらの重要人物の捜査を十分に行わず、ジェイの証言のみでアドナンを逮捕します。その後は事実にそぐわない証拠を隠蔽し、ジェイの証言を時系列に合うように変えさせ、アドナンを犯人に仕立て上げていったのです。

 

アドナンの不幸はそれだけでは終わりません。当時彼を弁護したのは犯罪弁護で有名な女性弁護士。ところが彼女は糖尿病合併症や多発性硬化症を発症したばかりで、アドナンの弁護を出来るような状態ではありませんでした。彼女はなんと、アドナンを放課後に図書館で見かけたというアリバイ証人を法廷に呼んでいなかったのです。ヘイが殺された時間にアドナンが学校にいたという証言は強力なアリバイになるはずです。その証人を呼ばなかったという致命的な判断ミスをしただけではなく、彼女はアドナンの両親がパキスタンからの移民であり、アドナンがムスリムであった、という点を強調してしまうのです。

 

アドナンの両親はパキスタン人ですが、アドナンはアメリカ生まれの普通の高校生です。厳しいムスリムであった両親から隠れて大麻を吸い、ムスリムではない女の子とデートをしていました。それが、弁護士が彼をムスリムだと強調することによって、ムスリムの名誉のために韓国系アメリカ人の元彼女を殺したのではないかというステレオタイプ的な印象を持たせてしまいました。

 

Adan’s Storyを読んで、いったん犯人と決めつけられてしまうと、事実を捻じ曲げてまで犯人に仕立て上げられてしまう・・という恐ろしさを知りました。犯罪者として収監されてしまうと、いくら塀の中から無実を叫んでも、その叫びが届くことは非常に稀なのです。

 

冤罪が出来上がっていく過程や、アメリカの法システム、アメリカで移民2世として生きる高校生たちの苦悩など、興味深く読みました。作者はAdnanの支援者なので、絶対彼は無実である、というバイアスはかかっていると思います。アドナンは現在も服役中ですが、作者らの熱心な活動により、2016年6月に裁判のやり直しが決定したそうです。現在の判決がひっくり返されるかどうかは分かりませんが、全てがいい加減だった16年前の裁判をやり直す機会を与えられた事は大きな進歩だと思います。

 

 

Adnan’s Story: The Case That Inspired the Podcast Phenomenon Serial

YL: 8〜

語数:128,960語(readinglength.comより)

【オーディオブック】The Night Stalker (2016)

The Night Stalker (2016)

時間:9時間38分

発音:イギリス英語

評価:4 out of 5

The Night Stalker

 

【あらすじ】

開業医の他殺死体が発見された。彼の両腕は後ろ手に縛られており、頭にはビニール袋が被されていた。数日後、ジャーナリストが同様の手口で殺された。ロンドン警視庁警部エリカ・フォスターだったが、犯人は女性であると主張することでチームから孤立してしまう。

 

【感想】

エリカ・フォスターシリーズの2作目。主人公は東欧からイギリスに移住してきた女性警部。女性、移民ということで、ありとあらゆる困難が待ち受けているのがこのシリーズの特徴かな。シリーズ1作目のストーリーは可もなく不可もなくといった感じでしたが、2作目では登場人物の運命が気になって一気に読みました。相変わらず、エリカ以外はバカなの!?と苛立つくらい、エリカの上司やライバル警部は出来の悪い人達です。それでもエリカが出世コースにのれないのは出自のせいでしょうか。このままでは終われない。エリカ頑張れ・・・と思ってしまったので、おそらく3作目が出たら読むことになりそうです。

 

The Night Stalker

 

A GP was found dead in his bedroom. His hands were tied to his back, and a plastic bag was tied over his head. A few days later, an investigative journalist was killed in exactly the same manner. These two cases had no forced entry; the killer stalked victims, and waited in their rooms until s/he found the right moment to strike.

 

Detective Chief Inspector Erika Foster was called in to lead these cases. Despite the fact that all evidence pointed to a female assailant, her rival team arrested one of her team members, Forensic Pathologist Isaac Strong. Erika had to investigate on her own to prove Isaac’s innocence.

 

 

Spoiler Alert:

 

“The Night Stalker” is the second installment of Detective Erika Foster series. After I read “The Girl in the Ice”, I had mixed feelings about the book. I didn’t like the grumpy tone of the book, however, I like the female protagonist who followed her instincts despite all the obstacles. In this second book of the series, Erika developed into a solid character. Nearing two years after her husband’s tragic death, she finally started to move on with her life. She made friends with Isaac, a forensic pathologist in her team, but he was arrested for the murder of his boyfriend and two serial murder cases.

 

Erika was the only person who was on the right track. Evidence showed that the killer was a female; however, her boss and rival detective insisted that female serial killers were rare. Erika and the assailant felt it was an insult that women were not capable of committing serial murders. Again, she was right, making her boss and rival members out to be fools. Although she was right, her superior promoted her rival to punish her for insubordination.

 

Portraying oppressed female figures must be one of the key features in this series, but I would like to see Erika earn respect and promotion by being superior at her job in the future series.

 

 


The Night Stalker: A chilling serial killer thriller (Detective Erika Foster Book 2)

 

YL:7.5〜8

語数:118,420語(readinglength.comより)

 

【今日の一枚】

金色招き猫

南米で見かけた金色招き猫。

【オーディオブック】The View from the Cheap Seats

The View from the Cheap Seats (2016)

時間:15時間29分

発音:イギリス英語 (作者による朗読)、ゆっくりめ

評価:4 out of 5

The View from the Cheap Seats

 

Coraline (コララインとボタンの魔女 )、The Graveyard Bookなどの著者として知られるニール・ゲイマンのエッセイ集です。過去の受賞スピーチや本の前書き、雑誌に寄稿したエッセイなど60本以上がまとめられています。オーディオブックは作者による朗読。落ち着いた声でゆっくり語られるのでとても聞きやすかったです。

 

特に素晴らしかったのが、作者の読書に対する考え。彼はフィクションを「読書へのGateway drugである」と語っています。物語の次の展開が知りたい!という強い気持ちが読むことの楽しさに繋がるのだと。子供たちが好ましくない本を読んでいるからといって、教養のためにと面白くない古典文学を押し付けると読書自体がつまらないものになってしまいます。自分の好きな本をどんどん読むことで読書の楽しさに目覚め、新しい語彙や考えを吸収し、さらなる読書につながる・・・。フィクションは読書へのGateway drugである、というのは上手い表現だなと思いました。中毒性もありますしね・・・。

 

60本程のエッセイ全てが面白かったわけではありません。中には作者の友人のために書いた本の前書きなど、自分にとって全く興味のない話もありました。ニール・ゲイマンが読書愛を語る部分や、作者としての目標の持ち方、中国で欧米のSFが解禁された話、スティーブン・キングについて、等の章が面白かったです。オーディオブックではなく本で買って、興味のない部分は飛ばす、という読み方でも良かったかな。本好きな方にはお勧めです。

 

The View from the Cheap Seats by Neil Gaiman

 

I love reading and listening to books; however, I don’t have enough words to express my love for them. That was why I picked The View from the Cheap Seats by Neil Gaiman. This book is a collection of essays on various topics: his love for reading, impressive people he has met, speeches he has given at award ceremonies.

 

When I read fiction books, I feel guilty for spending my time fretting over what doesn’t actually happen. Instead, I think I should probably read textbooks or academic papers to improve my working skills. In defence of the guilty pleasure of reading fiction books, Neil Gaiman explained that fiction is a gateway drug to reading. He wrote that the drive to know what happens next leads us to learn new words and thoughts. Once we learn that reading is pleasurable, we are on the road to reading everything.

 

I couldn’t agree more. If I had chosen only work-related books, I would never have read as many books as I have so far. Young Adult and Fantasy books were gateway drugs to reading for me; I acquired new words and expressions through these books. Eventually, reading skills helped me to understand the world more.

 

This book also gave me the idea that it would be nice if I could put words on paper to express myself better. I’m not a writer nor have I ever aspired to be one, but the natural way he conveyed his thoughts, life, and passions made me feel like I had interacted with him through this book. It was a great reading experience.

 

To be honest, not all the essays in this book were interesting. Among sixty or so pieces, there were some topics in which I had no interest, but some of the words struck my heart. I would recommend this book to my fellow book lovers; they will appreciate his love for reading too.

 

 

2012年 University of the ArtsでのCommencementスピーチもおさめられています。

 


The View from the Cheap Seats: Selected Nonfiction

YL: 8くらい

語数:168,640語(leadinglength.comより)

【オーディオブック】The Girl in the Ice (2016)

The Girl in the Ice (2016)

時間:10時間7分

発音:イギリス英語

評価:4 out of 5

The Girl in the Ice

 

 

【あらすじ】

ロンドンのサウスパークで氷の下から若い女性の死体がみつかった。被害者は華やかな社交界の一員として知られていたが、ロンドン警視庁警部エリカ・フォスターの捜査により、彼女の知られざる一面が明かされていく。

 

【感想】

なんだかミステリの新しいシリーズを読みたい気分だったので、Audibleで話題になっていたエリカ・フォスターシリーズの1作目を選んでみました。2016年現在シリーズ2作目まで発表されている比較的新しい作品です。聞いてみての感想は、可もなく不可もなし。シリーズ1作目だけでは判断しがたく、2作目までは読んでみようかなという程度には面白かったかなと。

 

興味深いなと思ったのは、主人公の女性警部が東欧出身の移民なのです。イギリスの家庭で子守として住み込みで働く人の事をAu Pairs と言うらしいのですが、貧しい移民として1人でAu Pair としてイギリスに渡ってきて、ロンドン警視庁の警部にまでなれるんだな、というのが意外でした。

 

 

そしてこれは作者の意図するところかどうかは分からないのですが、Chief Inspectorという立派な地位があるにもかかわらず、エリカは周りから下に扱われているのです。これはエリカが女性だからなのか、そう感じるのは自分の被害妄想なのか。このなんとなくモヤ〜っとする”共感”が気になって続きまで読んでみようという気になったのでした。

 

オーディオブックはイギリス英語。落ち着いた女性の声で癖もなく聞きやすかったです。

 

 

The Girl in the Ice (2016)

 

Synopsis:

Detective Erika Foster was called in to lead a murder investigation of a young woman who was found beneath a thick sheet of ice in a South London Park. The victim, a daughter of a powerful Lord, seemed to have been a socialite. Yet, as Erika dug deeper into the case, the facade of a prestigious family life crumpled and started to reveal dark secrets.

 

My thoughts: Spoiler alert!

Since the huge success of “Gone Girl”, there are dozens of mystery books which have  “girl” in their titles. After I enjoyed “Gone Girl”, I proceeded to “The Girl on the Train”. I hated it so much that I promised myself never to be deceived by that word in the title again But it was more than a year ago, and when I found “The Girl in the Ice” on a bestseller book list, I decided to give another “girl” book a go.

 

Detective chief inspector Erika Foster was traumatized by the past. A drug bust went wrong and several of her colleagues died because of her bad decision. Her husband was one of the victims who was caught in the gunfight. She was still grieving for her husband when she was called in to lead the murder case.

 

Andrea was the favorite child of a powerful man. Her fiancé ran a successful business. She was loved by everyone, except for the fact that she didn’t have any friends. Who had wanted her dead?

 

Soon, Andrea’s ex-boyfriend was arrested. It seemed to be a simple case, but Erika’s instinct told her otherwise.

 

Every time Erika got close to the truth, her boss told her to knock it off. It was obvious that the boss was pressured by higher-up management, and it convinced her that she was on the right track. And then, she found out that there were several prostitute murder cases which could be linked to Andrea’s killer.

 

It was interesting that Erika and the victims shared common backgrounds. They were born in poor Eastern countries and immigrated to England as Au Pairs. Erika could have been one of these prostitutes who were strangled to death and abandoned.

 

I felt the tone of this book was too grumpy at first, but this book kept my interest to the end. This is a good start to a new series, and I am going to read the second book in the series, published last month.

 

YL 7.5〜8

語数:122,140語(Readinglength.comより)

 

【今日の一枚】

Limaのアパート

ペルーのリマで撮ったカラフルなアパート。

ホーム > タグ > YL8〜

カレンダー
« 2017 年 5月 »
M T W T F S S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
Archives
  • 2017 (3)
  • 2016 (25)
  • 2015 (77)
  • 2014 (86)
  • 2013 (73)
  • 2012 (59)
  • 2011 (101)
  • 2010 (141)
  • 2009 (124)
  • 2008 (55)
  • 2007 (14)
  • 2006 (32)
Reading Challenge 2017

2017 Reading Challenge

2017 Reading Challenge
yukoxoxo2000 has read 3 books toward her goal of 50 books.
hide
Tag cloud
英語仲間のブログ
検索
Visitors
PV359
UV65

ページの上部に戻る